加藤シゲアキ★夜の街をさまよう少女★支援の必要性を指摘

こんばんは。
今日は「加藤シゲアキ★夜の街をさまよう少女★支援の必要性を指摘」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・加藤シゲアキ」と「小山慶一郎」が「MC」を務める「NEWSな2人」「TBS系」です。「11月30日」深夜の回では、「加藤シゲアキ」が夜の繁華街をさまよう少女たちに迫りました。

昨年、警察に家出などで行方不明届けが出された未成年の数は、「約1万7千人」です。さらに家出少女などの未成年が児童買春や犯罪に巻き込まれたのは、「1年間」で「約13万件」にものぼるといいます。夜の街をさまよう行き場のない少女たちです。彼女たちは何を思い、何に悩んでいるのでしょか。

「加藤シゲアキ」が向かったのは、新宿区役所通りにある「ピンク」の「バス」です。「すっごいピンクだ。「あいのり」「フジテレビ系」のラブワゴンじゃないの?」と「加藤シゲアキ」は言いながら、さっそくこの「バス」を運営している「一般社団法人Colabo代表」の「仁藤夢乃さん」に取材します。




この「バス」は、「10代」の女子中高生向けの無料の「カフェ」で、月に「4回」新宿と渋谷で開催しています。家で虐待されたり家に帰れなくて街をさまよう少女たちの居場所をつくりたいと思ってつくられたそうです。無料で化粧品や「コンドーム、生理用品」などを配布しているといいます。そんな「仁藤夢乃さん」も「15、16歳の頃に家出をし、周りに頼れる大人がいなかったため、このようなバスを企画した」と語ります。

そんな中、「カフェ」に来ている女の子に「加藤シゲアキ」が話を聞くと、「中学3年」の女の子は、「そんなに家にも帰りたくない時に、どうしようと思った時に、ここがあるから行こうかなって。昨日おとといと友達の家に泊まってるので、今日は帰ろうかな」と、家に帰りたくないことを告白します。「なんで家帰りたくないのかな?」という「加藤シゲアキ」の問いには「ちょっと」と言葉を濁しました。

また、事情があって家に帰れない場合には、保護する施設「シェルター」も存在しています。「虐待とか性暴力の被害にあったりして、帰るところがない女の子たちが逃げて来られるシェルターになっています。暴力や性売買を斡旋する業者とか加害者の人たちが、被害にあった少女を探して追いかけてくるっていうことがあるので住所などは公開していない」と「仁藤夢乃さん」は話します。

今回、その「シェルター」も「加藤シゲアキ」は取材しました。そこで暮らしている「絵里さん」は、「中1の時に母親が再婚し、義父から虐待を受け、母からも虐待されていた」「中3の時に祖母の家に逃げたが、そこに住んでいたいとこの父親に性的虐待を受けていた」と衝撃の事実を語りました。




「加藤シゲアキ」が「性的虐待ってさ。どういう」と聞きにくい質問をすると、「簡単に言ったら一番最初にやった相手はいとこのパパです。15歳の時」と返答しました。それを聞いた「加藤シゲアキ」はしばし絶句します。その後、彼女は「仁藤夢乃さん」が書いた本と出会い、連絡をとって、ここで暮らすことになったといいます。

そんな「絵里さん」は「一番ここに来ていいなと思うことは、ご飯をひとりで食べなくていいこと」と大勢でご飯を食べることがうれしいと話し、「普通にまともな家庭を持ちたい」と将来の展望も語っていました。

取材を終えた「加藤シゲアキ」は、「家出をしているような女の子たちと話して、どこにでもいる純粋で素朴ないい子って感じだし、一見するとすごく素敵な家庭で育っていそうな子たちばかり。だから近くにいても気付けないんだなとも思ったし。そこに気付けていない自分もショックでしたけど、それだけの子たちがいるんだったら、もっと支援の活動や場所や人が増えていく必要があるなっていうのは感じました」と支援の必要性を指摘しました。

「SNS」上では、「若者に話しかけるシゲちゃん 本当に優しい話し方だったなぁ」「なんか無料提供に「生理用品」はわかるけど「コンドーム」ってまだ引っかかってる」などの声が集まっていました。

支援するといってもなかなか実態が掴めていない今の状況では現実的に難しい状況でしょうね。



山下智久★UNLEASHED★2位スタート★テミンと僅差で両ファン激闘

こんにちは。
今日は「山下智久★UNLEASHED★2位スタート★テミンと僅差で両ファン激闘」の事をお伝えしたいと思います。

「山下智久」の「約4年」ぶり「通算5枚目」となる「オリジナルアルバム」「UNLEASHED」が「リリース」され、「11月27日付」の「オリコンデイリーアルバムランキング」で初登場「2位」を獲得しました。首位は「K-POPグループ・SHINee」の「テミン」による「1stアルバム」「TAEMIN」が獲得し、「山下智久ファン」は週間での「1位」を目指して購買運動に勤しんでいるといいます。

「山下智久」、「テミン」ともに「28日」の同日発売となった今作です。「山下智久」は「通常盤、初回生産限定FEEL盤、初回生産限定LOVE盤」の「3種」を展開し、「テミン」も「通常盤、初回生産限定盤、FC限定盤」と同じく「3種」の「リリース」で、初日の「27日」は「テミン」が「5万5,639枚」を売り上げて「1位」に輝き、「山下智久」は「5万2,276枚」と、「3,363枚差」で「2位スタート」でした。




「山下智久」は「ワーナーミュージック・ジャパン」から「2016年1月」に「ベストアルバム」「YAMA-P」を「リリース」後、「ソニー・ミュージックレーベルズ」内の「SMEレコーズ」に移籍しました。「同レベール第1弾」となる「ニューアルバム」は、「YAMA-P」の初週記録「5.0万枚」を「1日」で上回ったことになります。最近の「山下智久」は俳優業が活発で、昨年「7月期」の「月9ドラマ」「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 3rd season」「フジテレビ系」は平均「14.6%」「ビデオリサーチ調べ、関東地区」と高視聴率を獲り、今夏に公開された「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」も興行収入「90億円」超えの「大ヒット」なりました。これらがきっかけとなり、「ファン」が増加したのかもしれません。

初日は「2位」となった「山下智久」ですが、「翌28日付」の「オリコンデイリーアルバムランキング」は「1位」を「ゲット」しました。売り上げは「1万1,905枚」で、「2日間」で「計6万4,181枚」となりました。一方、「テミン」は「大幅ランクダウン」の「9位」に。「テミン」の「2日目」の売り上げ枚数は不明ながら、合計枚数は「6万前後」とみられています。なお、「オリコン」ではなく「SoundScan Japan」の「データ」を使用した「Billboard JAPAN」の集計「26~28日」によれば、「1位」は「UNLEASHED」「6万1,396枚」で、「2位」は「TAEMIN」「6万954枚」でした。「2作」の差はわずか「442枚」だと発表しています。

そんな中、「テミンサイド」は「29日」に「公式サイト」で「緊急イベント」の開催を告知しました。「TAEMIN×TOWER RECORDS企画 – TAEMIN DAY – 急遽開催決定!」というもので、「12月1日」と「2日」に「タワーレコード」の対象店舗にて「TAEMIN」を購入した人に、限定特典の「クリアファイル」を「プレゼント」するといいます。この実施を受けて、「テミンファン」は「クリアファイルの配布をするってことは、追加で買えってことね!」「山Pに負けないように週末頑張らないと」と意気込んでいます。




「テミン」が所属する「SHINee」といえば、昨年「12月」に「メンバー」の「ジョンヒョン」が自殺し、「ファン」は深い悲しみに包まれました。こうした背景もあり、「ファン」は「テミンからもらった愛を返したい」と「週間1位」を「プレゼント」したいと考えているようです。「山Pとのデッドヒートになってる。ジャニオタ強いけど頑張ろう」「山Pの追い上げ枚数がすごい。このペースでいったら追いつけないかも。シャヲル「SHINeeファン」頑張りどきですよ」と奮起し、「Twitter」などで「ハッシュタグ」「#追いテミン」を合言葉に盛り上がっているようです。

さらに、「追いテミン」の動きを察知した「山下智久ファン」も、「#追いテミンってタグで向こうも頑張ってるみたい。山Pの「UNLEASHED」が「1位」を獲れますように!」と、闘志を燃やしています。週明けに公表される「週間ランキング」では、どちらが「トップ」に立つのでしょうか。

「山下智久」の「4年」ぶりの「オリジナルアルバム」発売に「山下智久ファン」も内に秘めていた熱い気持ちが噴出しているようですね。



岸優太★サバイバル企画★最後の最後で特売品のステーキ肉★師匠に呆れる

こんばんは。
今日は「岸優太★サバイバル企画★最後の最後で特売品のステーキ肉★師匠に呆れる」の事をお伝えしたいと思います。

朝の情報番組「ZIP!」「日本テレビ系」内の「King&Prince」の「冠コーナー」「弟子入り~DESHIIRI」です。「11月26日」から「30日」は、先週に引き続き「岸優太」と「岩橋玄樹」が、「“生命力”」と「“危機回避能力”」を身に着けるべく師匠の下で「サバイバルキャンプ」の極意を学びました。

今回は、難易度の高い「“弓きり式火おこし”」に挑戦した「2人」です。協力して火を起こしていくと、すぐに火種はつくものの炎を燃やすことはできませんでした。「岩橋玄樹」が「吐きそう~!」というほど、とにかく体力がいる作業のようで、時間の経過とともに体力は消耗します。その苦労は、木にあいた穴の数を見れば一目瞭然ですが、師匠の協力を得て「30分」かけてやっと火を起こすことに成功したのでした。




その後は、山奥に食料を調達しに行くということで「鮎とか?」「岸」「お肉とか?」「岩橋」と、期待を募らせる「2人」でしたが、師匠は「草だね!」ときっぱり。なんでも、都会でも見つけることができる野草は「サバイバル」に適している食材なのだといいます。早速見つけた「タンポポ」の葉っぱを食べる「岩橋玄樹」だったのですが「葉っぱだもん 苦い」と味は微妙な様子です。ですが、「ビタミン・ミネラル」は市販の野菜と比べものにならないほど入っているという情報を聞いた「2人」は、師匠が選別した野草を生のまま「パクパク」と食べ始め、「ファン」は「りす「岸」とうさぎ「岩橋」なのかな?」「野草食べるいわち、もうただのうさぎ」「めっちゃ可愛いやん。何この2匹の小動物」と反応したのでした。

さらに水を調達した後は、竹を鍋代わりにして「“野草しゃぶしゃぶ”」をすることになったのですが、意外にもおいしかったようで「うまっ!」「タンポポの味消してくれるね「笑」」などと「2人」は感激しました。

すると、ご褒美があるといって師匠が取り出したのは、まさかの「スーパー」で買ってきた「“特売品のステーキ肉”」でした。今回は「道具を何も使わないサバイバルキャンプ」が「コンセプト」だっただけに「買ってきました」と堂々と宣言する師匠に「岸優太」は「バリバリ買ってきてるじゃないですか!最後の最後で」と呆れた顔でした。




ですが、それをお手製の竹網と炭で「サバイバルBBQ風」に調理すると、「ワイルド」に手づかみで肉にかぶりついた「2人」は「うわぁぁ!」「岸」「のわぁ! うまいっ!」「岩橋」とおいしさに雄叫びをあげたのでした。

最後には「マジで今日は楽しかった」「岸」「ほんとに」「岩橋」と楽しい「ロケ」だったことを振り返るも、師匠から「じゃぁ来週は無人島に行っちゃいます?」と提案されると「無人島はちょっと 厳しすぎるかな」と「岩橋玄樹」。「ファン」からは「無人島編も見てみたい」「無人島企画やってほしい!」「無人島編やりましょう!」といった声が多数上がっていただけに、ぜひ続編も期待したいですね。

厳しい中にも師匠の優しさが「2人」の心を掴んだようですね。



嵐★そんな日が来るとも思ってなかった★8時だJ★ヒロミが語る滝沢秀明への思い

こんばんは。
今日は「嵐★そんな日が来るとも思ってなかった★8時だJ★ヒロミが語る滝沢秀明への思い」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐」の冠番組「VS嵐」「フジテレビ系」が「11月29日」に放送されました。この日、「嵐」だけの「オープニングトーク」では、今月「26日」が「大野智」の誕生日だったということで、恒例となっているお母さんへの「メッセージ」を今年もまた贈ることになりました。毎年、「お母さん「”いつも”」産んでくれてありがとう」と拍子抜けの「メッセージ」で「スタジオ」や視聴者を湧かせてきた「大野智」ですが、今年はなんと「お母さん産んでくれて「”いつも”」ありがとう」と正しい位置になったようです。これには「スタジオ」からも歓声が上がっていました。

その後登場したのは、対戦相手の「お笑いコンビ・NON STYLE」率いる「井上軍団」と「プラスワンゲスト」の「ヒロミ」でした。「ヒロミ」は冒頭から「俺入っちゃったら完全な嵐。初期メンバーだから」と飛ばしまくりでした。というのも、「ヒロミ」は「1998年~99年」まで放送されていた「ジャニーズJr.」の番組「8時だJ」「テレビ朝日系」の「MC」として活躍し、「ジャニーズJr.」黄金期を支えた功労者の「1人」です。この番組には「嵐」のほか、「滝沢秀明」らも出演していましたが、この日の「トーク」の中で実は「大野智」が出演していなかったという意外な事実が判明しました。「メンバー」からも驚きの声が上がっていました。




また、「ヒロミ軍団」の「滝沢秀明」が年内で引退することについては「滝沢プロデュースでなんかできないかな。正式にジャニーズに入れる」とおふざけも。「二宮和也」から「ヒロミさんが入ったら同期が小学生」と、「Jr.」から「スタート」するように言われ、笑いを誘っていました。

年内で芸能界を引退することを発表している「滝沢秀明」ですが、「ヒロミ」と「滝沢秀明」といえば、「バラエティ番組」「有吉ゼミ」「日本テレビ系」内の「リフォーム企画」でたびたび共演しています。「滝沢秀明」は数々の「リフォーム」を手掛けてきた「ヒロミ」の愛弟子として、「ヒロミ」を「棟梁」と呼んで慕っていましたが、「ヒロミ」は「滝沢秀明」の引退について「ビックリしましたよ。発表のちょっと前に連絡来たんですけど、「えーっ」とは思ったけど、「「滝沢」ぽいな」とも思った。「アイツらしいな」とは感じました」と語っていました。

「Jr.」の黄金期を「リーダー」としてまとめてきた「滝沢秀明」です。「松本潤」は「寂しさもありますけどね。ずっと一緒にやってたから。そんな日が来るとも思ってなかったし」と心境を吐露しました。「僕らに関していえばその話が発表になってから会ってないので、仕事もしたいし、会いたいかな」と「滝沢秀明」への思いを告白しました。「ヒロミ」もまだ会っていないことを明かすと、「二宮和也」が「会いたいけど会えない。ツチノコみたい」と笑わせ、しんみりとした「トーク」の「オチ」を作っていました。




視聴者からは「嵐もヒロミさんもタッキー会えてないのか やっぱり寂しいね」「いよいよ迫ってきたんだなって感じでちょっと悲しくなった」「タッキーも寂しくなるからみんなに会わないのかな?」といった声が集まっていました。

いよいよ迫ってきた「滝沢秀明」の芸能界引退です。「ファン」はもとより、「嵐」や「ヒロミ」も悲しみを抱えていたようです。

「滝沢秀明」の人望が「ファン」は元より視聴者にも伝わってくる良い放送になったようですね。



Love-tune★まもなく解散発表★メンバー全員退所決定

こんばんは。
今日は「Love-tune★まもなく解散発表★メンバー全員退所決定」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズJr.ユニット・Love‐tune」が、近く解散を発表することがわかりました。「Jr.ユニット」や「メンバー」に関して、「解散・退所」などが正式発表される「ケース」はこれまでほぼないに等しかったのですが、人気や「ファン」への影響に鑑み、公表することとなったようです。

「Love‐tune」は、「安井謙太郎、真田佑馬、森田美勇人、諸星翔希、萩谷慧悟、阿部顕嵐、長妻怜央」からなる「7人組アイドルユニット」です。「ダンス」と歌だけでなく、「ジャニーズ事務所」では数少ない本格的な「バンドスタイル」が注目を集めています。




「デビュー前」ながら、単独で「横浜アリーナ」を満席にするなど、「デビュー組」に並ぶ人気を誇る「ユニット」です。ですが、不穏な空気が漂い始めたのは今年「3月頃」でした。当時「YouTube」に新設された「ジャニーズJr. チャンネル」に、有力な「Jr.ユニット」が数々参加する一方、「Love‐tune」は「興味を示さなかったため不参加」と、「一部スポーツ紙」で報じられました。そしてその後、毎回出演していた「ザ少年倶楽部」「NHK BSプレミアム」や、「月刊アイドル誌」からも姿を消すことになりました。さらに、「メンバー」の肩書が「Love‐tune」から「ジャニーズJr.」に変更されるなど、「ファン」の間でも「何かが起こっているのでは?」と話題になっていました。

「Love‐tune」について、「メンバー」が「ジャニーズサイド」との専属契約に「サイン」しなかったのではないかと報じています。現在も、「Jr.」の「公式ファンクラブ」「ジャニーズジュニア情報局」の「公式サイト」に名前こそ残っているものの、「ユニット」としての活動は実質開店休業の状態となっています。

そしてこの度、「Love‐tune」は解散し、「メンバー全員、退所」することになったようです。




発表後まもなく退所する「メンバー」もいれば、個人仕事の契約上の都合から、しばらくは「ジャニーズ」に籍だけ置く状態の「メンバー」もいるようです。「安井謙太郎」は、「HiHi Jets・高橋優斗」と「ラジオレギュラー」「らじらー!サタデー!」「NHKラジオ第1」の「パーソナリティ」を務めていますし、「森田美勇人」とともに先日公開した映画「ニート・ニート・ニート」に出演しているため、退所時期に何らかの影響はあるかもしれません。ですが、遅くとも来年春には、全員が「“元ジャニーズ”」となっているようです。

果たして「7人」は、今後どのような道を歩んでいくのでしょうか。

「Love-tuneファン」にとっては最悪の事態は今時点で避けられない状況のようですね。



中島健人★8万人握手会再現★ファンからまさに神対応★喜びの声

こんにちは。
今日は「中島健人★8万人握手会再現★ファンからまさに神対応★喜びの声」の事をお伝えしたいと思います。

「Sexy Zone」の「中島健人」が「レギュラー出演」している「ぐるぐるナインティナイン」「日本テレビ系」内の「コーナー」「ゴチになります!」が「11月29日」に放送されました。「中島健人」の順位は現在「4位」、残念ながら「クビ候補」ということもあり、「ファン」は絶対見逃せない緊迫の戦いとなりました。




この日の「ゲスト」は「長嶋一茂」でした。初っ端から「負けたら江角マキコに借ります」と爆弾発言をぶっこんでおり、波乱の匂いが。それにつられたのか「中島健人」の最初の「オーダー」は「茸のリゾット・カルボナーラ アルバ産白トリュフ添え」で金額「1万600円」に対し、予想金額「7,200円」と今後が危ぶまれる「スタート」となってしまいました。

そんな「中島健人」ですが、「人よりセンスがあると思うことは?」と「トーク」を振られ、「握手会のセンス」と堂々発言します。「Sexy Zone」が「デビュー」した際には「1日」に「8万人」と握手したことがあったといい、「来ていただいているので、感謝の気持ちを伝えなければならない」と一人ひとりに向き合ってきちんと対応していたことを告白しました。実際、「渡辺直美」が「ファン役」になって握手会を再現することになったのですが、「え〜ヤバい!超好き!」「握手してほしいな」とはしゃぐ「渡辺直美」に対し「中島健人」は「いいよ」と両手で「渡辺直美」と握手します。そして「ハンカチ落としてるよ」と声を掛け、思わず下を向きかけた「渡辺直美」に「どこ見てるんだよ」と「“顎クイ”」。そして目を見つめ、「落としていいのは恋だけだ」と囁くと、「渡辺直美」は「Fuuuuu!」と大興奮しました。これには「ファン」からも、「まさに神対応!」「こんなこと言われたい」「本当にアイドルの鑑だね」といった声が集まっていました。

さらに、「中島健人」は「8万人」、一人ひとりに違う対応をしていたといい、「絶対に被ることはない」と豪語したために、今度は「長嶋一茂」が握手会体験をすることになしました。下を向いて「モジモジ」する「長嶋一茂」に「中島健人」は「どうしたの?ちゃんと顔見てよ」と優しく声掛けます。「今日も来てくれてありがとうね」と手を差し出すも逃げる「長嶋一茂」に、「中島健人」は「上見て。今日もきれいだね」と空を見上げるように指差し、思わずそちらの方を見た「長嶋一茂」に、なぜか「中島健人」はおんぶ「!」。「中島健人」を背負った「長嶋一茂」がそのまま退場するというお持ち帰り対応「?」も見せていました。




最初こそつまずいたものの、その後持ち直した「中島健人」は、設定金額「3万円」に対し、「オーダー金額」「3万6,400円」と見事「3位」で抜け出すことに成功しました。最下位は「長嶋一茂」だったため、順位変動こそなかったものの、今後が期待できる結果となっていました。

視聴者からは「3位おめでとう!」「順位に変動がなかったのは残念だったけど、次は変わるかな!」「ビリじゃなくてよかった。また来年も見られますように」といった声が集まっていました。果たして次回以降、「中島健人」が逆転することはできるでしょうか。注目が集まります。

できそうでできないのが「神対応」ですよね。「中島健人」の「ファン」に対する気持ちが「デビュー」から今まで変わっていないことが良く分かりますよね。



櫻井翔★母からメールが来なくなったワケ★お母様エピ最高★ファン歓喜

こんにちは。
今日は「櫻井翔★母からメールが来なくなったワケ★お母様エピ最高★ファン歓喜」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・櫻井翔」と「有吉弘行」が、今話題の芸能人や有名人の素顔と本音に迫る「櫻井・有吉THE夜会」「TBS系」です。「11月29日」の放送回には、「三浦友和」と「山口百恵」の長男で「シンガーソングライター」の「三浦祐太朗」が「ゲスト」として登場しました。家族の出演する番組は必ず「チェック」しているという「三浦祐太朗」の話から発展し、「櫻井翔」に届いたという櫻井母との「メール内容」も明らかにされました。

家族仲が良いという三浦家は、父も弟「三浦貴大」も俳優という芸能一家です。そのため、家族の出演作は「チェック」し合っているといい、今回の放送も絶対に家族は見ているようです。特に、父の「三浦友和」は「三浦祐太朗」が「週2回担当」している「レギュラー」の「ラジオ番組」「キラメキ ミュージック スター」「FM NACK5」の「ヘビーリスナー」でもあるそうです。そのため、素が出て「下ネタ」を言ってしまったときは「聞いてると思うと恥ずかしい」と語っていました。




すると、「有吉弘行」は「櫻井くんとかはどうなの?「家族は」ちゃんとチェックしてくれてるの?」と質問しました。これに「いや、わかんなくなっちゃったんですよね」と答えましたが、どうやらその原因は「櫻井翔」にあるようです。

「あの「NEWS ZERO」「日本テレビ系」って生放送じゃないですか。で、終わって12時くらいで楽屋に戻って携帯見るじゃないですか。そうすると母から「今日はちょっと噛みましたね」ってメールが。で、「はぁ~!?」って「イラついた」ところまでの話をテレビでしてから、連絡が途絶えました」と、まさかの母からの連絡がなくなったと暴露しました。

これには「有吉弘行」も爆笑し「気遣っちゃうよね」と「コメント」しました。一方、これまで何度も「櫻井翔」は母との「エピソード」を披露してきており、「ファン」の間では「厳しい」だけではなく「面白い母」「母が出てくると何かが起きる」と認識されているだけに、今回も「思わぬところで櫻井ママのエピ最高!」「櫻井ママ!もうほんと好き~「笑」」「翔くんのお母様エピはいつも最高です」「櫻井母のファンです!」など、「ファン」からは大きな反響を集めていました。




また、番組後半では「三浦祐太朗」に人生初の「ドッキリ」を敢行しました。幼少期時代、父親と交流のあった「坂上忍」と会ったことがあるものの、芸能界入りしていからは一度もない「三浦祐太朗」が、この機会に挨拶に行くというものでした。しかし実は、「坂上忍」は仕掛け人で「撮影なんてきいてない!」と怒り出す展開が用意されています。「三浦祐太朗」は、幼少期に弟が「坂上忍」に怒られたのを見てから、「“怖い人”」という印象が残っているといいます。

そんな「三浦祐太朗」に「ドッキリ」を仕掛けたことで、視聴者からは「逆切れとか怒り系のドッキリは見ててつらい」「こういうドッキリ好きじゃない」「パワハラみたいで、ほんと嫌。もっと笑えるやつにして」「くだらない。イジメの助長」など批判的な「コメント」が多く上がる事態になりました。

「櫻井翔」も「ドッキリ」にかけられている「三浦祐太朗」の姿を心配そうに見つめていましたが、共演者も心配する「ドッキリ」をする意味が果たしてどこにあるのでしょうか。櫻井母との「エピソード」のように、厳しい中にも愛情や「クスっ」と笑えるものを提供してほしいものですね。

「ファン」や視聴者が楽しく笑える「トーク」や企画なら見てて幸せな気持ちになりますが「パワハラ系」の企画は受け入れがたいでしょうね。



松島聡★休養発表当日のラジオ★声聞いたらホッとした&楽になった

こんにちは。
今日は「松島聡★休養発表当日のラジオ★声聞いたらホッとした&楽になった」の事をお伝えしたいと思います。

「11月28日」に「パニック障害」の突発的な発作による体調不良のため、一時的な活動休止を発表した「Sexy Zone」の「松島聡」です。前日の「27日」は「ヒルナンデス!」「日本テレビ系」の「グルメロケ」に参加したり、「幸せ!ボンビーガール」ではお笑い芸人の「サンシャイン池崎」に扮した「“サンシャイン松島”」の姿を見せていたりと、いつも以上に精力的に活動していたため、突然の発表に「ネット」には「昨日まで元気な聡ちゃんがテレビに映ってたから余計つらい」「昨日ボンビーガールたまたま見て、さすが聡ちゃんだなって笑って見てたから驚きだよ」など、戸惑いと悲しみが入り混じった声が多く寄せられていました。

そんな中で、「Sexy Zone」の「ラジオ番組」「Sexy ZoneのQrzone」「文化放送」の「11月26~29日」までの「パーソナリティ」を「菊池風磨」とともに担当していた「松島聡」です。収録番組のため、今回の放送で「パニック障害」について言及することはありませんでしたが、活動休止を発表した「28日放送」も、いつも通りの「松島聡」の声が「ラジオ」から流れてきたため放送直後には「通常モードのラジオ聞いたら、ちょっと楽になった」「活動休止って聞いてなんか緊張したけど、聡ちゃんの声聞いたらなんかホッとした」と、少し冷静になれたという「ファン」の声も多く上がっていました。




そして、今週前半の「ラジオ」では「今期ドラマ」について熱く語っていた「2人」でした。「菊池風磨」は、「今期ドラマ」はほとんど見ているようですが、特に原作漫画「小学館」を「俺のバイブル!」と語るほど「ファン」だという「今日から俺は!!」は、「ドラマ版」の方も何回も見返すほど「ハマ」っているといいます。「松島聡」からも「ドラマが決まる前から風磨くんずっと言ってたじゃん。僕の辞書の中では、風磨くんは「愛のむきだし」「2009」か「今日から俺は!!」なの」と言われるほど、「ガチ」の「ファン」であるようです。

また、「有村架純」が主演を務めている「中学聖日記」「TBS系」も見ているという「菊池風磨」は「ヤッベェからまじで!くそエモイ!」「ロケで撮ってるから結構自然とかが綺麗で画がすっごい綺麗。で、有村架純ちゃんのラインが出るの、体の衣装の。フェロモンがすごいんだよ」と「コメント」しています。「見た方がいいよ!」と「松島聡」に勧めていたのでした。

そんな「松島聡」は、芸能界の「タブー」を暴いていく「ブラックスキャンダル」「日本テレビ系」を見ているようです。「面白い。なんか同じタレントだからこそなのかもしれない、面白さは」と語っていました。さらに最終日の「29日放送」では、「生パスタ専門店」の「ポポラマーマ」について熱く語り、店名を連呼していた「菊池風磨」でした。これで「ポポラマーマ」を検索した「ファン」が続出したのか、あるいはまったく無関係かは不明ながら、同社の「HP」に「アクセス」が集中し、「システム」が「ダウン」する事態が発生したようです。同社は、「HP」で「2018年11月29日夜半から30日にかけて、一時的に弊社ホームページへのアクセスが集中したことからサーバー障害が発生し、ご覧いただけない状態になっておりました」と説明する展開となりました。




一方、静岡出身の「松島聡」は地元の「さわやか」という「ファミリーレストラン」の「チーズハンバーグ」が好きだと発言しました。「Sexy Zoneで「静岡に」ツアーに行ったら「みんなで」行きたいな」と話していたのでした。

終始、通常通りの放送であったため突然の発表で戸惑っていた「ファン」もいつの間にか安心して聞いていたようです。休養中はゆっくり心も体も休めてほしいと願うばかりですね。

形はどうであれ「ファン」に元気な声が届いたようで「松島聡」も安心して治療に専念して欲しいですよね。



松島聡★パニック障害の発表前日の姿★渡部建のツッコみにグサッときた

こんばんは。
今日は「松島聡★パニック障害の発表前日の姿★渡部建のツッコみにグサッときた」の事をお伝えしたいと思います。

「Sexy Zone」の「松島聡」が、体調不良により一定期間の療養に入っていることが明らかになりました。「11月28日」、「ジャニーズ事務所」は「公式サイト・Johnny’s net」などで体調不良の原因は「パニック障害による突発的な発作によるものと診断されております」と報告し、「松島聡」の「直筆メッセージ」を掲載しました。最近、「バラエティ番組」でも活躍の場を広げていた「松島聡」の休養に、「ファン」は多大な「ショック」を受けています。

「公式携帯サイト・Johnny’s web」の個人連載「SO GOOD DAY」を頻繁に更新し、「ファン」思いな性格で知られている「松島聡」です。ですが「11月23日」以降、更新の動きがなかったため、「26日頃」には「一部ファン」から「体調不良ではないか」と不安の声が上がっていました。そんな中、「28日」「午後3時台」に「スポーツ紙」の「WEB版」などが「ジャニーズサイド」の発表を伝え、「Sexy Zoneメンバー」は「4人」で同日夜の「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2018」「日本テレビ系」に出演しました。「グループ」を代表して「菊池風磨」が「ファンの方々も本当に驚かれたかと思います。今は心からゆっくり休んでほしいなというのが僕たちの思いです。僕たちも目の前のことに精いっぱい向き合っていきたいと思っております」と、語りました。




「松島聡」は「ファン」の間で「“天然のおバカキャラ”」として知られていますが、何事にもがむしゃらに取り組むところが魅力です。今回発表された本人の「直筆コメント」によれば、「1年」ほど前に体調を崩し始め、「1カ月前」から不調がひどくなっていたようです。医師の診断結果は「突発性パニック障害」だそうで、「自分のこの状況に正直大変戸惑いショックを受けております」と、治療と静養に専念することをお詫びしていました。「翌29日付」の「日刊スポーツ」によれば、「24日」に症状が現れ、病院に行った際に病名を告げられたようです。「Sexy Zone」は今夏の「24時間テレビ41 愛は地球を救う」の「メインパーソナリティー」に抜てきされ、「松島聡」は「チャリティーTシャツ」の「一部デザイン」を担当しました。「ハードスケジュール」と大舞台の「プレッシャー」で緊張の日々が続いていたのかもしれません。

最近は「バラエティ」にも進出しており、「幸せ!ボンビーガール」では、「お笑いタレント・サンシャイン池崎」と組んだ「“サンシャイン松島”」が大きな話題になりました。さらに、休養発表の前日に放送された「情報バラエティ」「ヒルナンデス!」でも、「メンバー」の「佐藤勝利」とともに「東京・豊洲市場」の「絶品グルメ食べ尽くし」「ロケ」に参加しています。ですが、この放送に傷ついた「ファン」も少なくないようです。

「ヒルナンデス!」では、「佐藤勝利」と「松島聡」に共演の「アンジャッシュ・渡部建」が「今日はね、ビシビシ、ロケの厳しさを教えながら」と宣言しました。実際、「渡部建」」は「食レポ」で「ダメ出し」したり、唐突に「松島聡」が「志村けん」の「モノマネ」で「プリンもいいよな~」と感想を述べたときには、「ホント、ハート強いね~。もしかしてもう芸能界やめようとしてる?」と「ツッコ」んだりしてました。「ロケ」は終始、「松島聡」らしい自由奔放な振る舞いが見られましたが、最後に「手応えどうだった?」と聞かれた「松島聡」が、「より心がオープンになりましたね」と答えると、またも「渡部建」は「今日で?もうちょっと閉じた方がいいよ。人に迷惑かけるから」と辛らつな一言を浴びせていました。




休養発表で、この内容を思い出した「ファン」からは「渡部に「芸能界やめようとしてる?」とツッコまれてたところ、今見るとつらい」「「芸能界やめようとしてる?」ってウケ狙いなのわかるけど、この現状だと心が痛い」「渡部さんの言葉、グサッときた」といった声が続出しています。

一方で、「中島健人」の「WEB連載」「Ken Tea Time」の意味深な一言にも「ファン」の関心が集まっています。「26日更新分」で、「中島健人」が唐突に「おれが治すよ」と書いたことから、「ケンティーが「おれが治すよ」って言ってる。メンバー愛がスゴい」などと男気に感激していました。その「中島健人」は「29日」にも同連載に「少しでも早く彼が元気になることを祈りながら しっかり目の前のことに 丁寧に取り組んでいきたい」と、決意を綴っています。

年末の歌番組は「4人」で出演し、大みそかの「NHK紅白歌合戦」も「松島聡」抜きで出場する見込みのようです。「松島聡」にはここでゆっくりと休んでもらい、来年中には「5人」揃った姿を再び見せてほしいですね。

今、思えば「渡部建」も「松島聡」の状態を知らないまま「ロケ」をしたのであれば仕方のないことですよね。



松島聡★パニック障害で活動休止★ジャニーズブラック再燃

こんばんは。
今日は「松島聡★パニック障害で活動休止★ジャニーズブラック再燃」の事をお伝えしたいと思います。

「Sexy Zone」の「松島聡」が、「パニック障害」による体調不良で療養することが「11月28日」に発表され、現在話題となっています。

「1年」ほど前から体調を崩し始め、「1カ月前」から症状が酷くなったという「松島聡」です。病院を受診したところ、「突発性パニック障害」という診断結果を受け、治療に専念するためにも活動休止との判断となったようです。




この件について、「ジャニーズ事務所」は「今は何より仕事を離れて療養し、体調の回復に努めることが最も大切であると医師の診断を受けておりますので、皆様にはご迷惑とご心配をおかけすることになり大変恐縮ではございますが、本人とも確認の上で、治療に専念させていただきたく存じます」と報告。松島も直筆メッセージにて「今は、治療と静養が必要だということなので、一旦活動休止をお知らせする事をお許し下さい」と理解を求め、続けて「愛するファンの皆様、各関係者の皆様、そして家族のようなメンバー、本当に本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」「皆様の応援に心から感謝申し上げると共に、これからのSexy Zoneの応援を引き続き宜しくお願い致します」と記しました。

この発表に「ネット」は、先日の「King&Prince」の「岩橋玄樹」に続き「びっくり!」との反応があったようです。また、「今はゆっくり休んでほしい」との声援が「ファン」内外から聞こえている状況です。

心配との声ばかりが聞こえていますが、中には「パニック障害になるジャニーズが多すぎる」との指摘も多く聞こえているといいます。




先日の「キンプリ」「岩橋玄樹」のほか、過去には「KinKi Kids」の「堂本剛」も「パニック障害」を患っていたこともありました。この「パニック障害」は真面目な人ほどなりやすい病気です。「ジャニーズ」に多いのは、「SNS」などでいろいろと悪口を言われても、反論できずに我慢するしかないからだと思います。だからといって事務所は何もしてくれません。「ネット」では「ジャニーズのブラック体質」への疑念が再燃し始めているようです。

昨年、「堂本剛」が突発性難聴を発症した際、「堂本剛」本人が体調不良を訴えるも、仕事をすぐにやめさせず悪化させてしまい「ファン」から相当な批判を浴びた「ジャニーズ」です。そんな苦い経験からか、最近ではすぐに「活動休止・療養」との判断を下すようになりました。「ブラック体質」も少しずつ改善されているとの声も上がっているようです。

「タレント」が立て続けに療養のために活動休止になるのは、極めてまれなことです。改善すべきところは別にあるのかもしれないですね。

「ジャニーズ事務所」の「タレント」への対応の悪さが「ファン」にとっては我慢ならない状況になっているのは間違いありませんね。