伊野尾慧★八乙女光・極秘操作法伝授★ちょっと泳がせる操作方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★八乙女光・極秘操作法伝授★ちょっと泳がせる操作方法」の事をお伝えしたいと思います。

「9月15日」は、現在公演中の「ツアー」「Hey!Say!JUMP LIVE TOUR SENSE or LOVE」静岡公演を終えてすぐ、「生放送ラジオ」「らじらー!サタデー!」「NHKラジオ第1」に出演した「伊野尾慧」と「八乙女光」です。今回は、「高木雄也」と静岡出身の「知念侑李」も「ゲスト」として登場しました。

「高木雄也」は、「ライブ」の「MC中」に「「らじらー!」出るかわかんねぇ。フィフティーフィフティーですよ」と言っていたらしいのですが、「そんなこと言いながらも、「コンサートが」終わった瞬間に「伊野尾くん出るね」「と高木が言ってくれた」」と「伊野尾慧」が暴露しました。




「らじらー」は「生放送ラジオ」のため、「リスナー」の反応を「SNS」で確認できたり、「Twitter」を通して「リスナー」とやりとりができるのですが、これを知った「高木雄也」は「すごいね!こんないっぱい、ばーって来るんだね。楽しい~」と「テンション」も上がっている様子です。

もう「1人」の「ゲスト」である「知念侑李」は、自身の「ソロ曲」「159」にちなみ「159って、ほんとはどんな意味?」という企画を展開します。なんと「ラジオ放送」もちょうど「159回目」だったようで、この共通点に「知念侑李」は「「らじらー!」僕、レギュラーの方がいいんじゃない」と「コメント」しました。また、「高木雄也」の「ソロ曲」「題名の無い物語」にちなみ、「リスナー」から寄せられた「何気ないエピソードに題名をつける」という企画では、お便りを紹介する「八乙女光」が、「カナダに留学してきました」を「神奈川県に留学してきました」と読み間違えたり、「自宅療養」を「じたくようよう」「じたくりょうりょう」と噛んでしまったりと、「グダグダ」な展開になりました。

これに「高木雄也」は大爆笑していましたが、「ラジオ」の相方を務めている「伊野尾慧」は「気づいてもちょっと泳がせる。泳がせることによって面白いことになるから」と、いつもの感じで対応します。「なんでカナダを神奈川県と間違えたの?」「伊野尾」「わっかんねぇわ、カナにいっちゃった」「八乙女」「だってカタカナよ!?」「伊野尾」「たしかにね」「八乙女」というやりとりをする「2人」の後ろで、「面白い」と「知念侑李」です。「高木雄也」にいたっては、「クックック」と笑いをこらえるのに必死な様子がうかがえました。




そんな「八乙女光」の天然発言に、「リスナー」も「カナダを神奈川県っていうの、最高すぎるでしょ」「ひかる、今日も絶好調だね!」「漢字とカタカナとか読み間違えようがないのに、ひかの脳みそファンタジー」「カナダを神奈川県って間違えるひかが、もう可愛くて仕方ないのと同時に心配になる「笑」。でもこれでこそ八乙女光」と大爆笑していました。

いつも奇想天外な読み間違いを披露している「八乙女光」です。若干、心配になるところもありますが、これからも「伊野尾慧」にはどんどん「八乙女光」を泳がせてもらって、面白い「天然エピソード」を引き出していってほしいものですね。

「伊野尾慧&八乙女光コンビ」が長いせいか「伊野尾慧」の「八乙女光」に対する優しさが伝わってきますよね。





ジャニーズランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。