松岡昌宏★トレンディドラマ時代の浅野温子に弱い★女性像にメンバー衝撃

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★こういう人に弱い★女性像にメンバー衝撃★生々しいの声も」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が「7月17日」に放送され、「ゲスト」に「俳優・中尾明慶」と「板尾創路」が登場しました。

この日は「今さら男子に聞けない女子の悩みに答える」「コーナー」の中で、「気になる彼にアピールしたいとき、尻軽と思われたくないのでボディタッチしない女子と、尻軽と思われてもいいからボディタッチする女子、どちらが正解?」というお悩みが寄せられました。これには「ボディタッチする女子」を選ぶ「メンバー」が多く、急きょ、それぞれ理想の「ボディタッチ」について語る「“発表会”」が行われることになりました。「ボディタッチ」される男性役を「国分太一」が務め、出演者たちが女性になりきって、理想の「ボディタッチ」を明かしていきました。




まず挑戦した「松岡昌宏」は、「バーの待ち合わせに遅れてきた女子」という「シチュエーション」を設定します。時計が壊れて待ち合わせ時間を勘違いし、遅れてしまった女性を熱演しました。「あ、ごめん、時計遅れてる~」と軽く言う「松岡昌宏」を、「国分太一」が責めると、「松岡昌宏」は「厳しい~!」と言ってまさかの「ビンタ」をします。

「国分太一」が「これがいいの!?」と驚愕すると、「松岡昌宏」は満面の笑みを見せ、「それくらいでいい!」と頷いていました。「もういいや、ビールちょうだい」と気ままに振る舞う「松岡昌宏」に、「国分太一」が「まだ俺頼んでないんだぞ」と言うと、「松岡昌宏」が「なに飲むの?」と言いながら、今度は「国分太一」の「アゴ」を触ります。実演を終え、「松岡昌宏」は「わかりやすく言うと、トレンディドラマ時代の浅野温子さんですよ!こういう人に弱い」と説明していました。

また、「長瀬智也」は「彼の部屋」という設定で「ボディタッチ」に挑戦しました。「僕、スキンシップがあんまり好きじゃない人なんです」と前置きした「長瀬智也」は、「2人」で並んで座る状況を作り、彼の袖を軽く引っ張りながら、「ねえねえねえ、映画見たい」とおねだりします。また、「ちょっと待って」と言いながら、「国分太一」の髪についた「ゴミ」を軽く取り、「控えめな感じがいい」と明かします。




「国分太一」は「人がたくさんいる飲み会」で、大勢で盛り上がっている中、さりげなく太ももに手を置く女子を演じ、「城島茂」は「行きつけのバー」で、膝をすり合わせていく女子を演じました。「4人」それぞれ「好きなボディタッチ」を発表し終え、最後には「長瀬智也」が「みんないろんな「“癖”」あるのね」としみじみつぶやくのでした。

この日の放送に視聴者からは、「全員真剣に演じてて、「“男子感全開”」って感じだったね」「理想のボディタッチを語るだけで、こんなに個性が出るとは!」「今週もTOKIOは生々しい話をしてるな、最高です「笑」」という声が集まっていました。

「松岡昌宏」の言う「トレンディドラマ時代」の「浅野温子」の様な女性に弱い気持ちは分からなくもないですよね。



大倉忠義★関ジャニ∞でもイヤやわ★山内健司の非常識行動に激怒

こんばんは。
今日は「大倉忠義★関ジャニ∞でもイヤやわ★山内健司の非常識行動に激怒」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の冠番組「関ジャニ∞のジャニ勉」「関西テレビ」が、「7月17日」深夜に放送されました。今回は、「ゲスト」に「お笑い芸人・かまいたち」を迎え、「トーク」が展開されました。




昨年、大阪での「レギュラー番組7本」を投げ捨て、まさに「“裸一貫”」で東京進出を果たした「かまいたち」です。「大阪スタイルは一生変えない!」というこだわりを持ち、東京で爪痕を残そうとする彼らの武勇伝が、次々と登場します。まず、「福山雅治」と共演した番組にて、「自在にオナラが操れる」という「山内健司」が、「“テッパンの流れ”」だと信じて、「福山雅治」の前で思いっきり「“放屁”」をしたそうです。笑いが起こると思いきや、「スタジオ」が静まり返ってしまったらしく、もちろんこの「シーン」は「カット」となったようです。「村上信五」は「カンテレ「関西テレビ」やったら絶対使うよなあ!?」と、「かまいたち」に同情していました。

ですが、「山内健司」が「“やらかした”」のは、「嵐・櫻井翔」が司会を務める「バラエティ番組」「櫻井・有吉THE夜会」「TBS系」だったようで、これを聞いた「関ジャニ∞メンバー」は「ああ」と納得してしまいます。「村上信五」も「「夜会」はアカンわ。翔くんの前では」と苦い顔をしていましたが、「俺らは大爆笑ですけどね!」と「フォロー」しました。「横山裕」も「俺らは負けじと「オナラを」しようとする!」と、「かまいたち」と同じく「“大阪スタイル”」を宣言するのでした。

さらに、「かまいたち」が「KinKi Kids」の冠番組「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系」に出演した際の武勇伝も語られ、「大倉忠義」が「堂本光一役」となって、ある「シーン」を再現してみることになりました。番組の「オープニング」にて、「山内健司」が「堂本光一」から「ロケのいいところ」について質問されると、「山内健司」が突然、初対面の「堂本光一」の「“股間”」を鷲掴みにしたといいます。これを実演したため、今度は「大倉忠義」が「山内健司」から股間を鷲掴みにされ、「関ジャニ∞でもイヤやわ!」と激怒しました。




実際にその「オンエア」を見ていたという「横山裕」が、「ドキドキした、それ。しょっぱなからいく!?」と感想を述べると、「安田章大」は「「よくぞいってくれた!」とか、見てて思わなかったんですか?」と逆に「横山裕」へ質問します。「いやいや、「光一くんにそんなことする?」って思った」と、いかにも後輩らしい焦りを見せていた「横山裕」に、「他メンバー」も同調しましたが、「安田章大」だけは「「光一くんってどんなんやろ?」って思うでしょ?」と、腑に落ちない様子でした。最終的に、「横山裕」から「さっきから何言ってんの?」と「ツッコ」まれ、「スタジオ」が笑いに包まれていました。

番組を見ていた「ファン」からは、特に「安田章大」への反響が多く、「安田くん、光一さんに興味ありすぎじゃない!?」「「“安田ワールド”」が炸裂してた!」「一番「“大阪スタイル”」に染まってるのはヤスくんなのかもしれない「笑」」という感想が寄せられていました。

「山内健司」のやり方が非常識な「大阪スタイル」に「大倉忠義」も受け入れることができなかったようですね。



関ジャニ∞★15周年コンサート★亮ちゃんが険しい顔★脱退報道を想起

こんばんは。
今日は「関ジャニ∞★15周年コンサート★亮ちゃんが険しい顔★脱退報道を想起」の事をお伝えしたいと思います。

「7月14日」の北海道公演を皮切りに「スタート」した「関ジャニ∞」の「5大ドームツアー」「十五祭」です。「CDデビュー15周年」の節目となる「記念ツアー」で、当日は懐かしの名曲から最新曲まで披露し、客席を大いに沸かせたといいます。ですが、「6人」の挨拶や演出をめぐって、一部の「ファン」は「メンバー」の脱退、または「グループ解散」を不安視しているようです。

昨年「7月」に「メインボーカル」の「渋谷すばる」が脱退したため、「6人体制」で「再スタート」を切った「関ジャニ∞」でした。従来の「ジャニーズアイドル」のような歌って踊る「パフォーマンス」だけでなく、「バンドスタイル」の演奏も持ち味の一つとなっています。初日に参加した「ファン」の「レポート」によれば、今回は「6人」の「ダンス」も存分に楽しめる構成だったとのことでした。「2017年」に脳腫瘍「髄膜腫」の摘出手術を受けたほか、昨年「4月」に背中と腰に全治「3カ月」の骨折を負った「安田章大」も、「元気に踊ってた」と歓喜の声が続出しました。

一方、ここ最近の「関ジャニ∞」については不穏な話が飛び交っています。「3月発売」の「週刊文春」「文藝春秋」では、「錦戸亮」が「グループを脱退する意向を固めた」と報道し、続いて、「週刊女性」「主婦と生活社、3月12日発売」も「大倉忠義」が脱退を考えていると伝えたのでした。これ以降、複数の「メディア」が追随する形で、昨年「11月」に「大倉忠義」が「公式携帯サイト・Johnny’s web」内で悪質な「ファン」のつきまとい行為に苦言を呈した一件や、このところ「関西ジャニーズJr.」の「プロデュース」に力を注いでいる点を挙げつつ、この疑惑を取り上げていました。




「2人」の脱退説によって解散危機も囁かれていますが、「メンバー」は「Johnny’s web」や「テレビ」で一連のうわさに言及しておらず、明確には否定していない状況です。そんな中、「十五祭」の「グッズ」に関しても「ファン」が「ザワ」つく事態になりました。「関風ファイリング」「ここにしかないフォトセット」「応答セヨ!ライト」などの「ラインナップ」が、過去に「リリース」した曲の「タイトル」をもじっているようです。この時点で、「エイトのグッズが集大成すぎて怖い」「グッズを見ると、もう関ジャニ∞が終わってしまうのでは、と考えてしまってつらい」と、「マイナス」な方向に捉える声も出ていました。

また、公演内での「メンバー」の発言に引っかかりを覚える人もいたようです。終盤の挨拶は「ステージ」上ではなく、映像で「コメント」が流れる形だったというのですが、特に「ファン」は「大倉忠義」の「もし別の場所にいても、それぞれが最後には綺麗な花を咲かせたいと思います」といった言葉を重く受け止めたようです。さらには、「村上信五」が「7月9日」に亡くなった「ジャニーズ事務所」の「ジャニー喜多川社長」の名前を出し、「ジャニーさんにも大きな拍手を~!」と呼びかけた直後に、「錦戸亮」の「“表情が変わった”」と複数の人が指摘しています。

「ネット」上には「最後に村上くんが「ジャニーさんに大きな拍手を」って言った時、亮ちゃんの顔が険しかった。なんか地雷踏んだのかな」 「「ジャニーさんにも大きな拍手を~」って言った瞬間、亮ちゃんがスゴい険しい顔して、一瞬でステージからハケた」「「ジャニーさんに大きな拍手を!」と言って、その後カメラに抜かれた亮ちゃんが怖い顔してたのが引っかかる」と「レポート」が上がり、公演に参加できなかった「ファン」にも動揺が走りました。

公演終了後、「一部ファン」からは「エイトなら報道を否定してくれると思ってた。でも最後の挨拶は、否定どころかそれを匂わしてるようにしか聞こえなかった」「大倉のコメントで顔が引きつった。否定しないなら早く発表して。生き地獄はつらい」と落胆の声が上がっています。




とはいえ、解釈はそれぞれ違うのか、「大倉忠義」の「それぞれが綺麗な花を~」といった「コメント」は、「グループ」を脱退した「渋谷すばる」や「内博貴」に向けたものではないかと予想する声が出ています。また、「ツアー」の「パンフレット」に「関ジャニ∞の旅はまだまだ続きます」と書かれていたこと、「横山裕」が「これからも頑張ります」と前向きに話したことを引き合いに、「ポジティブ」な「ファン」は脱退や解散は「“ない”」と、感じたようです。挨拶が生の声ではなく「VTR」だったことを不満に思う人もいたようですが、それも公演時間を調整するためではと、推測する書き込みもありました。

悲観的な感想が目立つ一方で、「最初からコンサートを見ればなんてことない感謝の言葉と、辞めた人へのエールでしかない」「私は全員の挨拶を聞いてポジティブに受け取った」「広まってるうわさをわざわざ否定する必要もない。余計な心配せず、目の前のエイトを信じてればいいと思えた」とする「ファン」も少なくないようです。

「関ジャニ∞」は「7月19日~21日」に「愛知・ナゴヤドーム」で公演を行い、「京セラドーム大阪、福岡 ヤフオク!ドーム」をまわった後、「9月1日~3日」の「東京ドーム公演」で「ファイナル」を迎えます。今後、鑑賞予定の人は、「プラス思考」の「ファン」の意見を参考にすべきなのかもしれないですね。

「3月」の「錦戸亮脱退報道」が今も「ファン」の中にくすぶり続けておりちょっとした「メンバー」の変化にも敏感になっているようですね。



ジャニー喜多川社長★お別れ会★元SMAPらの参加★メリー氏&ジュリー氏の判断

こんばんは。
今日は「ジャニー喜多川社長★お別れ会★元SMAPらの参加★メリー氏&ジュリー氏の判断」の事をお伝えしたいと思います。

「7月9日」、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のために死去した「ジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川社長」です。その「お別れの会」が、一部業界関係者や「ファン」の間で物議を醸しているといいます。詳細については未発表であるものの、「12日」に行われた「家族葬」に参加しなかった「元ジャニーズタレント」たちが、「お別れ会」に姿を見せるのかという点に注目が集まっているようです。

「12日」に行われた「家族葬」には、「ジャニーズ事務所」が「所属タレントやジャニーズJr.のみ参列」と公表した通り、外部の関係者や「元所属タレント」は一切参加しませんでした。また、今後予定している「お別れ会」に関して、事務所はすでに「これまでお世話になりました皆様にはお別れいただく機会をご用意する予定にしております」と発表しており、生前「ジャニー喜多川社長」と交流のあった大勢の芸能関係者が招待されるものとみられます。




現時点で、お別れの会は「2部制」、あるいは「2つ」の会場でそれぞれ行う形で調整が進められているようです。「一つ」は「ファン」など誰もが参加できる「“一般参加者向け”」、もう「一つ」は、「タレント」から裏方、「マスコミ陣」などの「“関係者向け”」のようです。

一般参加者向けの会は「アリーナ」あるいは「ドームクラス」の会場で行われる可能性もあるといい、一方、関係者向けの会については、多くの「グループ」が公演を行った「“ジャニーズの聖地”」ともいうべき会場が使用される予定だといいます。

関係者向けの会に関しては、「メリー喜多川副社長」と「藤島ジュリー景子副社長」が取り仕切るため、参加者の選定に偏りが発生することは間違いないようです。「元SMAP」の「3人」をはじめ、「トラブル」や事件を起こして退所した「メンバー」は、彼女たちから「“敬遠”」されているため、誰一人として招待されない可能性もあります。




「元KAT-TUN」の「田中聖」や「ジャニーズJr.ユニット・Love‐tuneメンバー」など、近年だけでも「円満退所」ではなかった者は数多く存在します。

彼らが一般参加者向けの会を訪れた場合、会場が「パニック」になることは必至ですし、現実問題、難しいのではないでしょうか。となると、関係者向けの会に参加が許されなければ、彼らが「ジャニー喜多川社長」と「最後のお別れ」をする機会はなくなってしまいます。

「ジャニー喜多川社長」にお世話になった全ての人間、そして彼らの「ファン」が納得する「お別れの会」は、開催できるのでしょうか。

「ジャニ―喜多川社長」に対する最後の「チャンス」だけあって「元SMAP」の「3人」には会場に足を運んでもらいたいですよね。



小島健★折り紙教室★ため仕事を休んだ事実にファン衝撃

こんばんは。
今日は「小島健★折り紙教室★ため仕事を休んだ事実にファン衝撃」の事をお伝えしたいと思います。

「関西ジャニーズJr.」の「メンバー」が週替わりで「パーソナリティー」を務める「ラジオ番組」「関西ジャニーズJr.のバリバリサウンド」「FM OH!85.1」です。「7月16日オンエア」分は「関西ジャニーズJr.内ユニット、Aぇ!group」の「正門良規、末澤誠也、小島健」が担当しました。

番組冒頭、「末澤誠也」が「僕たち「“せいちゃんけんちゃん”」、解散することになりました!」と突如宣言します。どうやら、架空の「ユニット」「“せいちゃんけいちゃん”」の一員という設定らしく、「小島健」も「「“せいちゃんけんちゃん”」は解散しても、Aぇ!groupは不滅です!」と続けて宣言します。件の「ユニット」は、「末澤誠也」と「小島健」が「メンバー」のようです。




「末澤誠也」の「悪ノリ」から始まった番組ですが、「ゲームコーナー」でも再び「“暴走”」します。「サイコロ」を「3つ同時」に振り、「ゾロ目」が揃った方が勝ちという「ゲーム」が行われ、「ルール」は「1人3回」まで。すると、「末澤誠也」は「トップバッター」の「正門良規」に対し「正門3回もいらんやろ?」「ギター弾けるから」など、無理やりな理由を押し付けて、「2回」しかやらせないという傍若無人さを発揮しました。

また、「小島健」が「3回」とも揃わず終わったのを見ると「残念でした~!」と茶化し、続けて「小島くんね、この前の仕事ね、「“折り紙教室”」行ってて来てないんですよ!仕事飛んでるんですよ!」と、「小島健」が仕事を休んだと暴露します。

「小島健」は学業の一環として、「ボランティア」で折り紙を教えるという「“折り紙教室”」に参加したらしく、「正門良規」は「学業優先やからね、しょうがないしょうがない」と「フォロー」したものの、「末澤誠也」は「タツノオトシゴだけ「折り紙で」折れる」など、その後も折り紙教室を「ネタ」に番組終盤まで執拗に「イジ」り続けたのでした。




この日の放送を聞いた「ファン」は、「“折り紙教室”」という「ワード」が頭から離れなかったようで、「一生分の「“折り紙教室”」聞いてる」「後半は「“折り紙教室”」ってワードしか頭残ってない!」「折り紙教室が頭から離れない」「折り紙教室行ってるこじけん可愛い」と大反響でした。

この日はいつも以上に、「末澤誠也」の暴走が激しかったのですが、「リスナー」の盛り上がりは「末澤誠也」の「悪ノリ」のおかげもあるだけに、「“被害者”」の「正門良規」と「小島健」にとっては、いささか複雑なところでしょうね。

「小島健」が将来「折り紙名人」になり新たな「ジャニーズ」の歴史を刻むことになるかも知れませんね。



ジャニー喜多川社長★こだわりのステーキの焼き方★僕の焼き方が一番おいしい

こんばんは。
今日は「ジャニー喜多川社長★こだわりのステーキの焼き方★僕の焼き方が一番おいしい」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」です。「7月16日」深夜の放送回には「加藤シゲアキ」が登場し、「ジャニーズ事務所・ジャニー喜多川社長」との思い出について語りました。

番組冒頭では、「ジャニー喜多川社長」が「7月9日」に亡くなったことに触れた「小山慶一郎」です。「加藤シゲアキ」が「感謝してもしきれないですよね。僕たちがあるのは社長のおかけですから」と感謝を述べると、「NEWSでお見舞いに行かしてもらって、ジャニーさんの肌に触れたりしてほんとに温かかくて。「もう1回話せたらな~」なんて話していたんですけど。すごく淋しいけど感謝の気持ちしかないので、ゆっくり休んでほしいなっていう思いはあります」と、「小山慶一郎」も心情を明かしました。




「小山慶一郎」は「ジャニー喜多川社長」に「YOU来週もおいでよ」と「オーディション」で言われたのが初会話だったといいます。さらに「ジャニーズJr.時代」は、「レッスン」中に呼び出されたかと思えば「シゲとシンメが一番カッコいいよ!」と言われたらしく、それ以降「19年間、小山慶一郎」と「加藤シゲアキ」は「シンメトリー」「左右対称で踊るコンビのこと」だと明かしていました。

また、「ジャニー喜多川社長」の家に行った際は、冷凍庫に「ステーキ」の「ストック」がたくさんあり「ステーキ食べるよね?」と言って自ら焼いてくれることが多かったのだそうです。特に「ジャニー喜多川社長」は肉の焼き方にこだわりがあるようで、「僕の焼き方が一番おいしい!」と言って「ハワイとか行っても、連れてってくれても、自分で焼いてたよね」「加藤」「ハワイ行ってもスーパー行って肉を買ってきて焼くの!でね、味付けは「“バター”」。あと醤油をちょっと。一番おいしい!」と、どこに行っても「ジャニーズJr.」たちのためにおいしい食事を作ってくれていたと懐かしそうに語っていました。

そして、「NEWS」の「デビューシングル」「NEWSニッポン」については「NEWSっていう字はジャニーさんが書いたんだもんね。いっぱい習字でNEWSって書いてくれてたもんね」「加藤」と告白しました。「CDジャケット」と「歌詞カード」には「NEWS」という文字が書かれているのですが、これが「ジャニー喜多川社長」の直筆なんだそうです。




さらに、同番組は当初「NEWSのParty Time」という名前だったのですが、「ラジオ」を聞いているという「ジャニー喜多川社長」から「「ラジオの」タイトルがダサい」と電話がかかってきて「「タイトルは」決めてる!「KちゃんNEWS」!」と言われ、実は同番組の名付け親も「ジャニー喜多川社長」であることを「小山慶一郎」は明かしてたのでした。

最後に「小山慶一郎」は、「何よりNEWSっていうグループをさ、今もこうやってやらせてもらえてるのって、もうなんか夢を追わせてもらってるじゃん。ステージに立たせてもらって、あんな華やかな世界を見させてもらって。普通の男の子だった俺とシゲがさ、今こうやって夢を追わせてもらって。しかも、大切なファンのみなさんに出会わせてくれたっていう。ほんとにこれはもう一生感謝の気持ちは持ち続けるんだけど。何よりもほんとにジャニーさんね、休みなくずっと走ってきたと思うんでね、ゆっくりと休んでもらいたいと思います」と「コメント」すると、「本当にジャニーさんありがとうございました」と「2人」で感謝を述べていました。

表舞台には出てきませんでしたが、「タレント」も「ファン」からも愛されていた「ジャニー喜多川社長」です。これからも、「ジャニー喜多川社長」の「エピソード」はいろんなところで語り継いでいってほしいものですね。

「ジャニ―喜多川社長」の「こだわりステーキ」を食べられた「2人」は一生忘れることのできない良い思い出ですよね。



藤原丈一郎★河井ゆずるにめっちゃダサいで★痛烈批判された

こんばんは。
今日は「藤原丈一郎★河井ゆずるにめっちゃダサいで★痛烈批判された」の事をお伝えしたいと思います。

「関西ジャニーズJr.」の「メンバー」が出演し、毎回さまざまな「テーマ」で「トーク」を展開する「バラエティー番組」「まいど!ジャーニィ~」「BSフジ」です。「7月14日」は、前回に引き続き、「関西ジャニーズJr.内ユニット・なにわ男子」が出演し、「ゲスト」には「お笑いコンビ」の「アインシュタイン」を迎えて放送されました。




今回は、ある「シチュエーション」に合った「ベスト」な一言を、「なにわ男子」と「アインシュタイン」がそれぞれ考え、誰の回答かは伏せて会場の「ファン」の拍手の数で誰が一番「“イケメンな回答”」かを競う企画が行われました。まず最初のお題は「大親友が海外へ転校することに。別れの時にかけてあげる言葉は?」というもので、一番会場の拍手が多かったのは「何かあれば連絡してこい。俺はお前のこと絶対忘れへんから」という、「なにわ男子」の「“ビジュアル担当”」「道枝駿佑」による「イケメン回答」でした。

一方、一番失笑を呼んだのは予想通りに「アインシュタイン・稲田直樹」の回答だったものの、「稲田直樹」の回答と同じくらいの注目を集めたのが、「藤原丈一郎」の回答でした。実際に「藤原丈一郎」が自分の回答である「そろそろ時間だな、フライアウェイ!」という「セリフ」を言ってみせると「ファン」は沸いたものの、「アインシュタイン・河井ゆずる」から「よう考えて!めっちゃダサいで!」と痛烈に批判されてしまいました。

続く「2問目」は「初めて食べる彼女の手料理。味がイマイチだったが何と感想を伝える?」というお題で、まず発表されたのが「ん?あぁ~おっ!? 才能見~つけた!」という回答でした。これには会場から「うわぁ~」と悲鳴が上がり、「長尾謙杜」も「ちょっと気持ち悪いですね」と思わず「ポツリ」。回答主が「藤原丈一郎」だと判明すると、「河井ゆずる」は「君、あれやな!お笑い担当やな!」と「藤原丈一郎」にお墨付きを与えたのでした。




ちなみに、「2問目」のお題で一番拍手が多かったのは「お前ホンマはうまいのに、俺に教えて欲しいからって味イマイチにしたやろ?しゃーないな教えたるわ。おいで」という回答で、こちらも「“ビジュアル担当”」の「高橋恭平」によるものでした。

「ビジュアル担当」が「イケメン回答」を出し、「藤原丈一郎」はお笑い担当として笑いを取り、それぞれが役割を果たした今回の放送です。「ファン」からは「藤原くんはいじられて伸びるタイプなのでどんどんいじってあげてください」「2問続けて、すごい回答「笑」」と「藤原丈一郎」の健闘を称える声が多く寄せられました。「デビュー前」にもかかわらず、「メンバー」の役割分担がすでに明確な「なにわ男子」です。「バラエティー番組」での活躍は心配なさそうですね。

「藤原丈一郎&河井ゆずる」似た者同士が「コンビ」を組んでみるのも面白いかも知れませんね。



堂本剛★口パクみたい&口をほぼ開かない★話す理由にファン衝撃

こんばんは。
今日は「堂本剛★口パクみたい&口をほぼ開かない★話す理由にファン衝撃」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティー」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kids どんなもんヤ!」「文化放送」が「7月15日」深夜に放送され、この日は「堂本剛」が登場しました。番組の中で、自身の歌い方に言及する一幕がありました。




この日、番組の冒頭で取り上げられたのは、中学生の時に番組をよく聞いていたという「リスナー」からの「メッセージ」でした。そこには「オープニング、エンディングの音楽や声が恐ろしいほど一緒で、一気に中学生のころにタイムスリップしました」とつづられていました。

「25年」の歴史を誇る本番組ですが、「堂本剛」はこの「メッセージ」に「とはいえ、最初の頃はもうちょっと覇気ありましたよ。アタック感ありましたよ」と苦笑いしつつ、「一番ふわっとしゃべってるラジオですよね、これが」と断言します。たびたび「パーソナリティー」の「“ゆるさ”」が話題になる本番組ですが、この番組が基準になってしまい、「ゲスト」でほかの「ラジオ」に呼ばれても「リラックス」してしゃべってしまうことを明かしました。また「堂本剛」は、「ライブのMCでもこれくらいやし。だからこの番組が軸になってるのかな」とつぶやき、「この声のトーン、あんまり張らない、口角を上げない、口をほぼ開かない」と話し方の「ポイント」を説明していました。

さらに「堂本剛」は「ライブDVDとか「見てると」口パクに見えるもんな」と明かしつつ、「でも僕の手法ですけどね、口開けない方がマイクの中心に向かって声が飛んでいく、っていうのが何となく僕の中にはあるんでね」と、口を開けない歌い方は理にかなっていることを説明しました。「マイクのセンターに、広い塊でぶつけるんじゃなくて、なるべくちょっと細い塊で届けるっていうのがあって」と、口を開けての声の出し方と、口を狭めての声の出し方を説明していました。




歌唱力が高いことでも評判を得ている「堂本剛」ですが、「ライブDVD」を見るとやはり「口パクみたい」と思ってしまうそうです。「それもたぶん、このラジオが軸になってるんでしょうね」とぼやいていました。

この日の放送に「リスナー」からは、「口をほぼ開けないって高度な歌唱法なのに自虐してるところ、さすがだな」「発声法はなんとなく理解してたけど、ようやくわかった」「口開けて歌わないの、前からすごいな~って思ってた!」といった声が集まっていました。

「口パク」に見えてもしっかりとした歌唱力があるのなら「ファン」も納得せざるを得ないでしょうね。



松岡昌宏★東京五輪チケットに無関心★これ選べんの&俺はテレビで見たい

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★東京五輪チケットに無関心★これ選べんの&俺はテレビで見たい」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の「松岡昌宏」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「TOKIO WALKER」「NACK5」です。「7月14日」は「東京オリンピック」の「チケット」や「スポーツ観戦」について語る場面がありました。

「リスナー」から「オリンピックのチケットに応募したが全滅した」という趣旨の「メール」を読み上げた「松岡昌宏」は、「あぁ、これ。みんな何か言ってますけどね。当たった人、当たんない人って。だからこれ、選べんの?何か見たいって」「例えば100m走見たいっていうのは、100m走を送れたりするの?で、ダメでしたっていうこと?」と、「チケット」に関する決めごとに無関心の様子でした。




「松岡昌宏」は「じゃあ、数多く送ってるってこと?みんな、見たい人は。へえ」と言った後、先日、飲みに行った居酒屋で後ろに座ったおじさんたちが「スポーツ」は生で見るべきか「テレビ」で見るべきかの談義をしていたと報告します。「これ、「意見が」分かれんのよ〜」としながら「俺はね、サッカーとかね、ワールドカップとかテレビで見たい人なのよ」と明かしたのでした。

その理由として「テレビで見て「日本に点数入った!カンパイ!」みたいなのが好きな人間なのね。いつもは静かな居酒屋なんだけど、その日はみんな、お客さん 知らないオジさんたちも「よし!」って言って」と、知らない人たちとその日限りの団結をしながら楽しく飲むことに魅力を感じると説明しました。野球の「日本シリーズ」の時期などには、居酒屋で「読売ジャイアンツファン」のおじさんと肩を並べて「テレビ」で試合を観戦し、巨人軍が活躍するごとに「テンション」の上がったおじさんに「ビール」やつまみをご馳走になったことがあると楽しげに語ったのでした。

その一方で「でも、本当にスポーツが好きな方って、やっぱりその空気をね、歴史を刻む空気を味わいたいわけだから。行って観戦するっていうこともいいんだろうね」と生の「スポーツ観戦」にも理解を示した「松岡昌宏」でした。「松岡昌宏」は大人になって野球観戦をしたことは「3〜4回」しかないと明かしながらも「野球場で見るあの雰囲気、特にナイター。ナイター見ながら、ビール飲んで、唐揚げ頼んでっていうのが一番楽しいかな」と述懐しました。




さらに「これだけは言えるもん。競馬は競馬場で見た方が絶対面白いもん。あの音は、馬の走って行くあのひづめの音は、もう、やっぱり痺れるもんね」と、競馬は競馬場で見るべきだと力説します。「買わなくていいから、馬券を。ビール飲みながら、煮込みで、もう、馬が頑張ってるのを見るっていうの。それでもう全然面白いよ!」と「リスナー」に競馬場に遊びに行ってみることを勧めていました。

多くの国民や芸能人たちが「オリンピック」の「チケット争奪戦」に参加している中、「松岡昌宏」の「マイペース」ぶりにほっこりさせられる放送回となったのでした。

「スポーツ観戦」の仕方は人それぞれの考え方で楽しめば一番いいことなんですよね。



三宅健★相葉雅紀をあいつズルくてさ★相葉マナブ共演★舞台ウラ暴露

こんばんは。
今日は「三宅健★相葉雅紀をあいつズルくてさ★相葉マナブ共演★舞台ウラ暴露」の事をお伝えしたいと思います。

「V6・三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「7月15日」深夜の放送回では、「ジャニーズ事務所」の後輩である「嵐」の「相葉雅紀」と「Hey!Say!JUMP」の「山田涼介」に言及しました。




「7月26日」から始まる「新ドラマ」「セミオトコ」「テレビ朝日系」に出演する「三宅健」です。この「ドラマ」は、「7日間」だけ人間の姿となった「セミ」の「王子様・山田涼介」と、「木南晴夏」演じる冴えない「アラサー女性」との「ラブストーリー」ですが、その中で「三宅健」は「木南晴夏」の兄役として「“地元で有名なヤンキー”」かつ「“伝説のバカ”」という設定で登場します。「ドラマ」の「公式サイト」には、派手な衣装に「リーゼント姿」の「三宅健」の写真が公開されており、「リスナー」から「ドラマの放送が楽しみです。ドラマに関するお話を教えてください」という「メッセージ」が寄せられました。

これに対して「三宅健」は、「まだ山田くんとの共演のシーンはなくて、本読みでしかセミオトコの様子は知らないんですけど、なんか素敵なドラマになりそうだなという予感はあり」と断言します。そして「山田涼介」のことを、「あの山田くんのビジュアルってなんなんだろうなぁ、本当にキレイだよね。毛穴一つなさそうな。毛穴なんてどこにあるのっていうぐらいツルツルなんだから」と称賛します。なんでも「山田涼介」が「ジャニーズJr.」に入った時から、「この子かわいいなぁ」と思っていたらしく、その後も何度も「かわいい」と褒め称えていたのでした。

そして、話題は「嵐」の「相葉雅紀」の冠番組「相葉マナブ」「同、7月21日放送予定」に「山田涼介」と出演した話になりました。番組は「相葉雅紀」が育てたいろいろな種類のじゃがいもを収穫して、「ゲスト」の「三宅健」と「山田涼介」がじゃがいも料理を作るという内容だったらしく、「相葉マナブって面白い。すごく良い番組」と絶賛しつつ、「山田くんがすごい料理できるのにビックリしたんだよな。レベルがすごいよ。得意料理は肉じゃがって言ってた」と「山田涼介」がいかに料理上手かということを熱弁しました。




ですが、番組収録の際にちょっとした「トラブル」があったとし、「相葉がさ、あいつずるくてさ。もともと台本のカンペにはポテトを潰す役が僕で山田くんが玉ねぎをみじん切りって書いてあるのに、いつのまにかポテトを潰す役を山田くんにしてさ」と、普段料理をやらないという「三宅健」に「相葉雅紀」が玉ねぎのみじん切りをさせようとしたと暴露します。結局、「三宅健」はみじん切りをせず、台本通りに「ポテト」を潰す係になったのだそうです。そして「違うグループ、3グループが一緒にやるっていうのはなかなかないんで」と、「V6、嵐、Hey!Say!JUMP」が揃う「レア」な共演となったとも語ったのでした。

この放送に「ネット」上では、「健くんの山田くんトーク面白かった〜。マナブも楽しみ〜!」「健くん、山田くんベタ褒め」「相葉マナブを大層お気に召した三宅さん。そーでしょ、そーでしょ。三宅さんは絶対に相葉マナブにはまると思ってたよ!」など、「7月21日」放送の「相葉マナブ」に期待する声が多くみられました。

「相葉雅紀」も「三宅健」と同じように「山田涼介」には玉ねぎのみじん切りで苦しむ姿を見たくなかったのかも知れませんね。