相葉雅紀★コンビニでおでん買ってさあ★二宮和也&松本潤&生田斗真★中学時代回想 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「相葉雅紀★コンビニでおでん買ってさあ★二宮和也&松本潤&生田斗真★中学時代回想」の事をお伝えしたいと思います。

「9月7日」放送の「ラジオ番組」「嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス」「文化放送」で、「相葉雅紀」が「ジャニーズ入所当時」の思い出を振り返りました。

「1996年」に「ジャニーズ事務所」に入所してから「22年目」を迎えた「相葉雅紀」です。「リスナー」から「入所22年おめでとうございます」という「メッセージ」が届くと、「あれは、中2の夏だった」と言いながら、入所してから初めて行った場所は事務所ではなく「TBS」の収録だったと回想します。




「なんか先輩 そういう番組があって。V6先輩が歌ってる後ろで「You踊っちゃいなよ」って言われて」と、「ジャニー喜多川社長」の一声で、いきなり本番の「ステージ」に立たされたようです。その時の心情を「まぁまぁ一番後ろの一番端なんだけど。にしてもさ!映るか映らないかわからないにしても、先輩のステージでさ、いきなり出たんですよ。その場で「振りを」覚えて。踊れるも踊れないもないよね。もうほんとに見よう見まねで動かしながらやったのが最初ですね」と明かしていました。

また、「そこから22年かぁ。いろいろあったなぁ」と懐かしそうな声をあげた「相葉雅紀」は、最初は週末だけだった「ジャニーズJr.」としての「レッスン」や仕事が平日の放課後にも入るようになり、生活も「ガラッ」と変わっていったと回想します。ですが、「ジャニーズ」に入ったということは先生や友達には「言ってない! 言わなかったね~」と秘密にしていたようです。

総武線で「1時間」かけて「レッスン」や仕事に通っていた当時は、毎日のように漫画週刊誌を電車の中で読んでおり「それが楽しみでもあった」という「相葉雅紀」でした。そして、「帰りは帰りでニノ「二宮和也」と風間「俊介」とかと、ラーメン食って帰るっていうのが定番だったな。総武線組は。懐かしいなぁ~」と、「ファン」もよく知る「エピソード」を語りました。

さらに、中学生の時から「ラジオ」に出演することもあったようで「文化放送」や当番組の「ディレクター」とは「14歳」からの付き合いだといいます。「二宮和也、松本潤、生田斗真」も一緒だったようで「あんな中学生、よく使ってくれたよね」と驚くと、「「場所が」四谷だったから、行く途中におでん買ってさぁ。よくみんなで食ってたなぁ。そのさ、コンビニの前ちょっとさ、イートスペースみたいなとこでおでん食って、それから行ってた。四谷のさぁ、トイレが狭くてさぁ。懐かしい! 教会なんだよね、元。形がなんか教会の形してる。こんな話しても尽きないけども!ちょっとわかんないから、みんなが」と、懐かしそうに振り返り、当時の話が尽きないようでした。




そんな話に「リスナー」も「昔話大歓迎ですよ!」「総武線エピソードきた!御茶ノ水でラーメン!」「まだ初々しいJr.時代のエピソード。You踊っちゃいなよ「笑」」「相葉さんの語るJr.時代話、いとしくて泣きそう」と、「入所エピソード」なら何度でも大歓迎だと反応していました。

そして、現在は「10月12日」から「スタート」する「ドラマ」「僕とシッポと神楽坂」「テレビ朝日系」の撮影中だという「相葉雅紀」です。今は「ロケ」の移動時間は「寝るね!寝るか、う~ん。今ドラマの撮影してるんで、その台本読むかの2択ですね」と明かしていました。

「ジャニーズ」に入ってから「22年」。移動時間の過ごし方はすっかり大人になったようですね。

「相葉雅紀」にとっては下積み時代の大切な時間を「二宮和也」や「生田斗真」と過ごした時間が今も忘れられない良い思い出になっているようですね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。