山田涼介&宮田聡子★交際報道★プロ意識高い&アイドルの鑑★マスコミ称賛

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「山田涼介&宮田聡子★交際報道★プロ意識高い&アイドルの鑑★マスコミ称賛」の事をお伝えしたいと思います。

「9月6日」発売の「女性セブン」「小学館」が、「Hey!Say!JUMP・山田涼介」と「モデル・宮田聡子」の熱愛を「スクープ」しました。記事によると、両者の交際期間はすでに「3年」に及んでいるといいますが、「マスコミ関係者」たちは「あらためて、山田涼介の「“プロ意識”」に感心している」ようです。

「山田涼介」が、「グループ内」で「トップ」の人気を誇る「“エース”」であることは言わずもがなですが、一方の「宮田聡子」も、「with」「講談社」をはじめ、多数の「人気ファッション誌」で活躍する「カリスマモデル」です。「セブン」は、「4年前」に食事会で出会った「2人」が「1年後」に再会し、友人を交えてお互いの家を行き来する中、自然と交際関係に至ったと伝えています。ですが、「3年」も交際し続けていたのに、彼女の存在が明るみに出なかったのは、「さすがアイドル」というほかないようです。




実は、「山田涼介」の女性関係を探る「マスコミ」の動きは、これまでにもあったといいます。

「マスコミ関係者」の間では、過去に、「河北麻友子」や「池田エライザ」、また今年「7月」に「サッカー日本代表・柴崎岳選手」と結婚した「真野恵里菜」との交際説が浮上し、実際に取材に乗り出す「メディア」もありました。これは、「宮田聡子」と交際中だったとされるこの「3年間」の話で、いわば「“お遊び”」だった可能性もありますが、結局、証拠となるような場面は、「一度」たりとも「キャッチ」されなかったようです。

そんな中、「宮田聡子」との記事の掲載に踏み切った「セブン」ですが、誌面を読んでも、交際を裏付けるような「データ」はまるで見当たりません。




同誌は、「2人」の「デート」が自宅中心だと指摘し、かろうじて、同じ「マンション」から「“時間差”」で出入りする様子を伝えているものの、「ツーショット写真」は掲載していません。それでも記事化したからには、何らかの確証はあるとみられますが、同記事にも書かれているように、「山田涼介」の警戒心、そして「アイドル」として私生活を徹底的に隠し通せる「ストイック」さは、ほかの芸能人にも見習ってほしいようです。

今回、「宮田聡子」との「“熱愛疑惑”」が報じられてしまいましたが、「山田涼介」にはこれからも「イメージ」を決して壊すことなく、「アイドル」の鑑であってほしいものですね。

「山田涼介」の「トップアイドル」ならではの「マスコミ」に対する徹底的な「ディフェンス」の硬さが感じられる今回の熱愛報道に「ファン」も心中穏やかではないでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。