村上信五★マツコ・デラックスから偉い★称賛の訳

こんばんは。
今日は「村上信五★マツコ・デラックスから偉い★称賛の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「6月17日深夜」に放送された、「関ジャニ∞・村上信五出演」の「バラエティ番組」「月曜から夜ふかし」「日本テレビ系」です。今回は、「村上信五」が共演の「マツコ・デラックス」から「“仕事へのやる気”」を褒められる場面がありました。




「女性が好きな男性の仕草ランキングが発表された件」という「コーナー」で、「本当に面白い?面白かった試しないじゃないのよ」と、この手のお題に懐疑的な態度を見せた「マツコ・デラックス」です。「村上信五」が「ランキング」の結果が書かれた「フリップ」を持つと、「絶対面白くない!」とやる気「ゼロ」で「コメント」しました。

ですが「村上信五」は、「マツコ・デラックス」のぼやきも気にせず、しっかりと番組を進行します。「10位」の「顔を覗き込んでくる」という意見に、「どういうシチュエーション?」と疑問を呈したり、「6位」の「ネクタイを緩める」と「8位」の「ネクタイを締める」という回答に、「こんな分け方ある?」と「ツッコ」んだりと、「マツコ・デラックス」を気にせず着々と進める真面目ぶりです。

そんな様子に、「あんた頑張るね。すごい頑張ってる。あたしなんて、これを面白くしようなんて、さらさら思ってないもん。あんた偉いって、ホントに!」と「マツコ・デラックス」から称賛の言葉が聞かれます。これに「村上信五」は苦笑しながら「もう病気や、俺は。完全に!」と、頑張りすぎてしまうと自虐します。「この番組だけはイイのよ〜。ほんとに偉い!」と、「マツコ・デラックス」に労いの言葉をかけられたのでした。




引き続き「ランキング」が紹介されると、「第2位」は「さりげなく車道側を歩く」、「第1位」は「さりげなく荷物を持ってくれる」だと判明します。これに「村上信五」は「「荷物を持ってくれる」でええやん。「“さりげなく”」やで?」と噛みついたものの、「2位」の意見にも「「車道側を歩く」でええやん!」と「ツッコ」んでいたため、「「2位と」同じこと言った〜!」と「マツコ・デラックス」に「イジ」られてしまったのでした。

「マツコ・デラックス」に「イジ」られながらも、変わらぬ笑顔で番組を進行していた「村上信五」です。真面目な仕事ぶりが光った放送回と言えるでしょう。

番組で長年「村上信五」見てきたからこそ「マツコ・デラックス」から称賛の言葉が出てきたのかも知れませんね。



大西流星★まいジャニ★Lilかんさい特集★シンメ萌えに言及

こんばんは。
今日は「大西流星★まいジャニ★Lilかんさい特集★シンメ萌えに言及」の事をお伝えしたいと思います。

「関西ジャニーズJr.」の「メンバー」が出演し、毎回さまざまな「テーマ」で「トーク」を展開する「バラエティー番組」「まいど!ジャーニィ~」「BSフジ」です。「6月16日」の放送は、「関西Jr.内ユニット」で、今年「1月」に結成されたばかりの「5人組」「Lilかんさい」が登場し、「なにわ男子」の「藤原丈一郎」と「大西流星」が「MC」を務めました。




まずは、最近「“ツンデレ毒舌キャラ”」として頭角を現しつつある、「Lilかんさい」の「大西風雅」を紹介しました。「大西風雅」が「ライバル」だと思っている人物として、同じ「ユニット」の「メンバー・西村拓哉」の名前を挙げていることについて、「藤原丈一郎」は、「なんかいいよね、グループ内でライバルがいるの!」と称賛します。

なぜ「西村拓哉」を「ライバル」だと思うのか聞かれると「同期やから」と「大西風雅」は素っ気ない一言。一方、「西村拓哉」はうれしそうな表情を見せながら、「今、「大西と」「“シンメ”」で」と「コメント」し、「フー!」と観覧客から大きな歓声が。「今の「フー!」はなんなん!? 同期で同い年やったら「“リーチ”」みたいな感じ?」と戸惑う「藤原丈一郎」に、「「“シンメ萌え”」ってやつですね!」と「大西流星」は解説します。「“シンメ”」とは「シンメトリー」の略で、左右対称の立ち位置で踊る「2人」のことを指し、「ジャニーズグループ」における「“シンメ”」は特別な関係性を意味するため、「大西流星」の解説にも「キャー!」と観覧客は黄色い声を上げて反応していました。




「ネット」上でも「大西風雅のライバルでシンメは西村拓哉 この事実は威力が強すぎる!」「いや~やっぱりシンメって尊いわ。「“ふがたく”」のコメントで確信したね」と「ファン」は大盛り上がりします。一方、「大西流星」の「シンメ萌え」発言についても、「流星くん、ファンの気持ちを理解しすぎてる「笑」」「シンメ萌えってまさにその通り!」など、感心する「コメント」が聞かれました。

「ジャニーズ」の代表的な「シンメ」としては、「NEWS・手越祐也」と「増田貴久」の「“テゴマス”」、「関ジャニ∞・横山裕」と「村上信五」の「“ヨコヒナ”」、「Sexy Zone・菊池風磨」と「中島健人」の「“ふまけん”」などが挙げられます。「大西風雅」と「西村拓哉」の「“ふがたく”」も、「ジャニーズ」の代表的な「シンメ」になれるでしょうか。

「大西風雅&西村拓哉」「2人」の「シンメ」がどこまで羽ばたいていくのか「ファン」は見守り続けていきたいですよね。



錦戸亮★テゴマス楽曲★手越と全然合ってない★まっすー発言にファン興奮

こんばんは。
今日は「錦戸亮★テゴマス楽曲★手越と全然合ってない★まっすー発言にファン興奮」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」がさまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「6月16日」の放送では、「雨をテーマにした歌」特集が組まれ、「音楽プロデューサー」の「zopp、保本真吾、多保孝一」が「ゲスト」として登場しました。




「山下智久」の「抱いてセニョリータ」「2006年」や、「NEWS・手越祐也」と「増田貴久」による「ユニット」「テゴマス」の「デビュー曲」「ミソスープ」を手掛けた「zopp」は、「テゴマス」の楽曲「アイアイ傘」「2008年」について解説しました。雨を「テーマ」にした曲では、「雨+夜=別れ」「雨+雨あがり・虹=ポジティブ」のように、言葉の組み合わせによって「ネガティブ」にも「ポジティブ」にも印象を変えられるというのですが、雨に「傘」や「雨やどり」という「ワード」をつけると、「“出会い”」を連想させるものになり、一気に「“恋愛ソング感”」が増すのだといいます。「zopp」によると、その手法を使ったのが「アイアイ傘」なのだそうです。

「積極さのない主人公で、その主人公がどうやったら告白できるかな?」と、奥手な人物が告白できる「シチュエーション」を考えた結果、「zopp」は「相合傘さして帰れば、さすがに告白できるでしょ?」と思ったそうです。ですが、結果的に「彼はそんな相合傘の中でも何も言えなくて。本当にピュアで、ある種「“チキン”」な」と告白できずに終わってしまう、切ない恋の歌になったと解説していました。

すると「近づいた二人の 雨恋」という歌詞に注目した「丸山隆平」が、「「“雨恋”」になってるんだ、最後。うわ~ステキ!」と反応します。そして「zopp」から、「“雨恋”」という造語には「雨が欲しい」という思いと、「雨の中の恋」という「2つ」の意味があると明かされ、「丸山隆平」は「キマってるね~!」と感心します。




ですが、「村上信五」は「むちゃくちゃキマってるけど 手越と全然合ってないですよね!」と鋭い「ツッコミ」。「手越祐也」は、これまで何度も女性との「スキャンダル」を報じられているだけに、歌詞に登場するような「“告白できない”」「ピュア」な「イメージ」とは程遠いでしょう。ほかの出演者も「ホンマや!」「手越ではないでしょうね」とほぼ全員が「村上信五」の意見に賛同し、「スタジオ」は笑いに包まれます。さらに、「錦戸亮」からは「まっすー、まっすーやね!」との発言が飛び出し、「村上信五」も「そうやね、まっすーの方やね」と納得します。これには作詞を手掛けた「zopp」も思わず、「そうです、そうです」と乗っかり、笑いを誘っていました。

一方で、「ファン」は「錦戸亮」の口から「まっすー」という言葉が飛び出したことに大興奮します。「ファン」なら周知の通り、「錦戸亮」は「NEWS」の「元メンバー」であるため、思わず反応してしまう人が多かったのです。「ネット」上では「亮ちゃんが「まっすー」って言ってくれてうれしい~!」「錦戸亮の口から「まっすー」と発せられただけで、世界は平和なのです!」「誰よりも先に亮ちゃんがまっすーって言った事実だけで、ご飯がモリモリ食べられます」と、大盛り上がりとなっていました。

「NEWSファン」にとっても「錦戸亮」の「まっすー発言」には「驚き&感動」が渦巻いたようですね。



松岡昌宏★ミタゾノ次回作★川栄李奈イジり&育休ですか~★台詞ポロリ

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★ミタゾノ次回作★川栄李奈イジり&育休ですか~★台詞ポロリ」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO・松岡昌宏」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「TOKIO WALKER」「NACK5」です。「6月16日」の放送では、「7日」に最終回を迎えた「ドラマ」「家政夫のミタゾノ」「テレビ朝日系」の共演者について語る場面がありました。




「第3シーズン」まで続く「人気ドラマ」となった「家政夫のミタゾノ」です。「リスナー」から「ドラマの「“交遊録”」を教えてください」という「メール」を受け取った「松岡昌宏」は、「宇梶剛士」や「山崎一、小林隆」に「黒谷友香、大澄賢也」に「小堺一機、大和田伸也」といった出演者の名前を挙げ、「みなさん出てくれてたから、すごいうれしくてね。やっぱり、みなさんが好き放題やってくれるっていうのが、「ミタゾノ」のいいとこで。「ミタゾノ」ゲストさんは、本当好き放題やってくれるんですよ!」と楽しそうに回顧しました。

「スタッフ」は「シリーズ」を通して「一緒」だったと明かし、「助監督、照明、カメラ、みんな知ってて。ずっと知ってる連中なんで、すごい和気あいあいとやってますよ。またやりたいですね」と、「松岡昌宏」は早くも「“第4シーズン”」に向けてやる気をのぞかせました。

また、「ドラマ撮影中」に「電撃結婚&妊娠」を発表した「川栄李奈」に対しては、「川栄ちゃんがめでたいことになって。いや、ホントに良かったよ!」と「コメント」し、「俺、直接連絡もらったんですよ。「よかったね〜」つって、「おめでとうね」つって。思わず電話の向こうで「おめでとー!」って」と「ハイテンション」で祝福したそうです。「川栄李奈」はお礼を言いながらも、「すみません、何か」と恐縮していたそうで、そんな「川栄李奈」に「全然!もう、よかったね!ハッピー!ハッピー!」と声をかけたそうです。




「もうせひぜひ、末永く幸せになってもらいたいな」と、あらためて「川栄李奈」の幸せを祈りつつ、「もし続編があるなら、伊野尾「慧」の「え〜!」「というセリフ」からスタートかなと思ってんですけどね。「え〜?育休ですかあ〜?全然気付きませんでした〜!」ていう。そんなのから、できんじゃないかと」と、「第3シーズン」から「レギュラー」になった「Hey!Say!JUMP・伊野尾慧」の「モノマネ」をしながら、続編に思いを馳せた「松岡昌宏」でした。

深夜帯の放送にもかかわらず、「第3シリーズ」では「8%」台の視聴率を記録するほどの人気だった「家政夫のミタゾノ」です。ぜひ、「第4シーズン」も期待したいものですね。

「川栄李奈」も兄貴のような「松岡昌宏」からの祝福を受け、改めて「第4シーズン」にも出たい気持ちになったでしょうね。



二宮和也★小泉孝太郎の誕生日祝い★ステキな関係&すごい★ファン歓喜

こんばんは。
今日は「二宮和也★小泉孝太郎の誕生日祝い★ステキな関係&すごい★ファン歓喜」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」が「パーソナリティー」を務める「ラジオ番組」「BAY STORM」「bayFM」が、「6月16日」に放送されました。この日は「二宮和也」の誕生日前日ということで、冒頭でかつて同番組の「アシスタント」を務めていた「スタッフ」「STBY」からの「誕生日メッセージ」を紹介しました。「二宮和也」は「STBYですって。まだいたんですね」「なんだ もっと豪華なんだと思ってたよ。残念だよ~!」と憎まれ口を叩きつつも、うれしそうな口ぶりです。




その後、「2本目」の「誕生日メッセージ」として、「俳優・小泉孝太郎」の「メッセージ」を紹介します。「小泉孝太郎」は「メッセージ」の中で「二宮和也」の誕生日を祝福しつつ、「今すぐは無理ですけど、あらためて一緒にどこかでお祝いさせてください」と「コメント」。さらに、昨年放送された「連続ドラマ」「ブラックペアン」「TBS系」での共演をきっかけに「二宮和也」と親交を深めたと明かし、「本当に濃い時間を過ごさせてもらって、いろんなこと話させてもらって。僕にとって、二宮くんからたくさんの刺激をもらいました」と感謝した上で、「二宮くんの立ち振る舞い、リズムの作り方、あれは本当に僕、刺激を受けました」と大絶賛の様子でした。

「プライベートでも仲良くしてもらえたらうれしいです。今後も、お互い芸能界でいい形で出会えるように、切磋琢磨していきましょう。二宮くん、6月17日誕生日おめでとう!」という「小泉孝太郎」からの熱い「メッセージ」を受け取ると、「二宮和也」は、「ありがたいね、ありがたい。真面目じゃないですか。孝太郎くんって真面目な人なのよ、本当に」としみじみします。

また、「小泉孝太郎」も同局で「ラジオ番組」「Antenna K」の「パーソナリティ」を務めていることに触れ、「孝太郎くんのところにも出なきゃだめだね、これは、ねぇ。誕生日いつだろう。あ、7月10日だ。「納豆の日だからね」って「小泉が」言ってたのを急に思い出した」と、「二宮和也」も「メッセージ」を贈るつもりのようでした。




「二宮和也」は「こういうことやってないんじゃない、「Antenna K」は。もっと大人な時間を過ごしてんじゃない?」と言いつつ、「でもね、みんなでメール送ってあげよう、納豆の日は。「Antenna K」にね」と「リスナー」に呼び掛け、最後まで「いやあ、ありがとうございます。孝太郎くん本当に!」と感激。

この放送に、「ファン」は「お互い尊敬しあってる感じが伝わってきた。ステキな関係だね」「小泉孝太郎さんから誕生日メッセージもらうとかすごい!スタッフさんからも愛されてるね~」「2人がお互いのことを「“戦友”」って思ってる感じがした。7月10日は孝太郎さんにメッセージ送ります!」と喜びの声を上げていました。

お互いの実力や存在感を認め合いこれからも「2人」で切磋琢磨していく姿が脳裏に浮かんできますよね。



木村拓哉★ソロデビュー計画に意見★工藤静香Koki,だけに飽き足らず

こんばんは。
今日は「木村拓哉★ソロデビュー計画に意見★工藤静香Koki,だけに飽き足らず」の事をお伝えしたいと思います。

「6月18日発売」の「週刊女性」「主婦と生活社」が、「元SMAP・木村拓哉」の「“ソロ歌手デビュー計画”」を報じています。「2016年末」の「SMAP解散」以降、俳優業を「メイン」に行っている「木村拓哉」の音楽活動再開となれば、大きな話題になることは間違いありませんが、一部業界関係者の間では「木村のソロデビュー実現の鍵は、妻の工藤静香が握っている」という説が、まことしやかにささやかれているといいます。

同誌によれば、「昨年1月期」の「木村拓哉主演」「連続ドラマ」「BG~身辺警護人~」「テレビ朝日系」が、「来年4月期」に「“続編”」として帰ってくることが決定し、その中で「木村拓哉」の「ソロデビュー曲」が使用される「プラン」も浮上しているようです。「木村拓哉」は「今年10月期」の「TBS系」「日曜劇場」枠の「連ドラ」「タイトル未定」の主演が正式に発表されたばかりで、当初はこちらで「木村拓哉」の「ソロ曲」を使用する予定だったものの、実現には至らなかったようです。




現在は「BG」続編が放送される「タイミング」での「ソロデビュー」に向け、「レコード会社」が動いているといいます。そんな中、同誌は「木村拓哉」の「妻・工藤静香」が「レコード会社」に対し、夫の「ソロデビュー」に「最高の待遇」を要求していると伝えています。

「工藤静香」自身も歌手活動を続けている一方、「2018年」に「モデルデビュー」した「娘・Koki,」の「“売り込み”」に力を入れていると報じられてきました。そんな「工藤静香」に、「ネットユーザー」からは「母親がでしゃばりすぎ」などと批判が寄せられていますが、娘だけに飽き足らず夫の芸能活動にも口を挟みたいようです。「木村拓哉」の「ソロデビュー」に関しても、業界内では「工藤静香」についてさまざまな話を耳にします。

その一つが、「工藤静香」が「木村拓哉」の「ソロデビュー」をそもそも「反対している」という情報です。

明確な理由はわかりませんが、「ソロデビュー」しても「CD」が売れるとは限らないので「“今はやめておいた方がいい”」という判断なのか、もしくは、今は「Koki,」の芸能活動に集中したいからなのか。このような話が「ジャニーズ」に親しい業界関係者から出ています。




ですが一方で、夫の「ソロデビュー」を「猛プッシュしている」との「ウワサ」もあるようです。

「木村拓哉」に近い業界関係者によると、当の本人は歌手活動再開に迷いがあるものの、「工藤静香」は夫の活躍に期待しているのか「絶対にやるべき!」と後押ししているといいます。まったく異なるうわさですが、それだけ周囲が「“工藤静香の意向”」を気にしているのは間違いないようです。

結局のところ、「工藤静香」の意向はなにひとつわからないようですが、影の「プロデューサー」としての暗躍に注目です。

「SMAP解散騒動」に続き今度は「木村拓哉」の「ソロデビュー計画」にも「工藤静香」の存在が見え隠れしてしまうのには「ファン」も「ウンザリ」しているでしょうね。



藤ヶ谷太輔★コンサート中★JKの髪触ったと波紋★セクハラ指摘

こんばんは。
今日は「藤ヶ谷太輔★コンサート中★JKの髪触ったと波紋★セクハラ指摘」の事をお伝えしたいと思います。

「6月15日・16日、Kis-My-Ft2」が「愛知・ナゴヤドーム」で「Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2019 FREE HUGS!」を開催しました。公演中は演出の一貫で地元高校の吹奏楽部員と「コラボレーション」する場面があったというのですが、女子生徒に対する「藤ヶ谷太輔」の行動が物議を醸しています。

「4月発売」の「アルバム」「FREE HUGS!」を引っさげて「5都市」を巡る「ツアー」を行っている「Kis-My-Ft2」です。名古屋公演では愛知工業大学名電高等学校の吹奏楽部を「ステージ」上に招き、「アルバム収録曲」「ルラルララ」と、「2014年発売」の「シングル曲」「Thank youじゃん!」を共に「演奏&歌唱」したといいます。同部は全国大会への出場経験も豊富で、「CD」を「リリース」するほどの名門校だといい、地元の「Kis-My-Ft2ファン」からも「中学生の時にあこがれた名電の吹奏楽部がキスマイのバックで演奏してくれてて感動した」「名電の吹奏楽部は、全国大会の常連で各地の公演やイベントにも出てるから、もはやプロ並み」「名電のチケットを取るのも困難なのに、キスマイのコンサートで演奏が聞けるってスゴい!」と、驚きの声が漏れていました。




そんな豪華な「パフォーマンス」が「ステージ」で披露される中、「藤ヶ谷大輔」が女子生徒の髪に触れる一幕があったそうです。

公演を見た「ファン」の書き込みによれば、「藤ヶ谷大輔」は「15日」の公演で吹奏楽部が演奏している時に、女子部員の「ポニーテール」を「マイク」で触っていたそうです。「ネット」上には「ガヤが女子高生の髪の毛を触ってセクハラしてた」「クラリネットのJK「女子高生」の長いポニーテールに、マイクをぶっ刺して遊んでたの、ほんとやめな!31歳の男性がJKの髪の毛を勝手に触るとかやばいから!」「31歳の成人男性が、無邪気なニヤニヤ笑顔で女子高生の揺れるポニーテールを触れるなんてアウトだから!私生活は気を付けて」といった「レポート」が複数見受けられました。

これを受けて、「相手がファンじゃなかったら、ただ気持ち悪いだけ。立派なセクハラ!」「「俺に触られたらうれしいだろ」っておごりがあるからこんなことやるんだよ」「セクシーキングと呼ばれてるかもしれないけど、いろいろ履き違えてる」「合意なく触られるのは誰だって嫌。自分が襟足触られたら不機嫌な顔するのでは?」「藤ヶ谷がサビも歌わずにJKの髪を触って遊んでたこと、メンバーは知ってる?さすがにこれは注意するべき」「藤ヶ谷、まじキモい。演奏中に邪魔するし、女子高生がアラサーの男に髪触られてうれしいはずない。犯罪だろ」と、「バッシング」が相次いでいます。

行為自体が「アウト」だとする人のほか、「コンサート」という「ファン」が集う場においては相応しくないとする「ファン」もいるようです。「その場のノリだとしても、ファンはそんなの見たくなかったと思う。ファンのことを一番に思ってるんだったら、あんなことしちゃダメ」「藤ヶ谷さんが髪を触るのを見て、落ち込んでる子がいた」「藤ヶ谷ファンが「やめてー!」って叫んでたし、藤ヶ谷ファン以外からも罵声が出てた」という声も上がっています。




一方で、「藤ヶ谷くん可愛すぎ。髪触られても表情1つ変えず演奏した女の子に拍手」「藤ヶ谷くん、女の子にちょっかい出す男の子って感じで最高だった」と喜ぶ反応や、「子どもの頭をポンポンするような感覚なんだよ」「藤ヶ谷くんに悪気はないんだからいいじゃん!」と、特に騒ぎ立てず楽観視する声もわずかに出ていました。

「藤ヶ谷大輔」がどんな意図で髪に触れたのかは不明ですし、事前に生徒と打ち合わせしていたのかもわかりませんが、「翌16日」の公演では、女子生徒のいた場所が男子生徒に代わっていたそうです。「ポニーテールJKがいたところが、今日は男子に変わってた。たまたま?」「藤ヶ谷くん、今日は男子の肩を何回もポンポンしてた」という「レポート」があり、「2日目」は別の生徒と「コミュニケーション」を図っていたようです。

「Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2019 FREE HUGS!」は「6月22日・23日」の「福岡 ヤフオク!ドーム公演」後、「7月12日~14日」の「京セラドーム大阪公演」で「ファイナル」を迎えます。残る「2カ所」でも高校生との「コラボ」を行うとみられますが、くれぐれも生徒たちへの対応には気をつけてほしいものですね。

「ファン」から見れば「藤ヶ谷大輔」の行為に対し少なからずの嫉妬心が見え隠れしているようにも思えますよね。



濱田崇裕&小瀧望★くっきーにド突き回すぞ★大激怒された訳

こんばんは。
今日は「濱田崇裕&小瀧望★くっきーにド突き回すぞ★大激怒された訳」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の冠番組「エージェントWEST!」「朝日放送」が、「6月15日深夜」に放送されました。「ゲスト」のささやかな願いを叶えるため、「ジャニーズWEST」が「ロケ」を行いますが、「ゲスト」がその「ロケVTR」を見るには、「メンバー」から質問される「お題」にすべて答えなければならないという番組内容です。




今回は、お笑い芸人の「野性爆弾・くっきー」を「ゲスト」に迎えて「トーク」を展開しました。「くっきー」のささやかな願いは、「昔、車にイタズラをした友人に、イタズラしたのが自分「くっきー」か気づいているか確かめたい」というものでした。

「メンバー」からのお題に答えていくうちに、「くっきー」が意外と几帳面な性格であることや、「インスタグラム」の「フォロワーランキング」を頻繁に「チェック」していることが明らかになり大盛り上がりします。そんな中、「ナマモノ・海外の食事・ホメられること」が苦手だとわかると、「中間淳太」から「今後、絶対ホメられることが増えてくるから、今のうちに克服しておいたほうがいいのでは?」という提案が。そこで、「ジャニーズWESTメンバー」が、「くっきー」の長所を挙げていくことになりました。

ですが、一番手の「濱田崇裕」が「ぽっちゃり」と言ってしまい、早々に「ストップ」します。全員から「ふざけんなよ!」「普通でええねん」「全然ホメ言葉ちゃうから!」と「総ツッコミ」が入り、仕切り直しになります。ですが、「濱田崇裕」はまたしても「剃り込み」と「ホメ言葉」とは思えない発言で、「ないんか? 俺をホメるとこないねんな!?」と「くっきー」を怒らせてしまいました。




今度は順番を変え、「小瀧望」から始まり「濱田崇裕」で終わる流れで「スタート」します。次々と「くっきー」への「ホメ言葉」が続いたものの、最後の「濱田崇裕」が「毛深い」と発言し、度重なる失礼な姿勢に、「弱小事務所やったらド突き回しとったど!ジャニーズさんでよかったな!ジャニーズさんだから生きてられんだぞお前!」と「くっきー」は激怒したのでした。

今回の放送に「ファン」からは、「濱ちゃんの天然は度が過ぎてる!死ぬほど爆笑した~!」「天然なの?計算なの?濱田さんの可能性未知数だわ!」「あのくっきーさんを怒らせるとは ある意味天才な濱ちゃん」との感想が寄せられており、天然ぶりで騒がせた「濱田崇裕」でした。

「くっきー」の長所を見つけるのも一苦労なのかも知れませんね。



櫻井翔★仲宗根泉にツンケンしてる&愛がない★裏の顔を暴露される

こんばんは。
今日は「櫻井翔★仲宗根泉にツンケンしてる&愛がない★裏の顔を暴露される」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「嵐にしやがれ」「日本テレビ系」が「6月15日」に放送されました。この日、「櫻井翔」の「担当コーナー」「隠れ家ARASHI」には、「音楽グループ・HY」の「仲宗根泉」が登場しました。

「嵐」と「HY」は「2010年、12年」に「NHK紅白歌合戦」で共演しています。「櫻井翔」が「「紅白」は緊張しました?」と話を振ると、「仲宗根泉」は「緊張しましたね、やっぱり初めてだったんで。「“生嵐”」って感じで」と、なぜか「嵐」の感想だけを告白します。そして、「実は、「櫻井が」一番顔タイプだったんですよ」と明かし、「櫻井翔」は思わず「何それ?めっちゃうれしいです」と歓喜したのもつかの間、「でも、ツンケンしてるというか 寄せ付けない感じがすごくして」と言われてしまいました。




これに「櫻井翔」は「言い訳させてもらう」と前置きし、「5人の中で比較的、僕がやる役割が一番多いんですよ。そうすると、僕の手元に資料があるから、仲宗根さんが感じたことは、「今年はどんな年でしたか?」「この曲はどんな思い?」って「聞かれると」、「偉そうだなお前!」ってことでしょ?」と、仕事を遂行する上で「“ビジネス的”」な対応になってしまったことが原因だと弁解しました。

ですが「仲宗根泉」は、「偉そうっていうか、愛がない」と「バッサリ」。さらに「その時に、「私が最初に思った櫻井さんじゃないんだ。この人は変わってしまったな」って。ていうことで、私の気持ちは二宮「和也」さんにいくわけですよ」と、「二宮和也」は「一般の人にも手を差し伸べてくれそう」だと思い、「紅白」を機に「“推し”」を変更したと打ち明けました。

さらに「櫻井翔」については、「大変だと思いますよ。嵐というものを背負って、櫻井翔をやらなければならない」と置かれている立場に理解を示しつつ、「応援している側からしたら、もっと櫻井さんのあどけなさとか子どもっぽいところ、もっと「“ニノ感”」を出してほしい」と「アドバイス」したのでした。




その後、「トーク」を進めていくと、「仲宗根泉」が即興で曲作りをしていることが明らかになります。そこで、「嵐」の「ラップパート」を作詞している「櫻井翔」が、「即興ソング」に歌詞を付けることとなりました。「櫻井翔」が「メンバー4人」に対しての思いを「5分間」で歌詞にし、「即興ユニット」「泉翔「せんしょう」」で「やっぱり大好き」を披露しました。

「相葉 彼の周りにはいつも大きな花が咲いた」「松本 松本演出を任せるよ まるごと Yeah」「大野 彼がキャプテン 20年の長い長い航行」「二宮 今年の憧れの人は そう二宮」「やっぱり二宮だけが好き」「櫻井翔はちょっと苦手かな」という歌詞で、はじめて「コラボ」したとは思えない「高クオリティ」の「即興ソング」となっていました。

この日の放送に「ファン」からは、「翔くんの愛の詰まったステキな曲!」「5分で作ってしまうなんてすごい。メンバーへの思いが短い言葉の中にこめられてて感動した」「短時間で出てきた言葉だからこそ、翔さんの思いがグッと詰まってた気がする」という声が集まりました。

「仲宗根泉」が「櫻井翔」を真っ白な気持ちでずっと見ていたからこそ「愛がない感」が見て取れたのかも知れませんね。



二宮和也★道枝駿佑&長尾謙杜★なにわ男子&嫌だったでしょ★尋問の訳

こんばんは。
今日は「二宮和也★道枝駿佑&長尾謙杜★なにわ男子&嫌だったでしょ★尋問の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」の「冠バラエティー」「ニノさん」「日本テレビ系、6月16日」に、「関西ジャニーズJr.内ユニット」「なにわ男子」「道枝駿佑・長尾謙杜、お笑い芸人の平成ノブシコブシ・吉村崇、若槻千夏」が出演しました。

番組冒頭、「二宮和也」は「知ってますか?みなさん。なにわ男子ですよ」と「道枝駿佑・長尾謙杜」を紹介すると、突然「嫌だったでしょ?」と、「グループ名」について質問します。「道枝駿佑」は「最初聞いた時は「お!」と思いましたけど、今となっては定着してきてるんで」といい、「嫌だった」とは答えませんっでした。




「長尾謙杜」が「二宮さんも「“嵐”」って聞いた時、どうでした?」と質問を返すと、「二宮和也」は「嫌だったよ」と即答します。「だって嵐みたいなさ、風体じゃないじゃん?むちゃくちゃ細かったし、「身長が」小さかったし」と、「“嵐”」という言葉から連想される、大きくて力強い「イメージ」からかけ離れた体つきの「メンバー」ばかりだったため、「グループ名」には不満があったと暴露していました。

また今回は、先週放送された「男性ジャニーズファン特集」の延長戦ということで、「Hey!Say!JUMP・知念侑李」が出演した先週放送分から「未公開シーン」を放出しました。「ジャニーズが好きすぎて」という「トークテーマ」の中で、出演者それぞれ、「ジャニーズ」が好きすぎるゆえの変わった行動を明かしました。

「毎日ライブTシャツを着ている」「コンサートの感想文を書く」「担当の誕生日をディズニーでお祝い」「集めたグッズで展示会を開く」などの答えが並ぶ中、「日本テレビ」の「青木源太アナウンサー」は、「メンバーカラー表を作った」と回答しました。




なんでも、「青木源太アナウンサー」は番組内で使われる「“字幕スーパー”」にこだわりがあるそうで、「二宮さんのコメントを「メンバーカラーの」黄色にすると、やっぱりうれしいんですよ。その気持ちがわかるからそうする」と発言します。「ジャニーズグループ」の「メンバーカラー」をまとめた一覧表を作り、「ADさんに配って、「テロップの色、これでお願いします」」と依頼しているのだといいます。また、自身の服装にも共演する「ジャニーズアイドル」の「メンバーカラー」を取り入れていると語った「青木源太アナウンサー」でした。「下着の色を「二宮のメンバーカラー」黄色に」と言って下着を「チラ」見せすると、「二宮和也」は驚いた表情を見せ、「スタジオ」からは拍手が上がっていました。

この放送に「ネット」上では、「なにわ男子に「嫌だったでしょ?」って聞く二宮先輩に爆笑した。いい名前ですよ!」「青木アナのオタクぶりが想像以上だった「笑」」「今度から字幕スーパーの色に注目してみよう!」などの「コメント」が投稿されていました。

「グループ名」を受け入れる気持ちになるまでには相当な時間が必要なのかもしれませんね。