岩橋玄樹★フランス語披露★ナニソレ?ナニコレ?★フランス人困惑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「岩橋玄樹★フランス語披露★ナニソレ?ナニコレ?★フランス人困惑」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」内の「King&Prince」の「冠コーナー」「弟子入り~DESHIIRI」です。「9月10~14日」は、「岩橋玄樹」が「クロワッサン職人」に弟子入りしました。

「ひょっこりいわち!朝からこんにちは。おはようございます」と登場した「岩橋玄樹」が訪れたのは、「パリ」に本店を構え、「東京・港区麻布台」にある「パン屋さん」「メゾン・ランドゥメンヌ麻布台」です。本場の「フランス」では「クロワッサン専門」の職人「“トリエ”」と、「食パン」などを専門で作る「“ブーランジェ”」と呼ばれる職人に分かれているということで、今回は「アントワンヌ師匠」のもと、「クロワッサン作り」に挑戦しました。

早速、師匠の作った「クロワッサン」を食べ「カールがすごい綺麗!Jet’aim「愛してる」めっちゃふわふわしてますね!おいしい!」と笑顔の「岩橋玄樹」です。「おいしい!」と伝える代わりに「ボンジュール!」と「コメント」していると、師匠に「ナニソレ!」と「ツッコ」まれる場面もありましたが、「これ作れたらパリジェンヌにモテますかね?」とやる気はあるようです。




また「岩橋玄樹」は大学の「第二外国語」として「フランス語」を専攻していたようで、「ディレクター」に「岩橋くん、フランス語は「しゃべれる」?」と聞かれると「Je Suis「私は」玄樹。Jet’aim「愛してる」」と自己紹介をしつつ「投げキッス」します。ですが、師匠は苦笑いします。

そんなこんなで生地作りに取り掛かり、「ゲームみたい」と言いながら機械を使って生地を伸ばしていくと、「ボタン」を押し間違えて生地が逆流します。台の上から生地を落としてしまうという「ハプニング」もありました。

そして次は、「クロワッサン」の要ともいえる「バター」を塗りこんでからの生地の折り込みです。ですが「岩橋玄樹」は「“三つ折り”」のやり方がわからず「モタモタ」します。「スピード」が遅いだけではなく、折り込み方も雑だったようで「雑だとクロワッサンができないよ!」と怒られてしまいました。

その後は生地を二等辺三角形に切っていき、いよいよ成形します。ですができあがったのは「ナニコレ?」と師匠に言われてしまうほど不細工な形です。「キレイにつくりたい」と言う「岩橋玄樹」に、もう一度師匠が丁寧に教えてくれると、次は成功し、無事に焼き上げることができたのでした。




「岩橋玄樹」が命名した「“岩ワッサン”」を師匠に味見してもらうと「生地の層はキレイに出てる。でもカタチがやっぱり。味は大丈夫です」と形以外はまあまあの評価でした。ですが、「岩橋玄樹」が自分で食べてみると「食感が全然ちがう!ふわっと感が全然ないんだけど、こっちは」と納得のいくできではなかったようです。実際、「クロワッサン」を半分に切ってみたところ、師匠のものは中まで層が詰まっていたのに対し、「岩橋玄樹」のものは中が空洞で「スッカスカ」です。この違いには、「スタジオ」からも「えー!?」という驚きの声が漏れていたのでした。

今回の挑戦で「クロワッサンは大変です。ちゃんとスピードを守らないといけないし、丸める時も線を真っすぐにしてほんとに繊細ですね」と大変さを実感したようですが、最後は「じゃん!岩ちゃんスペシャルです!」と師匠に内緒でこっそり作っていた「エッフェル塔」を模した「パン」を「サプライズ」で披露しました。

すっかり仲良くなった様子の「2人」を見て、「ファン」からは「師匠との掛け合い、最後まで可愛かったな」「師匠も愉快な人で「ナニコレ」が口癖ぽいのがジワる」「アントワンヌさんにサプライズしちゃう人柄の良さ、本当好き」「エッフェル塔を作っちゃうところが岩橋玄樹!! 可愛い〜」との声が集まっていました。

「フランス語」が出来ても「クロワッサン」の腕前は素人同然なのは仕方のないことですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。