岡本圭人★留学前にインド旅行★退所覚悟思惑&ウラ事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「岡本圭人★留学前にインド旅行★退所覚悟思惑&ウラ事情」の事をお伝えしたいと思います。

突然の留学発表で、「Hey!Say!JUMP」での活動を一時中断している「岡本圭人」です。「第一報」では「8月中旬にも渡米予定」とされており、すでに現地入りしていると見られていたのですが、親しい芸能関係者によると、現在「岡本圭人」は「インド旅行」を満喫中なのだといいます。当初は「ジャニーズ事務所を退社」とも報じられていた「岡本圭人」ですが、その本心とは?

事務所の発表によれば、「岡本圭人」は「ニューヨーク」の演劇学校「アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ」に、今年「9月」から留学します。「2年後」に帰国予定といいます。

この発表からさかのぼること「2日前」、「週刊文春」「文藝春秋」では、「岡本圭人」は素行不良に加えて海外留学を希望しているため、まもなく「グループ」から脱退すると報じられていました。そして、この報道を打ち消すかのように、留学は一時的なもので、脱退ではなく「“活動休止”」と、「ジャニーズサイド」が発表を行いました。




ですが、「岡本圭人」が周囲に漏らしていた話によれば、留学を決めたのは脱退どころか、「退所覚悟」でのことだったといいます。

本人は、「グループ活動休止=脱退」となって、そのまま事務所からも追われるだろうと考えていたようです。ですが、結果は一時活動休止の許可が出ただけで、週刊誌の報道通りにはならなかったようです。

「岡本圭人」の決意は、演劇の勉強以上に「環境をすべてリセットしたい」という思いからだったそうです。

「ジャニーズ入所」に関しても、「父・岡本健一」の存在は影響していたはずですし、退学してしまったものの、上智大学での学生生活、そして「JUMP」での活動と、こういった「“他人が敷いたレール”」から降りて、自分の考えと力だけで行動してみたくなった、ということだそうです。ほかの「メンバー」も、「岡本圭人」が「“自分本位の考え”」で今回の行動に出たことは理解しているようで、全面的に支持しているわけではなさそうです。




留学発表時、「メディア」に配布された「FAX」には、「他メンバー」による「自分たちは命がけでHey!Say!JUMPを守り、大きなグループにするから、圭人は戻る場所はないというぐらいの覚悟を持って、学んできてほしい」という、「エール」の中に、「岡本圭人」をなかば突き放すかのような含みをもたせる「コメント」が書かれていました。

たとえ「メンバー」との確執が生まれようとも、「岡本圭人」は自分の考えを押し通しました。それだけに、こうした「コメント」が出てきたようです。結局その後、「岡本圭人」はまっすぐ米国には飛ばず「まずはインド旅行でリフレッシュする」とごく親しい友人に話していて、現在もその真っ只中のようです。

「岡本圭人」の「2年間」の「自分探し」は、「ファン」や「JUMPメンバー」が納得する形となるのでしょうか。

「岡本圭人」も「ジャニーズ」の対応には驚いたようですね。折角の退所を免れたのだから本腰を入れて演劇学校で学んで来て欲しいですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。