伊野尾慧★夏休み明け★学生に学校行かなくてもいい★伝える切実なワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「伊野尾慧★夏休み明け★学生に学校行かなくてもいい★伝える切実なワケ」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の「八乙女光」と「伊野尾慧」が「パーソナリティ」を務めている「午後8時台」の「生放送ラジオ」「らじらー!サタデー!」「NHKラジオ第1」です。放送当日の「9月1日、武蔵の森総合スポーツプラザ」で「Hey!Say!JUMP LIVE TOUR SENSE or LOVE」「ライブ」を終えたばかりの「2人」は、そのまま会場の客席から「ラジオ」を放送しました。




「コンサート」が終わってまだ「40分」ほどしかたっていないようですが、「シャワー」を浴びて反省会に出席してから、この放送を迎えたという「2人」です。格好は「上下スウェット」とのことで、「リラックス」している様子です。「伊野尾慧」は「コンサート終わりのこの「らじらー!」が始まると、あぁツアー始まったなぁ!って、ちょっと思いますよね」と、「2人」にとっては生放送の「ラジオ」も「ツアー」の一部分となっているようです。「毎週毎週、「ツアーで」いろんな地方を回るんだけど「らじらー!」の「スタッフ」の皆さんもね、同じように地方に回ってね、いろんな会場からお送りするんでね」と、さまざまな会場から「生放送ラジオ」をお届けする予定だと報告しました。

また「9月」に入り、学生の多くは新学期が始まる時期です。そこで、昨年の「ラジオ」で「伊野尾慧」が発した「学校がすべてではない」という言葉に救われ、今では楽しく「フリースクール」に通っているという「リスナー」からの「メッセージ」が紹介されました。「夏休み明けは学生の自殺が一番多い時期です。休むという自分を守る選択もあることを伝えたくて「らじらー!」に投稿しました。どうか自分を守る選択、または自分の子どもを守る選択があることが1人でも多くの人に届き、笑顔でいられますように」という内容を読み上げた「伊野尾慧」は、「夏休み、今日で明けてますけど。やっぱりこう学校に行かない期間が長くなると「ちょっと行きたくないな~」とか、やっぱり学校で嫌な思いがあると「行きづらいな」って思ってしまう人も、たぶん多くの学生さんいたらね、少なからずいると思うんですよ」と「コメント」しました。

そして「そういう時は、僕は別に「学校に」行かなくてもいい!うん、「行かない」っていう選択肢をとることも時には大事かなと思って。そういう時にでも、やっぱり1人で抱え込むんじゃなくて、休むっていう選択をするんであれば家族だったり、友人だったり先生だったり、きっと周りに誰かしら必ず支えてくれる、助けてくれる人がいると思うので。そういう方々に少しでもね、相談したりとかして」と、学校に行くことを不安に思っている「リスナー」に向けて、温かい「メッセージ」を続けました。




また「学校がすべてではないって、僕は本当に思ってるので。なんか好きな習い事だったりとか、なんだろう。塾だったりとか、なんかわかんないけどさ、ほかにもたくさん楽しいこといっぱいあると思うんで。そういうところに全力投球したりとか。学校行かなくてもね、あの高校卒業の資格取ろうと思えばね、そういう試験もありますからね」と「伊野尾慧」は語り、「ファン」からは「「学校がすべてじゃない」、これ名言だ。この言葉に助けられた」「もう何だろう 心が軽くなった気がした」「たくさん救われたよ」という声が多く集まっていました。

学生など若い「ファン」が多い「Hey!Say!JUMP」です。「伊野尾慧」や「八乙女光」の言葉が響いた「ファン」が多くいたようですね。

学生生活が楽しいとか学生は学業優先だとか言う人は多いと思いますが人生は社会に出てからがもっと大切だと思うので行きたくないときは違った方向で進路を考えてみるのも一つの答えが出る方法かも知れませんね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。