乃木坂46★年末特番で示した2018年の集大成★紅白出場&レコ大連続受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
今日は「乃木坂46★年末特番で示した2018年の集大成★紅白出場&レコ大連続受賞」の事をお伝えしたいと思います

「ドーム&コンサートツアー」、相次ぐ「メンバー」の卒業 「乃木坂46」にとって「2018年」は例年に勝る激動の年でした。それを象徴した形となったのが、「第60回 輝く!日本レコード大賞」「TBS系」、「NHK紅白歌合戦」「NHK総合」という年末年始の音楽特番への出演でした。

「乃木坂46」は、「2018年」の「日本レコード大賞」を「20thシングル」「シンクロニシティ」で受賞しました。「2017年」には「インフルエンサー」で大賞を受賞しているため、「2年連続」の快挙となりました。放送前日、「紅白」の「リハーサル」にて、囲み会見の中で「レコ大」について質問される「メンバー」が「自信もないですし」と苦笑しながら答えていたのを強く覚えています。そんな会見とは裏腹に、まさかの連覇に涙を流す「センター」の「白石麻衣」でした。「白石麻衣」と抱き合い喜びを分かち合う「西野七瀬」が、「ニッコリ」と満面の笑みを浮かべていたのが印象的でした。




「生駒里奈」の卒業を前に「リリース」された「シンクロニシティ」は、「センター」に「白石麻衣」、「裏センター」に「生駒里奈」という「フォーメーション」が組まれていました。「乃木坂46」が次の「ステップ」を踏み出すためと、「生駒里奈」の意思のもと、あえて「“卒業シングル”」という形をとりませんでした。ですが、「6年目」を迎える「乃木坂46メンバー」の「“共鳴”」する思いが、歌詞だけでなく、美しい「コンテンポラリーダンス」や泣き笑いの表情で表現されています。昨年「4月」に日本武道館で行なわれた「生駒里奈」の「卒業コンサート」で披露されましたが、今回の「レコ大」は翌日に卒業を迎えた「西野七瀬」にとっても背中を押す「パフォーマンス」だったようです。

その翌日に「オンエア」された「NHK紅白歌合戦」をもって、「西野七瀬」は「グループ」を卒業しました。「2月」に「京セラドーム大阪」で開催される「卒業コンサート」で故郷に錦を飾ります。「乃木坂46」が「紅白」で披露したのは、「西野七瀬」の「卒業シングル」「帰り道は遠回りしたくなる」でした。「アンダーメンバー」を含めた「1期生」から「3期生全員」での「パフォーマンス」は、「西野七瀬」の門出を祝う集大成の「ステージ」となりました。今回、「サプライズゲスト」として現れたのが、「バナナマン」の「2人」でした。「乃木坂46」にとっての「“公式お兄ちゃん”」として知られる「バナナマン」は、「デビュー前」から冠番組「乃木坂工事中」「前身番組「乃木坂って、どこ?」」「テレビ東京系」の「MC」として彼女たちを見守ってきただけでなく、初出場の「2015年」から毎年「紅白ウラトークチャンネル」の席より、人目を気にせず、「ステージ」で歌い踊る「乃木坂46」に熱い「エール」を送ってきました。

ですが、今年「ウラトーク」の「MC」を担当したのは、「サンドウィッチマン」と「渡辺直美」でした。「MC」の発表直後、「ラジオ番組」「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」「TBSラジオ」で、「バナナマン」は「ウラトーク」の話題に触れてはいたものの、多くは語りませんでした。もしかしたら、それも今回の「サプライズ」への準備だったのかもしれません。普段から「バナナマン」の「グッズ」を着用するなど、「メンバー」の中でも一際「2人」への愛が深い「西野七瀬」でした。「パフォーマンス前」には、「西野七瀬」の家族から彼女に宛てた手紙が「サプライズ」で読まれましたが、大阪で取材を行なったのも「バナナマン」でした。年の瀬に多忙を極める「バナナマン」が時間を割いてまで大阪に向かったのは、「西野七瀬」を最高の笑顔で「乃木坂46」から送り出すためでした。「パフォーマンスラスト」に大きく手を振って現れた「バナナマン」を見つけ、満面の笑みを浮かべる「西野七瀬」でした。改めて、「乃木坂46」と「バナナマン」の強い絆を物語る「シーン」でした。




「西野七瀬」が去った「乃木坂46」は、「紅白」放送終了後、「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ 2018 ⇒ 2019」「TBS系」に出演しました。そこで披露された「帰り道は遠回りしたくなる」では、「西野七瀬」の後を継ぐ「メンバー」として、「秋元真夏」が「センター」を担当しました。「生駒里奈」が「センター」の「制服のマネキン」、「橋本奈々未」が「センター」の「サヨナラの意味」は「齋藤飛鳥」に、「深川麻衣」が「センター」の「ハルジオンが咲く頃」は「川後陽菜」「昨年12月に卒業」へと受け継がれていきましたが、これまで卒業直後に「新センター」で楽曲披露されることはありませんでした。「ハルジオンが咲く頃」や「サヨナラの意味」など、「卒業シングル」として「リリース」された楽曲は、卒業していった「メンバー」の色が強く、「ライブ」や音楽番組で披露しにくい印象があります。ですが、これからは「秋元真夏」が「センター」として立ち、「西野七瀬」の分まで「帰り道は遠回りしたくなる」の「メッセージ」を伝えていくことになります。そのほか、「気づいたら片想い」や「命は美しい」など、「西野七瀬」が「センター」を務めてきた楽曲の「センター」が誰に受け継がれるかにも注目です。

「グループ」は「1月27日」に「台北アリーナ」で開催される「単独コンサート」を経て、「2月」に「京セラドーム大阪」で「乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE」を行ないます。「西野七瀬」の「卒業コンサート」を兼ねつつ、「前3日間」では「4期生」を含めた新たな「乃木坂46」の形を見せてくれるはずです。

「メンバー」の卒業が繰り返されても「乃木坂46メンバー」の層の厚さが証明されて「2年連続」「レコ大」受賞に繋がっているのが納得できますよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。