加藤シゲアキ&小山慶一郎★児童虐待取材★虐待ゼロにするには難しい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「加藤シゲアキ&小山慶一郎★児童虐待取材★虐待ゼロにするには難しい」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・加藤シゲアキ」と「小山慶一郎」が「MC」を務める「NEWSな2人」「TBS系」は、現代社会が抱えるさまざまな問題に切り込む「バラエティ番組」です。「9月7日」深夜の回では、「児童虐待の“今”」を「加藤シゲアキ」と「小山慶一郎」が徹底取材しました。

「1999年」には「1万件以下」だった児童虐待の相談件数は、「2017年」には「年間13万3,778件」と「10倍以上」となり、「児童虐待件数」は年々増え続けています。ですが、児童相談所の相談員である「児童福祉司」の数は「3,235人」と少なく、「1人」あたり「40件以上」かかえるため、すべてを「フォロー」しきれない状態になっています。そこで政府は、今年「6月」に起きた「目黒女児虐待事件」「継父と実母の虐待によって5歳女児が死亡した事件」をきっかけに、「2022年度」までに児童福祉司の「2,000人増員」を目標としたといいます。




今回、「加藤シゲアキ」が取材したのは、小学校の頃、実母と里親から虐待を受けていたという「友美さん」です。「実の母親から虐待を受けているのがきっかけで保護されて、「4歳の時に」里親のところに行ったんですけど、そこでも虐待された」と「2人」の母親に虐待されたと話し、「1歳になる前に離婚しているので、父親はいない」と複雑な家庭環境を語りました。

さらに、その虐待内容について、「お母さんはお風呂で私のことを沈めてたらしい。それは聞いた話。里親「の母親」は殴る蹴るもあるし、「私はあなたの親じゃない」「と言われた」」と、しつけと称して心ない言葉も浴びせられたことも告白しました。里親の父親のほうは半身麻痺で体が半分動かないため、助けてもらえず、学校で先生に言っても取り扱ってくれなかったことから、中学校では不登校になってしまいます。その後、里親からは離縁を宣告されたといいます。

「加藤シゲアキ」が「なんでお母さんは虐待をしてた?」と虐待の理由を尋ねると、「お母さんも虐待されてて。親から」と「“虐待の連鎖”」があったことを告白しました。さらに「自分がもし子どもができた時、その恐怖もあるんじゃないかな?自分が手を出してしまうのではないかと?」と「加藤シゲアキ」が聞くと、「ありますよ。もちろん。だから怖い。自分が本当にうまくいかなかった時期に差し掛かった時、自分がどういうふうになっちゃうかわからないから怖い」と正直な胸の内を話し、虐待の記憶が社会に出ても「トラウマ」として残ることが明らかになりました。




さらに「友美さん」は、「虐待をなくすには?」という「加藤シゲアキ」の問いに、「虐待を受けていた子どもたちが苦労してもサポートしてくれる大人や環境、社会が必要」と力強く提案します。「加藤シゲアキ」もうなずきながら、「虐待をゼロにするには難しいんでしょうね」と意見を唱えました。

一方、「小山慶一郎」も壮絶な虐待を受けた男性に取材します。実父に「ライター」で耳をあぶられる、傘で思いっきり頭を殴られるなど壮絶な虐待を受け、「「父親を」殺したいな。どうにか復讐したいな」と思っていた男性が、「15年」ぶりに父と再会する場面に「小山慶一郎」が密着します。その結末は、次週の放送で明らかとなります。以前、当番組で「小山慶一郎」は「実父のDVにより、11歳の時に母親に離婚を勧めた」と勇気ある告白をして話題となっていましたが、同じ「暴力」という観点から「小山慶一郎」にとっても過去の自分とも向き合わなければならない大きな「テーマ」かもしれないですね。

「小山慶一郎」も同じ経験をしていることから被害者の気持ちは誰よりも理解できるでしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。