松坂大輔選手&イチロー選手★MLBストーブリーグ★古巣・マリナーズ レジェンド カムバック★熱烈ラブコール★二大戦力外

こんばんは。
今日は「松坂大輔選手&イチロー選手★MLBストーブリーグ★古巣・マリナーズ レジェンド カムバック★熱烈ラブコール★二大戦力外」の事をお伝えしたいと思います。

メジャー17年目」の今季も「イチロー選手」は存在感を発揮していました。代打安打で「27本」を「マーク」しました。「メジャー記録」の「28本」にあと「1本」届かなかったとはいえ、「歴代2位」の数字を記録しました。代打起用という非常に難しい「ポジション」を強いられながらも、「44歳」にして難なく「ハイレベル」な仕事をやってのけてしまう能力には、まだまだ多くの「メジャー球団」から熱い視線を投げかけられています。去就先に困り果てている「松坂大輔選手」とは様相が違うようです。

実際、始まったばかりの「MLBストーブリーグ」で「イチロー選手」は早々に名前をあげられ、全米でも関心の高さを証明しています。中でも注目は、「古巣・マリナーズ」が「レジェンド」を「カムバック」させるべく再獲得に動くと「メジャー関係者」の間でささやかれているのです。地元有力紙「シアトル・タイムズ」でも「10月末」に「イチローはシアトルに帰ってくるべきだ」との特集記事が組まれるなど、「現地メディア」でも「レジェンド」への熱烈な「ラブコール」は鳴りやんでいません。




より具体的な情報としては、つい先日、「イチロー選手」の代理人を務める「ジョン・ボッグス氏」と「アスレチックス」の幹部が極秘接触したといいます。それ以外にも「フィリーズ」と「ジャイアンツ」の「ナ・リーグ古豪2球団」も「イチロー選手」の獲得に強い関心を寄せていると、複数の「米メディア」が報じています。「メジャー担当記者

まさに引く手あまたで、来季も「メジャー」で「18年目」の「シーズン」を迎えそうです。とはいえ「50歳まで現役続行」を目標にしている「イチロー選手」にとって、その先、将来的な日本球界復帰という流れはありえないのでしょうか。「イチロー選手」に近い関係者に聞くと「まずありえないでしょう」と笑い飛ばし、次のように続けました。

イチロー選手」が引退すれば、まず間違いなく「メジャーリーグ」で日本人初の殿堂入り選手となります。自身の商品価値がどのような「レベル」にあるか、ほかならぬ「イチロー本人」がわかっています。だから晩節を汚したくないんです。「メジャー」で通用しなくなったからといって、日本球界に逃げ道を作る「“安売り”」は自分の美学に反すると考えています。それを選んでしまうと、自分が貫いてきた生き方にも傷をつけてしまうと思い込んでいます。「メジャー」で「プレーヤー人生」を全うする。それが「イチロー選手」の考え方であり、生き方なのです。




どこまでも「ストイック」な「イチロー選手」の姿勢は、同じく窮地に立たされもがいている「松坂大輔選手」とは対照的に見えます。

日米の大舞台でしのぎを削った「スーパースター2人」は、はたして来季、どの「チーム」の「ユニホーム」を着ているのでしょうか。注目が集まっています。

世界の「イチロー選手」も「レジェンド」と呼ばれるくらいの「キャリア」になったんですね。「スーパースター」「イチロー選手」はこれからも「スーパーヒーロー」のままでしょうね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。