村上信五&横山裕★真面目で可愛い★錦戸亮はクソ生意気★関ジャニ∞タジタジ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「村上信五&横山裕★真面目で可愛い★錦戸亮はクソ生意気★関ジャニ∞タジタジ」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「音楽アーティスト」を迎え、一夜限りの「ジャムセッション」や「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「9月9日」放送回は、「渋谷すばる」が脱退後、「6人体制」で初めて行われた「5大ドームツアー」「関ジャニ’sエイターテイメント GR8EST」の「東京ドーム公演」から、「9月5日」に発売されたばかりの新曲「ここに」の「ライブ映像」が初出しされました。

今回は、「90年代」の「音楽シーン」を席巻した「音楽プロデューサー」の「小室哲哉」の謎に迫り、「90年代文化とTKサウンド」について「トーク」を展開しました。「関ジャニ∞」からは、司会の「村上信五」をはじめ、「錦戸亮、丸山隆平、大倉忠義」が登場し、「ゲスト」には「篠原涼子」が訪れました。




「音楽アーティストゲスト」として、この番組ではお馴染みの「音楽プロデューサー本間昭光」とともに、現在公開中の映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」の監督である「大根仁」が紹介されると、「亮とか俺もそうやけどね。若かりし頃、大根さんにはね、お世話になって」と切り出した「村上信五」でした。

すると、「錦戸亮」は「はい、そうなんですよ」と歯切れが悪く返事します。「「ジャニーズ」Jr.の頃によく仕事して」と言う大根監督に「日本テレビの」と答える「錦戸亮」は、手で半分口元を多い、何やら語られたくないことでもあるようです。

だが「大根仁監督」はそんな「錦戸亮」の様子もお構いなしに、「1999年」に放送された「ドラマ」「怖い日曜日」「日本テレビ系」で演出家と俳優の関係で仕事したことを振り返り、「あの、信五くんとか横山「裕」くんとかは、ほんとに真面目で可愛くていい子だったんですけど、「錦戸は」まぁクソ生意気で!」と大暴露します。これに「錦戸亮」は、「ちょっと、さっきその話ナシでっていうのを楽屋でしてたのに」と大慌てです。そして、「「なのに」すぐ話を振るから!」と「村上信五」に反論するも「いや、可愛い話やんそんなん、ねぇ」と、元々黙っておく気はなかったようです。




その結果、当時「14歳」だった「錦戸亮」について「30歳過ぎのおっさんと中学生が現場で喧嘩してましたよ」と再び「大根仁監督」に暴露され、「タジタジ」になっていた「錦戸亮」なのでした。

さらに今回は「ジャムセッション」ではなく、「9月7日」に「東京ドーム」で行われた臨場感溢れる「LIVE映像」から最新曲「ここに」の「フルコーラス」が「テレビ」で初披露となりました。当日「ライブ」に参戦した「ファン」たちの「Twitter」のつぶやきによって、「1コーラス目」を「安田章大」が「ノリノリ」で歌いあげていたり、年長組の「横山裕&村上信五」が「“肩組み”」をしていたりということがすでに話題になっていただけに、放送を楽しみにしていた「ファン」も多かったはずです。

そのため「「ここに」もう1回見たかった。ヨコヒナの肩組み最高かよー!」「やすの頭ぽんぽんや横山さんの熱唱も結構映ってて、ありがとうございます」「まさか7日の「ライブ映像」やってくれるとは思わんかった。嬉しい!」「関ジャムでドームのここにが流れたんだけど、ヤバイもう泣きそう。つか泣いた」と歓喜の声が多数上がっていたのでした。

誰にでも若気の至りの時期があるのは仕方のないことですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。