桐山照史★月刊ダイバー★自ら売り込み★ファンに売り上げ協力要請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「桐山照史★月刊ダイバー★自ら売り込み★ファンに売り上げ協力要請」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「メンバー」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「bayじゃないか」「bayfm」です。「桐山照史」と「濱田崇裕」が「パーソナリティ」を務めた「9月8日」深夜の放送回は、「桐山照史」が「ダイビング」を始めた「キッカケ」について語りました。

今月「10日」発売の「スキューバダイビング専門誌」「月刊ダイバー」「10月号」「ダイバー株式会社」の表紙を飾っている「桐山照史」です。そもそも「ダイビング」を始めたのは、「スタッフさんから「「ジャニーズWESTの」誰かダイビングの免許持ってませんか?」と言われたのがキッカケで」と明かしました。




同誌ではこれまで、「関ジャニ∞・安田章大、Kis-My-Ft2」の「北山宏光、二階堂高嗣、横尾渉、Hey!Say!JUMP・高木雄也」ら「ダイビング」を趣味としている「ジャニーズタレント」が表紙を飾ってきていますが、「で、誰も「ダイビング免許」持ってなかったやん。「あっ、こういうの免許とか持っとくと「仕事に」プラスなんだ」っていうところから、やったら自分がハマってしまって。で、どんどんどんどんやっていくうちに、こういうお仕事もいただいて」と、最初は仕事につなげる狙いから始まったことを語りました。

ですが、今では「スタッフ」に趣味と思われるだけでは満足いかないようで、「どんどん免許も上げて今「レスキュー」っていう資格をとって、あともう1個上に「いきたい」。「月刊ダイバー」さんでこの前しゃべってたら、その「ダイブマスター」っていう免許を「「“桐山照史が「ダイブマスターを」とろう!”」のコーナーを作ってよ~」とは言っといたんですけどね」と、自ら企画を持ち込んで売り込みも行っていると発言しました。

どうやら手応えはあったようで、「でもまぁ今後ともね、「仕事を」さしていただけるとは思う ので。まぁまぁまぁ、それはもう「月刊ダイバーの」売り上げ次第でございます」と言いつつも、「リスナー」に向けて最後はしっかりと宣伝していたのでした。




「ダイビング」の資格「ライセンス」はさまざまありますが、一般的には初級から順に「オープンウォーター」、そして中級の「アドバンスド・オープンウォーター」、上級の「レスキュー・ダイバー」となっています。単に「ダイビング」を楽しむだけであれば、「オープンウォーター」や「水深30m」まで潜れる「アドバンスド・オープンウォーター」で十分のようです。「桐山照史」が持っている「レスキュー・ダイバー」はその「上級ライセンス」であり、救助もできるようになるので、それを持っているというだけでもすごいはずです。

ですが、現在「桐山照史」が目指しているのは、さらにその上の「ダイブマスター」という資格で、「ダイビングツアー」の「ガイド」もできるようになる「プロ」の「ライセンス」です。この資格をとるには、「40本以上」の「ダイビング経験」がないといけないため、忙しい「桐山照史」にとっては少し時間がかかるかもしれません。ただ、「2011年時点」で「ダイブマスター」を目指していると語っていた「安田章大」なら、すでに「ダイブマスター」を取得していてもおかしくはないでしょう。

ほかにも、先日「ジャニー喜多川社長」から後継者指名を受けたという「タッキー&翼・滝沢秀明」も「ダイビング」をやっているなど、「ジャニーズ内」の「ダイビング人口率」は比較的高めのようです。「桐山照史」のように、早めに自らを売り込んでおくのはいい戦略かもしれないですね。

「ジャニーズアイドル」も資格を持たないと幅広い活躍ができなくなってきているのかも知れませんね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。