松本幸大★KAT-TUNファンファンサービスめぐり批判噴出★謝罪文掲載の事態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「松本幸大★KAT-TUNファンファンサービスめぐり批判噴出★謝罪文掲載の事態」の事をお伝えしたいと思います。

「8月4日」の「マリンメッセ福岡公演」を皮切りに「スタート」した「KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CAST」です。「8月29日~30日」には愛知の「日本ガイシ スポーツプラザ ガイシホール」で公演が行われましたが、「バックダンサー」を務めた「ジャニーズJr.」の言動に関して、「一部KAT-TUNファン」が問題視しているといいます。

「2016年3月」に「田口淳之介」が「グループ」から脱退し、充電期間を経て今年「1月1日」より再始動した「KAT-TUN」です。活動再開後、初の「アルバム」「CAST」「7月18日発売」を引っ提げ、「8月4日~10月21日」まで「8都市」を回る「ツアー」を開催中です。そんな中、「バックダンサー」として先輩の「ステージ」に華を添えている「宇宙Six」の「松本幸大」が、「公式携帯サイト・Johnny’s web」の連載「宇宙に6Chu~」「9月10日更新」で、名古屋公演での出来事に言及しました。なんでも、客席に「すごい目に入ってくる団扇」があり、注目して見てみると、「Jr.の集合写真のせて!お願い by無所担」といった要望が書かれていたといいます。




この「“無所担”」とは、どの「ユニット」にも入っていない「Jr.」のことを意味します。うちわを持っていた「ファン」は「宇宙Six」ではなく、「グループ未所属」の「影山拓也、森継亮太、渡辺大輝」らの「ファン」ということになるようです。その「ファン」に「松本幸大」が目を向けると、「OK!?」と「ジェスチャー」をしてきたため、「松本幸大」は「グーサイン」で「わかったよ」と合図したようです。「まぁその子と約束したってわけですよ」と、出来事を振り返り、「ツアー」についている「全Jr.12人」の集合写真を「ファンクラブ会員限定コンテンツ」に「アップ」していました。もともと、「ツアー」が終わるまでに「“載せられたらいいな”」と思っていたところ、うちわの「リクエスト」を受けたため実行を決めたようです。

さらに、「松本幸大」は「あの時団扇を持ってた子!ちゃんと約束守ったゾ」と、連載を通じて「メッセージ」しました。自分たちを応援する人はもちろん、それ以外の「Jr.ファン」にも幸せな気持ちを分け与えたいと、彼なりの「サービス精神」で掲載に至ったようです。

ですが、こうした「松本幸大」の対応をめぐって、賛否両論が噴出する事態になっています。「Jr.ファン」の間では「約束を守ってくれる幸大くん、さすが」「Jr.の集合写真ありがとう。無所担の方もうちわで訴えてくれてありがとう。良い写真が見られた」「松本くん、アイドルの鑑で感動してる。宇宙Sixすごいな。うちわ出した方、よかったですね」「うちわのメッセージ見てWebに写真載せてるの好感度上がる」と、高く評価する声も出ているのですが。

一方で、「KAT-TUNファン」は「失望した」「やりすぎ」という手厳しい一言をはじめ、「うちわに応えたい気持ちはわかるけど、私も!って思う人絶対いる。これ以上、KAT-TUNコンサートにJr.ファンの変なうちわを増やさないで」「先輩のコンサートでファンのうちわに応えます、ってことだよね?呆れた。先輩のコンサートであって、あなたが主役じゃない」「KAT-TUNのコンサートは、松本くんがファンと伝言ゲームをする場所じゃない。ファンを焚き付けてどうするの。迷惑」などと、怒りを露わにしているようです。




また、「松本幸大」は同連載記事において、「9月4日」に「35歳」の誕生日を迎えた「中丸雄一」のために用意された「バースデーケーキ」と、「宇宙Six・山本亮太」を写した「山本withバースデーケーキ」の「1枚」も公開しています。これについても、「バースデーケーキ、中丸くんでさえ載せてないのに」「中丸くんのために用意されたケーキ、誰の許しを得てKAT-TUNを差し置いてWEBに載せてるの?」という怒りの声もあるようです。これら写真は、「Jr.」の「ファンクラブ会員」のみが閲覧可能のため、「この写真をJr.のファンクラブ限定で公開する意味がわからない」「Jr.ファンは中丸くんのバースデーケーキ見れるのに、KAT-TUNファンが見れないってどういうこと?」と、愚痴が漏れてしまいました。

騒ぎが「松本幸大」の耳に入ったのか、「ジャニーズ事務所」から注意が入ったのかは不明ですが、「14日」夕方には、公演中の「ファン」とのやりとりや、「ちゃんと約束守ったゾ」と特定の「ファン」に「アピール」する部分が削除されました。現在、末尾は「気分を悪くさせてしまった方もいたようなので、文章を少し変更させて頂きました。申し訳ございませんでした」と、謝罪文に変わっています。「松本幸大」にとっては露出の場が少ない「Jr.」や、その「ファン」を思った上での行動だったのかもしれませんが、今回は裏目に出てしまったようです。

確かに、「Johnny’s web登録者」なら誰でも閲覧できる場所で前述の「エピソード」に触れれば、指摘が出たように「Jr.ファン」の「“お願いうちわ”」が増える可能性も考えられるでしょう。配慮に欠ける内容を書いた「松本幸大」は当然のこと、「WEB」の「運営サイド」も「ユーザー」に寄り添い、波紋を呼ぶ記述の掲載には十分気をつけてもらいたいものですね。

「松本幸大」の「ファン」を大切にする気持ちも分からなくもないですし、勿論「KAT-TUNファン」の気持ちも理解できますよね。





ジャニーズランキング

SNSでもご購読できます。