千賀健永★特徴・ジャンルがない★ジャニーズみたいなダンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「千賀健永★特徴・ジャンルがない★ジャニーズみたいなダンス」の事をお伝えしたいと思います。

「約6年」ぶりの「単独パーソナリティ企画」を「7週連続」で実施中の「ラジオ」「キスマイRadio」「文化放送」です。「9月5日」深夜放送回には「千賀健永」が登場し、「ジャニーズ事務所」に入るための「ダンス」の「“秘訣”」を明かしました。

「ダンス」を得意とし、「グループ」の中では振付師としても活躍している「千賀健永」です。先日、「中居正広」が司会を務める「ナカイの窓」「日本テレビ系 8月22日放送回」の「覆面の窓」の回に「千賀健永」が出演した時は、「キレッキレ」の「ブレイクダンス」を披露し、視聴者から「ダンスうまかった」「千賀さん、マジかっけーわ」との声が上がったほどの腕前です。

そんな中、「ジャニーズのようなダンスを踊れるようになりたい」と願う「8歳」の息子を持つ「リスナー」から、「近々息子をダンス教室に通わせようと思っています。でも、いろんなジャンルがあり、どこがいいか悩んでいます。千賀くんはどんな教室に通っていましたか?」というお便りが届きました。




すると、「俺はジャニーズに入ろうと思ってダンスを始めたわけではなく、3歳くらいから親に無理やり習わされてて、小学3年生ぐらいまで嫌々行ってましたね」と、話し出した「千賀健永」です。ですが、「小学3年生くらいの時にマイケル・ジャクソンにあこがれて、その流れでジャニーズに入ることになったんですけども」と、「ジャニーズ事務所」に入所するきっかけとなったのも「“ダンス”」だったことを明かしました。

ただ、「リスナー」からの「ジャニーズのようなダンスを踊れるようになるためのジャンル」という質問については、「ジャンルって難しいんだよな~。まぁ、だからジャニーズになりたい、ジャニーズみたいなダンス。「ジャニーズみたいなダンス」ってジャンルがないんですよ、そもそも。「ジャニーズダンス」って」と、「ジャンル」に分類するのは難しいようです。そのうえで、「ジャニーズのダンスって、ジャズとヒップホップとバレエの中間みたいな」と、いろんな「ジャンル」の「ダンス」が混ざっていると分析しました。

実際、小学生の頃に「地元・名古屋」の「ダンス大会」で優勝した経歴を持っていた「千賀健永」でも、入所したばかりの頃は「このダンスのジャンルは何だ?」「自分がやったことのないダンス」と困惑したといいます。

それを踏まえて「だからジャニーズに近いダンスの方がいいですよね。ヒップホップとか、あとはジャズとか。そういうのがいいかな~」と、「アドバイス」を送っていました。




ちなみに「千賀健永」自身は、「全部行ってました。ブレイキングとかロック、ホップ。あと、さっき言ったヒップホップ、ジャズ、バレエ。ほとんどやりましたね」とのことでした。それを踏まえて、

「変な話ね、まぁジャニーズにいる僕から言わしてもらうと、どれか1つ「のジャンル」でもうまかったら、「このダンスすごいうまいな」ってなるから。その、俺みたいに、安パイでいろんなジャンルをやるんじゃなくて、1個に絞って突き詰めた方がいいと思うんですよ」

と、「1ジャンル」に絞るべきだとも「アドバイス」しました。「「ダンスが」うまいに越したことはないんで」と言い、好きな「ジャンル」を見つけて突き詰めていくことこそが「ジャニーズに入る一番の近道なのではないかな、と思います」と「メッセージ」を送ったのでした。

やはりいろんな「ジャンル」を覚えるよりは「1ジャンル」を極めて武器にする方が良いかも知れませんね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。