KATO’S DINING & BAR★逸品・特上鰻重&鰻重御膳★料理長・宮田勇さん・平成27年度調理師関係厚生労働大臣表彰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「KATO’S DINING & BAR★逸品・特上鰻重&鰻重御膳★料理長・宮田勇さん・平成27年度調理師関係厚生労働大臣表彰」の事をお伝えしたいと思います。

日々の忙しさに加え、連日の猛暑です。

そろそろ「夏バテ」し始めている人も多いはずです。

そこで食べたくなるのが、やっぱり鰻です★

ホテルニューオータニ」の日本料理「KATO’S DINING & BAR」では、「7月25日・火」と、「8月6日・日」の「土用の丑の日」に、熟練の匠の技が光るこだわりの逸品「特上鰻重」と「鰻重御膳」を提供します。

★「特上鰻重

ふっくら艶々に焼きあがった鰻は、その香りと見た目で食欲を刺激するのはもちろん、非常に「バランス」のとれた高栄養食として夏の「スタミナメニュー」にぴったりの逸品です。

その「ビタミン」の豊富さから滋養強壮や「夏バテ防止、疲労回復」に美肌効果まで期待できます。「KATO’S DINING & BAR」では、熟練の料理人が厳撰された鰻を丁寧に焼き上げ、美しい照りに仕上げています。




★「鰻重御膳

鰻は白焼きしてから蒸すが、「KATO’S DINING & BAR」が目指すのは{“硬すぎず、柔らかすぎず”}の絶妙な蒸し上がりです。

蒸し過ぎると旨みまで逃げてしまい、せっかくの食感が台無しになってしまいます。

さらには個体差もあるので、料理人が「一匹一匹」を観察し、触れ、蒸し上がり時間を細かく調整します。

その後、強火でさっと焼いて皮目を「パリッ」と「キャラメリゼ」にし、秘伝の「タレ」にくぐらせ、重ねづけして焼き上げる事で、鰻の旨味を最大限に引き出しています。

厳撰された旬の素材による創作和食と、本格的な「BAR」としての一面を兼ね備えた日本料理「KATO’S DINING & BAR」です。

時代とともに移り変わる日本食文化の「歴史の伝承と改革との融合」を追求する姿勢を認められ、料理長の「宮田勇さん」は「平成27年度調理師関係厚生労働大臣表彰」の受彰者に選ばれた、日本料理の「第一人者」です。

素材と真摯に向き合う、繊細な皿の数々を楽しむことができます。




せっかくの「土用の丑の日」です。「ラグジュアリー」な雰囲気の中、存分に鰻を堪能したいですよね。

★「http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/kato/index.html?Psubid=52

★「場 所

★「日本料理・KATO’S DINING & BAR・東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ ガーデンコート ロビィ階

★「時 間

★「11:30~14:00/17:00~20:30・L.O.

★「料 金

★「特上鰻重・6,500」、「鰻重御膳・5,500」「※いずれも税金・サービス料別

明日はいよいよ「土用の丑の日」です。どうせ鰻を食べるのなら贅沢極まりない「特上鰻重&鰻重御膳」を堪能したいですよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。