木村拓哉★スポーツ紙取材★koki,ネタ解禁の裏側★SMAPネタはNGなのに 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「木村拓哉★スポーツ紙取材★koki,ネタ解禁の裏側★SMAPネタはNGなのに」の事をお伝えしたいと思います。

映画「検察側の罪人」の「大ヒット御礼舞台挨拶」が、「9月3日」に行われました。主演の「木村拓哉、共演の嵐・二宮和也」が登壇するとあって、会場には多くの「マスコミ陣」が訪れたといいますが、「一部メディア」に対する「独占インタビュー」が、関係者の間で波紋を呼んでいるようです。先日、これまで封印していた「“家族に関する話題”」を解禁した「木村拓哉」は、この場でも娘について言及していたといいます。

当日は舞台挨拶と別に、「スポーツ紙」の「ジャニーズ担当記者」のみが参加する特例的な「インタビュー」が行われたようです。「翌4日付」の「スポーツ各紙」を見ると、「木村拓哉」が「次女・koki,」について「「この映画を」観てくれると思う」などと語っている場面が報じられていました。




「木村拓哉」の「コメント」が、記事として掲載されていたとは、つまり「ジャニーズサイドが、記者に対し、koki,に関する質問、またその報道を許可した」ことになるようです。

ですが一方で「ジャニーズ」は、「検察側の罪人」の「PR」で、「木村拓哉」に「元SMAP」の肩書を用いることを全面的に禁止し、「俳優」と指定しています。記者の間では、「家族ネタは解禁なのに、「元SMAP」はNGなんて、ちぐはぐな対応では?」とささやかれていたようです。

なお、「SMAP」については、肩書どころか、記事内で触れることさえ認められていないといいます。

「SMAP再結成」を望む「ファン」は、「元メンバー」たちが、「SMAP」について語ることを今でも歓迎しています。それを事務所が「NG指定」にして、一方、これまで「アイドル」の立場を守るために「タブー」としてきた家族の話を「OK」とするのは、「ファン」への「“裏切り”」にもなりかねないようです。




なお、「ジャニーズ事務所」がこの「タイミング」で、「スポーツ紙」に対して「koki,ネタ」を解禁したのは、「8月16日」放送の「情報ライブ ミヤネ屋」「日本テレビ系」が影響しているようです。「木村拓哉」は同放送で、「宮根誠司」と対談を行い、「koki,」への思いを語っていましたが。

「ジャニーズ」は、重要な発表を行う際、「テレビ」や雑誌より、「スポーツ紙」を優先するのが慣例になっています。「木村拓哉」が「koki,」について語るのも、本来であれば「スポーツ紙」が初となるはずだったでしょうが、「木村拓哉」と親交のある「宮根誠司」の番組が初解禁の場となりました。今回「ジャニーズ」が、「スポーツ紙」に対して「koki,ネタ」を許可したのは、その埋め合わせと見ることができます。ある意味、「ジャニーズ」から「“スポーツ紙との良好な関係を保つため”」に、利用されたようにも感じられます。

「検察側の罪人」は「興行収入14億円」突破の「大ヒット」になっています。ですが今回の「スポーツ紙」「“独占インタビュー”」は、果たして本当に「木村拓哉」、そして「ファン」のためになったといえるのでしょうか。

「木村拓哉」も人の親ですから愛娘のことになると「ガード」が甘くなり「インタビュー」に応えてしまうのかも知れませんね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。