大倉忠義★関ジャムでポンコツ指揮★ショートコントみたい&爆笑の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「大倉忠義★関ジャムでポンコツ指揮★ショートコントみたい&爆笑の声」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「音楽アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ番組」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「9月16日」は、「東京フィルハーモニー交響楽団」を「スタジオ」に迎え、「オーケストラ」の魅力に迫りました。

今回は、「ゲスト」として「芳根京子」と「アンタッチャブル・山崎弘也」、そして「関ジャニ∞」からは司会の「村上信五」をはじめ、「横山裕、大倉忠義、丸山隆平、錦戸亮」が登場しました。




まずは、「栗田博文指揮者」のもと「CM」で使用されることの多い「行進曲「威風堂々」第1番二長調」が演奏され、次は「スター・ウォーズのテーマ」や「ゲーム音楽」「ドラゴンクエスト序曲」も披露し、「うわー!」とみんな大喜びしました。特に、「村上信五」から「横山さん、ドラゴンクエスト好きやからたまらんでしょ?」と言われるほど「ゲーム」に「ハマ」っていたらしい「横山裕」は「これはテンション上がるよね~!この生演奏ヤバい!」と、感動すらしている様子でした。

その後、「指揮者によって演奏が大きく変わる」という話になり、有名な「3人」の指揮者ごとに演奏された「交響曲第5番第一楽章「運命」」「作曲:ベートーヴェン」を聞き比べてみると、確かな違いがあることにみんな驚きます。そこで「指揮するの初めてよ」という「山崎弘也」が実際の指揮に挑戦してみるも、当然「グダグダ」です。とりあえず簡単な指導を受けて再挑戦したのですが、芸人魂のせいか自分が主役になってしまい、そんな姿にみんな「大ウケ」しました。

その後、「栗田博文指揮者」が同じ「運命」を指揮すると、その違いは明らかです。これに対し、「山崎弘也」の演奏で大爆笑していた「大倉忠義」が「やっぱザキヤマさんヘタくそやわ~」とつぶやいたところ、「いや、そんな言うんなら、ちょっとちょっと「やってみてよ」!」と「山崎弘也」に背中を押され、「大倉忠義」も挑戦することになりました。もちろん曲は同じ「運命」です。




ですが、指揮の動きを確認しながら立ち上がった「大倉忠義」は、「えー!? っちゃ難しいですね、これ。これで」と、すでに手の動きが怪しい感じになります。実際に指揮をしてみると音が弱々しいばかりか、「超スローテンポ」で、演奏し終えた「大倉忠義」も「遅いな」と「ポツリ」。「こんな遅い?」「俺はもっと速くやってほしいねんけど!」と、わざと遅くしているつもりはなかったという「大倉忠義」は、「栗田博文指揮者」から「聴いて合わせよう、乗っかろうと思っちゃうと、どんどん遅くなるから」と「アドバイス」をもらい、再挑戦することになりました。

すると、今度は「なんか馬に乗って「手綱を振って」るみたい」と「丸山隆平」に言われるほどに早く指揮棒を動かしてしまい、「いや、速すぎるわ!全然ゆうこと聞いてくれへんわ!」とこれまた大失敗します。そんな「大倉忠義」の姿に、「関ジャニ∞メンバー」は大笑いしていたのでした。

あまりの「ポンコツ」ぶりに「ファン」からは「大倉忠義ショートコント「指揮」って感じでかわいい」「予想外に慎重な大倉くんの指揮っぷりに爆笑!」という声が上がっていました。「ドラム担当」の「大倉忠義」なら「リズム感」ばっちりかと思いきや、指揮者には不向きだったようです。

「大倉忠義」ならではの「ポンコツ指揮」でも許される「キャラ」は「ファン」も認めている証でしょうね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。