小山慶一郎★明かす父からの虐待経験★ずっと心にトラウマが残る★警鐘鳴らす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「小山慶一郎★明かす父からの虐待経験★ずっと心にトラウマが残る★警鐘鳴らす」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・加藤シゲアキ」と「小山慶一郎」が「MC」を務める「NEWSな2人」「TBS系」です。「9月14日」深夜の回では、先週に引き続き、「児童虐待の「“今”」」を「加藤シゲアキ」と「小山慶一郎」が徹底取材しました。

今回、「小山慶一郎」が取材したのは、「7年」もの間、虐待を受け続けた「青年・ブライアンさん」「仮名・26歳」です。現在、「モデル」をしているという彼は、「フィリピン人」の母と日本人の父の間に生まれましたが、「「実父は」ほかに家族がいて、4歳の時に新しいお父さんができた」そうで、その義父から虐待を受けたといいます。

「ブライアンさん」は、「母が夜の仕事に出かけると殴る蹴るは普通。傘で思いっきり殴られて」と頭部に残った傷を見せ、「ライターで耳元やお尻をあぶられたり」と虐待の内容を告白しました。母や学校など周囲に伝えることはできず、「4~11歳」まで虐待されたのち、教師がその事実に気づき、児童養護施設に入所したと話します。




その話を真剣に聞いていた「小山慶一郎」は、「夜、お母さんがいない状況で、お義父さんが帰ってきてドアを開ける音から全部聞こえるんですよ。自分がどんなに寝ていても。僕が物置部屋で寝かされていて、そのまま通過してくれれば「今日はセーフ」って思うんですけど、自分の部屋の扉が開いた時から覚悟が決まって「あぁ今日もやられるんだな」って始まるんです」という「ブライアンさん」の話に、「僕も似てる経験をしてて」と一言はなします。

実は「小山慶一郎」は、以前、当番組で小学生時代に父親から虐待を受けていたことを告白しています。そんな過去を振り返りながら「どんだけ寝てても、ガチャってなった瞬間にバッて起きるの。で、構えるわけ。来ると。で、俺と姉の部屋を通過したらセーフ。まるっきり一緒。で、ガチャって来た瞬間に姉と覚悟するわけ」と話し、「殴られた時に顔が腫れていくっていう感覚を小学校3年生くらいの時に初めて知って、今でもその感覚を覚えている」と「トラウマ」が残っていると語りました。また「ブライアンさん」も「男の人が大声をあげていると、どっかで体が縮まる」と、「トラウマ」が残っているそうです。

その後、「ブライアンさん」が「14歳」の時に、母親はがんで亡くなってしまいます。当時は母親が亡くなった理由はお父さんたちにあると感じ、特に義父に復讐したいと思っていましたが、今は「お義父さんのおかげで、「自分は」絶対人に暴力をしないんですよ」と、虐待があったから人の痛みがわかる人間になれたことを、養父に伝えたいと明かしました。

そして、いよいよ「15年」ぶりに養父の元へ。車内で「小山慶一郎」が見守る中、「ブライアンさん」が養父の家を「ノック」すると、再婚して「11年」という現在の妻。「ブライアン」のことを知っていたようで、深夜に帰宅する養父の連絡先を教えてくれたといいます。




後日、義父と会う約束をした「ブライアンさん」は、「僕のお母さんの写真が並べてあったんですね。玄関入ってすぐに。その人「義父」の中で過去の人かと思ってたんだけど、すごい大事に飾られてあって意外だったな」と明かし、養父が母親を大切に思っていたことを知って穏やかな気持ちになれたと、「小山慶一郎」に心境を語りました。

取材を終えた「小山慶一郎」は、「自分の経験からも、子どもにはずっと心にトラウマが残るわけですよ。トラウマを抱える子どもたちを少なくするためにはどうすればいいのか、もっと大人たちも一生懸命考えるのが大切」と締めくくりました。

「SNS上」では、「私も虐待受けてたし、小山さんも受けてたから、つらくなった」「小山くんが、義父から虐待を受けていた男性に、寄り添いながら話を聞いていたのがよかった」などの声が見受けられました。

虐待を経験した者でないと知りえない恐怖や憎しみ「小山慶一郎」の「ブライアンさん」への気遣いが伝わってくる心温まる放送回になったようですね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。