河合郁人★松本潤&初食事会★オシャレ&カーテンが貴族&熱弁

こんばんは。
今日は「河合郁人★松本潤&初食事会★オシャレ&カーテンが貴族&熱弁」の事をお伝えしたいと思います。事をお伝えしたいと思います。

「嵐・松本潤」にあこがれ、「バラエティ番組」などでものまねを披露している「A.B.C-Z」の「河合郁人」です。先日、そんな尊敬する「先輩・松本潤」との食事会が実現し、夢のようなひとときを過ごしたといいます。「4月6日」放送の「ラジオ番組」「A.B.C-Z Go!Go!5」「NACK5」にて、食事会で訪れた店の「ゴージャス」ぶりを自慢したほか、「松本潤」の優しい一面を語りました。

「河合郁人」は「公式携帯サイト・Johnny’s web」の連載「えび☆ブロ」「2月20日更新」で、「この前、潤君とご飯に行きました」と、「ファン」に報告しました。「ジャニーズJr.」「内ユニット・MADE」の「秋山大河」に誘われたことや、「生の松潤「潤君」本当にカッコイイ」などと興奮気味に綴っていました。すると、「A.B.C-Z Go!Go!5」に詳細を求めるお便りが寄せられ、「河合郁人」はあらためて食事会について回想しました。

「1カ月」ほど前に、「秋山大河」と「マッサージ店」へ行った後の出来事だったそうで、「「兄さん、松本潤くんとご飯行きましょう」って言われて。たまに行くんだって、大河は。嵐のライブとかついてるから。バック「ダンサーとして」ついてるから。「行きましょう」って言われて、急に誘われて」と、経緯を話しました。この日は、「松本潤」が指定した焼肉店での食事となったそうですが、




「焼肉って聞いてイメージするじゃん。焼肉屋、こういう感じだ。「ところが店は」もう全然見た目、焼肉屋じゃないのよ。もう、オシャレすぎて。煙も一切出ないし。ニオイもつかないし。なんか不思議なね、まぁ、あんまり詳しく中の造りを言っちゃうと場所もわかっちゃうけど。オシャレ!で、完全個室ではないんだけど、なんかちょっとカーテンとかもさ、貴族が。「“貴族の部屋”」みたいなカーテンで。こういうこと言ったら怒られるけど「笑」」

と、焼肉店がいかに「セレブ仕様」だったかを強調します。大好きな「松本潤」を前に緊張してしまったといい、「秋山大河」に「全然兄さん、しゃべんないじゃないですか」と、驚かれたそうです。「“ジャニーズ大好き”」を公言する「河合郁人」は、「そりゃもう、ジャニーズの先輩と俺、メシ食ったらホントに機能できなくなる。これは、もう誰でも」と、「松本潤」でなくとも気持ちが高まってしまうと心中を明かしました。さらに「松本潤」との会話内容について、

「いろいろライブの話だったり、いろいろお仕事の話したんですけど。ちょうど、「ダウンタウンDX」「日本テレビ系、2月21日放送」の収録の「2日前」だったから。「ふぉ~ゆ~の」「辰巳雄大」と出た時の。一言、「すみません。また松本潤くんのお話をしてしまうんですけど、それは尊敬しているからこそ言ってしまう話なので。お許しください」って言ったら、笑顔で「いいよ」って」

と、「松本潤」の温かい対応を告白します。いつも、番組で「松本潤」に関する「トーク」をした後は「オンエアー」を経て「お前あれ見たぞ」と声を掛けてもらっていたようですが、今回は「先に言っておこう」と思い、「ネタ」にする許可を取った河合。「優しく、ちゃんと「いいよ」って言ってくれたので。それでお話をしました」と、本人の「ゴーサイン」を受けて自信を持ち、「ダウンタウンDX」内で「“松本が真っ黒のサングラスをしている”」といった「エピソード」を披露したといいます。




こうした、お墨付きを得たことも含めて、「河合郁人」は「秋山大河のおかげでできたご飯会だったので。それは、ものスゴいありがたいなと思ってます」と、「秋山大河」への感謝も口にしました。最終的には、「松本潤くんと食べたお肉はオシャレ」とまとめ、「お肉すらオシャレ。全部オシャレ。見たことないもん、あの焼いても縮まない肉。俺食いに行く焼肉屋、やっぱ焼いたら縮むから!」と、自虐的な発言も交えつつ、その場にいない「松本潤」を「ヨイショ」しました。

この日の「パーソナリティ」の一人、「メンバー」の「五関晃一」が「タン、丸まっちゃう?」と聞くと、「「松本と行った店は」丸まんないのよ。さすが、素晴らしいお肉をちゃんとね、知ってる。いいお店を紹介していただきました。松本潤くん、ありがとうございました!」と、「ラジオ」を通じてお礼の言葉を述べていました。

今回は「嵐」と接点のある後輩がつないだ機会でしたが、「河合郁人&松本潤」による「2人」きりの食事会は実現するのでしょうか?続報を楽しみに待ちたいですね。

憧れの先輩との焼肉を過ごした時間は一生忘れられないですよね。



三宅健★ラブレターもらっちゃったし★温泉旅行で渡されたラブレター

こんばんは。
今日は「三宅健★ラブレターもらっちゃったし★温泉旅行で渡されたラブレター」の事をお伝えしたいと思います。

「4月8日」深夜に放送された「ラジオ」「三宅健のラヂオ」「bayfm」では、先週同番組で語られた「市川海老蔵と温泉旅行に行き、誕生日の勸玄くんや麗禾ちゃんにプレゼントを渡す」という話の後日談が報告されました。

「三宅健」と「市川海老蔵」は、先日まで舞台「六本木歌舞伎-第三弾-「羅生門」」で共演しており、先週の放送では、公演の合間を縫って「北海道旅行に行く」と「三宅健」が宣言していました。今回は「リスナー」から、「北海道公演前に温泉に行きましたか?」という質問が届き、「三宅健」は「行きましたよ。温泉に行きました!」と、「市川海老蔵」家族らと「1泊2日」の温泉旅行に行ったことを、うれしそうに明かしました。




「誕生日会みたいなものは、結果的に僕は参加しなかったので、プレゼントだけ渡したんですけど」と、「勸玄くん・麗禾ちゃん」に「誕生日プレゼント」を渡したものの、その場では「2人」の「リアクション」を見ることができなかったようです。ですが、「三宅健」は「麗禾ちゃんからラブレターもらっちゃったし」とうれしそうに語っており、子どもたちからの感謝の気持ちは伝わったようです。

その後、「三宅健」は温泉旅行での思い出について「みんなで温泉に入って、おいしいものを食べて、「“クマ牧場”」って牧場に行って」と語り、「俺も海老蔵さんも「クマ牧場か」ってお互い心の中では思ってたんだけど、子どもたちが「行きたい!」って言うから行って。でも、一番はしゃいでたのは海老蔵さんだった。熊がグゥワァァァァー!とか言ったら、自分もグゥワァァァァー!とか言っちゃったりして」と、「市川海老蔵」のおちゃめな一面を暴露していました。

そんな旅行の中で、「三宅健」は「勸玄くん」や「麗禾ちゃん」ら子どもたちと過ごす時間も楽しんだようです。「なによりも子どもたちが、本当に天使みたいだから。かわいいんですよ」と言いつつ、「みんな自分の部屋に行けばいいのに、俺の部屋で「NARUTO-ナルト-」「テレビ東京」を見てさ。「“襲撃”」に来るんだもん、「なにこの部屋広いー!」「わー!」って走り回ってさ」と語り、元気な子どもたちに部屋を占領されてしまったと苦笑いします。それでも子どもたちを「天使みたい」と表現するとは、「三宅健」は相当子ども好きなのでしょう。




また、「三宅健」は「六本木歌舞伎-第三弾-「羅生門」」の稽古から今日までの日々を振り返り、「まさか家族旅行におじゃまさせていただくなんて、稽古初日からは考えられませんけどね。日を追うごとに徐々に海老蔵さんの懐の大きさ、深さを知り、北海道の家族旅行におじゃまさせていただく仲になれたということで、すごく幸せなことだと思います」と、改めて「市川海老蔵」へ感謝の気持ちを述べていました。

この放送に「ネット」上では、「海老蔵さんと健くん、予想以上に仲良しになってたね。共演できて本当によかった!」「毎日忙しかっただろうけど、ゆっくり旅行できたみたいでこっちまでうれしいな」「子どもに好かれる健くんがかわいい「笑」。一緒に遊んでるところが想像できるわ~」などの「コメント」が投稿されていました。

「三宅健」にも子供が居たら同じように溺愛すること間違いないでしょうね。



松岡昌宏★平成の火野正平発表★平成の近藤正臣★中村倫也&断言

こんばんは。
今日は「松岡昌宏★平成の火野正平発表★平成の近藤正臣★中村倫也&断言」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO・松岡昌宏」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「TOKIO WALKER」「NACK5」です。「4月7日」の放送では、「松岡昌宏」が好きな「俳優・嫌いな俳優」について明かす場面がありました。




時代劇好きで「松岡昌宏」と同い年だという「リスナー」から、「CS時代劇専門チャンネルばかり見ていて、好きな俳優は蟹江敬三さん、本田博太郎さん、火野正平さんなど。そのため同僚と話が合わない」という旨の「メール」が届いた今回の放送です。これを読み上げた「松岡昌宏」は、「言ってることわかりますけどね、僕はね」と同意しながら、名前の挙がった「蟹江敬三」や「本田博太郎」を「ま~、ステキな役者さんですよね!」などと絶賛しました。

さらに「俺の好きなタイプの役者さん」として「火野正平」の名前を挙げ、「火野正平さんみたいに、ちょっと飄々とした中にちゃんと筋が通った芝居できる人って、なかなか少ないなあ、とかって思ってて。まあ、難しいんだよね。そういうアプローチの仕方って」としみじみします。そして、ある俳優を見た時に「うわ~出てきた!平成の火野正平が」と思ったそうです。それは、「3年B組金八先生」「TBS系」や「釣りバカ日誌」「シリーズ」「テレビ東京」などの「人気ドラマ」にも出演する「濱田岳」で、「「すげーな、この子は」っていうのは、子役ちょっと過ぎたくらいにもう思ったね」と、以前から目をつけていたと明かしました。

さらに「松岡昌宏」は「俺、ここんとこ、ずーっと、ある俳優さんを見ててね。カッコいいなあ、カッコいいなあって思う人がいて。「うわっ、平成の近藤正臣が現れた」みたいな」と話し、その俳優が「ブレーク中」の「中村倫也」であることを告白します。「中村倫也」について、「自分より年下ですけども、もういかに、歳なんていうのは関係ないかっていうのがわかるね~」と「ベタ褒め」しながら、「彼、カッコいいよね。あの流し目カッコいいよね。俺、彼にあの役やってもらいたいな 土方歳三!すげえ似合うと思うよ」と熱弁しました。




さらに「松岡昌宏」は、自分の好きなタイプの俳優は「自分にない部分を持っている人」が多いと分析し、「ジャニーズ」の後輩で言うと、「V6・森田剛」や、「嵐・櫻井翔」がそれにあたるといいます。一方で、嫌いな俳優の「タイプ」については「俺に似てる人「笑」」と「松岡昌宏」。その理由については、「世の中に俺は2人いらないんだよね「笑」。だからイラッとするのかもしれない」「その人の嫌な部分って、実は俺の持ってる自分が一番嫌いな部分だから。そこが見えたからちょっと鏡みたいになるから、嫌いなのかも知れない」と、「松岡昌宏」らしい結論を出していました。

「松岡昌宏」の「イチ押し」俳優、および嫌いな「タイプ」の俳優を知ることができ、貴重な放送回だったといえるでしょう。

「松岡昌宏」の「中村倫也」に対する高評価には絶対的自信があるようですね。



道枝駿佑★なにわ男子メンバー★女の顔にした才能

こんばんは。
今日は「道枝駿佑★なにわ男子メンバー★女の顔にした才能」の事をお伝えしたいと思います。

「関西ジャニーズJr.」の「メンバー」が出演し、毎回さまざまな「テーマ」で「トーク」を展開する「バラエティ」「まいど!ジャーニィ~」「BSフジ」です。「4月7日」の放送では、今回で「5回目」となる「男らしさシリーズ」企画が行われました。これは、「まいジャニメンバー」が考えた「男らしさ」を寸劇で発表し、「元宝塚歌劇団男役トップスター・大和悠河」から指導を受けて、「ワンランク」上の男前を目指すという内容です。

この企画では男らしさを披露するに欠かせない「“相手役”」も見どころで、今回は、「なにわ男子・西畑大吾」が「大子」、「なにわ男子・長尾謙社」が「謙子」として女装姿で登場しました。「2人」の「ビジュアル」には、「大和悠河」も「本当にかわいいよね!」と「ベタ褒め」します。この「2人」に「関西ジャニーズJr.・福井宏志朗」の「宏子」を加えた「3人」を相手に、「まいジャニメンバー」が男らしさを披露しました。




「トップバッター」は、「なにわ男子・大西流星」でした。「部活で負けて落ち込んでいる彼女を励ます」という「シチュエーション」に挑み、しゃがみこんで彼女と同じ目線になって「泣いてる顔もかわいいな?」などと話す「大西流星」です。「大和悠河」からは、彼女と目線を同じになる点について高評価を得ていましたが、彼女の目をもっと見つめ、もっと男らしく涙を拭くように「アドバイス」を受け、再挑戦することになります。照れながらも実演した「大西流星」は、「すごい勉強になった!」と手ごたえを感じていました。

その後、「なにわ男子・道枝駿佑」は「謙子」を相手役に指名し、「デートの帰り道、アクシデントを起こした彼女を優しくフォロー」という「シチュエーション」で実演します。彼女が転びそうになると、「道枝駿佑」がそっと手を差し伸ばし、自然と「“恋人繋ぎ”」になります。「道枝駿佑」が「またコケるかもしれへんから、俺にちゃんとつかまっといて。お前だけは絶対ケガさせたくない」という言葉をかけました。

この「道枝駿佑」の演技に対して、「大和悠河」は「カッコよかった、素直に!」と絶賛します。さらに男らしさを出すために、「大和悠河」から「彼女の手のぬくもりを感じてから、ゆっくり手を握る」という指導が入り、「道枝駿佑」が「再チャレンジ」します。さらに男らしさに磨きがかかった「道枝駿佑」の実演を受けて、「大西流星」が「謙子ちゃんが女の顔になってたよね!」と茶化すと、「謙子」こと「長尾謙社」も「ちょっと照れますね」とまんざらでもない様子でした。




人気企画とあって、放送を見ていた「ファン」も大いに楽しんだ様子で、特に「道枝駿佑」と「長尾謙社」の「“みちなが”」「カップル」には、「ネット」上で「みちながやばい!手、手!あ~素晴らしい世界!」「身長差がリアルなみちながコンビ最高!萌える!」「みちながの恋人繋ぎがヤバかった~!」と反響が大きかったようです。

次週は、今回出番がなかった「西畑大吾」扮する「大子」が登場するとあって、またまた見逃せない展開になりそうですね。

「道枝駿佑」の新たな才能が開花した瞬間だったようですね。



JUMP★振付師のガナリ声が聞こえて&アシスタントは顔面蒼白★一大事件回顧

こんばんは。
今日は「JUMP★振付師のガナリ声が聞こえて&アシスタントは顔面蒼白★一大事件回顧」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の「有岡大貴」と「高木雄也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「JUMP da ベイベー!」「bayFM」が「4月5日」深夜に放送されました。




この日は番組が「2019年4月」で「5周年」を迎えたということで、「リスナー」に感謝を伝える「ありがとう月間」の企画が放送されることになりました。「第1回目」の放送もあらためて流されると「2人」は大照れで、「高木雄也」が「ちょっと自分が、ぶりっ子感がある」と言うと、「有岡大貴」も「ギャルみたい」と恥ずかしがる一幕もありました。

その後も「あなたのベイジャンメモリー」として、「放送5年」の中で印象的な出来事や発言などが「リスナー」から寄せられましたが、もっとも「ネット」上の反応を集めたのは、「17年2月10日」深夜放送で語られた「帝国劇場で有岡・伊野尾慧・八乙女光がおにぎり食べちゃった事件」を振り返った際の「トーク」でした。

「リスナー」から、この事件が挙げられると、「高木雄也」は「ん?これはなんだ?」と反応します。「有岡大貴」が「帝国劇場で僕たち、「JOHNNYS’ World -ジャニーズ・ワールド-」って舞台やってましたよね」と振り返り、「ジャニーズ・ワールドの稽古、ステージを使って丸1日やってたわけですよ。そんな中、私と伊野尾と八乙女が隙間を見つけて、どうしても「おなか」減っちゃったもんで、「これいけんだろ」ってタイミングで、楽屋に戻っておにぎりを食べちゃったわけですよ」と説明します。「そしたらステージ上から振付師の声で、「有岡と八乙女どこ行った、早く来い」って、ガナリ声が僕たちの楽屋に聞こえてきて、「うわー、やべえ。早く行かなきゃ~」ってことを、おにぎり食べながら言ってたんですよ、3人で」と、その時の状況を告白しました。




ですが、「マイク」をつけたままおにぎりを食べていたため、その会話はすべて「ステージ」に丸聞こえになっていたといいます。「高木雄也」も「3人ワイワイだけど、ステージのJUMPはシーン だからね」と苦笑いすると、「有岡大貴」は「で、「楽屋を出て」階段を3人で降りてたら、アシスタントさんがいて。すっげー顔面蒼白な顔で僕たちを待ってて「おい、お前ら、全部聞こえてんぞ」って」。その後、反省した表情に切り替えて「ステージ」に戻ったものの、結局怒られたことを話していました。

いまだからこそ、冗談交じりで話せる話題に、「リスナー」からは「こういうところ、昔から変わらないね!」「いつまでもやんちゃでいてほしい」「いつまでもこういうやんちゃな話題が聞けますように」といった声が集まっていました。今後も本番組の盛り上がりを楽しみに見守りたいですね。

若かりし頃の「ヤンチャ」は誰にでもあることですよね。振り返ってみると良い思い出になってるものですよね。



村上信五★新人マネジャー着任★毎年すごい&実績の村上&ファン称賛

こんばんは。
今日は「村上信五★新人マネジャー着任★毎年すごい&実績の村上&ファン称賛」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞・村上信五」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「村上信五くんと経済クン」「文化放送、4月6日放送」にて、「新人マネジャー」について語る場面がありました。

番組冒頭、共演の「文化放送・長麻未アナウンサー」から「1週間」の近況を尋ねられた「村上信五」は、「先日、新入社員が入ってきまして」と「22歳」の男性が「マネジャー」として自分についたことを報告しました。続けて「今日ちょっと僕、入り、遅れたじゃないですか?この前も1コ現場あったんですけど、むちゃくちゃ運転、ゆっくりなんですよ「笑」」と、「ラジオ局」に来るのが遅れた理由を明かしました。




話を聞いた共演陣が思わず笑ってしまう中、「村上信五」は「ままま、安全運転でね「笑」。安全第一で。道も、いつものマネジャーが教えながら、なんですけどね。まあ、初々しくもあるけども」「後ろで見てて 僕は何にも言わないですよ?何も言わないですけども、あーやっぱり、人に物教えるて、大変やなあていうのをね、俯瞰に見てて感じる」と、車内での「マネジャー同士」のやり取りを後部座席で冷静に見ていたことを報告しました。

さらに「やっぱ我々の世界、特にそうじゃないですか」「成功例の方程式がないわけで。やっぱ感性や感覚っていうのんてね、中々教えられることじゃないから」と、学ぶ側の苦労を思いやったのでした。また「村上信五」は、「なんか新鮮でしたよ。赤信号のブレーキのタイミングを教えてんねんけど「笑」」と振り返り、それには「長麻未アナウンサー」も「それって自動車学校で学ぶとこじゃないですか?」と思わず「ツッコミ」ました。「村上信五」は「都内の、あんま知らんから。「この道の時は真ん中車線いったほうがええよ」とかいうようなね、こととか。「この現場からこの現場行く時は、だいたいこのルート行っといたほうがええ」とか」と説明しながら、「でもそれもな、その日の交通事情によるからな「笑」」と思わず苦笑しました。

最終的には「面白かったですよ」とまとめ、「長麻未アナウンサー」が「かわいらしいですね」と述べると、「村上信五」も「そやねん、そやねん」と優しい口調で同調していたのでした。




面倒見が良く、「グループ」の「“オカン「お母さん」”」と呼ばれている「村上信五」です。それゆえ「村上信五」には、よく「新人マネジャー」がつけられるというのは「ファン」の間では知られた話で、「ネット」では「毎年、新人マネジャーを押し付けられるも、甲斐甲斐しく育てるヒナちゃんはすごいよな〜」「新人マネジャーさんを任せられる、信頼と実績の村上」「毎年育て上げる村上くんかっこよすぎだよ」といった、「村上信五」を褒める感想が続出しました。放送でみせた「村上信五」の「新人マネジャー」に対するおおらかな対応に感心した人が多かったようです。

「村上信五」の包容力のある人柄が滲み出た今回の放送でした。優しく、時に厳しい「村上信五」の指導で、「新人マネジャー」もさぞかし鍛えられるに違いないでしょうね。

「ジャニーズ事務所」も「村上信五」の人格を高く評価しているのが良く分かりますよね。



木村拓哉★メンバーの名前発言★爆笑問題★ジャニーさん言ってた★ファン感激

こんばんは。
今日は「木村拓哉★メンバーの名前発言★爆笑問題★ジャニーさん言ってた★ファン感激」の事をお伝えしたいと思います。

「2016年末」に解散し、現在は「ジャニーズ事務所、株式会社CULEN」という「2つ」の事務所でそれぞれ活動中の「元SMAPメンバー」です。新元号「令和」の始まりが近いことで、最近は平成を代表する「アイドルグループ・SMAP」の復活を望む声も高まっています。そんな中、「稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾」が「MC」を務める「インターネットテレビ局・AbemaTV」の番組「7.2 新しい別の窓」に、爆笑問題が出演しました。「SMAP」の再結成について本人に直撃したほか、「ジャニーズ事務所」の「ジャニー喜多川社長、メリー喜多川副社長」の名前を出して「3人」を困惑させる一幕もありました。

「4月7日」放送の「7.2 新しい別の窓」「以下、ななにー」では、「爆笑問題・太田光、田中裕二」と「72分」の「ホンネトーク」を展開しました。「太田光」は「2010年」の「アルバム」「We are SMAP!」の収録曲「We are SMAP!」の作詞を手がけたほか、「木村拓哉」と「メール」を交わすなど、「SMAP時代」から「メンバー」と親交があることで知られており、新しい地図の「3人」による映画「クソ野郎と美しき世界」「昨年4月公開」では「草なぎ剛」出演作で監督もしています。

「ホンネトーク」開始後、映画の制作裏話に言及した出演者たち。「太田光」は、「慎吾ちゃんがさ、かなりしっかりした」と映画の「キャンペーン」を通じて強く感じたそうで、「慎吾ちゃんがリーダーとしての意識がスゴいあるんじゃないかなと。SMAPの時は中居「正広」とか木村とかいて、なんかその弟分みたいな感じだったじゃない?」と、「中居正広&木村拓哉」に触れながら「香取慎吾」の変化を語りました。




また現状、「3人」の「地上波レギュラー」は「草なぎ剛」が「ナレーション」を務める「ブラタモリ」「NHK」のみとなっていますが、「太田光」は「今後、地上波とかさ、やっていったっていいんじゃないの?3人がそう思ったところで、なんだけど。別にジャニーズだって邪魔なんかしないだろう?」と、「デリケート」な「テーマ」に言及しました。

「太田光」が「ジャニーズが邪魔なんかしない」とする理由には、先日「ジャニー社長」と初対面した際に掛けられた言葉があるようです。「King&Prince」主演舞台「ジャニーズ King&Prince アイランド」の招待を受けて鑑賞した際、「太田光」は「爆報!THEフライデー」「TBS系」で共演している「元ジャニ・田原俊彦」について、「トシちゃんがよろしく言ってました」などと「ジャニー社長」へ話しかけたそうです。すると、「「これからもよろしくお願いします、あの3人も」みたいなこと言ってたよ」と明かし、「3人」は揃って「へ~!」と「ビックリ」しました。「香取慎吾」が「ホントですか?」と疑うも、「田中裕二」は「ホント、ホント。「自分も」一緒にいたから」と証言し、「うれしいね」「稲垣&草なぎ」と感激していました。

さらに「太田光」は、鑑賞した舞台の内容に関して、「ジャニーズがやってきた、戦後から今までやってきた歌と踊りは世界共通なんだと。そんな争いごとなんかを、全然超えてしまうんだ、っていうジャニーさんのテーマが、スゴい詰まってる。そういう意味で言ったら、こんな事務所間の揉め事なんてさ、全然超えちゃうようなことを、たぶん考えてるんじゃないかなって、俺はそれを感じたんだけどね。まぁ、メリーさんがどうかは知らないよ」と考察します。「メリー副社長」といえば、「SMAP解散」に大きな影響を及ぼした人物とされているだけに、当事者の「3人」は苦笑いで「タジタジ」になっていました。

なおも「太田光」は、「俺らトシちゃんとレギュラーやってて、「ジャニーズから」何も妨害受けたことない」「そういうスケールの人じゃない、ジャニーさんって」と、「ジャニー社長」の器の大きさを強調しました。「田中裕二」も「3人」の地上波の番組がなくなっている点について、「テレビ局」の忖度が一因と指摘するなど、かなり濃い「トークタイム」でした。ほかに、「SMAP」が平成を駆け抜けた「グループ」だという話題になると、「太田光」は「またSMAPやるんだろ?どうせ」と、「ストレート」に質問します。「稲垣吾郎」は「ん?」と「トボケ顔」でしたが、「香取慎吾」の口角は上がり、否定も肯定もせずでした。「ずっと先の未来にね、そういうのありゃいいよな。それは胸にあるでしょ?」という問いかけには、「草なぎ剛」が「先のことはわかりませんからね」と返答しました。




そして一方、この放送と同日「7日」の朝には、「木村拓哉」が「SMAPメンバー」について言及する一幕もありました。「ラジオ番組」「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」「TOKYO FM」で、「元男闘呼組・岡本健一」と下積み時代の思い出を語る最中、「とある先輩が「お~い」って言って。「中居、森(且行)、稲垣、香取、草なぎ、来いよ。服やるよ」ってなって」と「木村拓哉」が振り返りました。

この「木村拓哉」の番組も含め、「ファン」からは「ホンネトークも泣けるけど、拓哉の口からメンバーの名前が聞けただけでうれしい」「ジャニー社長じゃなくてメリー副社長が諸悪だと再認識した」「多くは語らないけど3人の本音が見えたね」などの声が続出し、忘れられない一日になったようです。

解散直後と比べると、「メンバー」の名を口に出す場面も増えていますが、「太田光」や「SMAPファン」の願いが通じる日はやって来るのでしょうか。

時間の経過と共に「SMAPメンバー間」のわだかまりが少しでも解消されれば再結成も夢ではないかも知れませんね。



関ジャニ∞★殺意芽生える発言連発★ゴスペラーズにそりゃそうだ&同情の訳

こんばんは。
今日は「関ジャニ∞★殺意芽生える発言連発★ゴスペラーズにそりゃそうだ&同情の訳」の事をお伝えしたいと思います。

「関ジャニ∞」が毎回さまざまな「アーティスト」を迎えて「トーク」を繰り広げる「音楽バラエティ」「関ジャム完全燃SHOW」「テレビ朝日系」です。「4月7日」の放送は、「アカペラグループ・ゴスペラーズ」と「Little Glee Monster」が「ゲスト」として登場しました。数々の「アーティスト」の「コーラス」を担当する「シンガー・今井マサキ」解説のもと、「アカペラ」の謎と魅力に迫りました。

まず基本として、「アカペラ」には「メインメロディ」を歌う「“リード”」と、「伴奏パート」を担当する「“バッキング”」という役割があることを学んだ「関ジャニ∞」です。さらに、同じ歌詞で「ハモ」る「“字ハモ”」、和音を「キレイ」に響かせるために「“ウー・アーでハモる手法”」、「リズム」を担当する「“ベース音”」や「“ドラム音「ボイスパーカッション」”」など、音を表現する方法は非常に多いようです。




「アカペラ」で歌う前には、鳴らすと「ラ」の音が聞こえる「“音叉”」という道具を使い、音合わせをするのが一般的だそうです。ですが、「Little Glee Monster」はまったく音合わせをせず、いきなり「メンバー間」で音程を合わせることができるようです。これには「ゴスペラーズ」の「メンバー」も、「最初見たとき「“マジック”」かと思いました」と衝撃を受けた様子でした。一方で、曲中にも音叉が手放せない「ゴスペラーズ・北山陽一」は、「僕は瞬時に「Little Glee Monsterへ」「“殺意”」が芽生えましたけどね」と嫉妬心を剥き出しにします。

これには、「村上信五」が瞬時に「かわいい後輩でしょうが!悔しさでしょ?」と「フォロー」を入れましたが、「北山陽一」は「「音合わせを」失敗すると、みんながやたら音が高くて苦しんだり、やたら低くて盛り上がらなかったり」とつぶやき、苦い経験があることを匂わせました。

また、「横山裕」が「テレビって急に歌わなきゃダメじゃないですか?」と質問すると、「ゴスペラーズ」は歌う直前まで小さな声で音合わせしていることが明かされます。すると再び、「北山陽一」が「その苦労がまったくいらないのかと思うと、「Little Glee Monsterに」殺意が芽生える」と苦渋の表情です。これには、「関ジャニ∞メンバー」から「そりゃそうだ!」という同情の声が上がっていました。




一通り「アカペラ」の解説を終えたところで、「村上信五」の「マルとか得意やんか。パッと入って、そんなん対応してくれたりするんですか?」という提案により、「ゴスペラーズ」が歌う「真赤な太陽」「美空ひばり、1967年」へ、「丸山隆平」が飛び入り参加することになります。突然指名されて不安な表情を浮かべる「丸山隆平」は、歌唱中、完全に「“顔芸”」に走ってしまい、おもしろい表情を連発します。「村上信五」から「ちょっと!顔だけやん!」と強めの「ツッコミ」を入れられていました。

「ファン」からも「マルちゃん、ただの顔芸になってる「笑」」「ハモり中の顔のうるささに爆笑。視聴者を笑わせようとしすぎだぞ!」「マルちゃん絶対、村上くん待ちだったでしょ!?」など、「ツッコミ」の声が相次いでいました。

大御所の「ゴスペラーズ」でも殺意が芽生えることがあるんですね。



二宮和也★これだけは声を大にして言いたい★語った学生時代の思い出

こんばんは。
今日は「二宮和也★これだけは声を大にして言いたい★語った学生時代の思い出」の事をお伝えしたいと思います。

「嵐・二宮和也」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「BAY STORM」「bayFM」が、「4月7日」に放送されました。




この日寄せられた「メッセージ」の中で、「リスナー」の注目を集めたのは、「二宮和也」の学生時代に関する質問でした。「日本史や世界史などの教科書の写真で、身の回りの人や芸能人に似ている人がいないか探します。二宮さんは学生時代によくしていたことはありますか?」という質問に対し、「二宮和也」は「普通に授業、真面目にやってたよ」ときっぱり。「俺、だってずっとノートを取りたい人だから。字を書きたい人だったから。途中から右に直ったしね、書くの」と、もともとは左利きだったものの、右利きに矯正したことや「ノート」を真面目に取っていたと明かしました。

また、「二宮和也」は「番組スタッフ」と会話しつつ、「知ってました?学校にいる時間に、ちゃんと窓から光が入ってくる設定になってて。教室の中に光がちゃんと入ってくるように、どの学校も方向が決まってるって知ってました?絶対、教室の窓から「光りが」入ってくるようになってるんだよね?」と突然、学校についての豆知識を披露します。「西とか北とか、全部廊下になってるんだって。すごいよね、学校ってね。こんなの小学校時代に知らなかったけど、大人になって知るとすごいところですよね、学校って」と感慨深そうに話していました。

「二宮和也」いわく、教室の方向が決まっている理由は、生徒が「ノート」を取るときに影ができないようにとの配慮らしく、基準は右利きの生徒なんだそうです。そのため、「元・左利き」の「二宮和也」は「いつもこうやって、影と向き合っていたんだろうな、書きながら。「クラスで左利きなのは」1人だけだから。逆向けば日当たってたんだけどね。逆向くと今後、先生の話全く聞こえないし」と恨み節でした。




そして、「学生時代とか、1回も寝てないからね。これだけは声を大にして言いたい!」と真面目な学生だったと主張したものの、「特段、頭良くなったってことでもない。爆発的に点数取れるかって、そうでもない」と意気消沈します。数学が今でも苦手だと話しながらも、「楽しいね、勉強って楽しい。俺なんで卒業できたんだろう。いや、難しいもんだね。勉強っていうのは難しい」と懐古していました。

この日の話題に「リスナー」からは、「授業中に寝たことないって結構意外かも」「正直、授業中ずっと寝てるイメージだった「笑」」「ストイックな性格だから、一度寝ないって決めたら絶対に寝なかったんだろうな」「ジャニーズJr.として活動してたのに、居眠りしなかったとはすごい」という声が集まっていました。

「二宮和也」の自己評価に「ファン」も驚いたようですね。



濱田崇裕★年齢サバ読み発覚★30歳なのに13歳で通した訳

こんばんは。
今日は「濱田崇裕★年齢サバ読み発覚★30歳なのに13歳で通した訳」の事をお伝えしたいと思います。

「ジャニーズWEST」の「メンバー」が「人に役立つミッション」に体当たりで挑む「バラエティ」「エージェントWEST!」「朝日放送」です。「4月6日」深夜回では、英語の苦手な「濱田崇裕」が外国人観光客をもてなす「人気コーナー」「リアルJAPANナビゲーターHAMADA」を放送しました。




「コーナー」冒頭、「スタジオ」で「濱田崇裕」が「メンバー」に対し「オススメの英語を教えたいと思います!」と突然切り出し、「“便利な英語”」として「Just because「とにかく好きである」」を伝授します。すると、「中間淳太」から「「その単語は」今回のVTRで出てくるんですか?」と尋ねられ、「濱田崇裕」は「出てきません!」と「キッパリ」。これには「メンバー」から「なんやねん!」「なんの時間やねん!」と「総ツッコミ」を受け、「濱田崇裕」は出だしから「“トンチンカン”」ぶりを発揮していました。

そして、今回もこの「コーナー」お馴染みの「“濱田イングリッシュ”」は健在でした。「東京・秋葉原」にて、最初に「インタビュー」をした外国人男性が、見た目よりも若い「26歳」であったことに驚いた「濱田崇裕」は、「俺より若い!」と興奮します。「濱田崇裕」が「I’m thirteen.「俺は13歳さ」」と話すと、外国人男性は「You are thirteen?Are you really?「マジで13歳なの?」」と驚きを隠せない様子で、「Now way!「そんなバカな!」」と言い残し、逃げるようにその場から立ち去ってしまいました。

逃げられた理由がわからず戸惑う「濱田崇裕」でしたが、その後「スタッフ」から「13歳って言ってました」と指摘され、「“thirty”」「30歳」と「“thirteen”」「13歳」の間違いにようやく気がつきます。この大間違いには、思わず膝から崩れ落ちてしまう「濱田崇裕」でした。




次に「インタビュー」をしたのは、若い「外国人カップル」でした。実はこの旅行中に男性が「プロポーズ」をしたらしく、本人から「I asked her to marry me on this trip.「日本旅行中にプロポーズしたんだ」」と説明が。これを聞き、「濱田崇裕」は「指輪は日本で買って、今は観光してる!」と独自の解釈をしてしまい、「VTR」を見ていた「メンバー」から「バーカ!」と口々に「ツッコミ」が入っていました。

今回も安定のおとぼけぶりで、「メンバー」から愛ある「ツッコミ」を受けていた「濱田崇裕」でした。見ていた「ファン」からも「13歳と30歳の間違いはヤバすぎる」「今日の濱ちゃんはいつにも増してアホだった「笑」」「メンバーが楽しそうにツッコミ入れてるのがかわいかった~みんな濱ちゃん大好きね」との声が聞かれました。やはり「濱田崇裕」は、「ジャニーズWEST」に欠かせない「ムードメーカー」のようですね。

「濱田崇裕」の「アホ」さも「ファン」に愛される魅力の一つなのかも知れませんね。