中居正広★清原和博について★ちょっと責めすぎ&いたたまれない★持論激白

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「中居正広★清原和博について★ちょっと責めすぎ&いたたまれない★持論激白」の事をお伝えしたいと思います。

大の野球好きで知られ、特に「読売巨人軍」の「ファン」を公言している「元SMAP・中居正広」です。「9月1日」放送の「ラジオ番組」「中居正広 ON&ON AIR」「ニッポン放送」では、「2016年2月」に覚せい剤取締法違反で逮捕された「元プロ野球選手・清原和博」について言及しました。「7月」に発売された「清原和博」の自叙伝「清原和博 告白」「文藝春秋」を読んだという「中居正広」は、罪を犯した人間の転落や復活における世間の反応に、思うところがあったようです。

「14年3月」の「週刊文春」「文藝春秋」で薬物疑惑が報じられて以降、表舞台から遠ざかっていた「清原和博」です。「15年4月」には「中居正広」が「MC」を務める「中居正広の金曜日のスマたちへ」「TBS系」で「約1年」ぶりに「テレビ出演」を果たし、過熱する薬物使用疑惑と離婚報道をめぐって「自分自身を否定するようになった」「いっそ死んでしまおうと思った」などと胸中を明かしました。同番組放送後、「中居正広」は「ラジオ」「中居正広のSome girl’ SMAP」「ニッポン放送」にて、「清原和博」とは「プライベート」で交流はないが、「キヨさんから学んだこといっぱいある」として、「金スマ」出演が「何かいいきっかけになればいいのかな~」と「コメント」しました。収録前には「30分」ほど「2人」で会話したことなどを明かしました。

その後、「16年1月」に「SMAP」の解散騒動が注目を集めた際には、「清原和博」が自身の「ブログ」で「中居正広」の名前を出し、「自分の苦しい時 沢山の方々に自分の事をテレビに出演出来るよう言ってくれていた」と告白しました。同じ「8月18日生まれ」である共通点に触れつつ、「中居君は眠れない日が続いてるのかな」と、「中居正広」の体調を気にかけていました。ですが、それから「約1カ月後」には、自身が覚せい剤所持の疑いで逮捕され、「同5月」に「懲役2年6カ月、執行猶予4年」の有罪判決を受けています。




現在も執行猶予中の「清原和博」ですが、「7月」に半生を綴った著書「清原和博 告白」を上梓しました。「中居正広」は自ら同書を購入したといい、「もう、久しぶりに「これちょっと楽しみだな~」っていうか。読みたい欲が強すぎて」と、語り始めました。買った日は手を付けられなかったものの、「読みたくて、読みたくて」と欲望を抑えきれず、別日に「「朝の」8時ぐらいから読み始めて。もう昼過ぎには読み終わっちゃったね。全部読んじゃった」そうです。

「読み応えありましたね~。なんか楽しみってね、分割にしたい癖があるんだけども、一気に読んじゃったね。うーん いやぁ、読み応えあったな。「略」キヨさんはそうね 過ちを犯してしまいました。でもそこから、脱却するために、今リハビリも含めて、なんかいろいろ葛藤がありながら、やってるなーって「感じた」」

本の中では、「清原和博」が自身の友人関係について、相手に迷惑をかけないよう「自分から切る」場合が多かったと吐露しているといいます。「中居正広」は、このあたりの記述が印象に残ったのか、「本読んでても、まぁ以前から思ってたけど、スゴくやっぱ繊細な人だから」と「清原和博」の性格を表現した上で、

「かと言って、ああいう事件を別に肯定するつもりもないけども。でも、キヨさんに限らずですけども、「“1回の過ち、1回の失言”」とか。なんか、1回失敗しちゃったら、「公に出てる人間はそれぐらいの覚悟を決めてもらわないと困るよ」つっても。そんなに言うほど覚悟なんて、うーん 決めて入ったわけじゃないし」




などと、持論を展開しました。「罪も悪も、なんか全部やっぱりね、「“いけないものはいけない”」っていうのはわかるんだけども。1回の過ちであまりにもこう ちょっと責めすぎじゃないのかな~とは思いますよね」と考えを述べました。

「過去のことも全部否定され。またそのね、その人間も否定され。で、今までやってきた功績を、誰も言ってくれない」

と語り、「1度」の過ちで全てが台無しになり、過去の栄光までなかったことにされてしまう風潮に、「中居正広」は疑問を抱いているようです。もちろん、「薬物はダメ」というのは「大前提よ。大前提なんだけども」と強調しつつ、それでも「バッシング」を浴びた当事者の家族や周囲の人々の気持ちになると、「いたたまれない」と嘆いていました。

「中居正広」といえば、「ゲスの極み乙女」の「ボーカル・川谷絵音」との不倫騒動を起こした「ベッキー」にも「金スマ」を通じて手を差し伸べた過去があります。長い芸能生活の中でさまざまな経験を積んできた「中居正広」なりに、「1回の過ち」の重みに関して、独自の解釈があったのでしょう。こうした「中居正広」の感想を「清原和博」がどう受け止めるのか、再び「2人」が共演する機会を心待ちにしたいですね。

誰にでも生きていれば過ちを犯してしまう時があることは人生経験を積み重ねて来ないと理解できないでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。