錦戸亮★メンバーを下品呼ばわりする★小木博明に否めないと苦笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「錦戸亮★メンバーを下品呼ばわりする★小木博明に否めないと苦笑」の事をお伝えしたいと思います。

「9月15日」放送の「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」に、「おぎやはぎ」の「小木博明」が「ゲスト出演」しました。

「ゲスト」が、自分の独特な「クセ」を打ち明け、それに共感してくれる人を探すという「もひとりおるおる」「コーナー」は、「6名中2名」が共感すると高級料理を食べられるという「ルール」です。今回、日本料理の老舗「なだ万」で修行を積んだ「シェフ」が開店した恵比寿の割烹料理屋「明美「あさみ」」で「ロケ」が行われました。




「なだ万」と聞いた「錦戸亮」が「大阪のやつ?大阪になだ万ってなかった?」と「スタッフ」に聞くと、「小木博明」は「そんな下品な街にある?なだ万」と、番組冒頭から大阪を「“下品な街”」呼ばわりする始末です。これには「ちょいちょい」「大倉忠義」「俺らはいいですけど、まだ」「横山裕」「関東でやってるからってそんな」「丸山隆平」と「関ジャニ∞メンバー」が反論すると、続けて、「小木博明」は「君たち見ると下品に見えちゃって」と言い、「錦戸亮」は「まぁ、否めない。否めない」と苦笑いをするのでした。

その後も、「小木博明」は「そうでしょ?ジャニーズってやっぱり品が良かったっていうか、東京のかっこよかったチームが。「なのに」急に「関ジャニ∞が」関西から出てきたでしょ?あの時、ほんと俺嫌いだったの。最初、全然受け入れられなくて」と「デビュー当時」の「関ジャニ∞」の印象を語ると、「村上信五」は「「受け入れられたのは」いつくらいからですか? 」と質問しました。「ここ1〜2年じゃない?いいな、この子たち!」と最近になって印象が良くなったことを告白しました。

そんな「小木博明」の「“おるおる”」は、「プールの水に顔をつけられない」「湯船では絶対にオナラをしない」など、「関ジャニ∞メンバー」の共感を得られないものばかりです。ですが次の「女優は基本嫌なヤツばかりだと思っている」に、共感したのは「村上信五」ただ「1人」でした。見事、「6人中2人共感」を達成し、「北海道産毛ガニ箱」を堪能するのでした。




「女優嫌なヤツ論」について、「小木博明」が「実際会うとみんないい人なの。でも自分の容姿で出てきてる女優っているでしょ?下積みないヤツ。自分がかわいいと思ってでてきるヤツ」と言うと、「村上信五」も「タチが悪い」と苦い顔をしながら同意します。続けて「謙虚な気持ちがあったら女優なんて選ばない。モデルもそう」「何もしてないんだぜ、あいつら!台本出されて読むだけ」と、「小木博明」が独自の女優論を語ると、「村上信五」が「キレイとか可愛いだけだからね」と真剣な顔で同意する一方、「横山裕」は自らも俳優として活躍するためか、「感情を込めたり、「台詞」覚えたり大変なんですよ」と女優の大変さを語っていたのでした。

また、次の「“おるおる”」は、「女性に「好きだよ」と言われたら、「おぉ」としか返せない」というものです。これに共感したのは、「横山裕」ただ「1人」でした。「横山裕」いわく「僕もグイグイ来られたら、なんて返していいのかわからんのと、女性の名前を呼べない」そうで、決して女性を呼び捨てできず、ちゃん付けや「フルネーム」で呼ぶことを告白しました。「村上信五」からも「彼はシャイ」と言われていました。

そして、ご褒美の「北海道産ウニおこわ」を「グルメ番組」のように「カメラ目線」で食べる「村上信五」に、「横山裕」は「村上専属カメラできたよな。あいつ、あぁやってテレビいっぱいでるようになんねん。すげーよ」とつぶやきながら、その「カメラさばき」を称賛しました。「小木博明」も「確かに名MCだもんな。安心して出れる」と「村上信五」の「MC力」を絶賛していました。かつては「嫌いだった」という「関ジャニ∞メンバー」を、完全に受け入れている「小木博明」なのでした。

同じ「ジャニーズアイドル」に下品と言われるのならともかくとしてお笑い芸人の「小木博明」が「関ジャニメンバー」に言える立場でなないですよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。