大橋和也★意外な才能発覚で転職宣言★西畑大吾は止めないんで

こんばんは。
今日は「大橋和也★意外な才能発覚で転職宣言★西畑大吾は止めないんで」の事をお伝えしたいと思います。

関西地方で放送されている夕方の「報道・情報番組」「キャスト」「朝日放送」に、「水曜レギュラー」として出演している「関西ジャニーズJr.内ユニット」「なにわ男子」です。「メンバー7人」の中から週替わりで「2人」が「ロケ」に出て、関西のさまざまな仕事に体当たりで「チャレンジ」する「コーナー」「なにわの仕事を学びまSHOW」を担当しています。

「1月15日」の放送回は、先週に引き続き「特別編」として、「メンバー全員」で「300年」以上続く大阪発祥の伝統芸能「文楽」に挑戦します。




文楽とは、語り手となる太夫と三味線の演奏、そこに人形劇が合わさった、三位一体で演じられる総合芸術で、「ユネスコ無形文化遺産」にも登録された、大阪が世界に誇る伝統芸能です。先週は、物語を進める「太夫」役の「大橋和也、人形遣いAチーム」の「高橋恭平、藤原丈一郎、西畑大吾、人形遣いBチーム」の「道枝駿佑、大西流星、長尾謙杜」に分かれて、それぞれ練習に励みましたが、「アイドル」にも容赦ない「スパルタ指導」に、「藤原丈一郎」が「助けて 帰りたい」と弱音を吐く一幕もありました。

そして今週は、「なにわ男子メンバー」が「伊達娘恋緋鹿子「だてむすめこいのひがのこ」」という演目を披露します。「伊達娘恋緋鹿子」とは、愛する人の切腹を止めるため、火事だと「ウソ」をつき火の見やぐらの半鐘を打つ「お七」の物語で、文楽の中でも特に激しい「“恋情モノ”」だといいます。

物語の前半を担当する「Aチーム」は、人形で繊細な感情を表現することが難しい様子です。同番組で器用ぶりを発揮してきた「高橋恭平」も「できる気がしない まじで」とうなだれてしまいます。一方、後半を担当する「Bチーム」も、火の見やぐらを激しく上る人形の動きに悪戦苦闘します。やぐらの中から人形を動かすため、動きをまったく目視できず、人形の首が「180度」回転してしまい、「首が怖い」と「3人」が苦笑いする場面もありました。ですが、「長尾謙杜」からは「改善点はたくさんありましたけど「完成に」近づいている」と頼もしい発言が飛び出します。

そんな中、ひとり黙々と「カセットテープ」で練習に励んでいた「大橋和也」の元に、ようやく指導役の「六代豊竹呂太夫」が到着します。「“巨匠”」と言われる「豊竹呂太夫」は、多忙を極めるため、「2時間」しか「スケジュール」を押さえられず、ここでの登場となりました。「豊竹呂太夫」は「大橋和也」に「ええ声聞こえてたで」と声を掛け、めきめき上達していく「大橋和也」を「なかなかええ筋してるわ」と称賛します。




そしていよいよ本番を迎え、それぞれが学んだ成果を披露します。弱気な発言が多かった「Aチーム」ですが、息を合わせて見事に演じきり、「Bチーム」も死を覚悟した激しい「お七」をしっかりと表現して無事成功しました。

本番を終えると、指導役の人形遣いから「1日であんなにできたのは、すごいと思います」と労いの言葉が。さらに「豊竹呂太夫」も「お客さんが聞いても見ても感激したんちゃうかな」「大橋くんも、よう声出してね」と「大橋和也」を評価しました。すると、「“巨匠”」に褒められ、調子に乗った「大橋和也」は「転職しようかな」と一言。ですが、「西畑大吾」から「僕らは止めないんで」と言われてしまい、「大橋和也」が「なんでや!止めてや!」と慌て、「スタジオ」の笑いを誘いました。

今回の「なにわ男子」の挑戦に、「ネット」上で反響が大きく「みんなの努力が素晴らしかった」「短時間であそこまでできるのは本当にすごい!感動した」といった声が寄せられました。

「西畑大吾」の「大橋和也」への遠慮ない一言に「ファン」も笑ってしまいますよね。



宮田俊哉★まだバックダンサー★成人の日に言われた一言でデビューを決意

こんばんは。
今日は「宮田俊哉★まだバックダンサー★成人の日に言われた一言でデビューを決意」の事をお伝えしたいと思います。

「1月15日」深夜放送の「ラジオ」「Kis-My-Ft2のキスマイRadio」「文化放送」に、「Kis-My-Ft2・宮田俊哉」と「二階堂高嗣」が登場しました。「13日」が「成人の日」だったということで、自分たちの成人式の思い出を語りました。




「Kis-My-Ft2」はすでに「メンバー」の半分以上が「30歳」を超えており、「宮田俊哉」は「31歳、二階堂高嗣」は「29歳」と「アラサー」です。そこで「宮田俊哉」が「俺たちももうアラサーなわけじゃない?自分が思い描いていたアラサー「になっている」?」と質問すると、「全然!」と「二階堂高嗣」。「二階堂高嗣」は、もっと落ち着きがあり、語彙力が高くて賢く、「キラキラ」した大人になっていると想像していたといい、「1個も理想になってない。漢字を書けない。ダメだよ」と嘆き、「宮田俊哉」も「そうなんだよな~。大人になるってなんだろうな」とつぶやきました。

また、「宮田俊哉」が「成人式に行った?」と「二階堂高嗣」に聞くと、「行ったと思う。だってスーツ持ってるもん、成人式で着たときのスーツ」とのことです。「成人式が終わってみんなでご飯とか。で、みんなで乾杯とかもするじゃん。普通の成人式かな」と振り返りました。

そこで「二階堂高嗣」が「スーツ派と袴派で分かれるじゃん?」と言うと、「宮田俊哉」は「あ~ヤンチャ組の袴ね!」と一言。これに「二階堂高嗣」が「俺の周りはみんな袴だった」と返すと、「やべぇ!」と驚く「宮田俊哉」です。どうやら、「宮田俊哉」の周りには、袴姿で成人式に参加した人がいなかったようで、「ニュースでしか見たことがない。都市伝説だと思ってた」と「コメント」し、「二階堂高嗣」の笑いを誘いました。




一方、「宮田俊哉」は「俺、行けなかったんだよな。成人式」と「ポツリ」。成人式当日は、「滝沢秀明」が主演を務めた舞台「新春 滝沢革命」に出演していたため、欠席したといいます。そのため、「「舞台が」終わって、地元のちょっとした飲み会みたいなのに、1~2時間くらい顔を出した」とのことですが、周りの友達は進学や就活活動中の「タイミング」だけに、悪気なく「宮田って、まだバックダンサーやってるの?」と聞かれたそうです。「宮田俊哉」は「「“まだ”」バックダンサー?いや、バックダンサーだけど。「確かに」ジャニーズJr.だったからね」と内心傷ついたものの、友人の言葉を受け、「「俺、ぜってぇデビューしてやる!!」って思った。その時」とあらためて決意を固めたといい、「まぁでも30「歳」すぎても楽しく生きてるからいっかな」と「コメント」しました。

この放送に「ファン」からは「踏ん張って頑張ってよかったね!今や紅白出場歌手だよ」「理想の大人像についてや、成人式を振り返るトークに、なんだかジーンとした」などの声が集まりました。

今を思えば友人の悪気のない言葉のお陰で「ジャニーズデビュー組」になれて見返すことができましたよね。



松岡昌宏★田中圭に酔うとどうなるかを暴露され赤面★かわいすぎると絶賛

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★田中圭に酔うとどうなるかを暴露され赤面★かわいすぎると絶賛」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が「1月15日」に放送され、「ゲスト」に「俳優・田中圭」が登場しました。




「田中圭」と「松岡昌宏」は、「三谷幸喜」が演出を務めた舞台「江戸は燃えているか TOUCH AND GO」で共演経験があるとのことです。「田中圭」は、「松兄のご自宅にもお邪魔させてもらったんですよ」と話し、鍋を振る舞ってもらったことを明かしました。

「TOKIOメンバー」は「松岡昌宏」の自宅に行ったことがないため、「国分太一」は「僕ら松岡くんの家の間取りとか知らないんですけど、圭くんは知ってるんだよね?」と興味津々の様子です。「間取り!? なんとなく、はい」と戸惑う「田中圭」に、「国分太一」はさらに「何階に住んでいるの?」と質問し、「結構上の方」という情報を「ゲット」していました。また、鍋は「松岡昌宏」宅の広い「リビング」で振る舞われたというのですが、「田中圭」は「松岡昌宏」宅の印象について、「めちゃくちゃお酒があったんですよ。自分で注ぐカメというか、樽みたいなのがあって」と自宅にもかかわらず、お店のように本格的な酒がそろっていたと報告します。「松岡昌宏」は「あのね、飯食う所「場所」と、酒取る所「場所」が違う」と自宅のこだわりを明かしました。




さらに、「国分太一」が「酔うとどうなる?」と、酔っ払った「松岡昌宏」の印象を聞くと、「田中圭」は「とにかく、皆さん「TOKIO」のことを喋ります。めちゃくちゃうれしそうに」と暴露します。これに「松岡昌宏」は照れ笑いを浮かべましたが、「2019年9月18日」の放送に登場した「博多大吉」も「とにかくあなたたち「メンバー」のことを褒めています」と、酔った「松岡昌宏」について語っています。「田中圭」によると、「松岡昌宏」は「かわいい奴なんだよ」と「メンバー」を褒めたり、「メンバー」からもらった「プレゼント」や、逆に「松岡昌宏」が「メンバー」に「プレゼント」したものについて「とにかくうれしそうに喋る」とのことです。すると、照れて赤面した「松岡昌宏」は「ちなみに「自宅の」玄関入って、一個曲がるんだけど、突き当たりにTOKIO「の写真」貼ってある」と告白します。昔撮影した写真だといい、それを見た「田中圭」は「歴史が飾ってある」と感動したようです。

この「エピソード」に視聴者からは、「松岡くんは、本当にTOKIOのこと大好きなんだね!」「TOKIO愛を全開にしていることを暴露されるなんて、松兄はかわいすぎる」「メンバーのことが大好きで、メンバー愛を語りまくる松岡くんの好感度が爆上がり!」という声が集まりました。「松岡昌宏」の「TOKIO愛」に、「ファン」も感銘を受けたようですね。

どんな時も「TOKIOメンバー」の事が頭から離れずに私生活を送っていることが証明されましたね。



大倉忠義★ジャニ勉で大ボケ連発★カジサックなんもでけへんと完敗

こんばんは。
今日は「大倉忠義★ジャニ勉で大ボケ連発★カジサックなんもでけへんと完敗」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」が、「1月15日」深夜に放送されました。「キングコング」の「梶原雄太」こと「YouTuber芸人・カジサック」と「タレント・最上もが」を「ゲスト」に迎え、「トーク」を展開しました。




「アイドルグループ」「でんぱ組.inc」の「メンバー」だった「最上もが」は、「2017年」に「グループ」を脱退して以降、日に日に体力の衰えを感じているそうです。またお風呂の鏡で自分のお尻が垂れてきていることに気がつき、危機感を感じたため、「パーソナルジム」に通い始めたそうです。その結果、「1カ月」でかなりお尻が上がったという成果を話すと、「丸山隆平」が突然「「“マッスルメモリー”」があるから」と一言。この聞き慣れない専門用語に、ざわつく「関ジャニ∞メンバー」と「ゲスト」でしたが、「ボディービルダー」の父を持つ「丸山隆平」によると、「“マッスルメモリー”」とは、一度体を鍛えたことがある人は、筋肉が戻りやすいということです。

その後、最新の「トレーニンググッズ」として「バーンマシン」なるものが紹介されます。これは腕立て伏せの「7倍」の効果があるといわれる「アイテム」だそうで、早速、「最上もが」が試してみると、「村上信五」から「腰を下ろして」と具体的な「アドバイス」が。「村上信五」は「バーンマシン」を一時期愛用していたらしく、「最上もが」と「カジサック」に使い方を「レクチャー」します。そして、「カジサック」も「バーンマシン」を試そうとした時のこと、ここでちょっとした事件が。

「村上信五」たちが「バーンマシン」について話している間に、「大倉忠義」が次に紹介する「パンチングボール」という「グッズ」を、勝手に装着する悪ふざけに出たのです。「パンチングボール」とは、「ボール」が「ゴム」でつながれた「バンド」を頭に装着し、目の前に垂れ下がった「ボール」を「パンチ」するというものです。すると、試し打ちした「ボール」が「大倉忠義」のおでこに直撃します。「大倉忠義」は「痛!」と悶絶し、これには「スタジオ」も大爆笑します。話題を持っていかれた「カジサック」は「全然なんもでけへん!」と「ツッコミ」を入れ、「100点出してたやん!1発目に自分当たってたやん!」と「大倉忠義」の「“ボケ”」に完敗といった様子でした。




その後も「大倉忠義」の悪ふざけは止まらず、別の「グッズ」を紹介している間も、「パンチングボール」を使い続けましたが、今度は歯に直撃してしまい、またまた悶絶します。再度、「スタジオ」の笑いを誘ったのでした。

「大倉忠義」の自由な様子に、「ファン」からは「大倉くんかわいい!」「カジサックの笑いを取っちゃう大倉くん最高」「大倉くんとパンチングボールの組み合わせがめっちゃ面白い!」といった反響が寄せられました。

「大倉忠義」の悪ふざけはいつものことで「ファン」には大受けしたようですね。



藤原丈一郎★野球大好きジャニーズの意地見せる★すごいとファン称賛

こんばんは。
今日は「藤原丈一郎★野球大好きジャニーズの意地見せる★すごいとファン称賛」の事をお伝えしたいと思います。

「関西ジャニーズJr.」の「メンバー」が出演し、毎回さまざまな「テーマ」で「トーク」を展開する「バラエティー番組」「まいど!ジャーニィ~」「BSフジ」です。「1月12日」は、前回「オンエア分」の「未公開シーン」として、兵庫県にある「テーマパーク」「ネスタリゾート神戸」を舞台に繰り広げられた「ゲーム対決」が放送されました。




「バッティングマシーン」では、「140キロ」の剛速球が体験できるということで、大の「野球ファン」である「なにわ男子・藤原丈一郎」に向かって、「野球好きがここで証明されるわけですよ!」と、「高橋恭平」がこの「ゲーム」へ挑戦することを提案します。「藤原丈一郎」は「好きなだけで打てるとは限らん」と及び腰だったものの、「好きやったら研究もしてるでしょ!」という「高橋恭平」の押しに負けて、結局「チャレンジ」することとなりました。

「藤原丈一郎」の前に、「ソフトボール経験者」の「なにわ男子・西畑大吾」が挑戦するも、「バット」に「ボール」がかすりもしないという、お粗末な結果になります。次に、「関西Jr.内ユニット」「Lilかんさい」の「岡崎彪太郎」も挑戦しますが、「バント」の構えでなんとか「ボール」にかすった程度でした。そんな中、満を持して「“野球大好きジャニーズ”」「藤原丈一郎」が登場しました。

「バッターボックス」に立った「藤原丈一郎」は、最初の打席である「140キロ」の「ボール」を見逃すと、「めちゃ速い!」と言いつつも「一打席でだいたい見えた!」と強気な発言をします。しばらくして、ようやく「バット」に「ボール」を当てた「藤原丈一郎」は、「見た?見た?」と大興奮します。ですが「ファール」だったため、「なにわ男子・大橋和也」と「高橋恭平」から「ファール、ファール!」「そんなんいらんいらん!」と、「ヤジ」が飛ぶことになりました。




ふたたび打席に立った「藤原丈一郎」は、またも「バット」に「ボール」を当てることに成功します。今度はかなりいい当たりで、「藤原丈一郎」自身も手ごたえがあったようですが、この「ボール」は「アウト」になってしまい肩を落とします。とはいえ、ほかの「メンバー」がかすりもしなかったことを考えると、野球大好き「ジャニーズ」としての面目を保ったといえるでしょう。「まいジャニ」「メンバー」からは「アウトな男!」と労いの拍手が贈られ、「ファン」からも「丈くん、めっちゃボール当ててるやん!? さすが野球好きジャニーズ!」「140キロを当てただけでもすごいよ!」「野球する丈くんかっこよかった~!」と称賛の声が集まっていました。

なお、「1月13日」に開催された「関西Jr.」の「コンサート」「関ジュ 夢の関西アイランド2020 in京セラドーム大阪~遊びにおいでや!満足100%~」にて、今後は「Lilかんさい」が同番組の「メインレギュラー」になると発表されました。この「アットホーム」な番組の雰囲気を、「Lilかんさい」が受け継いでいくことに期待したいですね。

「アマチュア」で「140キロ」の球を「バット」に当てることができる「センス」の良さを感じてしまいますよね。



櫻井翔★ベトナム旅行の相手は腐れ縁★小川彩佳との報道直前にも交際の噂

こんばんは。
今日は「櫻井翔★ベトナム旅行の相手は腐れ縁★小川彩佳との報道直前にも交際の噂」の事をお伝えしたいと思います。

年明け早々、「一部SNS」上で「ウワサ」になっていた「嵐・櫻井翔」の「“ベトナム旅行”」が、「週刊文春」「文藝春秋」の「スクープ」で事実と判明しました。「櫻井翔」は「1月初旬、ベトナム」の「リゾート地・ダナン」を訪れ、そこで「38歳」の「一般女性・A子さん」と「バカンス」を楽しんでいたといいます。彼女は昨年秋、勤め先を辞めているだけに、「文春」は「婚前旅行」と報じているのですが。

「1月16日」発売の同誌は、「ツーショット」を含む現地での「櫻井翔」と「A子さん」の写真を複数枚掲載しています。慶應義塾大学時代からの仲という両者ですが、遠距離恋愛や破局も経て、ついに結婚の意思を固めたのだといいます。




同記事には、「ジャニーズ事務所」の取材対応でまま見られる「ご指摘の事実はありません」といった「交際否定コメント」がないので、「結婚する・しない」はともかく、両者の真剣交際に確証が持てる内容です。

「2017年6月、櫻井翔」と「元TBSアナウンサー・小川彩佳」の交際期間中に、一般女性の存在についても報じていました。その女性と「文春」で今回「スクープ」された「A子さん」は同一人物とみられます。

「小川彩佳アナウンサー」との交際が週刊誌に報じられるまで、「櫻井翔」と「一般女性A子さん」は親密な関係だったと聞いていますが、その後、「櫻井翔」の方から「フェードアウト」していったといいます。「2人」にとっては何度目かの破局だったものの、周囲は「小川アナの記事は、A子さんには見せられないよね」と密かに気を使っていたようです。

もともとは「アナウンサー志望」だったという「A子さん」ですが、夢は叶わずに関西の「テレビ局」に就職したといいます。その当時から、東京の「キー局関係者」の間では、「A子さん」と「櫻井翔」の関係は有名だったそうです。




「A子さん」自身、ごく親しい関係者には、「櫻井翔」との破局や復縁を明かしていたようです。周囲からすれば「くっついたり離れたりの腐れ縁」といったところでしょう。ですが、いい歳の男性が、年始から女性と海外旅行へ行くとなれば、それは将来を見据えた関係とも考えられます。「A子さん」が長年勤めた局を退社したのも、「結婚によって関係者に迷惑を掛かけないように」という配慮にも思えます。もしくは、結婚の意思を固めるため「退路を断った」のかもしれません。「TOKIO・国分太一」の奥さんも、結婚前に当時勤めていた「テレビ局」を退社していました。

状況的に、「櫻井翔」が「A子さん」と結婚する可能性は高いように思えますが、「少なくとも、嵐の活動に一区切りをつける年末までは、あり得ないことでしょう」といいます。

「二宮和也」のように、「櫻井翔」が結婚を「“強行突破”」する可能性は「ゼロ」に近いと見られます。今後「1年」は、この交際は関係者の間で「“タブー扱い”」となりそうですが、来年の今頃には何らかの動きがあるのかもしれないですね。

「櫻井翔」も年貢の納め時が一刻と近づいているようですね。



秋山大河★退所&引退発表★沙也加と不倫のせい&悲しい&阿鼻叫喚

こんばんは。
今日は「秋山大河★退所&引退発表★沙也加と不倫のせい&悲しい&阿鼻叫喚」の事をお伝えしたいと思います。

昨年「12月上旬、「女性セブン」「小学館」の報道によって「女優・神田沙也加」との「“不倫疑惑”」が騒がれた、「ジャニーズJr.内ユニット・MADE」の「秋山大河」です。先日まで舞台「ミクロワールド・シンフォニア」に出演するなど、「スキャンダル」発覚後も「ファン」の前に姿を現していましたが、今年「1月31日」をもって「ジャニーズ事務所」を退所し、「表舞台を引退」することを宣言しました。正式発表が行われる前には、「ファン」がいくつかの「“異変”」に気づき、「グループ脱退」や「ジャニーズ退所」を予期していたというのですが。

「1月15日、MADE」は「ジャニーズJr.」の「ファンクラブ」「ジャニーズジュニア情報局」の会員向け「ページ」にて、「1月31日」をもって解散すると発表しました。「メンバー」の「稲葉光、冨岡健翔、福士申樹」は事務所に残りますが、「秋山大河」は「31日付」で事務所を離れるといいます。「4人」は「2019年春頃」から話し合いを続けていたといい、「30歳」を目前に控える中で、解散を決意したそうです。「2002年」に「ジャニーズ」入りした「秋山大河」は、「17年間」の「ジャニーズ生活」を武器に、今後は「コレオグラファー」「振付師」の道を目指していくとのことです。「表舞台を引退」すると明言していますが、「エンターテイメント」の世界には携わっていくようです。

今回の「コメント」では触れられていませんが、「秋山大河」といえば昨年「12月」に不倫疑惑が騒がれたばかりです。




「12月5日」発売の「女性セブン」によると、「秋山大河」と「神田沙也加」は昨年「7~8月」に上演された舞台「SHOW BOY」での共演をきっかけに、親密関係に発展します。秋が深まる頃には「禁断の恋にのめり込んでいった」と伝えていた一方で、同誌の取材に対して、「神田沙也加」の事務所は「秋山大河さんとは日頃から仲良くさせていただいております」と、「コメント」しました。「2017年4月」に結婚した「俳優・村田充」とは「既に離婚」していることを明かし、「秋山さんの事は村田さんも知っております」「不倫の事実はございません」と、暗に「村田充」との離婚後に「秋山大河」との交際が「スタート」した旨を主張していました。

「神田沙也加」と「村田充」は、「女性セブン」で記事が掲載される前日に、それぞれの「ブログ」で離婚の事実を公表しました。「村田充」の「ブログ」では、離婚時期について「今年の夏、二人で円満に離婚届を作成し、離婚に双方合意をいたしました」と触れているため、実際に夏頃に離婚届を提出していたのであれば、確かに「秋山大河」とは不倫関係ではないでしょう。とはいえ、「“限りなく黒に近いグレー”」という状況とあって、「ネット」上でも「秋山大河」と「神田沙也加」の不倫を断定する書き込みは少なくありませんでした。

そして報道直後には、「2人」が写っている「2枚」の写真が「ネット」上に流出しました。いずれも「カラオケ店」で撮影したようで、店内の「ポスター」の情報などから、昨年「9~10月」頃の写真である可能性が高いとみられます。いずれも第三者による撮影だったため、仲間内での記念写真にもみえ、「“交際の証拠”」とは言い切れない写真でした。

そんな渦中の「秋山大河」は、「ARASHI Anniversary Tour 5×20」の「バックダンサー」を務めており、「12月6日~8日」の福岡公演や、「同13日~15日」の「愛知・名古屋公演」には姿を見せていたといいます。ですが、「24日・25日」の「東京ドーム公演」は「MADE自体」が不在で、大晦日に「東京ドーム」で行われた「ジャニーズカウントダウン2019-2020」にも、「同グループ」は登場しませんでした。かたや、「秋山大河」自身は「関西ジャニーズJr.」の「古謝那伊留」が主演した舞台「ミクロワールド・シンフォニア」に予定通り出演しました。年明け「1月6日~11日」まで、都内の「紀伊國屋サザンシアター」の「ステージ」に立っていました。

公演期間中、主演の「古謝那伊留」は観劇に来た「ジャニーズ仲間」との動画を「Jr.公式エンタメサイト・ISLAND TV」に「アップ」していました。ですが、「秋山大河」は舞台裏の様子などを撮っておらず、「ファン」は「ガッカリ」していたようです。また、終了後の「13日」に「古謝那伊留」が「公式携帯サイト・Johnny’s web」の日誌を更新した際、舞台を見学に来た「タレント」たちの個人名を挙げていたにもかかわらず、共演者である「秋山大河」の名前や、「エピソード」すら書いていなかったため、「MADEファン」が「おかしい」と、「ザワ」つく事態になりました。こうした不穏な状況下で、「グループ連載」「MADEにおまかせ」の「1月14日」は「秋山大河」の担当回でしたが、日誌が掲載されないまま翌日を迎えました。




また、「MADE」の「4人」は昨年「4月」に「グループ結成11年目」にして舞台「イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑 THE STAGE ~Episode.0~」で初主演を務め、今年「4月」にその作品の続編にあたる「イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑 THE STAGE ~Episode.1」が予定されていましたが、昨年「12月26日」に「公式Twitterアカウント」が「チケット一般発売日延期のお知らせ」を発表しました。「1月6日」予定の一般発売日を「諸般の都合」により延期するとのことで、「ファン」に動揺を与えていたのです。

これら状況から、「ファン」は「スキャンダル」を受けての脱退や退所を危惧していました。そんな折に、「1月15日」に「ファンクラブサイト」で「MADE」の解散と「秋山大河」の引退が発表され、最悪の結果に多くの「ファン」が意気消沈しています。「MADE」の「コメント」には、昨年の春頃から「グループ」の今後について話し合っていたと記載がありますが、それならば解散は「4人」での舞台を終えてからでもいいはずです。時期的に、「神田沙也加」との一件が無関係とは思えません。ちなみに、「12月27日」発売の「フライデー」「講談社」によると、「神田沙也加」は離婚発表の数日後に都内の「マンション」に引っ越し、そこには「秋山大河」の愛用自転車が停まっていたそうです。同誌はすでに同棲を始めている可能性を指摘していました。

今回の「MADE」からのお知らせを受け、「ネット」上では「大河が引退なんて、本人の意思だとは思えない」「もし去年の春から解散の話し合いをしていたとしても、グループの主演舞台が決まってたのに、その前に解散なんてあり得ない」「このタイミングで大河だけジャニーズを辞めるなら、沙也加との不倫が原因だろうね」「「19年春頃から」とわざわざ書くのは、大河のせいではないって言ってるようなものだよね」「まさかこの間の「ミクロワールド」が最後の大河になるとは 悲しい」「沙也加が許せない。こんなにたくさんの人を不幸にして楽しい?」と、阿鼻叫喚の声があふれ返っています。

一方、「秋山大河」の「イケメンヴァンパイア」降板に伴い、代役として「ジャニーズ」の「4人組ユニット・ふぉ~ゆ~」の「松崎祐介」が出演するといいます。裏方に専念することになった「秋山大河」は、「神田沙也加」との愛を貫き、今後も「2人」で生きていくのでしょうか。

「秋山大河」に対しては何らかの「ペナルティー」があるとは思っていたのですが「MADE」の解散は想定外だった「ファン」もいたようですね。



Aぇ!group★高木雄也をめぐって喧嘩★小島健の高木くん大好き発言が波紋

こんばんは。
今日は「Aぇ!group★高木雄也をめぐって喧嘩★小島健の高木くん大好き発言が波紋」の事をお伝えしたいと思います。

「関西ジャニーズJr.」の「メンバー」が「パーソナリティー」を務める「ラジオ番組」「関西ジャニーズJr.のバリバリサウンド」「FM OH!85.1」が「1月14日」に放送され、この日は「関西Jr.内ユニット」「Aぇ!group」の「正門良規、末澤誠也、小島健」が登場しました。

年が明けてから最初の「Aぇ!group」出演回ということで、「3人」の「みなさん今年もよろしくお願いします!」という元気なあいさつから番組が「スタート」しました。「関西Jr.」といえば、「1月11~13日」に「単独コンサート」「関ジュ 夢の関西アイランド2020 in 京セラドーム大阪 ~遊びにおいでや!満足100%~」を開催、「3日間」で「13万5,000人」を動員して話題になりました。




「成人の日」にあたる「13日」の公演には、新成人となった「小島健」のほか、「Aぇ!group・福本大晴、なにわ男子・高橋恭平」の「3人」がはかま姿で登場し、「コンサート」中に「ファン」から祝福してもらう一幕もありました。「小島健」はこれを振り返り、「5万人もの人にお祝いしていただいて、ありがたかったね」と感謝し、「末澤誠也」も「あんな経験なかなかできへんからね」としみじみします。「小島健」はあらためて「ないっすよ、多分。俺ら3人以外で、京セラで成人式って!」と、その貴重な体験を喜んでいました。

その後、同局で「レギュラー番組」を持つ、「Hey!Say!JUMP・高木雄也」の話題になりました。「正門良規」が「昨日まで高木くんもライブやってたみたいで」というと、「2人」が「お疲れさまでした!」と「ラジオ」越しに「高木雄也」へ「メッセージ」。どうやら、この収録中も「高木雄也」は局内にいるようで、「正門良規」は「先ほどごあいさつさせていただいた時に、高木くん、お年玉くれました!」と報告しました。続いて「2人」も大声で「ありがとうございますー!」と喜びをあらわにします。

すると、「末澤誠也」が「俺ら自分のブースに戻ってきた時に、小島が「俺、高木くんのこと大好きやわ」って「言ってた」」と明かし、「ええよ、もちろんええんやけど、初めて小島の口から「高木くん、大好き」っていうの聞いたなと思って。それがお年玉もらったあとっていうのが、すごいアレやなって」と、どうやら腑に落ちない様子でした。




すかさず「いや、高木くんはずっと好きやで!」と反論した「小島健」ですが、「末澤誠也」からさらに「それを口にしたタイミングが、お年玉もらったタイミングやったから。お金もらったことに対して言うのかなって」と追撃されると、「そういうふうに解釈する人なんですね?」とやり返す「小島健」です。「“喧嘩勃発”」の予感がしてきたところで、「正門良規」が「やめようか、新年から」「先輩巻き込んで喧嘩はよくない!」と仲裁に入り、「2人」の激突はなんとか避けることができたのでした。

この日の放送に「リスナー」からは、「お年玉もらった3人がうれしそうでかわいかった~。いい先輩を持ったね!」「高木くんをめぐって喧嘩って、どういう展開なの!?」「高木くん、お年玉ありがとう!機会があったら「喧嘩はダメ」って注意してください「笑」」といった声が寄せられていました。

「ジャニーズ」の「先輩&後輩」の仲の良さが改めて分かり「ファン」もほっこりしたようですね。



加藤シゲアキ★中島健人の態度に警告★カウコン後の激変ぶり暴露

こんばんは。
今日は「加藤シゲアキ★中島健人の態度に警告★カウコン後の激変ぶり暴露」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」の「1月14日」放送回に、「メンバー」の「加藤シゲアキ」が「ゲスト」で登場しました。「デビュー組」から「ジャニーズJr.」まで、「ジャニーズタレント」が一堂に会す「コンサート」「ジャニーズカウントダウン」「以下、「カウコン」」の裏話について語られました。

昨年末の「カウコン」に行ったという「リスナー」から届いた、「すっかりJr.のとりこになりました。NEWSのみなさんは、Jr.にお年玉をあげましたか?」と「メッセージ」が紹介されると、青山学院大学出身の「加藤シゲアキ」は、同大学の後輩で、普段から慕ってくれているという、「Jr.内ユニット」「Travis Japan」の「川島如恵留」に「「ステージを」見てくださいよ~」と言われたため、少し早く「東京ドーム」に入ったと振り返りました。




ですが、結果的に「Travis Japan」の「ステージ」は「見れなかった」そうで、「見ようかなと思ってたら、その前に年越しそばを探しに行ったの。でもなくて、ケータリングがあったから、おなかすいちゃったからご飯食べてたら、中島健人「Sexy Zone」が来て。健人と思わず話し込んでしまって。同じジムなのよ、だから「最近も行ってんの?」とかそんな話から、割と深く話し込んじゃって」と、言い訳をする「加藤シゲアキ」です。

「小山慶一郎」いわく、「ケータリングの場所で普段話さない人たちと話す」というのは「“「カウコン」あるある”」らしく、「小山慶一郎」自身も「KAT-TUN・亀梨和也、山下智久、ふぉ~ゆ~・越岡裕貴」らと話し込んでいたそうです。特に「越岡裕貴」について「めっちゃ話したの!まあ先輩なんだけど、こっしー。Jr.の時から仲良かったの」と、うれしそうに報告していました。

ちなみに「小山慶一郎、加藤シゲアキ、中島健人、Sexy Zone・菊池風磨」の「4人」で食事に行ったことがあるそうで、そこで「加藤シゲアキ」は、「中島健人」から「加藤くん怖いです、ジムで会ったとき」と言われたんだそうです。「加藤シゲアキ」が「あ~、俺ちょっと基本的にロー「テンション」だからね。怒ってるんじゃなくて、ローなんだよ」と説明していると、「小山慶一郎」が「あの人はグイグイ行かなきゃダメだから!」と「中島健人」に「アドバイス」を送っていたんだそうです。そのせいで、「ケータリングで会ったとき、「中島が」グイグイきてたわけ!」と、「小山慶一郎」の「アドバイス」の影響で「Travis Japan」を見逃したと言いたげな「加藤シゲアキ」でした。




また、年明けに「ジム」で「中島健人」と会ったときには、「シゲく~ん、お疲れっす~!」と砕けたあいさつをされただけでなく、「俺の肩揉んでくるの。あの「“敏腕プロデュ―サー”」というか。もう「肩揉んでくるタイプか、お前!?」みたいな!」と、すっかり「中島健人」の態度が変わったと嘆く「加藤シゲアキ」です。急に距離感が近くなったらしく、「加藤シゲアキ」は「ケンティ、「距離の詰め方が」うまいのかヘタなのか。0・100っていうかさ。ちょうどいいとこないの!?」と警告していました。

この放送に「ファン」からは、「コヤシゲとふまけんの食事会!? その話、詳しく聞きたい!」「シゲちゃんとケンティって全然違うタイプに思えるけど、案外気が合いそう。今後の展開に期待「笑」」「小山くんのアドバイスを忠実に守るケンティがかわいい!」といった声が寄せられました。

砕けた挨拶をしても許されてしまう「中島健人」の可愛いらしさには「加藤シゲアキ」も諦めるしかないようですね。



三宅健★ダメだよ、ダメ&やめときなさい★長場雄に忠告の訳

こんばんは。
今日は「三宅健★ダメだよ、ダメ&やめときなさい★長場雄に忠告の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「Bayfm」が「1月13日」深夜に放送され、先週に引き続き、「イラストレーター」の「長場雄」が「ゲスト出演」しました。




今回は「一番最初に何を描いた?」と、「長場雄」の「ルーツ」に迫る質問をぶつけた「三宅健」です。「一番最初?わかんない」としつつ、「長場雄」は「でも、記憶にあるのは「キン肉マン」とか「キャプテン翼」とか」と、当時流行していた漫画の「イラスト」を描いていたと明かします。

漫画の「イラスト」を描き始める前、祖父の別荘に行って飛んでいる「オニヤンマ」を描いていたところ、「褒められた覚えがある」という「長場雄」です。これを聞き、「三宅健」が「「今の道は」おじいちゃんのおかげも、あるんじゃないの?」と聞くと、「長場雄」は「あるあるある。割と絵を描くことに寛容な家族だったというか。たぶん、褒めてくれるからうれしくて描いていたと思う」と、「イラストレーター」としての原点を振り返っていました。

「長場雄」は、「2017年」に開催された「アーカイブ展」「I DID」にて、作品集を購入した「限定100名」に「“似顔絵サイン会”」を行なったそうで、「三宅健」も「あー、なんか見たな。一般の人の似顔絵を描いているんだけど、めっちゃ似てるんだよね」と、「サイン会」のことを知っているようです。ですがこれ以降、「長場雄」は「サイン会」を行なっていなくても、「ファン」から「イラスト」や「サイン」を求められるようになったらしく、「似顔絵とか「スヌーピー描いてください」とか、いろいろ「オーダー」が増える」と苦笑しました。




断れずにすべて受けるという「長場雄」に、「三宅健」は「ダメだよ、ダメ!原画扱いだからそんな安売りしちゃダメ!描いていいのはサインだけ。絵はやめときなさい」と、厳しく忠告します。「長場雄」は思わず「はい、わかりました。マネジャー!」と笑いながら、素直に「三宅健」の意見を聞き入れていました。

この放送に「ネット」上では、「三宅マネジャー、仕事ができすぎる!」「長場さんと仲が良くてイラストレーターとして尊敬してるから、健くんも厳しく注意したんだろうね」「健くんから「ダメ!」って言われたら、もう絶対やらないって思うわ「笑」」などの「コメント」が寄せられていました。

「長場雄」も「三宅健」に言われれば首を縦に振るしかないですよね。