櫻井翔★紅白歌合戦進行遅れで★バッサリ切られたセリフ★舞台ウラ暴露

こんばんは。
今日は「櫻井翔★紅白歌合戦進行遅れで★バッサリ切られたセリフ★舞台ウラ暴露」の事をお伝えしたいと思います。

昨年の「第69回NHK紅白歌合戦」「NHK」で白組司会を務めた「嵐」の「櫻井翔」です。同番組で、「NHK」の「筋トレ番組」「みんなで筋肉体操」で「再ブレーク」を果たした「武田真治」が、「天童よしみ」の「ステージ」に「赤いタンクトップ&短パン」という姿で「ステージ」に登場し腕立て伏せを披露すると、たちまち「SNS」でも大きな反響を集めましたが、「2月14日」放送の「櫻井・有吉THE夜会」「TBS系」では、その裏で起きていた生放送ならではの「ハプニング」について明かしました。

筋肉体操に出演後、一部では話題になっていた「武田真治」ですが、「“筋肉キャラ”」として一躍世間の注目を浴びたのが「紅白」出場でしょう。そんな「武田真治」を、番組内では「世間が崇める国民的筋肉」と「キャッチコピー」をつけて「イジ」っていましたが、「なんで天童さんの時に出てきたの?」「島崎和歌子」、「それが不思議なんだよ」「梅沢富美男」と、「武田真治」が紅白に出場した理由については全員が疑問を持っていた様子でした。




ですが、「武田真治」が言うところによると「説明が本当はあったはず」とのことでしたが、すでに放送が「10分」ぐらい押していたため、本来あるはずの「「天童が歌う」「ソーラン祭り節」が去年いろいろあった北海道を応援する歌ということで、北海道出身で筋肉体操で話題になった「武田真治」が一緒に「北海道に」エールを送る」という「トーク」の流れが丸々「カット」になってしまったのだそうです。

すると、この話を聞いていた「櫻井翔」が、当時の司会者の立場から「天童さんの曲があって、カーリングの「ロコ・ソラーレ」「北海道」の「女子チーム」、北海道出身の武田さん。みんなで北海道を応援しよう。そんな武田さんにも来ていただきました」という説明が、進行上の理由で「バッサリ」切られてしまったと補足しました。

その結果なぜか、「それでは筋肉とサックスの融合です」という一言でまとめられてしまい、「櫻井翔」も「筋肉とサックスの融合!?筋肉とサックスだけでいくの!?」と、内心は焦っていたことを暴露していたのでした。




そして当日は聞けなかった事として「櫻井翔」は「筋肉とサックスで袖で待機してて、どんな心境だったの?」と質問しました。これに「武田真治」は「櫻井さん、よく聞いてくださいました」と言うと、その時の状況について、「筋肉体操を知らない人にはさっぱりわからないし、面識のあるhyde「L’Arc〜en〜Ciel」さんには「わっ!真治くん、どうしたの!?」って。追い剥ぎにあったかのように心配された」と明かし、舞台裏でかなり浮いていた存在だったようです。しかも、出演「20分前」から「タンクトップ姿」で待機させられていたため、終了後は体が冷えてしまって、打ち上げどころではなかったと話し、「スタジオ」の笑いを誘っていたのでした。

これらの話に「思わぬところで「紅白歌合戦」の裏話。武田さんのお話と内容が面白すぎて爆笑」という声が出る一方で、「裏側は本当にバタバタしてたのを感じさせなかった翔さん、さすが」「武田さんの裏話は面白かったし、その話を聞いてあらためて翔くんの司会のすごさに気付けました」と、あらためて「櫻井翔」の司会ぶりを称賛する声が集まっていたのでした。

「櫻井翔&武田真治」の「プロ意識」の凄さには頭が下がりますよね。



山下智久★Reason/Never Lose3位発進★日本ファンもっと買え&中国ファン挑発

こんばんは。
今日は「山下智久★Reason/Never Lose3位発進★日本ファンもっと買え&中国ファン挑発」の事をお伝えしたいと思います。

「山下智久」にとって「約5年半」ぶりとなる「シングル」「Reason/Never Lose」「2月13日発売」が、「オリコンデイリーシングルランキング」で「3位」に初登場しました。初日の売り上げは前作より落ち込み、「1位」とは「20万枚以上」も差が離ついているとあり、「週間トップ」は早くも絶望的な状況となっています。発売後は「CD」を大量購入した中国の「山下智久ファン」と、日本の「ファン」たちが「SNS」上で牽制し合うなど、不穏な空気が漂っているようです。

「両A面」の「Reason/Never Lose」は、「アニメ」「逆転裁判 ~その「真実」、異議あり!~ Season 2」「日本テレビ系」の「オープニングテーマ」に起用された「2曲」で、「初回生産限定盤A・B、通常盤」の「3種販売」となっています。初日の「オリコンデイリーシングルランキング」「12日付」では、「AKB48」の「姉妹グループ・STU48」の「風を待つ」が「25万7,741枚」で圧倒的な首位を獲得し、「2位」は「ハロー!プロジェクト」に所属する「Juice=Juice」の「微炭酸 / ポツリと / Good bye & Good luck!」でした。卒業が決まっている「メンバー」「梁川奈々美」を含め、「現8人体制」での最後の「シングル」となり、「4万9,947枚」を売り上げました。そして、「山下智久」の「シングル」は「3万7,251枚」で「3位スタート」を切りましたが、前作「SUMMER NUDE ’13」「2013年7月」の初日売り上げは「4万9,761枚」だったため、「1万枚以上」も低下した形になりました。待望の「ソロシングル」にもかかわらず、勢いが落ちてしまい、「ファン」は「ショック」を受けています。




「STU48」の「風を待つ」は初回限定盤と通常盤のそれぞれ「Type A・B・C・D、劇場盤の計9種」で、「イベント参加券」や生写真といった特典もついています。また、「Juice=Juice」の「微炭酸 / ポツリと / Good bye & Good luck!」は初回生産限定盤と通常盤それぞれ「A・B・C、初回生産限定盤SP」の「計7種」で、「1月頃」からすでに「発売記念イベント」を実施するほどの力の入れようでした。「2組」は「グループ」ですが、「山下智久」は個人のうえ、販売形態も「3種展開」ですし、「プロモーション活動」での「テレビ露出」も目立ってなかったようです。昨年「11月、山下智久」の「約4年」ぶりの「オリジナルアルバム」「UNLEASHED」は初日に「5万2,276枚」を記録後、「週間ランキング」では「8.3万枚」で「1位」に輝きました。「アルバム」が好発進した分、「ファン」も落差に拍子抜けしてしまったのでしょう。

「12日付」の「データ」が出ると、「ネット」上の「ファン」は「初日の数字だから今後伸びると信じてるけど 焦るから追加購入する」「ショック これからも山Pに音楽活動してほしいなら、結果を出さないと!」と、気を引き締めた様子でした。そんな中、中国の「山下智久ファン」が「SNS」で「CD」の大量買いを報告し、賛否両論を呼んでいます。箱に入った大量の「CD」の写真を「アップ」する人、「CD」が詰め込まれた「キャリーケース」に、「レコードショップ」の「レシート」が複数枚写る画像を載せた「アカウント」もあったようです。

「山下智久」は中国映画「サイバー・ミッション」「日本での公開は1月25日」に出演したほか、昨年「6月」に「中国版Twitter」「微博「ウェイボー」」を開設し、中国にも多くの「ファン」が存在しています。そのため、「3位」という結果を受け、中国出身とみられる「ファン」が「本当に頑張ったのか」などと日本の「ファン」の購買力を疑問視する「ツイート」を投稿しました。「山下智久」の「ファン」は「sweetie」と呼ばれていますが、「私たち中国の「sweeties」は「1人」で数十枚買う。「ニューシングル」のために1カ月の給料を使った」「日本のsweetiesもっと買ってください!中国のファンは基本一人で1万ぐらい買います』などと、日本の「ファン」に購買をけしかける内容を投稿し、「日本のsweetiesにがっかりした」「5年ぶりのニューシングルなのに買わない人は本当にsweeties?」と、やや挑発的な書き込みも見受けられます。




こうした熱心な「ファン」が今回の売り上げに貢献したようですが、大量買い可能な「“中国sweetie”」や「“大人sweetie”」と呼ばれる「ファン」と、学生の「ファン」らは意見が対立しています。「中国sweetieのツイート見てると頭に来る。たくさん購入することがそんなに偉い?」「日本のsweetieをバカにするのはやめて」「買いたくても買えない学生sweetieの気持ちわかる?購入を強制しないで」と、不快感を露わにしています。一部の人々は少し攻撃的な「中国人ファン」の呼びかけに辟易するも、「数字が出なければ山Pの活動は減る。ファンが買うしかない。中国sweetieは当たり前のことをキツイ言葉で言ってくれただけ」と、擁護の声も出ていました。

そして、「2日目」「13日付」は前日「4位」だった「日本、韓国、中国出身」の「9人組男性アイドルグループ・PENTAGON」の「メジャーデビュー曲」「COSMO」が「1位」に「ジャンプアップ」し、「1万2,168枚」を記録しました。「2位」は「山下智久」で、「1万548枚」を稼いだ一方、「STU48」は「7,305枚」で「3位」に着きました。また、「山下智久」は「17年4月期」の「連続ドラマ」「ボク、運命の人です。」「日本テレビ系」で共演した「KAT-TUN・亀梨和也」と「亀と山P」名義で「シングル」「背中越しのチャンス」を「リリース」しており、「亀梨和也」とは「プライベート」でも仲が良いことは「ファン」にも周知の通りです。初日の「3位」を受けて、「亀梨和也ファン」からも購入報告が相次いでいるといいます。

「タレント」を思うがゆえの熱意が良からぬ方向に「シフト」し、半ば傷つけ合う形となってしまった「日本・中国」の「山下智久ファン」たちです。果たして、「週間ランキング」では何位に食い込めるでしょうか。

中国お得意の爆買いで「山下智久」を応援してくれているようですが、日本の「ファン」も負けじと頑張っていることに評価したいと思いますよね。



伊野尾慧★めざましテレビ★おじさま・おばさまキラーとの呼び声

こんばんは。
今日は「伊野尾慧★めざましテレビ★おじさま・おばさまキラーとの呼び声」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP・伊野尾慧」が「木曜レギュラー」を務める情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」が「2月14日」に放送されました。

「伊野尾慧」の「プライベート写真」を披露する「コーナー」「伊野尾ピクチャー」では、「お笑い芸人・カンニング竹山」と撮影した「ツーショット写真」を披露しました。ですが、ただの「ツーショット」ではなく、「2人」とも笑顔を浮かべながら抱き合う「カット」となっていました。




これに「伊野尾慧」は、「以前もね、竹山さん登場したんですけれども、たまったま、ご飯屋さんでお会いして。思わず「写真を撮らせてください」ってお願いしたんですけど」と照れたように説明しました。「三宅正治アナウンサー」から「いや、それはわかるけどさ、抱きつかないよね!?」と「ツッコミ」が入ると、「たまたま、偶然会えるとテンション上がりません?」と釈明したのでした。

この写真に、視聴者からは「とびきりスマイル可愛すぎる!」「まさにおじさんキラー!」「うれしくて抱きつくって、どんだけ可愛いの?」という声が続出しました。「伊野尾慧」の満面の笑みに癒やされた「ファン」も少なくなかったようです。

その後、放送された「イノ調」では、羽田空港近くにある「最先端エリア」「キングスカイフロント」を調査しました。聞き馴染みのない言葉ですが、「医療・健康分野の世界最先端の研究施設が集まったエリア」とのことです。現在は「60」を超える研究機関があるようで、「伊野尾慧」は「ナノテクノロジー」を使って医薬品や医療機器を開発している研究所を取材しました。




ここで「伊野尾慧」は、「ナノマシン」の実験を行うことになりました。「ナノマシン」とは、「ナノ粒子」という、小さな「ウイルスサイズ」の殻の中に薬を入れて、体内の目的の場所に届けるものだといいます。実験を始めると、撹拌機での攪拌作業に、「こんなんやった!懐かしい!」と大学時代に行った実験を思い出して大興奮の「伊野尾慧」です。研究員の方に「ナノマシン見えますか?」と話を振られると、試験管をまじまじと見て、「見えますね~」と「コメント」したものの、「ナノマシン」は肉眼では見えるはずのない物体のようです。研究員から「すごいですね、Hey!Say!JUMPさんって。ナノマシンも見れるんですね」と「イジ」られると、「目が全然笑ってない!」と「タジタジ」になったのでした。

その後も、使用済み「プラスチック」を使用した「水素ホテル」や、一般利用できる施設なども訪れた「伊野尾慧」。すると、「地元・川崎」の奥様方が開いていた「“女子会”」に遭遇し、「かわいいよね~」と褒めそやされ、「ハーレム!キングスカイフロントでハーレムですよ!」と「伊野尾慧」は大盛り上がりになりました。放送後は視聴者からも、「ハーレム状態を楽しめてよかったね「笑」」「伊野尾くん、おじさま・おばさまキラーだった!」「理系男子感が全開に出てたなー」といったさまざまな感想が集まっていました。

「おじさま・おばさま」達も「伊野尾慧」を前にするといとも簡単に心を奪われるようですね。



宮田俊哉★木村拓哉から「お前ら、金払った方がいいぞ」★叱責された

こんばんは。
今日は「宮田俊哉★木村拓哉から「お前ら、金払った方がいいぞ」★叱責された」の事をお伝えしたいと思います。

昨年、「ジャニーズ事務所」に社員食堂が新設されると、早速「ヘビーユーザー」となった「Kis-My-Ft2・宮田俊哉」です。「玉森裕太」と一緒に登場した「2月13日」深夜放送の「ラジオ」「Kis-My-Ft2キスマイRadio」「文化放送」では、食堂を利用する理由や、「先輩・後輩」との交流について語られました。

「リスナー」から「宮田俊哉」宛てに届いた、食堂の「メニュー」で「なにがおいしいですか?」という質問に、「そばを頼むと、サラダかおにぎりか小鉢の3つの中からひとつ選べる」と、「サイドメニュー」目当てにそばを注文することが多いと答えた「宮田俊哉」でした。ほかにも、「チャイニーズヌードル」「ラーメン、カレー、エスニック風ナシゴレン、生姜焼き」などを挙げ、「食堂メニュー」の充実ぶりをうかがわせました。




ですがここで、「そもそも、なんで食べに行ってるんですか?」という「玉森裕太」の素朴な質問が。「昼過ぎから仕事だと、お昼ごはんを食べていくみたいな」と濁していた「宮田俊哉」でしたが、さらに「玉森裕太」から「社員食堂ってお金かかんの?」と問い詰められると、「え いや、タレントは、無料です!」と白状し、「宮田俊哉」はついに「“タダ飯”」が目的だと白状したのでした。これにはすかさず「玉森裕太」から「なにそれ、金払えよ!」と「ツッコミ」が飛んでいました。

「宮田俊哉」は、食堂で大先輩の「木村拓哉」に会ったこともあるといい、「お前ら、金払った方がいいぞ」と注意されたんだそうです。その場には「風間俊介」や「Hey!Say!JUMP・中島裕翔」も一緒にいたらしく、「「金払った方がいいですかね?すみません」みたいな。みんなでめっちゃヘコヘコしてた」と、気まずい思いをしたと明かしました。ですが、「宮田俊哉」も「“タダ飯”」していることは気になってるようで、「俺は結構「食堂に」行きまくってるから、「あいつ、お金ないのかな?」って、食堂にいる人たちに思われたら控えようと思ってる」とのことでした。無料目的で利用しているがゆえ、周りの目が気になってきたようです。

一方「玉森裕太」は、食堂を一度も利用したことがなく、足を運んだこともないといいます。「「事務所の」パスもらったでしょ?」と不思議がる「宮田俊哉」でしたが、「玉森裕太」は「パスがね、なくなったっぽい」と、「パス」をなくして「“入れない”」ことをぶっちゃけました。「宮田俊哉」いわく、事務所の「エレベーター」前では「パス」の「チェック」が入るため、これを持っていないと食堂にも入れないそうです。ですが、食堂を利用する予定のない「玉森裕太」は、事務所に行く用事がないため「パス」がなくても困らないといいます。そんな「玉森裕太」に「でも、結構いろんな人に会えて楽しいんだよ」と「タレント同士」の交流の場になっていることを説明した「宮田俊哉」は、「「パス」見つけた方がいいよ。それか再発行してもらいな」と「アドバイス」を送っていたのでした。




「パスなくしてる人初めて会ったわ!」と笑う「宮田俊哉」に、「言わないでね?内緒にしといてね、怒られるから」とお願いしていた「玉森裕太」でしたが、「ファン」からは「宮田くんに口止めしてる玉森くんかわいい~。ラジオで放送されてるけどね「笑」」「ラジオで言っちゃってるから内緒にならないよ!」「みやっちが内緒にしておいても、リスナーが全部聞いちゃいました「笑」」と「ツッコミ」の声が続出していました。

事務所内に食堂ができたことで、今までよりも「タレント同士」が交流できる場所が増えているようです。「玉森裕太」もぜひ「パス」を持って、食堂に足を運んでみてほしいものですね。

「宮田俊哉」の「木村拓哉」からの叱責された時の弱々しい態度が脳裏に浮かびますよね。



松岡昌宏★女性に失礼なんだけど★元カノに結婚を匂わせた過去を懺悔

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★女性に失礼なんだけど★元カノに結婚を匂わせた過去を懺悔」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が「2月13日」に放送されました。この日の「ゲスト」は俳優の「神木隆之介」で、「人気コーナー」「23区23時のオンナたち」などで盛り上がりました。




「同コーナー」に、「3年つき合って「結婚しない」と言われた元カレ」に会いに行く女性が登場しました。その「元カレ」は以前、結婚を匂わせていたにもかかわらず、結婚する気はないとのことで、女性は怒り心頭の様子です。

これに対し、「松岡昌宏」は「若さゆえの口走り って言ったら女性に失礼なんだけど」と苦い表情を浮かべつつ、「勢いで、愛情の勘違いをして突っ走ってしまって。「「結婚」いつごろかな」って言ったことあるもんね」と唐突に過去の恋愛の失敗談を告白しました。過去の苦い恋愛を思い出したようです。「長瀬智也」が「放送見て、元カレが「やべ!」って思ってくれたらいいですよね」と反応すると、「松岡昌宏」は「でもきっと、これを見て彼が「やばい」と思ったら、その彼に女性はもう興味ない」と断言しました。「長瀬智也」は「これ月9いけんじゃね!?」と爆笑したのでした。

その後は「結婚を意識している彼氏の年収を聞く女子or聞かない女子」という「クエスチョン」が話題になりましたが、「松岡昌宏」は昨年「3月7日」放送の同番組で、この話題が出た際、「俺に年収を聞いてきたら速攻別れる」と発言しました。これについて「松岡昌宏」は、「飲み屋でいろんなおばちゃんたちに怒られました。「女だっていろいろあるんだから!」」と、「スナック」で怒られてしまったことを告白しました。今回の放送で、自分の年収を明かした上で、将来設計のために聞く場合は「正解」と考えをあらためていました。




この日の放送に、視聴者からは「過去の恋愛話を普通にする松岡君ちょっと面白い「笑」」「本当TOKIOは包み隠さず感があるな「笑」」「松岡くん、男気もあるけど女性に厳しい感が結構あるよね」という声が集まっていました。

とはいえ、「TOKIO全員」で「神木隆之介」の「タイプ」の女性を聞き出し、「長瀬智也」が「「タイプは」年上の女性なのかな?」と言い、「松岡昌宏」も「神木は年上の女性がいいんじゃないかな?」と「アドバイス」していると、「TOKIO」唯一の既婚者である「国分太一」から「つうかお前らどうにかしろよ!」と「メンバー全員」が「猛ツッコミ」を受ける一幕もありました。苦笑いを浮かべていた「松岡昌宏」でした。

「松岡昌宏」にも若かりし頃の懺悔があったことに驚きますよね。



二宮和也★出会い系サイト利用の過去★都市伝説と化す★荒れた私生活

こんばんは。
今日は「二宮和也★出会い系サイト利用の過去★都市伝説と化す★荒れた私生活」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の活動休止発表を機に、「各メディア」は、「デビュー当時」からの足跡をたどる企画を展開しています。なかでも、「大野智」と「元女優・夏目鈴」の「“交際スキャンダル”」が、活動休止の一因として指摘されていることから、「各メンバー」の過去の熱愛情報も、盛んに取り上げられるようになりました。そして「2月14日」発売の「週刊文春」「文藝春秋」では、一昔前から「芸能マスコミ」の間で都市伝説と化していた、「二宮和也」の「“出会い系サイト”」 愛用疑惑を報じています。

現在、「“結婚秒読み”」とされる「元フリーアナウンサー・伊藤綾子」との交際の行方が注目を集めている「二宮和也」です。かつては、「長澤まさみ」や「佐々木希」など、有名女優との熱愛が取り沙汰されていました。




「二宮和也」は、報道こそされないものの、無名の女優や仕事関係の「スタッフ」など、いわゆる「“ワンナイト”」の「ウワサ」が絶えずささやかれている「メンバー」です。「出会い系を利用しているらしい」という話が「マスコミ界隈」で出回った際も、「決定的証拠はないが彼ならあり得る」と言われていたのも事実のようです。

今回の「文春」によれば、「2001年」頃に交際していたとされる「二宮和也」と「椎名法子」の「スキャンダル発覚」以降、「嵐」の人気は低下しました。その「“戦犯”」となった「二宮和也」は、私生活も荒れてしまったといいます。そして「2003年」に紛失した携帯電話から「データ」が流出し、「出会い系サイト」に登録していることも「バレ」てしまったと、具体的な内容がつづられています。

同時期、確かに「二宮和也」の「“出会い系”」話はしきりに耳にしましたし、ある週刊誌は、一般女性からの情報提供によって「実際に取材に動いていた」という話まであるようです。




当時、その週刊誌は「携帯サイトでニノとつながりました。これからエッチします」という「タレコミ」を受け、半信半疑ながら指定された現場へ駆けつけたのだそうです。

するとその女性は、指定場所に止まっていた「ワンボックスカー」に乗り込み、やや時間を置いて出てきたといいます。その後、週刊誌が車種や「ナンバー」を調べると、なんと本当に「ジャニーズ事務所」が使用している車だったようです。もちろん、決定的な証拠が押さえられたわけではないことから、記事化は見送られたということです。

当時の「二宮和也」の女癖に鑑みると、世間から「猛バッシング」を受けているものの、「伊藤綾子」との真剣交際はむしろ「成長の証し」として受け止めるべきなのかもしれないですね。

「ジャニーズアイドル」にも浮き沈みの時期があると思います。一般人と同じように「出会い系サイト」を利用したくなる気持ちも分からなくもないですよね。



岡本圭人★留学先にファン押し掛け報道★日本の恥との批判

こんばんは。
今日は「岡本圭人★留学先にファン押し掛け報道★日本の恥との批判」の事をお伝えしたいと思います。

「昨年9月」から「アメリカ」の演劇学校「アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ「ニューヨーク校」」に留学し、現在は活動を休止している、「Hey!Sey!JUMP・岡本圭人」です。留学から約半年が経過した中、「週刊女性」「2019年2月26日号」「主婦と生活社」で、一部の「ファン」が度重なる「マナー違反」を犯していると報じられ、批判の声が続出しています。

記事によると、学校に来て座り込んだり、騒ぎ出す「ファン」が「6~7人」もいるそうです。さらに、学校に「岡本圭人」宛ての「ファンレター」が届いて困っているとの学校関係者の証言も記載されていました。実は「1月22日」に更新された「ジャニーズ公式携帯サイト・Johnny’s web」の個人連載「KEITOpinipn~けいとのひとりごと~」にて、「岡本圭人」自ら「ファンレターを学校宛に送らないで頂けると助かります」と「ファン」にお願いをしていました。「すごく嬉しいし、元気も頂けるのですが」と感謝した上で、「これ以上届いたら、何か方法を考えないといけないと「学校側に」言われてしまって」とつづっており、「岡本圭人」が学校から注意を受けたているのは間違いないようです。




一部とはいえ、「マナー違反」を犯す「ファン」に対して「岡本圭人」自身も手を焼いているようですが、「ネット」上でも「ジャニオタ、さすがにヤバいだろ」「座り込みとか本当引く こんなのはファンじゃない」「日本の恥。海外まで行ってやめてほしい」と「岡本圭人」へ同情の声が上がっています。一方で、「学校名を公表したジャニーズ事務所にも責任がある」「事務所が学校名を伏せておけばよかったのでは?」との指摘もあるようです。

通常、「タレント」が海外留学するときは、行き先を告げても詳細を公表することはほとんどありません。ですが「岡本圭人」の場合は、留学の「約1カ月前」から活動を休止することもあってか、「ジャニーズ事務所」が学校名まで公表しました。現在も「Johnny’s web」では、「グループトップページ」の目立つ位置に留学についてのお知らせが掲載されており、学校名も書かれています。「ネット」上では、「ファン」の「マナー違反」を批判しつつも「場所がわかってるなら、待ち伏せしたくなる気持ちもわかる」という声も出ているだけに、事務所の対応次第では防げることだったかもしれません。

昨年、一昨年と「2年連続」で、「メンバー」の「八乙女光」が「Johnny’s web」の連載「JUMPaper」にて「ファン」の「マナー違反」に苦言を呈しており、近年は特に、同じ「ジャニーズファン」の間でも「Hey!Sey!JUMPのファンはマナーが悪い」と言われている状態です。




このような「マナー違反」を犯しているのはごく一部のようです。ほとんどの「ファン」は「マナー」を守って楽しく応援しているだけに、今回の「岡本圭人」の騒動についても「ほかのJUMPファンを下げるような行為はやめて!」「またJUMPのファンがマナー悪いって言われる。いい加減にしてほしい」と憤る声も上がっています。

「岡本圭人」」や学校に迷惑がかかるだけでなく、「JUMPファン」、さらには「ジャニーズファン」の品格まで疑われかねない今回の騒動です。事務所側の具体的な対応も含め、状況が改善されることを願いたいですね。

「ファン」の心理とすれば「岡本圭人」と同じ気持ちになりたいがために押しかけているようですが、応援するのと迷惑をかけるのとは全く意味が違うように思います。留学が終われば一回り成長した「岡本圭人」が見られるのだからその時までのお楽しみにすればいいと思うのですが。



小山慶一郎★増田貴久の部屋★Jr.の人口密度がすごい★ホテル事情明かす

こんばんは。
今日は「小山慶一郎★増田貴久の部屋★Jr.の人口密度がすごい★ホテル事情明かす」の事をお伝えしたいと思います。

「2月20日」に発売する「アルバム」「WORLDISTA」を引っ提げ、「3月9日」から「ライブツアー」「NEWS LIVE TOUR 2019 WORLDISTA」を行う「NEWS」です。「2月12日」深夜放送の「小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」では、「ゲスト」に「増田貴久」を迎え、「ツアー」中の「ホテル」での過ごし方について語りました。

今回の「ツアー」は、「静岡エコパアリーナ」を皮切りに各地で「全27公演」となります。「地方に行った時の楽しみはありますか?」という「メッセージ」が寄せられると、「増田貴久」は「ご飯かな~」とのことで、「ご飯に行った後、1人でホテルに帰ってなにしてるの?」という「小山慶一郎」の質問には、「後輩とかいると、みんな部屋に来て」と「ジャニーズJr.」たちと交流を深めていることを明かしました。




ですが「小山慶一郎」によると、「Jr.」たちは「増田貴久」について、あまり後輩と絡まない「イメージ」を持っているとのことで、「「まっすーの部屋とか行っていいんだ」っていう。ツアーのJr.たちはさ、そこを超えたじゃん。「ツアーに」初めてついたら「増田くんてそういうの絡み行っていいんすか?」みたいな」と、新鮮な反応を示すといいます。

さらに、「小山慶一郎」が語るところによると、実際の「増田貴久」は「全然意外とウェルカム」な「タイプ」で、ただ「自分のパーソナルスペースというか、自分の時間を大事にしてる印象があるから、ホテルとかになったら「部屋に行って」いいのかな?ってのがある」とのことでした。

これには、「増田貴久」いわく「いや、もうそもそも俺の場所じゃないもんね、ホテルの時点で。俺も完全にお邪魔してる感があるから」と、「ホテル」の部屋は「パーソナルスペース」に含まれていなといいます。そのため、「Jr.」たちが部屋に来て布団の上に座ることにも抵抗はないようです。

「シングルベッド」が「2つ」ある部屋の場合だと、使わない方の「ベッド」に「Jr.」たちが寝っ転がっていることもあるようで、「小山慶一郎」は「すごいんだよ、人口密度が。まぁまぁな人たちがいるから。よく入ったなこんなに」と「ツアー」につく「Jr.」の半分くらいが、「増田貴久」の部屋に集まっていると明かしていました。




さらに「今回は新しい子なんだよね」「増田」「今回はほんとに今までついてくれてたJr.が、ありがたいことにみんな忙しいのよ。いろんなお仕事、ソロの仕事があったりするから。今回ね、ほぼほぼ新規」「小山」と、一緒に「ツアー」を周る「Jr.」たちが一新されたことを報告しました。

まだ、どの「Jr.」たちがつくのかについてまでは明かされませんでしたが、これまで長く「NEWS」の「ツアー」についていた「Jr.」といえば「MADE」が知られています。それだけに、放送を聞いた「ファン」からは「今回、Jr.で誰が入るのかめっちゃ気になる」「新しい子も楽しみだね!」との声が上がる一方で、「え、MADEいないの?」「MADEは嵐の方に行ったのか。忙しいなあJr.も」「MADEいないのは寂しい」などのさまざまな反応が寄せられていました。

「増田貴久」も「いろんなところからJr.の取り合いですよ」と言っていましたが、先輩の「ツアー」について回ったり、舞台や「Jr.」の「ユニット単独コンサート」など幅広く活動している「ジャニーズJr.」たちです。「ベテランJr.」がつくのか、若手がつくのかはまだわからないようですが、「ファン」はぜひ今度の「ツアー」につく「Jr.」たちも応援していってほしいものですね。

やはり「Jr.」までもが「増田貴久」の人望の厚さに吸い寄せられているようですね。



堂本剛★いやいや、駄目でしょ★中島健人の神対応を批判

こんばんは。
今日は「堂本剛★いやいや、駄目でしょ★中島健人の神対応を批判」の事をお伝えしたいと思います。

「KinKi Kids」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ番組」「KinKi Kids どんなもんヤ!」「文化放送」が「2月11日」深夜に放送され、この日は「堂本光一」と「堂本剛」が揃って登場しました。




前週の放送では、「ティッシュ」と「トイレットペーパー」の「トーク」で放送時間の大部分を使い、ほかの「コーナー」がほとんど潰れてしまうという珍事が起きていましたが、この日も再び「ティッシュ」の話で大盛り上がりしました。そんな中、ある「リスナー」から寄せられた、「ジャニーズカウントダウンを見ていたら、Sexy Zoneのマリウス葉くんがステージから転落してしまい、その後無事復活して安心していたのですが、中島健人くんがマリウスくんに対して「落ちていいのは恋だけだぞ」と言い、年始から「さすが」と思いました」といった「メッセージ」が読み上げられました。

これについて、「堂本剛」は冗談交じりに「いやいや、駄目でしょ。その場の空気はあるでしょうけど」と「ファン」の間では「“神対応”」と言われた「中島健人」の「フォロー」に言及しました。「マリウスくんも、その場では「フォローしてくれたな、ありがとう。おおきに」ってなったかもしれないけど、家帰ってから「なんかシャレみたいにしてるけど、こっち落ちてるし」って、ちょっと一瞬思ったかもしれない」と「中島健人」の「ギャグ」に厳しい姿勢を見せていました。

「中島健人」といえば、「2018年1月8日」放送の同番組に「コメント出演」しました。「「“女性が作ってくれた料理がイマイチだったとき”」の反応」を「王子様キャラ」全開で披露し、「堂本光一」から「できた後輩だよ、本当に。素敵だよ、突き進んでほしいね。ま、もう俺には無理だからさ。そのへんは、もう託しましたんで」と絶賛されていました。




今回も「堂本光一」は「思い浮かぶなあ」と言いつつ、「堂本光一」は面白がって、「落ちていいのは恋だけだぞ」の「セリフ」を「マネ」して「中島健人」を「イジ」るなどしていましたが、あらためて、「堂本剛」が「ステージから落ちるのは怖いからな、これほんまに。大事に至らなかったんでしょ?」というと、「堂本光一」も「それはよかったです。本当に」と神妙に相槌を打っていました。

この日の放送に「リスナー」からは、「マリウスくんはきっと「おおきに」とは言わない「笑」」「カウコン出てないふたりもマリウス落下事件知ってるんだ!」「またゲスト出演してほしいな」という声が集まっていました。

「関西人」の「堂本剛」から見れば神対応の「中島健人」の「ギャグ」をすんなり受け入れることができなかったようですね。



村上信五★バレンタイン本命&義理の違い★ナッツ?★独自見解示す

こんばんは。
今日は「村上信五★バレンタイン本命&義理の違い★ナッツ?★独自見解示す」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」の「村上信五」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「村上信五の週刊!関ジャニ通信」「ABCラジオ」が「2月10日」深夜に放送されました。




この日は「4日後」に「バレンタイン」を控えた放送とあって、「メッセージテーマ」は「バレンタイン」でした。「ハンドボール部」に所属していたという「リスナー」からは「部内の男子にチョコをあげなければならず、25個のチョコをあげたのがいい思い出」という「メッセージ」が寄せられていました。これに対し「村上信五」は「すげえな」と素直につぶやきつつ、「25個手作りしてたんだ。女子はこれ作る子は大変やな、これは」と驚いた様子を見せていました。

「でも、その「本命と義理の」違いを出さないといけないって、大変やな」と、部員にあげる分と彼氏用との区別について考え出し、「だってラッピングで違い出してしまったらバレてまうわけやから、なんか中身違うことせなあかんねんやろ?」と危惧しはじめ、「ちょっとちゃちい知識で申し訳ないけど、ナッツ的とかドライフルーツとか入れて違いを出してるのかわからへんけど」と「バレンタイン」の「チョコ事情」に疎いことを明かしていました。

また、「フリーアナウンサー」の「田中みな実」の名前を持ち出し、「田中みな実ちゃんとかもそうやねんな!TBS時代から共演する人とか手作りしてっていうんわ。各番組のみんなに作ってたんやろ?」と言い、その後の「チョコを溶かして成形しなおしたものは手作りチョコといえるか?」といった話題でも、「男は、もうそんなん気づかんからさあ、溶かして固めたものを手作りです!って言われて渡されたら、そうなんや手作りなんやって思って食うてまうから」と「キッパリ」。「そんな作る過程を知らん人間からしたら、溶かして固めるだけでも手作りやと思うで?そりゃ売られてるパッケージになってるやつを手作りです!っていうて渡されたらボケかと思うけどな」と「手作りチョコ」に寛容なことを話していました。




その後も「バレンタイントーク」は盛り上がり、「俺が女の子だったら、やってないやろうなあ。手作りはやらない!」と堂々宣言した「村上信五」でした。「仮にやるとしても市販。けど死ぬほど人見てると思う」と、あげる人を厳選すると「シビア」さを口にしました。また、「俺がめっちゃ可愛かったらやで?」「容姿が使えるんやったらやで?偉そうなバレンタインする!マンション貰えたらラッキーパンチな気がするもんなあ」と、海老で鯛を釣る方式で「バレンタイン」を最大限利用することを明かしていました。

この話題に「リスナー」からは、「本命と義理の違いがナッツしか分からないってなんか笑った」「いや、女の子だったらめっちゃ可愛くなるでしょ!」「村上くんは可愛いで間違ってない「笑」」といった声が集まっていました。

「バレンタインチョコ」に対する男性側の意見を代弁してくれた「村上信五」には頭が下がりますよね。