二宮和也さん&伊藤綾子さん★関係無言貫く★嵐スキャンダル対応★熱愛の真剣度

こんばんは。
今日は「二宮和也さん伊藤綾子さん★関係無言貫く★嵐スキャンダル対応★熱愛の真剣度」の事をお伝えしたいと思います。

元フリーアナウンサー伊藤綾子さん」との「“ドライブデート”」報道後、初めて公の場に姿を見せた「二宮和也さん」です。ですが、記者からの「交際報道が出ましたが」という声かけには、無言を貫いたようです。当初より「ジャニーズ事務所サイド」は、「2人」の関係を「“恋人”」とは認めず、「マスコミ」の取材にも「スルー」を続けてきましたが、「4月12日」発売の「女性セブン」「小学館」に「ツーショット」が掲載されて以降は、やや情勢が変わってきているといいます。

同誌発売後、それまで後追い報道をまったくしなかった「スポーツ紙」が、一斉に記事を出し始めたようです。「13日付」の「日刊スポーツ」には、「ジャニーズ関係者」の「特にコメントすることはありません」という言葉も掲載されました。




週刊誌が大々的に報じた「熱愛スキャンダル」でも、「ジャニーズサイド」の意向によって、「スポーツ紙」や情報番組が後追いを控える「ケース」は少なくないといいます。

例えば「16年」に「フライデー」「講談社」が報じた、「関ジャニ∞・大倉忠義さん」と「吉高由里子さん」の海外旅行です。「ツーショット写真」も掲載され、両者の交際は明らかだったものの、この時は「ジャニーズ」からきつく「“後追い報道NG”」を突きつけられ、一切取り上げられませんでした。

そんな中、今回発表された「特にコメントはない」という「ジャニーズ事務所」の弁に、「マスコミ関係者」は衝撃を受けたようです。




これはつまり、「二宮和也さん」と「伊藤綾子さん」の関係を否定していないということです。もし「ジャニーズサイド」が、交際を前向きに認めているのであれば、「プライベートは本人に任せています」といった「コメント」を出すはずなので、恐らく現時点では「渋々ながら認める」といった「スタンス」なのでしょう。両者が単なる友人関係であれば、「そういった事実はありません」と、はっきり「コメント」するでしょう。

ですが気になるのは、「二宮和也さん」が「伊藤綾子さん」との関係について、一切発言をしていないことです。「嵐メンバー」の過去の「熱愛スキャンダル」を振り返ってみると、「報道後の対応には2パターンある」といいます。

本人が「コメント」する、もしくは「ノーコメント」の「2パターン」です。前者は、明確に関係を否定する際、一方、後者は関係を継続していると考えていいようです。「大野智さん」が前者で、「櫻井翔さん」や「相葉雅紀さん」は後者でした。この例からいえば、「二宮和也さん」自身は「伊藤綾子さん」との交際を今後も続けていく、という考えなのでしょう。

二宮和也さん」「ファン」による「伊藤綾子さん」「バッシング」は収まる気配もないのですが、このまま「ノーコメント」を貫くことは、双方にとって最善手となるのでしょうか。

今は沈黙を貫く時期だと「二宮和也さん」の中では決まっているんでしょうね。





ジャニーズランキング

亀梨和也さん★野球中継の難しさ語る★すごく頭を使う&感覚ではできない

こんばんは。
今日は「亀梨和也さん★野球中継の難しさ語る★すごく頭を使う感覚ではできない」の事をお伝えしたいと思います。

4月14日」放送の「ラジオ」「KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT」「FM NACK5」にて、「KAT-TUN亀梨和也さん」が「プロ野球中継」の仕事について語りました。

亀梨和也さん」は「日本テレビ系」で放送される「プロ野球中継」の「ベースボールスペシャルサポーター」に、「8年連続」で就任しました。巨人戦を中心とした「プロ野球中継」の盛り上げに一役買っています。昨年までは「第二放送席」から副音声で中継に参加していた「亀梨和也さん」ですが、「今シーズン」は放送席の実況とともに、地上波主音声で出演することになりました。この大役について、「ラジオ」で本音が語られました。




開幕戦でいきなり「亀梨和也さん」の「アナウンス」が流れたことに驚いたという「リスナー」から、「慣れたものだと思いますが緊張したこととか去年までとどこが違うとか今年の見所などあれば教えてください」という質問が届きました。「亀梨和也さん」は「アナウンス」を担当することについて「慣れってないね」と告白し、「間違った情報をお話ししちゃいけないのでそういった意味でも常に復習や確認をしてスタジオには行くんですけどだからすごく頭を使うんですよ!」と知られざる苦労を語りました。

亀梨和也さん」が言うように、野球中継は生放送で行われているため、誤情報が流れると一大事になってしまいます。とはいえ、間違えた情報を話してしまうこともあるらしく、そんな時は「すぐに調べてもらって訂正入れたりもして」と、緊張感のある裏側を暴露しました。「そういった所の気の使い方というか頭の使い方っていうのは慣れることはないですね」と「キッパリ」語っていました。また、緊張感のある現場にいるためか、野球中継後は空腹が伴うようです。それだけたくさんの「エネルギー」を消費しながら、実況を担当しているのでしょう。「亀梨和也さん」は「感覚とかでできる感じではない」と、実況中継の難しさを明かしていました。

ですが、苦労ばかりではなくうれしいこともあったようです。「リスナー」から「3月31日」の巨人戦で「上原浩治投手」が「マウンド」に立ったことについて感想を求められた「亀梨和也さん」は、「見ましたよもちろんブースからねと興奮気味でした実はその前日に上原浩治投手」に遭遇できたことを明かし、「上原浩治投手」が「メジャー」にいたころに「テレビ」で共演し、「サイン入りユニフォーム」を送ってもらったという「エピソード」を披露しました。その時のお礼がきちんとできていなかったため、偶然遭遇したときにしっかり感謝の気持ちを伝えたと語っていました。




その後、「上原浩治投手」の方から記念写真を求められたといい、「亀梨和也さん」は「「むしろこっちが撮っていただきたい!」って思ってたんだけど一緒に写真を撮らせてもらいました今年の開幕戦のあとうれしかったですね」と少年のように声を弾ませていました。「亀梨和也さん」は「これからの活躍も期待してます!」と「上原浩治投手」に「エール」を送っており、「2人」の仲の良さをうかがわせました。

亀梨和也さん」は小学生のころから地元の「少年野球チーム」に所属し、中学時代には「名門チーム」に入っていた野球少年です。「ジャニーズ入り」する直前まで真剣に野球に取り組んでいたほどで、野球関連の仕事は特に気合が入るのでしょう。これからも大好きな野球に取り組む「亀梨和也さん」の熱い解説に期待したいですね。

憧れの「ジャイアンツ中継」の「アナウンス」を担当することは「亀梨和也さん」の長年の夢だったのかも知れませんね。





ジャニーズランキング

渋谷すばるさん★退所発表会見舞台ウラ★ピリピリムード和らげた★錦戸亮さんの一言

こんばんは。
今日は「渋谷すばるさん★退所発表会見舞台ウラ★ピリピリムード和らげた★錦戸亮さんの一言」の事をお伝えしたいと思います。

グループ脱退」、「ジャニーズ事務所」の年内退所を発表した「関ジャニ∞・渋谷すばるさん」です。「4月13日」発売の「フライデー」「講談社」は、「グループ脱退」を先駆けて報じましたが、多くの「マスコミ関係者」は「15日」の記者会見当日に、ようやくその全貌を知ることになったといいます。

ジャニーズサイド」からは「フライデー」発売日の夜、「関ジャニから発表がある」と記された記者会見の案内状が送られてきたようです。具体的な内容は記されていなかったものの、「渋谷すばるさん」の進退に関わる会見であることは、ほぼ確実視されていました。なお、会見は午前「10時45分スタート」だったのですが、情報解禁は午後「12時」と設定されていたようです。会見が行われた同時間帯には、「ジャニーズ公式サイト」「ジャニーズウェブ」で、「ファン向け」に脱退と退所に関する文面が公開されました。




ですが、「ジャニーズ」と蜜月関係の「スポーツ紙」に対しては、それ以前に退所の報告があったといいます。

12日」より前に、「ジャニーズ」から「渋谷すばるさん」の脱退や退所が伝えられていたそうです。会見では、「10日」に脱退が正式決定したそうですから、「ジャニーズサイド」はその直後に、「スポーツ紙」へ情報を流したことになります。「約2カ月間」、「メンバー」や事務所関係者は、「渋谷すばるさん」に残留の説得をしていたそうですが、いざ脱退が決定してから正式発表までは、わずか「5日」で行われました。

そんな電光石火で行われた会見は、中盤まで「ピリピリムード」だったようですが、質疑応答が始まってからは、「徐々に空気が和らいでいった」そうです。

渋谷すばるさん」が今回の発表について淡々と説明している時は、「シーン」と静まり返っていましたが、「錦戸亮さん」が「せっかくの日曜日にありがとうございます」と挨拶したあたりから、少しずつ笑い声が聞こえだし、和やかな雰囲気になったようです。「渋谷すばるさん」なりの「ジョーク」でしょうが、「「ジャニーズに尊敬する先輩がいたら辞めてないと思います」のくだりでは、爆笑も起こっていました。「渋谷すばるさん」「1人」の会見だったら、終始物々しい空気のままだったかもしれないだけに、「メンバー同士」が支え合っている「グループ」なのだと感じたようです。




また、「メンバー」の「安田章大さん」が「ケガのため」会見を欠席しましたが、現場では、その真偽を問う声も出ていたといいます。

「「安田は単純に出席したくなかったのでは?」「這ってでも来そうなものなのにと漏らすマスコミ関係者もいましたがジャニーズ関係者は徹底否定本人は出席したかったものの、「医師のストップが掛かったため断念したと強調していました確かにただの嘘なら3日間の入院とまでは言わないでしょうしその説明があってからはザワついていた報道陣も落ち着いたもののやはりグループが一丸となって臨んだ会見との印象が強かっただけにマスコミサイドも安田にいてほしかった」と感じていたようです。

渋谷すばるさん」にとっては、「ジャニーズタレント」として最後の公の場とみられる今回の会見ですが、何よりも「メンバー同士」の絆の強さを、あらためて感じさせる場となったようです。

報道陣」が「渋谷すばるさん」の発言に注目する中「錦戸亮さん」の気遣いのある一言で「会見ムード」の緊迫感が柔らいだ事に「渋谷すばるさん」も感謝しているでしょうね。





ジャニーズランキング

二宮和也さん★他人のヒソヒソ話は気にならない★免疫がついちゃった

こんばんは。
今日は「二宮和也★他人のヒソヒソ話は気にならない★免疫がついちゃった」の事をお伝えしたいと思います。

4月12日」発売の「女性セブン」「小学館」にて、「元フリーアナウンサー」の「伊藤綾子さん」と「“ドライブデート写真”」が掲載された、「二宮和也さん」です。「2人」の交際が明らかになったのは「2016年」で、現在も交際が続いていることに「ショック」を受ける「ファン」は多いようです。

伊藤綾子さん」は「メディアの仕事からいったん離れたい」という理由で、今年「3月」に所属事務所の「セントフォース」を退社しました。その直後に「二宮和也さん」との「2ショットスクープ」が出たということで、「ファン」からは「結婚準備に入ったから開き直って「“外デート”」を解禁したのでは」といった声まで上がっています。「女性セブン」の報道により傷心する「ファン」は多数おり、自身の交際疑惑について無言を貫く「二宮和也さん」には否定的な声を上げる人もいるようです。ですが「二宮和也さん」本人は、「ファン」が傷心していることすら知らないのかもしれません。そう思わせる発言が、「ラジオ」にてされていました。




二宮和也さん」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「BAY STORM」「bayfm4月15日放送」にて、「友だちがよくヒソヒソ話をしているのを見ると少し腹が立ちますヒソヒソ話をしている時私に聞かれたらイヤなことかなと思うと少し不快になります」という「メッセージ」が「リスナー」から寄せられました。

これに「二宮和也さん」は、「イヤですかあら!」と「リスナー」の考えに「“意外”」といった「リアクション」を取ります。そして、「ボクはでも基本的に仕事上ずっとヒソヒソ話をされる人ですからボクはもういいかげん慣れましたけど」と人気者ならではの考えを語っていました。

さらに「ボクはしないですけどボクの周りはみんなしますよオレはもう仕事上ずっとヒソヒソ話をされてるから」と、他人が「ヒソヒソ話」をしている場面はよく見かけると明かします。仕事の時には特にそういった場面に出くわすといい、例えば撮影中に「チェック」が入る時、「チェック」をした「スタッフ」が「カメラマン」に直接指示を出すわけではなく、他の「スタッフ」を経由して、「ヒソヒソ話」をしながら修正点が伝えられるところを見たそうです。「二宮和也さん」は「じゃあその人が直接言えばいいじゃん」と不思議に思ったというのですが、「それがその人の仕事なんだろうなって思ってから別になんとも思ってない」と語っていました。




また、「二宮和也さん」は自身が「ヒソヒソ話」を気にしない理由について、「慣れだなこれは完全にオレはもうそこの免疫がついちゃってる気がする」と自己分析しました。とはいえ、「メール」を送った「リスナー」には「でもイヤなんだろうねそうやって見えるところでやられるのがね」と理解を示しました。

自身の熱愛騒動の渦中で、「ヒソヒソ話は気にならない」と言ってのけた「二宮和也さん」です。人前に出る職業である以上、周りの声を気にしない「メンタル」は大切なのでしょうが、今はもう少し、「ファン」の声に耳を傾けた方がよいのではないでしょうか。

今の状況で「二宮和也さん」が何かを話しても「ファン」を含め周りにはあまり説得力はないでしょうね。





ジャニーズランキング

渋谷すばるさん★ツアー不参加・事務所不信の声★すばるとエイターの絆を壊すな

こんばんは。
今日は「渋谷すばるさん★ツアー不参加事務所不信の声★すばるとエイターの絆を壊すな」の事をお伝えしたいと思います。

4月15日」、「関ジャニ∞」の「渋谷すばるさん」が「グループ」からの脱退と「ジャニーズ事務所退所」を発表し、多くの「ファン」に衝撃を与えています。「13日」発売の「フライデー」「講談社」の報道により、脱退説は騒ぎになっていたものの、「年内退所」という事実を受け入れられない「ファン」が続出しました。「15日」の会見で飛び出した「渋谷すばるさん」の言葉に対しても、さまざまな反応が上がっています。

フライデー」の報道を受けて、「ファン」が「渋谷すばるさん」と「関ジャニ∞」の行く末を不安視する中、「ジャニーズサイド」は「15日」の午前「11時」に「ファンクラブ会員」向けの「サイト」で「関ジャニよりファンの皆さまへお知らせ」と題し、「メッセージ」を「アップ」しました。同日に行われた会見で「渋谷すばるさん」は、「この度ジャニーズ事務所を辞めさせて頂く決断を致しました」と報告し、「36歳」という自身の年齢を考えた時に、「海外で音楽を学びたい」と思うようになったと、胸中を告白しました。




事前に脱退の「ウワサ」が出ていたとはいえ、「“ガセ”」だと願っていた「ファン」は大きな悲しみに包まれています。会見では、自宅で転倒し背中を痛めた「安田章大さん」を除く「6人」が登壇して、「渋谷すばるさん」の脱退と退所を発表しました。「横山裕さん」は目に涙を浮かべながら、「正直今日という日が本当に来ないでほしいという思いでいっぱいでした」と話したほか、それぞれの「メンバー」が「渋谷すばるさん」への思いや「ファン」への謝罪を口にしました。

報道によれば、「渋谷すばるさん」は「2月」に退所の意思を事務所側に伝え、「4月10日」に設けられた最終的な話し合いの場で、脱退が決定したようです。「渋谷すばるさん」いわく、「ジャニー喜多川社長」には「2日前とか」に電話をかけ、「今回こういう決断をしました」と話したところ、「そう決めた以上は応援するしかないので頑張りなさい」と、背中を押してもらったといいます。

会見でのこの発言に関し、「ジャニーズファン」からは「ジャニーさんには2日前しかも電話報告って」「グループの生みの親でありお世話になった社長にその報告の仕方?」「2日前ってフライデーが発売した日だね週刊誌に載ったから決断したのかな」と、「ネット上」に驚きの声が相次いでいます。昨今、「ジャニー喜多川社長」の姪である「藤島ジュリー景子副社長」が実質的な経営権を握っているとされるため、こうした重大な局面にもかかわらず、社長への報告が直前だったことで、「ほとんどジュリーさんに任せてるんだな」と、あらためて「ジャニーズ事務所」の変化を実感したようです。




そして、会見の中でもっとも「ファン」が引っかかったのは、「7月15日9月16日」まで開催される「5大ドームツアー」「関ジャニ’sエイターテインメント GR8EST」に関する発言です。「渋谷すばるさん」が事務所に意思を伝えた時には、「アルバム」「GR8EST」「5月30日発売」や「ツアー」の制作が始まっていたそうで、「渋谷すばるさん」自身は「「全て終わるまでは僕責任持ってやらさせてくださいということでお伝えさせていただいたんですが」と語りながらも、「7月15日」に「関ジャニ∞」を正式に脱退し、「コンサート」には出演しないことが明らかになりました。自身が「ステージ」に立たないことについて、「事務所の判断もそうですし実際活動していくのは6人のメンバーなので、「そこはお任せしますといいますか、「決めてくださいというような話はしました」などと「コメント」しました。

会見の話しぶりから、「すばるくんはコンサート出たかったのでは?」と「ファン」が指摘しており、「コンサートは6人でって事務所が決めたんでしょなぜすばるはコンサート出れないの?」「すばるくんは出たいのに事務所が出さないことにしたの一番大切なファンの気持ちはどうなるの?」「すばるがツアーに出たかったならステージ立ってほしいエイター関ジャニファンが送り出す場所を作ってください」「エイターとすばるくんの絆を壊さないで」と事務所への不満や不信感を募らせているようです。

渋谷すばるさん」が「ファン」の前に登場する機会は未定のようですが、このまま直接挨拶することもできず、本当に脱退、退所の日を迎えてしまうのでしょうか。

渋谷すばるさん」と事務所間で何があったのかは分かりませんが「ファン」としては円満退所を願いたいですよね。





ジャニーズランキング

渋谷すばるさん★藤島ジュリー景子副社長・圧力★ツアー不参加★内部事情暴露

こんばんは。
今日は「渋谷すばるさん★藤島ジュリー景子副社長圧力★ツアー不参加★内部事情暴露」の事をお伝えしたいと思います。

4月15日」の記者会見で、「関ジャニ∞」からの脱退、そして「ジャニーズ事務所」の年内退所を発表した「渋谷すばるさん」です。「グループ」は「7月」に「ツアー」を控えており、退所までまだ時間も残されていますが、「渋谷すばるさん」は「ツアー」に不参加ということが同日発表されました。不参加の理由を、会見で「事務所の判断」と「渋谷すばるさん」が発言したことにより、「ジャニーズに「“希望”」を絶たれた」という声も「ファン」から出ているようです。

渋谷すばるさん」は記者会見で、「ツアー不参加」について問われると「事務所の判断もそうですし実際活動をするのは6人のメンバーなのでそこはお任せさせていただきますコンサートの制作は始まっていたので、「すべて終わるまで責任持ってやらせてくださいとお伝えさせていただきました」と返答しました。そのため、「ツアー不参加」は「渋谷の意思ではなかった」ことと推察されます。




この発言から、「ファンや渋谷の希望が歪められた」として、「一部ファン」の間で「ジャニーズ」や、「藤島ジュリー景子副社長」への「バッシング」が発生しました。「グループ脱退」に関しては、「渋谷すばるさん」本人が自らの意志だと表明していますが、「ツアー不参加」を巡っての「“戦犯”」は、「ジャニーズサイド」に押し付けたいという気持ちがあるようです。

ですが、当日会見に参加した「テレビ局関係者」によれば、「ツアー」への不参加は「ジャニーズサイド」というよりも、「グループ」としての決断という方が正確だったようです。

ツアー」について質問したのは「スポーツ紙」の記者で、矢継ぎ早の質問に「渋谷すばるさん」も頭が追いつかなかったのか、少々言葉足らずの説明になってしまっていました。実際のところ、「関ジャニ」は来年の「デビュー15周年」に向けて、「ツアー」以外にもさまざまな催しが準備されているようです。その「“開幕戦”」に、年内退所が決まっている「渋谷すばるさん」が出演することは、「グループ」にとっても「渋谷すばるさん」にとっても、好手ではないという結論に達したということです。




各メンバー」たちも、「渋谷すばるさん」の脱退や退所を必死に説得したといいますが、今回の決定を受けて、すでに前を向いているようです。

幸い「ツアー」まで「3カ月」も時間があるし、早い段階で新体制を築き上げることが、「グループ」や「ファン」にとって「一番プラス」になる、ということです。それに、新しい道を歩み始める「渋谷すばるさん」を、これ以上引き止めることも、本人のためにはならないでしょう、という考えもあったようですね。この状態なのに、「メンバー全員」が一同に介する会見を開いたのは、むしろ「藤島ジュリー景子副社長」の「“温情”」のようです。

グループ」、そして「ファン」の気持ちを優先して、記者会見に臨んでいた「渋谷すばるさん」です。その気持ちを、すべての「ファン」が受け止められる日は、果たしていつになるのでしょうか。

渋谷すばるさん」にもやはり「ジャニーズ事務所」の圧力が少なからずあったことが伺わせますよね。





ジャニーズランキング

桐山照史さん&中間淳太さん★レコメン!★大暴走!下ネタオンパレード★ファン爆笑

こんばんは。
今日は「桐山照史さん中間淳太さん★レコメン★大暴走下ネタオンパレード★ファン爆笑」の事をお伝えしたいと思います。

3月末」を持って「関ジャニ村上信五さん」が番組を卒業し、「ジャニーズWEST桐山照史さん」と「中間淳太さん」の「2人体制」となった「ラジオ」「ジャニーズWEST桐山照史中間淳太のレコメン!」「4月12日文化放送」です。今回は「2人」になってから「2度目」の放送でしたが、同じく「レコメン!」「パーソナリティ」のお笑い芸人「オテンキのりさん」を交えつつも、「2人」ならではの「ノリ」で番組を盛り上げ、「ファン」を笑わせていました。




2人」は「リーマンマイク」という「ヒップホップユニット」が歌っている「渋谷合コン歌~#すっごいよっ一体感~」という楽曲に「ハマ」ってしまったらしく、この話題で大盛り上がりでした。「2人」いわく、楽曲の中に出てくる「ジュテーム」という「フレーズ」がなんとも「セクシー」らしく、自分たちも「普通の言葉をセクシーに言う」という、謎の企画を立ち上げました。

深夜「0時」を回ると、「リスナー」から「セクシーじゃないワードをセクシーに言う企画」に「リクエスト」が殺到しました。「チャプチェ」というお題に対し、まずは「桐山照史さん」が挑戦しました。「エコー」の効いた「ウィスパーボイス」で「チャチャチャチャ チャプチェ」と囁き、「スタジオ」は大爆笑しました。「セクシーなんすかこれ?」と「ツッコ」む「中間淳太さん」に、「桐山照史さん」は「これがオレの「“年齢の限界”」のチャプチェかな」と「ワケ」のわからない説明をしていました。すると「中間淳太さん」が「ではボクの「“30歳のチャプチェ”」」と自ら「ハードル」を上げ、「ウィスパーボイス」で「あっすごっモチ ああ モチモチやなこのチャプチェモチモチ」と妙に「クオリティ」の高い「チャプチェ」を披露していました。

これに「桐山照史さん」は爆笑しつつも、いろいろな単語を付け足した「中間淳太さん」に「ずるい!」と抗議しました。次からは余計な言葉を付け足さず、単語だけで勝負することになりました。そこで次に登場したお題は「亜熱帯」です。「桐山照史さん」は「ああ あ~、ねったねったい」と「~」を多用した「テクニカル」な「亜熱帯」を披露しました。次に「中間淳太さん」は「別の角度から行こうかな」と宣言したあと、「ねったい!」と、「“”」をうまく使って「セクシー」さを出していました。




ラジオ」ならではの「“セリフ芸”」を思い切りやり遂げた「桐山照史さん中間淳太さん」には、「ファン」から「絶賛コメント」が多数届きました。「ネット上」では「これぞレコメン!」2人ともハジケてたね~!お腹抱えて笑ったわ~!」「キャー!! 今夜は興奮して寝れない!!」「ヤバイヤバイヤバイ!! 名物企画が生まれてしまった最高!」「耳がしあわせすぎるこの企画毎週やってほしいわ」」と、大喜びする「ファン」が続出していました。

村上信五さん」が出演していたころは、今回のような「下ネタトーク」が展開されると、「桐山照史さん中間淳太さん」は「村上信五さん」に「“ツッコミを入れる側”」でしたが、今回は自ら率先して「下ネタ」をぶっこんでいました。深夜放送の「ラジオ」だからこそできるこの「ノリ」は、これからもぜひ続けてほしいものですね。

村上信五さん」が抜けた後も「桐山照史中間淳太さん」「2人」の「絶妙トーク」が「ファン」を楽しませていますよね。





ジャニーズランキング

二宮和也さん・綾子は嫌★岡田准一さん・頭お花畑すぎ★女選びに失望したジャニーズ

こんばんは。
今日は「二宮和也さん綾子は嫌★岡田准一さん頭お花畑すぎ★女選びに失望したジャニーズ」の事をお伝えしたいと思います。

4月12日」に発売された「女性セブン」「小学館」が、「二宮和也さん」と「元フリーアナウンサー伊藤綾子さん」の「ドライブデート」を報じました。「2016年7月」に、交際の「第一報」が同誌で報じられると、「伊藤綾子さん」が自身の「ブログ」で「二宮和也さん」との交際を匂わせる投稿を繰り返していたことが発覚しました。「」の「グッズ」や、「二宮和也さん」主演映画の原作本をはじめ、「」や「二宮和也さん」と関連するさまざまな事象を写真や文章に忍ばせていたことから、「ファンを煽っている」などと批判される展開になりました。今回の「デート報道」についても、「こいつとだけは結婚しないで!」「伊藤綾子だけは絶対に嫌!!」と「ファン」から悲鳴が上がることとなりました。

さらには、「ファンよりも伊藤綾子を取ったんだな」「結局二宮は伊藤綾子を守っていくってことか担降りします」といった声も続出し、「二宮和也さん」の株まで急降下しました。「ファン」から「総スカン」を喰らう「カップル」となりましたが、この「2人」以外にも、交際発覚で猛反発を浴びた「ジャニーズ」と「女性タレント」がいます。




11年」に不倫交際が報じられた、「V6」の「岡田准一さん」と女優の「宮崎あおいさん」も総叩きにあっています。「17年」に結婚した「2人」ですが、不倫略奪婚ということもあり、「ファン」からは「やっぱり不倫からのゴールインは許せないです無理」「もう岡田と宮崎の出演作は一切見たくない」などの、嫌悪感を露わにした声が噴出しました。さらに、結婚を報じた「マスコミ」が不倫の過去に触れなかったことも「清い交際に見せようとしていて気持ちが悪い」と批判されましたた。

また「岡田准一さん」に対しては、「ファンクラブ会員」に宛てた結婚報告の「メッセージカード」が「“クリスマスイブ配達”」指定だったことから、「そんなクリスマスプレゼントいらないファンなら喜んでくれると本気で思った?」「頭の中がお花畑すぎる」と、呆れる声も聞こえました。「結婚報告カード」を燃やす「ファン」まで現れました。

ほかにも、総叩きにあった「女性タレント」といえば、「木村拓哉さん」と結婚した「工藤静香さん」の名前が挙げられるでしょう。




1997年6月」放送の「SMAP×SMAP」「フジテレビ系」共演がきっかけで交際に発展した「木村拓哉さん」と「工藤静香さん」は、「00年12月」に結婚しました。結婚報告の際、「妊娠4カ月」であることも明かしたため「でき婚?」と騒がれましたが、それ以上に「キムタクが結婚するってだけでも嫌なのに工藤静香なんてますます嫌」「なんで相手が一昔前のアイドルなの?」などの声が続出しました。「工藤静香さん」は、「元光GENJI諸星和己さん」との交際のうわさや、「X JAPAN」の「YOSHIKIさん」との交際が有名でした。「ジャニーズキラー」ともいわれていただけに、「ファン」は相当な不快感を覚えたようです。また、「木村拓哉さん」には当時、長年交際している「ファン公認」の一般人彼女がいたことから、「工藤が略奪した」との臆測や、「木村が彼女を捨てた」という説まで流れ、「ファン」を失望させました。

結婚から「17年」経過した現在も、「木村拓哉さん」「ファン」の「工藤静香さん」への嫌悪感は払拭されず、「工藤静香さん」の「インスタグラム」はたびたび炎上しています。さらには、「週刊文春」「文藝春秋」が発表する「嫌いな夫婦ランキング」で、「木村拓哉さん工藤静香さん」夫妻は「13年」に「9位」、「17年」には「1位」に輝きました。「二宮和也さん」と「伊藤綾子さん」は、「“先輩”」たちが歩んできた道をどのように思っているのでしょうか。

ジャニーズタレント」が結婚に至るまでには「ファン」公認でないと許しが出ないことが良く分かりますよね。





ジャニーズランキング

渋谷すばるさん★関ジャニ∞脱退&退所発表★元メンバー活躍からソロ活動の可能性探る

こんにちは。
今日は「渋谷すばるさん★関ジャニ脱退&退所発表★元メンバー活躍からソロ活動の可能性探る」の事をお伝えしたいと思います。

渋谷すばるさん」が「関ジャニ∞」を脱退、さらに「ジャニーズ事務所」を退所するとして、「ファン」からは連日驚きや悲しみの声が上がっています。「ジャニーズアイドル」は「グループ」で活動する「メンバー」が多く、「少年隊」からこの「5月」に「CDデビュー予定」の「KingPrince」まで、現在「15組」の「グループ」が「メジャーデビュー」し、幅広く活動しています。




ですが、彼らが「ジャニーズJr.」だった時代から見てみると、「メンバー」の脱退を経験してる「グループ」は少なくありません。「渋谷すばるさん」のように、「デビュー後」に脱退していった「ジャニーズアイドル」の中でも、「ジャニーズ事務所」に残る選択をする人もいれば、退所して新しい道に進んでいく人もいます。「“ソロ活動”」という選択をした「ジャニーズアイドル」は、現在どのような活躍をしているのでしょうか。

グループ脱退ジャニーズ事務所退所」を経て、精力的に活動している代表的な「元メンバー」といえば、「2010年」に「KATTUN」を脱退した「赤西仁さん」でしょう。「グループ脱退後」、「14年2月」まで「ジャニーズ事務所」に所属し「ソロ活動」を行っており、退所後は、特に海外での活動に力を入れるようになりました。「15年」には「中国北京」で開催された授賞式「愛奇芸尖叫之夜」で、日本人初となる「アジア人気アーティスト賞」と「年度音楽大賞」を受賞する快挙を達成しました。これを機に、「赤西仁さん」の名前は「アジア圏」で一気に有名になりました。また、「16年」には俳優の「山田孝之さん」と「ユニット」「JINTAKA」を結成し、「シングル」「Choo Choo SHITAIN」を「リリース」しました。国内外で人気を得る「アーティスト」へと成長しています。

また、「グループ脱退後」も「ジャニーズ事務所」に残り「ソロ活動」を続けている「元グループメンバー」といえば、「11年10月」に「NEWS」を脱退した「山下智久さん」がいます。「ソロ活動」に専念するようになってからの「山下智久さん」は、「ドラマ」や映画への出演にも積極的に取り組み、俳優としての活躍も見られるようになりました。今年「7月」には「山下智久さん」主演の「同名ドラマシリーズ」を映画化した「コードブルードクターヘリ緊急救命-」が公開予定です。また、「ジャニーズアイドル」としての活動も並行して行っており、「横浜アリーナ」や国立代々木競技場第一体育館といった「アリーナ規模」の会場で「ソロコンサート」を行っています。




その他にも、「NEWS」と「関ジャニ∞」を兼任していた「錦戸亮さん」は、「山下智久さん」と同じくして「11年」に「NEWS」を脱退し、「関ジャニ∞」に専任することになりました。「錦戸亮さん」と同じく「NEWS関ジャニ∞」を兼任していた「内博貴さん」は、不祥事を起こしたために「両グループ」から脱退し、現在は「ジャニーズ事務所」に所属したまま舞台を中心に活躍しています。

渋谷すばるさん」が今後どのような活動を行っていくのか、今はまだ不透明な状態ですが、「グループ」を脱退、事務所を退所してもなお「ファン」から愛され、応援されるような「アーティスト」であり続けてほしいと願う「ファン」は多いはずです。これまで「関ジャニ∞」を、そして「渋谷すばるさん」を応援してきた「ファン」の期待に応えるような活動をしてほしいものですね。

ソロ活動」に専念する「渋谷すばるさん」の今後の飛躍を期待したいですよね。





ジャニーズランキング

渋谷すばるさん★ジャニーズ退所発表★息ができない・倒れそう★ファン阿鼻叫喚

こんばんは。
今日は「渋谷すばるさん★ジャニーズ退所発表★息ができない倒れそう★ファン阿鼻叫喚」の事をお伝えしたいと思います。

4月15日」、「渋谷すばるさん」が、「関ジャニ∞」を脱退、また「ジャニーズ事務所」を年内に退所することを発表しました。「午前11時」、「ジャニーズ公式サイト」にて「この度ジャニーズ事務所を辞めさせて頂く決断を致しました」「海外で音楽を学ぶ」という「渋谷すばるさん」の「メッセージ」が公開され、同日に「都内ホテル」で開かれた記者会見でも、本人が「このたびジャニーズ事務所を辞めさせていただく決断をしました」と正式発表しました。「結成15周年イヤー」に起こった大事件に、「ファン」は「お願いウソだと言って」などと大混乱に陥り、阿鼻叫喚の様相を呈しています。

渋谷すばるさん」の脱退については、「13日」発売の「フライデー」「講談社」が「スクープ」しています。同誌によると、「渋谷すばるさん」は以前より音楽一本に集中したいという思いがあり、「アイドル」としての活動に終止符を打ちたかったようです。夏には、「5月30日」に「リリース」される「ベストアルバム」「GR8TEST」を引っさげた「全国5都市14公演」の「ドームツアー」を予定していますが、「渋谷すばるさん」の意志は固く、また「メンバー」もこれを了承したため、一気に退所へ舵を切ったものとみられます。




ファン」のほとんどは「フライデー」の「第一報」に懐疑的で、発売日には「ネット上」では「すばるが脱退するなんてあり得ない」「ガセネタに決まっている」「「フライデー許せない」といった怒りの声が飛び交っていました。ですが、「翌14日」、「一部メディア」が「15日に緊急会見が行われる」と報じると、様相は一変し、「ファン」の間に不穏な空気が漂い始めたようです。ただ、やはり「ファン」は脱退が信じられなかったようで、「すばるを信じよう」「すばるがファンを裏切るはずない」などと、「ファン同士」で励まし合う様子が、「ネット上」で散見されていました。

ファン」が「渋谷すばるさん」の脱退を頑に信じようとしなかった理由は、「彼自身がこれまで関ジャニへの思いを伝えてきたからでしょう2014年、「渋谷すばるさん」が「ソロ」で登場した「テレビ朝日ドリームフェスティバル2014」では「関ジャニっていうアイドルグループやってます」と堂々と名乗っていましたし、また「15年」、同じく「ソロ」として「ミュージックステーション」「テレビ朝日系」に初出演した際も、「関ジャニ∞」と「プリント」された「Tシャツ」を着ていました。このように、「ソロ活動時」も、「関ジャニ∞」の「メンバー」であることを「アピール」し続けてきただけに、「ファン」が「渋谷すばるさん」の脱退報道を信じられないのも当然なのではないでしょうか。

しかも、今年は「結成15周年」、「ベスト盤」も発売される「メモリアルイヤー」です。「ファン」の中には「こんな大事な時期にすばるが脱退するなんて言い出すわけがない」などと訴える者も少なくなかったようです。ですが、無情にも、「渋谷すばるさん」は「関ジャニ∞」脱退、さらには退所を選択すると発表したのです。




公式サイト」で、「渋谷すばるさん」の「今後の人生を音楽で全うするべく海外で音楽を学び更に自分の音楽を追求していきたいと思いました」という退所理由が述べられた「メッセージ」、また「メンバー」からの「コメント」が発表されるや否や、「ファン」の間では「なんでどうして?」「驚きすぎて声も出ない」「信じられない信じたくない」「すばるがいない関ジャニなんて」「息ができない倒れそう」との悲痛な声が飛び交う事態になりました。「どうしていいのかわからない」などと、「ファン」は茫然自失となっている状況です。

会見には、「渋谷すばるさん」以外に「メンバー」も同席しました。「渋谷すばるさん」は「15歳で入所させていただいてから21年間音楽を追求させていただきました」「36歳という年齢を迎え人生残り半分と考えた時中略この先は今までの環境ではなく自分ので責任下で人生をまっとうすべく海外で音楽を学び自分の音楽を深く追求したいと思いました」などと語り、「横山裕さん」は「ファン」に謝罪するとともに、「今日という日が本当に来ないでほしいという思いでいっぱいでした」と本心を吐露していました。「一部」で「ウワサ」された「メンバー間」の不仲ということは一切ないようで、「丸山隆平さん」も「これは関ジャニで皆で向き合って出た結果」と言及しました。「ファン」は皆、「渋谷すばるさん」退所の「ショック」をどこにぶつけていいのかわからない状況に陥っています。

多くの「ファン」を悲しませてしまった「渋谷すばるさん」の「関ジャニ∞」脱退です。この大混乱が落ち着くのは、まだ先になりそうですね。

フライデー」の脱退記事が現実になってしまった今「ファン」は現実を受け止めきれないでしょうね。





ジャニーズランキング