手越祐也★相葉くんとのプライベート遭遇★奇跡&不思議★声上がる訳

こんばんは。
今日は「手越祐也★相葉くんとのプライベート遭遇★奇跡&不思議★声上がる訳」の事をお伝えしたいと思います。

「5月8日」に放送された「ラジオ番組」「テゴマスのらじお」「MBSラジオ」内で、「嵐・相葉雅紀」の連絡先を知っていると公言し、「ファン」を驚かせた「NEWS・手越祐也」です。「公式携帯サイト・Johnny’s web」の「グループ連載」では、そんな「相葉雅紀」との「最新交流エピソード」を綴り、「ネット」上で話題になっています。

「手越祐也」は「同ラジオ」で「“ジャニーズタレントの連絡先を知っているか”」といった話になった際、「俺、先輩で知ってる人、ほぼいないよ、番号。先輩、誰知ってるかな、俺。長瀬「智也」くん、「国分」太一くん、相葉くんぐらいしか知らない」と、告白しました。「TOKIO・長瀬智也」とは「ドラマ」「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」「日本テレビ系、2006年放送」で共演しており、「国分太一」とも「サッカー」や「フットサル」の趣味が共通していることから、交流に「ファン」は納得したものの、「相葉雅紀」との関係は不明だったため「意外すぎる」と、驚きの声が続出しました。




「2人」の関係に注目が集まる中、「同16日更新」の連載「NEWS RING」で、「手越祐也」が「相葉雅紀」と奇跡的な出会いを果たしたことを報告しています。先日、「友人4人」と車で出掛けた際、目的地に着いた「手越祐也」が入口まで歩いていると、遠くから「手越ー!!!」と名前を呼ばれたそうです。この時点では声の主が誰だか判明しておらず、「もう少し静かに声かけるとかあるやん!」などと思っていたものの、相手が手を振って「アピール」してきたとのことでした。「手越祐也」は「シルエットでイケメンってことは分かった」といい、近寄って顔を見たところ、それが「“まさかの相葉雅紀”」だったといいます。

「ビックリ」した「手越祐也」は「わー!!相葉くんじゃないですかぁ!!」と大きな声を出してしまったそうで、「そりゃイケメンだわ笑」と、納得した様子です。偶然訪れた場所でたまたま「相葉雅紀」と「タイミング」が合い、「手越祐也」にとっては「今日はいい日だ」と感じるほど、うれしかったようです。遭遇した場所については具体的に記していませんが、この報告に「ファン」は再び興奮しました。

「相葉くんと手越が会ったのはゴルフ場?2人の絡みは本当に想像つかない」「遠くから「手越ー!」って手を振って呼ぶ相葉くんと、大声で反応しちゃう祐也可愛い~!」「手越くん、連絡先を知ってる相葉くんとたまたま出会うって、なんという奇跡」「相葉くんは手越が連絡先を知っている数少ない先輩だし、偶然出会っちゃうなんて不思議だな」と、感激しています。




また、昨年は「週刊文春」「文藝春秋」の取材によって、「手越祐也」が友人と「プライベート」で「カラオケ」を楽しんだ際に「いちばーん嵐のファンが多いけど~♪ 東京ドームで口パク聞いてる~♪」と歌い、先輩を「“ネタ”」にしていた一件が発覚します。動画も公開され、「一部嵐ファン」は「手越祐也」に対して否定的な感情を抱いてしまっただけに、「相葉さん、外で大きめの声で「手越ー!」って「笑」。嵐は本当に心が広い人たちなんだな」と、「フレンドリーな相葉くん、器デカイ。本人たちは普通に仲が良いんだろうな」と、胸をなでおろしていました。

「手越祐也」は詳細を伏せたものの、一体「相葉雅紀」と出くわしたのはどんな「スポット」だったのでしょうか。当日の「相葉雅紀サイド」の心境も気になるところですね。

「相葉雅紀」の「フレンドリー」な後輩への対応に「ファン」も納得がいくでしょうね。



伊野尾慧★めざましロケ★20分のガチ寝★もう結構&収録も拒否

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★めざましロケ★20分のガチ寝★もう結構&収録も拒否」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP・伊野尾慧」が「木曜レギュラー」を務める情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」が、「5月16日」に放送されました。

「伊野尾慧」が「プライベート」で撮影した写真を紹介する「コーナー」「伊野尾ピクチャー」では、「先日、Hey!Say!JUMPのメンバー・中島裕翔が、グローブ座で行なっている「WILD」という舞台を見に行って、終演後写真を撮らせて頂きました」という「伊野尾慧」の解説のもと、「中島裕翔」との「ツーショット写真」が披露されました。




楽屋の前で撮影されたと思われる写真を見て、「三宅正治アナウンサー」から「どうでした?」と質問が。「伊野尾慧」はこれに「いや~、裕翔がすごい大人っぽくなってて」と感慨深げに語り、「お芝居でちょっとヒゲなんかも生やしたり。ちょっと意外な姿が見れました」と感想を述べていました。

その後放送された「イノ調」では、「“オフィスの仮眠室”」が「テーマ」になりました。「働き方改革」の一貫として、効率よく仕事をするため、最近、仮眠室を導入する企業が増えてきているといいます。「VTR」の冒頭、「スタッフ」から「今日のロケは、たっぷり寝てもらいます」と聞かされた「伊野尾慧」は、「寝るロケ!? ちょっと待ってくれよ。俺だって、「“プロ”」だぞ。ロケ中に寝るわけないだろ!」と一蹴します。ですが、「スポーツブランド」の会社を訪れ、「カプセルホテル風」の仮眠室で横になった「伊野尾慧」は、すぐに「あっ、ダメだこれ。寝れちゃうね」といい、即就寝する事態になりました。

なんと「伊野尾慧」、そのまま「20分間」起きてこず、社員から「他にも見ていただきたいところがあるので、起きていただけますか?」と声をかけられるまで、ぐっすり眠っていました。「伊野尾慧」は掛け布団を抱きまくらのようにしつつ、「うーん いや、もう結構です」と「ポツリ」。「“プロ”」も熟睡させてしまうほど、寝心地のいい空間だということが証明されたのでした。




その後訪れた「寝具メーカー」では、仮眠室にさまざまな「“安眠グッズ”」が用意されており、横になるだけでなく、座ったまま仮眠を取ることもできるといいます。「テーブル」に置かれた「安眠クッション」に顔を埋めた「伊野尾慧」は、「あ~ これ、めっちゃいい」「うわ~、めっちゃ気持ちいい!」と言いつつ「カメラ」に寝顔を晒し、「もうダメだ」と「ウトウト」しました。

同社では、仮眠室の利用を「“15分間”」と決めているそうで、それを聞いた「伊野尾慧」は「15分じゃ寝足りなくないですか?」と質問します。「長い時間寝てしまうと、夜の睡眠に影響が出てしまう」と社員から説明を受けますが、「15分じゃ足りない気がするなあ」と譲らない「伊野尾慧」。ですがその後、「15分間」で効率よく睡眠が取れるよう、仮眠室にさまざまな工夫がされていることが明らかになり、「こういったものをモデルケースにして、各会社も取り入れていくことが大事なのかなと思いました」と「コメント」していました。

放送後、視聴者からは、「気持ちよさそうに寝ている伊野尾くん、これはずっと見ていられる「笑」」「伊野尾ちゃんの寝顔がたくさん見られて幸せだった~!ありがとう「めざましテレビ」!」「ガチ寝してたけど疲れてるのかな?ゆっくり休んでね!」という声が寄せられていました。

「ロケ」中の短い時間にも寝てしまうくらい疲れが「ピーク」にきているのかも知れませんね。



キスマイ★部長に言う&事務所に直訴★仕事内容のメンバー格差★不満炸裂

こんばんは。
今日は「キスマイ★部長に言う&事務所に直訴★仕事内容のメンバー格差★不満炸裂」の事をお伝えしたいと思います。

「5月15日深夜放送」の「ラジオ」「Kis-My-Ft2のキスマイRadio」「文化放送」に、「Kis-My-Ft2・二階堂高嗣」と「横尾渉」が登場しました。最近「舞祭組」の活動がないことについて言及する場面がありました。

「4月24日」に発売された「Kis-My-Ft2」の「アルバム」「FREE HUGS!」通常盤には、「3年」ぶりに「メンバー全員」の「ソロ曲」が収録されています。それぞれ、「豪華アーティスト」から楽曲や作詞の提供を受けており、「二階堂高嗣」は「元SOUL’d OUT」の「Diggy-MO’」が作詞を手掛けた「はぐすた」を歌っています。




「二階堂高嗣」いわく「はぐすた」とは、「アルバム」の「テーマ」でもある「“ハグ”」と、星の「“スター”」をかけ合わせた造語だそうです。「SOUL’d OUT」の楽曲「ウェカピポ」「2003年」のような「キラーワードが欲しい」という、「二階堂高嗣」の要望から生まれた「ワード」だと裏話が明かされました。

また、「二階堂高嗣」は同楽曲で「“無音ラップ”」に挑戦しており、まったく音がない数秒間、滑らかな「ラップ」を披露しています。「横尾渉」はこれに「すげえな~!」と感心し、「俺聞いたことない、無音でラップする人」と「二階堂高嗣」の挑戦を称賛します。「二階堂高嗣」は「あれは大変でしたよ!」「呪文のように毎日「歌詞を」言ってました。レコーディング6時間ですよ!無音のところが!」と、収録での苦労を吐露していました。

番組の「エンディング」では、「横尾渉、二階堂高嗣、千賀健永、宮田俊哉」からなる「Kis-My-Ft2派生ユニット」「舞祭組」の活動に言及しました。今年は、「藤ヶ谷太輔」が「ドラマ」の主演に「ミュージカル初出演」、そして「ソロラジオ」が開始したほか、「宮田俊哉」も同時期に「ソロラジオ」が「スタート」し、「ドラマ」にも出演しています。そのため、「横尾渉」は「なんか2019年偏ってね?仕事。マネジャーさん」と思わず愚痴を「ポロリ」。「二階堂高嗣」も「舞祭組ごとがひとつもない!なんかおかしい」と言い、「もう1回「“部長”」に言うか?」と提案します。「横尾渉」も「言っていきましょう」と意欲的な姿勢を見せました。




この「コメント」に対し、「ファン」からは「部長って誰?私も舞祭組活動してほしいって言う!」「部長って誰だかわからないけど、活動させてください!」と、「“部長”」の存在に疑問の声が上がりつつ、「確かに今年は仕事が偏ってるよなあ~。メンバー格差がなくなってきたと喜んでたのに」「横尾さん、ニカちゃんよく言った!全員均等に仕事を入れてほしいとは思わないけど、ちょっと今の状況は不満」などの意見も聞かれました。

昨年は「コンサートツアー」を行ったり、「連続ドラマ」「○○な人の末路」「日本テレビ系」に主演していた舞祭組です。今年は昨年以上に、彼らの活躍を見ることができるでしょうか。

「キスマイメンバー」だけでなく仕事内容の格差は「他グループ」にもあり得る話ですよね。



松岡昌宏★城島茂の変化に驚き★一味違う★確信した女性へのある発言

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★城島茂の変化に驚き★一味違う★確信した女性へのある発言」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が、「5月15日」に放送されました。今回は、「人気コーナー」「23区23時のオンナたち」に出演した女性たちの「“その後”」を追いました「特別編」として、衝撃の後日談が次々と明らかになりました。




「1年前、東京・下北沢」の路上で弾き語りをしながら、「人生詰んでるくらいが性に合ってる」と「ネガティブ」なことばかり語っていた女性は、「1年」を経て「バンド」を組み、「今は割とプラス「思考」になったかな」と明るい表情を見せます。そして「初めてバンドを組んで、初めてツアーに出かけたり、ちょっとずつ、本当にちょっとずつだけど、自分のやりたかった方向に進みかけてると思います」と、前向きな発言をしていました。

この「VTR」を見た「国分太一」は、「1年でだいぶ変わったんじゃないですかね。バンド組んだっていうのが大きいのかな?」と「コメント」します。「長瀬智也」も「ちょっと大人になってますよね」と、彼女の内面的な成長に感動していたようでした。また、この女性が「22歳」ということを踏まえ、「国分太一」が「リーダー、22歳の時どうでしたか?」と「城島茂」に話を振ります。これに「城島茂」は、「22はまだデビューしてへんから、寮に住んでたころやわ」と振り返りました。

「城島茂」はこれまでにも、同番組内で寮生活をしていた「ジャニーズJr.時代」の思い出を披露しています。ですが、その「エピソード」はどれも荒んだもので、先月「17日放送回」では、「松岡昌宏」の「TOKIO」入りが決定した際、「城島茂」が寮の部屋で「よう来たなあ。こっち来たら売れへんで~」と声をかけたという、「アイドル」らしからぬ思い出が語られていました。そんな「城島茂」の姿を知っている「国分太一」は、「どうしようもない時だ!」と茶々。




続けて「国分太一」が「パチンコ並んでた時でしょ?」と言うと、「松岡昌宏」も「パチンコするお金もなくて、「バイトしようかな」「と悩んでいた」」と「城島茂」の過去を暴露しました。自堕落な生活を送っていた「Jr.時代」を振り返り、「城島茂」は「「VTRの女性が」「少しずつ自分のやりたかった方に進めてる」って言ってたけど、少しずつでいいのよ」と話すと、「国分太一」は「すごい説得力!」と感心します。「僕自身、22歳はもっと焦ってたから」と女性に共感しつつ、力強く背中を押す「城島茂」に対し、「松岡昌宏」は「令和の城島は一味違うぜ!」と称賛していました。

この日の放送に視聴者からは、「TOKIOはどんな人に対してもネガティブなことを言わないで、優しく見守ってくれてる感じがいいよね」「どうしようもない22歳だったけど、今は立派にTOKIOのリーダーやっててすごいと思う!」「いろいろ経験してきたリーダーの言うことは説得力があるなあ」という声が集まっていました。

「Jr.時代」の下積み生活があるからこそ「城島茂リーダー」の言葉には重みがありますよね。



横山裕★将来に大きな不安アリ★疑心暗鬼な性格★指摘されメンバーも心配

こんばんは。
今日は「横山裕★将来に大きな不安アリ★疑心暗鬼な性格★指摘されメンバーも心配」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」です。「5月15日深夜」は、「心理テスト」によって「メンバー」の深層心理に迫る「ブラック心理テスト」の「コーナー」が放送されました。

この日出題されたのは、「あなたは夢の中で虹の橋を渡ろうとしています。橋の真ん中で何を持ち、何と言いましたか?」というものでした。これは、自分が未来に対して抱いている思いがわかり、さらに「“ネガティブ思考度”」も判明するといいます。




一番「ネガティブ思考度」が低いと判断されたのは「村上信五」で、「何も持たない」「キレイなあ~」と答えていました。改めて自分の回答を見た「村上信五」は、「待って待って!アホやん!」と恥ずかしそうにしていましたが、専門家は「何も持たない」という回答について、「誰にも頼らない、自分の力で切り開く」と分析します。さらに、「キレイなあ~」という一言は、「さまざまな困難も楽しむことができる」という心理が表れていると解説されました。

これを聞いた「村上信五」は、まんざらでもない表情を浮かべます。ですが、専門家から「どっしりと構えた「“ナイスガイ”」とも言えますし、「“ノーテンキ”」なお兄ちゃんという可能性も」と補足されると、「横山裕」がすかさず「後者です!後者!」と割り込み、これには「村上信五」も同意します。結果的に、「村上信五」は「心理テスト」によって「ノーテンキなアホのお兄ちゃん」だとわかったのでした。

一方、一番「ネガティブ」だと判定されたのは「横山裕」で「刀」「何が起こるか、まだまだわからんな」と回答します。専門家によると、「横山裕」は疑心暗鬼になっており、自分の立場を危うくする「“敵”」の存在に、不安を感じていると読み取れるそうです。この判定に戸惑う「横山裕」に対し、「メンバー」からは「何と戦ってるねん!?」と心配の声が飛び交っていました。




「メンバー」の中で最も「ポジティブ」なのが「村上信五、ネガティブ」なのが「横山裕」という結果となったわけですが、奇しくもこの日の「スタジオトーク」で、その結果を表した象徴的な「シーン」がありました。

「ゲスト」で「タレント」の「ゆきぽよ」が、浮気をした彼氏に仕返しするため、「シャンプーの中に○○を入れる」と話しました。ここで、一体何を入れたのか「ミニクイズ」が出題され、「大倉忠義」が「リンス」と回答します。これに対し、「村上信五」が「ラッキーやん!それやったら、1回で済むやないか!」と「ツッコミ」を入れ、「横山裕」が「ラッキーって考えるお前、すごいな!」と「村上信五」の「ポジティブ思考」に感心する一幕があったのでした。

放送を見ていた「ファン」からも「心理テストの結果がめちゃくちゃヨコヒナらしい「笑」」「圧倒的ポジティブと圧倒的ネガティブがいるから、グループのバランス取れてるのかも」「心理テストの結果が当たりすぎてて怖いぐらいだ!」と感想が上がり、「村上信五」と「横山裕」の正反対な性格に驚いていたようです。

「村上信五」のあまりの「ポジティブ思考度」に対し対照的な「横山裕」の「ネガティブ度」には「ファン」も驚いたようですね。



美 少年★米国予行練習が波紋★ジャニー社長★心はないの?&ファン怒り

こんばんは。
今日は「美 少年★米国予行練習が波紋★ジャニー社長★心はないの?&ファン怒り」の事をお伝えしたいと思います。

「4月下旬、ジャニー喜多川社長」の発案による「“米国進出”」計画が明らかになった「ジャニーズJr.」「内ユニット」の「美 少年」です。まだ経験の浅い彼らの海外派遣を決めた「ジャニー喜多川社長」に対し、「Jr.ファン」から否定的な意見が相次ぎましたが、今度は「HiHi Jets」の公演に関して不満や怒りの声が続出しています。

「美 少年」は、「2016年11月」に「藤井直樹、那須雄登、浮所飛貴、岩﨑大昇、佐藤龍我」の「5人」で「東京B少年」という「グループ名」で始動し、「17年春」に最年少の「金指一世」が加入します。「昨年11月」、突如として「Sexy美少年」への改名が発表されるも、「今年1月」には「美 少年」に再度変わりました。もともと「お気に入りメンバー」を集めた「ユニット」ですが、「グループ名」の付け方にしても、「ジャニー喜多川社長」の「センス」が生かされています。特に最近では「岩崎大昇」の「ビジュアル」、歌声を気に入っているようで、「ザ少年倶楽部」「NHK BSプレミアム」や「コンサート」でも、「岩崎大昇メイン」の「シーン」が増えています。




「ジャニー喜多川社長」はそんな「“肝入りグループ”」である「美 少年」の「アメリカ」行きを思い描いているといいます。「美 少年、少年忍者、HiHi Jets、7MEN侍」が交代で単独公演を行う「ライブイベント」「ジャニーズ銀座2019 Tokyo Experience」「4月28日~6月2日、東京・シアタークリエ」の取材会にて、「毎年8月」に「米ロサンゼルス」で開催される「二世週日本祭」に「美 少年」を派遣する「プラン」について語っていたそうです。「メンバー」の「岩﨑大昇」と「那須雄登」が稽古中に「海外に行けたらいいな」と漏らした一言を受け、「ジャニー喜多川社長」は公演前に「君たちが外国に行きたいって言うから、8月くらいに行かせるかもしれない」と、「メンバー」に伝えたと報じられました。

「30日付」の「スポーツ紙」などでこの話題が取り上げられると、「Jr.ファン」の間では「CDデビュー」と結びつける「コメント」が相次ぎ、「美 少年」へ「バッシング」が飛び交う事態になりました。そこへ来て、「5月14日」に行われた「HiHi Jets」の「ジャニーズ銀座2019」昼公演に、「美 少年」が登場しました。「ステージ」上で「岩崎大昇」が「夏にアメリカで披露するものをお見せしたい」と話し、「オリジナル曲」「Cosmic Melody」と、「KAT-TUN」の楽曲「FIRE STORM」を歌唱したといいます。最初の時点で「アメリカ進出」の詳細は「未定」と報じられていましたが、どうやら「プラン」は順調に進行していたようです。

「ネット」上には当日の公演を見た「ファン」の「レポート」が複数出ており、「ジャニーさんのほかに外人さんと通訳さんっぽい人が見に来てたから、「二世週日本祭」の関係者かな」「ジャニーさん、美少年が歌ってる時に偉そうな人に指差しながら説明してた」「美 少年が歌い終わったら、さっと消えた」と、「ジャニー社長」の行動を「チェック」した人もいたようです。中には、「ジャニー喜多川社長」が「美 少年」の「パフォーマンス」を「身を乗り出して見ていた」との証言もあり、熱の入れようが窺えます。

「美 少年」は「4月28日~5月6日」にかけて「ジャニーズ銀座2019」の「単独ライブ」を開催していただけに、そこで「アメリカ」の予行練習をするべきだという指摘が続出しました。「HiHi Jets」の単独公演を使って練習することに疑問の声が上がっています。「ジャニー喜多川社長」にとっては、関係者へお披露目する機会がこの日しかなかったのかもしれませんが、双方のファンは複雑な気持ちでしょう。同世代の「美 少年」と「HiHi Jets」は仕事上で接点が多く、「セット」で活動する場面もあるだけに、「美 少年の方が気に入られて、活動に差がついてしまった」と「HiHi Jetsファン」は落胆しています。




「ファン」は「HiHi Jetsが可哀想」と同情しているほか、「美 少年がアメリカに行ってやる曲を、HiHiのステージでやるって事務所エグすぎ」「美 少年がアメリカで歌う曲をHiHiの公演で歌うのおかしくない?」「美 少年を関係者に見せるためにHiHiの現場を使うなんて、残酷」「ジャニーさん、ひどいことするなぁ。心はないの?」と、公演の指揮を取っているであろう「ジャニー喜多川社長」に呆れています。

さらには「美 少年もここでやるのか って気分だっただろうね」「メンバーが悪くないのはわかってるけど、美 少年がアメリカで披露するメドレーをHiHi Jetsファンが見る意味とは?」「他グループの公演で曲を披露する美 少年、大人からいいように使われてる気がして嫌だ」と「美 少年」を庇う書き込みや、「HiHi Jetsの公演なのに美 少年だけ見て帰るジャニーさん。「スペオキ」「スペシャルお気に入り」の匂いがスゴい」と、あらためて今回の一件で「“美 少年推し”」を実感した「ファン」も少なくありませんでした。

こうした「ジャニー喜多川社長」の横暴ぶりが続けば、「一部Jr.ファン」の間で「美 少年」叩きが加速してしまいそうなものですが。

「ジャニ―喜多川社長」が「美 少年」の原石に磨きをかけ「ダイヤモンド」の輝きを放ってほしいと願っているのかも知れませんね。



関ジャニ∞★ありえへん∞世界★体重調査★女性だけ?&また蔑視企画

こんばんは。
今日は「関ジャニ∞★ありえへん∞世界★体重調査★女性だけ?&また蔑視企画」の事をお伝えしたいと思います。

「5月14日放送」の「ありえへん∞世界」「テレビ東京系」で始まった新企画が、「ネット」上で「また関ジャニ∞の番組で女性蔑視?」と、波紋を広げています。

同番組は「関ジャニ∞・村上信五、丸山隆平、安田章大」が「メイン出演者」の「バラエティ番組」で、この日は「人はお金さえ払えばカメラの前で秘密を語るのだろうか」を検証する新企画を放送しました。その内容は、街の人々に声をかけ、現在の体重が洋服込みで「何キロ」になるのかを自分で答えてもらうというものでした。その場で体重計に乗ってもらい、答えた体重と「ピッタリ」合えば「1万円」を贈呈することになっていました。




「番組スタッフ」が最初に声をかけた女性は、体重を問われると「もしかして太ってる人をリサーチしてるの?」と聞き返しながらも、企画参加を承諾します。ですが残念ながら「1万円」は「ゲット」ならず、「リアル」な体重を公開しただけになってしまいました。

その後も「番組スタッフ」は、「フラペチーノ」を飲んでいた二人組など女性にばかり声をかけ、体重を聞き出していたのですが、「ネット」上には「女性の体重を晒す企画って何がおもしろいの?」「男性には声かけてなかったところに悪意を感じるし、キモイ」「お金で釣ってるのも感じ悪い」といった批判が噴出しました。一方、「ちょっと前にも、関ジャニ∞の番組が、一般女性を巻き込むロケで炎上してなかった?」との指摘もありました。

「関ジャニ∞」は、今年「1月1日」に放送された冠番組「関ジャニ∞クロニクル」「フジテレビ系」の正月特番において、深夜の街を一人で歩く女性を取材するといった企画を放送し、「ネット」上で物議を醸していました。

同番組では、女性の背後から車で近づいたり、取材を断った女性を追いかけたりする様子が放送され、「スタジオ」で「VTR」を見ながら、「メンバー」が「「車で」さらわれるやつやん」と笑う一幕もありました。「ネット」上では、「深夜に車でつけられて、しつこくされたら恐怖でしかない」「女性の気持ちをまったく考えてない企画」という声が飛び交い、炎上しました。しかも、今回の「ありえへん∞世界」とは違い、「関ジャニ∞クロニクル」では「メンバー自身」が「ロケ」に出ており、「横山裕」が女性に「デリカシー」のない質問をする場面も放送されていました。そのため、「企画が最悪なのはもちろん、メンバーの神経も疑う」「関ジャニ∞にも幻滅するわ」という声も飛び交っていたようです。




「テレビ業界」ではいま、「性差別」問題が相次いでいる状況です。

「5月10日」、「かんさい情報ネットten.」「読売テレビ」が「“一般人の性別を確かめる”」「ロケVTR」を放送したのですが、「コメンテーター」の「作家・若一光司氏」が「許しがたい人権感覚の欠如」と苦言を呈し、「ネット」上にも「不快」「配慮不足どころか、常識的にあり得ない」といった声が多数上がりました。今回の「ありえへん∞世界」を見た「ネットユーザー」の中には、「炎上した読売テレビと同じくらいひどい企画」と感じる人もいたようです。

「ありえへん∞世界」の新企画は、これっきり封印されるのでしょうか。

誰が見ても女性を不愉快にさせる蔑視企画を放送してしまうようでは「関ジャニ∞ファン」も視聴していて気分が悪くなりますよね。



手越祐也★俺、ヒモになる宣言★テレビ買って&家賃払って★要求三昧

こんばんは。
今日は「手越祐也★俺、ヒモになる宣言★テレビ買って&家賃払って★要求三昧」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」です。「5月14日深夜」の放送は「手越祐也」が登場し、「小山慶一郎」に「ヒモにして!」と大胆なお願いをする場面がありました。

「小山慶一郎」と「手越祐也」は最近、「コンサートスタッフ」を交えて「ゴルフ」に行ったらしく、「ラジオ」でその時のことを報告しました。「結構大雑把にやりそうじゃない、手越って。ポーンって打ったりとか、距離とか「これくらいでいいじゃん?」みたいな」という「小山慶一郎」の予想に反し、「手越祐也」の「プレースタイル」はかなり堅実だったそうで、「この人、超マジメだと思った!」と驚いたそうです。




ですが「小山慶一郎」は「「プレーは」超真面目なんだけど、ラウンド終わった瞬間に、俺のクラブを落としたりとかさ。情緒不安定なんじゃないかと思って」と、「手越祐也」の「マジメ」さは長く続かなかったと暴露しました。さらにその後、「手越祐也」の食事代を「小山慶一郎」がすべて支払うことになったそうで、「俺思ったんだよ。手越と「ゴルフに」行ったときには、違う組で回りたい」とぼやいていました。

そんな話のあと、「手越祐也」が「青い長方形の抱き枕」を愛用しているという話題になりました。なんでも、「手越祐也」はこの抱き枕を足に挟んでいないと眠れないそうで、「小山慶一郎」は「かわいいなあ、お前」「最高の抱き枕を買えよ!」と反応します。続けて、足に挟みやすいように曲線がついている「タイプ」を買ったらどうかと提案します。ですが、「手越祐也」はそういった商品を「知らない」そうで、「小山慶一郎」に「買って、買って!買ってよ!」とおねだりしました。

「ラジオ収録日」が自身の誕生日だった「小山慶一郎」は、「なんで俺がお前に 俺、今日誕生日なのに。お前にプレゼント買わなきゃいけないんだよ!?」と拒絶していましたが、「手越祐也」は気にせず「半年後くらい、俺誕生日です」と発言します。「小山慶一郎」は「いや、まあ 見とくけどさあ」と、ついに折れてしまうのでした。




調子に乗った「手越祐也」は、「テレビ欲しいんだよな~。テレビとブルーレイが欲しい」と言い始め、録画機能が充実している最新の「テレビ」を「小山慶一郎」に「リクエスト」しました。最終的に「手越祐也」は、「俺がヒモになるわ!ヒモにして!」と大胆発言をし、「小山慶一郎」に対して「家賃も払って!」「いいじゃ~ん、年長者なんだから。兄さんなんだから払ってよ、もう全部」と要求しました。「小山慶一郎」は終始、「なんでだよ!」と「ツッコミ」を入れていました。

今回の放送に対し、「ネット」上では「手越くんをヒモにしたい!いくらでも貢ぎます!」「手越くん、私のヒモになる?家賃も水道光熱費も全部払いますよ!」「テレビぐらい買ってあげるから、お姉さんのヒモになってください」といった声が上がり、「手越祐也」を「“ヒモ”」にしたい「ファン」が続出していました。

可愛い弟分に「手越祐也」におねだりされたら兄貴分の「小山慶一郎」も断り切れないようですね。



中居正広★ニュースな会★僕じゃなくてもいい&手応えない感じ★本音ポロリ

こんばんは。
今日は「中居正広★ニュースな会★僕じゃなくてもいい&手応えない感じ★本音ポロリ」の事をお伝えしたいと思います。

現在、「2つ」の新番組で「MC」を務めている「中居正広」です。「4月27日」に「中居正広のニュースな会」「テレビ朝日系」の初回を迎え、「5月3日」には「新・日本男児と中居」「日本テレビ系」が「スタート」しました。前者については、土曜の「昼12時放送」という時間帯と、「ニュース番組」という内容が「中居正広」には珍しいと注目を集めていたものの、一部視聴者の間では「中居くんのニュース番組、つまらない」「この内容なら誰が司会やっても同じ」と手厳しい声も出ています。

「3月」に「月曜ゴールデンタイム」の「バラエティ番組」「中居正広の身になる図書館」「テレビ朝日系」が終了し、同局で新たに始まった「中居正広のニュースな会」。「メイン企画」は、「1週間」の出来事を「ランキング形式」で振り返る「ニュース・アンダーライン」で、「柳澤秀夫氏」「元NHK解説委員」や専門家らが「ニュース」の気になる「ポイント」を解説します。進行役は、「テレビ朝日アナウンサー・島本真衣」と「中居正広」ですが、「公式サイト」では「中居正広が、視聴者の皆さんと同じ目線でニュースを学びます!」と記載されています。

「メイン企画」のほか、「巨人・原辰徳監督」と「中居正広」の特別対談や、「5月4日放送」では「タレント・小倉優子」による「お料理コーナー、11日放送」では「Kis-My-Ft2・宮田俊哉」の「コーナー」も放送されました。「ゲスト」には、「オアシズ・大久保佳代子、岡田結実、劇団ひとり」など「バラエティ色」の強い「メンツ」のほか、「社会学者・古市憲寿」も登場しました。




「古市憲寿氏」は、「ダウンタウン・松本人志」が出演する「ワイドナショー」「フジテレビ系」の「常連ゲスト」のため、「ネット」上では「「ワイドナ」のパクリ」「「ワイドナショー」っぽくやって失敗してる」と、「シビア」な感想が噴出しています。また、「中居はバラエティの騒がしい連中の調整役が向いてるから、静かなニュース番組には向かない」「中居のいいところが全然出てない」「局のアナウンサーでできそうな番組」といった否定的な書き込みが見受けられます。

そんな中、「中居正広」本人は「ラジオ番組」「中居正広 ON & ON AIR」「ニッポン放送、5月11日放送」にて、「ニュースな会」での自身の立ち位置について言及しました。本人いわく、そもそも開始前の「スタッフ」との打ち合わせの段階で「恐らくですけど、なんか僕が今までやるスタンスじゃない方がよさそうですね」などと話していたそうです。そして、

「僕自身が「“あんまり手応えない感じ”」が、番組にとっては手応えにあたる番組になるんじゃないのかなっていう。なんつーんだろ、説明難しいな。「中居、やっぱり司会うまいねー」とか、「ニュースもできるんだね」っていうふうに思われるような番組じゃない方がいいかなぁっていう。難しい。だから、もうなんかこう、「「“爪痕を残す”」とか、そういうのじゃなさそうだね~」っていう。「番組作りをしましょう」みたいな」

と、当初の「コンセプト」を明かしました。「バラエティ」で見せる仕切り力に定評のある「中居正広」ですが、「ニュースな会」はそこへの評価を求めず、収録に参加している様子です。続けて、

「もし若い時だったら、「あっ!こういう司会者が出てきた!」とか、「中居ってヤツが」ってなるかもしれないけど、ニュースを扱う番組だし。だからもうホントに「あれ?これ中居くんが、中居さんが、中居じゃなくてもいいんじゃないの?」っていう番組を目指しましょう、みたいな。良くないんですよ、タレントとして。良くないかもしれないけども、かと言って手を抜いてるわけでもないですし、なんか汗かいてないわけでもないんですけども。スタンスだよね。そのアプローチっていうのを、変えなきゃいけないんじゃないかな~っていう」




と、率直な心情を吐露しました。「いろんなニュース番組ありますし、それはもちろん被りたくないなぁってのはあります」とも語っており、自分のほかの「レギュラー」や、別の「ニュース番組」との差別化も狙っているのでしょう。

「「中居が思うには」みたいのもちょっと、うーん。あんまりちょっと自分の中ではあんまカッコよくないなぁ~。「“カッコよくないな”」っていう考え方が、正しいかどうかもわかんないですけどね。本来なら1人でニュースについて、自分がこの事故、ハプニング、トラブルについて思ったことみたいなことは。んー そんなやっぱり言えないかな。言える立場でもないし。普通に家で見てて感じることを話すっていうのも、うーん。違うっぽいのかなぁって。難しいね」

番組名に自身の名前が入っているものの、自分の意見を主張するのは抵抗があるようです。「ネット」上では「中居がいなくてもいい番組」と指摘されていましたが、これは「中居正広」にとって「マイナス」な声ではなく、本人の戦略がうまく視聴者に伝わった結果なのかもしれません。

「一部ネットユーザー」から「半年で終わりそう」との予想も出ている一方で、「ファン」の間では「こういうニュース番組の中居くんもカッコイイ」「バラエティ感があまりなくて、報道色強めの真摯な感じがいい」「中居くんのトーンも他番組と違うし、ピックアップしたニュースの掘り下げ方がとても良い」と、好意的な「コメント」も多く上がっています。まだ始まったばかりとあって、今後も企画や構成は変わってくるとみられますが、果たして「中居正広のニュースな会」は視聴者に長く愛される番組になれるのでしょうか。

「中居正広」の今までにない魅力のある番組になっていくように期待したいですよね。



中島裕翔&長瀬智也★同じ火元★相次ぐジャニーズ離脱報道&沈黙

こんばんは。
今日は「中島裕翔&長瀬智也★同じ火元★相次ぐジャニーズ離脱報道&沈黙」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズ事務所」の「タレント」たちに、「グループ脱退」や事務所からの退所を望んでいるとの報道が相次いでいます。「ファン」の不安を煽るような噂は後を絶たず、とうとう「若手グループ」からも、「グループ脱退」を望む「メンバー」がいるとしてその名前が挙がりました。「5月12日付」の「日刊ゲンダイDGITAL」がその疑惑を伝えたのは、「Hey! Say! JUMP」「中島裕翔」です。

記事によれば、「中島裕翔」は「数年前に映画で共演した同年代の俳優仲間に「グループでの活動にいったん区切りをつけて、俳優として再スタートを切りたい!」と漏らしている」といいます。「デビュー」間もない頃の「山田涼介」との「センターポジション交代劇」や、「2016年」に「週刊ポスト」「小学館」によって報じられた「吉田羊」との熱愛報道が禍根を残しているとのことです。

もっとも、「中島裕翔」は昨年にも「一部スポーツ紙」に脱退疑惑を報じられており、これが初めてではありません。「昨年8月、メンバー」の「岡本圭人」が米国への演劇留学を理由に一時活動休止に入りましたが、これに触発された「中島裕翔」が、「アイドル」に縛られず「モデル業」などを自由にやりたいという思いを強めて「グループ脱退」を希望しているといったものでした。




「中島裕翔」の二度にわたる脱退疑惑報道に、「ファン」は動揺しました。「ファン」からは「またガセネタで不安にさせないでほしい」「裕翔が脱退するわけないって分かってるけど考えるだけで涙が溢れる」という切実な声が上がっています。

「日刊ゲンダイ」は「今年1月」にも、「TOKIO長瀬智也」が「グループ」から脱退し自由な音楽活動を望んでいると報じて波紋を呼びました。「芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄氏」が「TOKIOが音楽活動を再開する兆しはない」としたうえで、「ボーカル長瀬智也」はまるで、芸能界を「フェードアウト」しようとしているかのような動き」をしていると論じたのです。

それによれば、「ジャニーズ事務所」と「長瀬智也」はかねてから活動方針をめぐってひと悶着を起こしており、役者より「アーティスト志向」が強い「長瀬智也」はこのまま芸能界を「フェードアウト」するつもりではないか、とのことでした。ちなみにこの頃、すでに一部報道では「山下智久」や「中井正広」には「退所・独立」の動きが囁かれていましたが、「山下智久・中居正広」ともに現在は沈静化しています。

その後も疑惑の報道は続きました。「今年3月」の「週刊文春」「文藝春秋」は、「渋谷すばる」が脱退したことを受けて「錦戸亮」が「関ジャニ∞」の解散を主張し、さらに「グループ」からの脱退と退所まで企図していると伝えて大騒ぎとなりました。この件は複数の週刊誌が後を追い、「錦戸亮」は「グループ」を脱退するが「ジャニーズ」に残って俳優活動に専念する方向性や、「大倉忠義」と「安田章大」も脱退の意向にあると取り沙汰されました。




「関ジャニ∞」は「7月~9月」に「5大ドームツアー」「十五祭」を開催することを発表しています。「錦戸亮」らの脱退に関して公式な「コメント」はなく保留状態となっていますが、「ツアー」後に「“重大発表”」が控えているのでは、と気が気でない「ファン」も多いようです。

直近では、「Kis-My-Ft2」にも、「メンバー脱退」の噂が浮上しています。「キスマイ」は「SMAP」の「元マネージャー」である「飯島三智氏」が担当していた「グループ」のため、「新しい地図」に合流すると見られているようです。また昨年、酒にまつわる不祥事でその評判が地に落ちた「NEWS」の解散、「手越祐也」の退所なども「ファン」の間では噂の的となっていました。

ですがいずれも、現在までに正式な発表はありません。全て根も葉もない噂なのか、あるいは内々に解決済みなのか、はたまた今はまだ発表段階にないのか 「ケースバイケース」だとしか言えませんが、少なくとも「ジャニーズ事務所」が揺れていることだけは確かなようです。渦中の「タレント」の「ファン」はもとより、他の「グループ」の「ファン」も「次はわが身」と心中穏やかではないようですね。

これだけの情報が多方面から出てくれば一つくらいは当たってしまうものなのですが、何故か紙面止まりに終わっているのが不気味でなりませんね。