国分太一★2匹の愛犬が馬刺ししか食べない★血統書付きでもバカ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「国分太一★2匹の愛犬が馬刺ししか食べない★血統書付きでもバカ」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が「5日」放送され、映画「累-かさね-」「9月7日公開」で「ダブル主演」を務めている「土屋太鳳」と「芳根京子」が出演しました。




この日は「これって性格悪い?今ドキ女子の心のウラ側」として、自分の性格が悪いと思うところを話す一般女性の「VTR」が放送されましたが、「VTR」終わりに話を振られた「土屋太鳳」は「頭が堅くて融通がきかない」と自身の性格を暴露します。続けて「芳根京子」も「誰かとご飯を食べるとき無意識に食べたいものを誘導している」と、かわいらしい回答をしていました。

そんな中、「VTR」の中に「本当は笑えない上司の話に爆笑する」という一般女性の「エピソード」がありましたが、「TOKIO」はこれについて「僕らも気をつけなきゃね」としみじみでした。平均年齢も「42歳」で「ジャニーズ事務所」の中でも「ベテラングループ」になっている「TOKIO」です。この女性の「コメント」には思うところも多いらしく、「松岡昌宏」は「僕らは笑ってもらってる立場ですけど、「土屋と芳根は」一緒にお芝居してて大御所の俳優さんがつまらないこと言っても、笑わなきゃいけない立場じゃないですか」と話し、さっそく「土屋太鳳」から「ハハハ」と苦笑いされてしまいました。その後、「土屋太鳳」は「今のは本当に面白いです」と「フォロー」を入れたものの、「松岡昌宏」は「フォローされるとすごい釘が刺さる」と「コメント」しました。傷心した様子でした。

その後は、「可愛がられるために上司に媚を売っている」という女性の「エピソード」に関して、「上の立場の人をご飯や飲みにどう誘うか」という話になりました。「松岡昌宏」は「なんだろうね、「ちょっと飲みに行こうよ」って言われて「誰しもが」「いや、いいです」とは言わない」と話すと、「国分太一」は「「いいっすね」っていうのが挨拶だよね」と分析します。「長瀬智也」は「行かなかったとしても「行きましょう」って言ってくれるのはうれしい」と「コメント」しました。また、「芳根京子」が「先輩俳優をご飯に誘っていいか迷う」という相談を持ちかけると、「TOKIO」は全員一致で「芳根京子からの誘いは大歓迎!」と「アドバイス」しました。「2人」きりだと「マズ」い場合は「「マネージャー連れて行ってもいいですか?」と言ってくれると助かる」と「松岡昌宏」が助言すると、「長瀬智也」は「そこで、「“ナシ”」だってわかる!」と、落とせるか落とせないか判断するためにも有効な一言だといい、その場の爆笑を誘っていました。




また、番組の最後には「思い出すだけで泣けるエピソード」の「テーマ」で愛犬について語った「土屋太鳳」の話に触発され、「国分太一」は自身飼っている「2匹」の犬の話を披露しました。「別々のところで買ったのに血統書見たら親が繋がっていた」と話し、「どっちもバカ」と断言しました。「ドッグフードアレルギーで馬刺ししか食べない」と驚きの「エピソード」を語っていました。

この日の放送に視聴者からは「感動してたのに太一くんに持ってかれた!」「犬がバカって話をあそこで持ってくるとは」といった声や、「長瀬くんのアリかナシの判断、普通の男の人みたいなこと考えてるんだね」といった「コメント」が集まっていました。

生き物だけは実際に飼ってみないと特徴や「クセ」などを見抜くことができませんよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。