橋本良亮★1人の方が楽・アクロやりたくない★通常営業と楽観視するファン

こんばんは。
今日は「橋本良亮★1人の方が楽・アクロやりたくない★通常営業と楽観視するファン」の事をお伝えしたいと思います。

2012年」の「メジャーデビュー」以前から、「ジャニーズグループ・A.B.C-Z」の「メインボーカルセンターポジション」を務めている「橋本良亮さん」です。先日は「公式携帯サイトJohnny’s web」で「他のグループが羨ましい」と吐露した一件が波紋を呼びましたが、またしても「ファン」に「ショック」を与えるような発言を連発したといいます。

A.B.C-Z」は「2月1日」に「デビュー6周年」を迎え、「7日」には昨年行われた「5周年記念コンサートツアー」の「Blu-rayDVD」「A.B.C-Z 5Stars 5Years Tour」が発売となります。そんな中、「3日付」の「日刊スポーツ」の連載「Saturdayジャニーズ」に「橋本良亮さん」が登場したのですが、「インタビュー内」では自身の「パフォーマンス」に関する「ネガティブ」な発言が目立っていたようです。「橋本良亮さん」といえば、「1月30日」に更新した「Johnny’s web」の連載「えびブロ」に「「グループで飯でも行きたいなー。他のグループが羨ましい」とつづり、「違うグループを羨ましがるはっしの言葉に傷ついた」などと、「ファン」の気分を害したばかりでした。その直後、またしても「“モヤモヤ”」させるような発言をしていたようです。




橋本良亮さん」は「Saturdayジャニーズ」の「インタビュー内」で、「A.B.C-Z 5Stars 5Years Tour」の「星形ゴンドラ」で踊る演出について、「「戸塚祥太さん」が考えてくださったんです。「アクロバティックってほどじゃないけど、「スリリングでした僕にもついていけるレベルありがたいです」と、謙虚に「コメント」しました。ほかには、昨年の「デビュー記念日」に発売となった「シングル」「Reboot!!!」の「パフォーマンス」に触れている部分で、「踊りはたいへんでした。「河合郁人さん」が「新しいのやってみたいと言い出したんです」と裏話を明かし、「歌うことが頭にあって、「5年前まではこんなアクロバティックなことをするとは思っていませんでした」と、「A.B.C-Zデビュー当時」の心境を回顧しています。

もともと彼らは「アクロバット」が得意な「戸塚祥太さん河合郁人さん五関晃一さん塚田僚一さん」の「4人」で活動していましたが、歌唱力に定評のある「橋本良亮さん」が「2008年」に加入し、現在の「A.B.C-Z」の形になりました。「橋本良亮さん」は「ダンス」や「アクロバット」に関して、「ジャニーズ」の入所歴も先輩である「他メンバー」との技術力の違いを痛感しているようで、「A.B.C-Z」になった時に戸惑いがあったと、過去の「インタビュー」などで言及しています。「Saturdayジャニーズ」でも、「グループ加入後」は不得意な「アクロバット」と向き合い、先輩たちに教わりながら特訓したと、苦い経験を振り返っていました。

さらに「Saturdayジャニーズ」では、「ここ1年くらいですかねようやく「「ホントアクロバットやりたくないって本音も言えるような空気になったのはある意味溶け込めた気がします頑張ろうと挑んでも結局難しいなと思ったときに4人橋本良亮さんはここやらなくていいよと気を使ってくれるそんな感じです」「「5Stars―」戸塚祥太さんさんが初めて構成していろんな思いがあったと思うんですけどそこに僕は応えきれなかったんじゃないかそういう悔しさは正直あります」と、「グループ内」の関係性を明かしています。

また、「1月」に東京と大阪で行われた朗読劇「蜜蜂と遠雷」「リーディングオーケストラコンサート」~「コトダマの音楽会~」に出演していた「橋本良亮さん」は「舞台とか朗読劇とか、「1人で仕事をやっているときの方が正直気持ちが楽になるときがあります次元の違うメンバー」と「アクロバティックダンスをやるのはプレッシャーですから」と、本音を告白しています。




これら「一連」の発言に「ファン」は、「本音を言いやすい空気になってよかったと思う半面、「モヤモヤした」「「アクロバットやりたくない」「「1人」仕事の方がプレッシャーがなくて楽とか言う必要あったかな」「「アクロバットやりたくないってアイドルグループ内の方針を垂れ流さなくていいよ楽しそうに仕事してるところが見たいだけなのに」「「6周年に向けての抱負とか聞けると思ったけど仕事に対する愚痴を聞かされるとは」と、辛らつな感想が続出しています。

同紙の取材の中では、腰痛持ちのため「2週」に「一度」ほど「ハリ治療」を受けていると明かし、「「コルセットをしてステージに立つこともあるんですだからアクロバットは苦手というわけにもいかないんで」と、負けん気の強さも垣間見せています。「「ライブの充実感はやっぱり5人でやるときですね他では絶対に味わえないものがあります」と、「A.B.C-Zメンバー」として活動する喜びも述べていますし、「メンバー」に追いつこうと、「橋本良亮さん」なりに苦悩している様子です。ですが、最近は「他グループ」を羨んだり、「A.B.C-Z」に対する否定的な発言が増えているため、見過ごせない人も多いようです。一方で、「橋本良亮さん」が「ネガティブ」な思考なのはいつものことだと、「通常営業」と楽観視する「ファン」も少なからずいます。

6周年」の今年こそ「グループ」が「一丸」となり、「ファン」を満足させるような「パフォーマンス」を見せてくれることを願いたいですね。

橋本良亮さん」も「1人」の人間ですからたまには愚痴りたくなることもありますよね。





人気ブログランキングへ

伊藤綾子さん★におわせ炎上アナ★テレビ出演★嵐ファンざわざわ

こんばんは。
今日は「伊藤綾子さん★におわせ炎上アナ★テレビ出演★嵐ファンざわざわ」の事をお伝えしたいと思います。

今、「ジャニーズファン」から最も「“目のかたき”」にされていると言われる「フリーアナウンサー」の「伊藤綾子さん」が今月、立て続けに「バラエティ番組」に出演しました。案の定、「ネット上」は大荒れのようです。

伊藤綾子さん」は、「1日」放送の「秘密のケンミンSHOW」「日本テレビ系」に秋田県の「県民スター」として登場しました。地元でおなじみだという「“みそちゃんぽん”」を紹介しました。また、「3日」放送の「石ちゃん&美女軍団 あ来たよかった秋田新幹線 満腹グルメツアー」「日本テレビ系」では、「“秋田美人”」として登場しました。「石塚英彦さん」と共に、地元の漁師めしを「食レポ」しました。




ジャニヲタ」の拒否反応は相当のもので、「伊藤綾子さん」が「テレビ」に映るや否や、「気分悪いから見ない」「腹立つ」「秋田のイメージ汚すな」「まだテレビ出てるのかよ」といった声が殺到しました。改めて嫌われっぷりが露呈しました。

ローカル局秋田放送」「ABS」の出身で、「2007年」に「セントフォース」へ移籍した「伊藤綾子さん」です。長年、「日テレ系列」の「ニュース番組」を中心に「キャスター」として活躍していましたが、「16年」に「二宮和也さん」との熱愛疑惑が報じられ、昨年「3月」に「メインキャスター」を務めていた「news every.」「日本テレビ系」を降板しました。現在の「レギュラーテレビ番組」は、「バラエティ番組」「教えてもらう前と後」「TBS系」の「現場リポーター」のみとなっています。

最近は、「ロケ」や「食レポ」といった仕事ばかりで、まるで駆け出しの「新人女子アナ」のようです。とても「日テレ」の「看板ニュース番組」で「キャスター」を務めていたとは思えない転落ぶりです。それもこれも、「テレビ局」が「ジャニーズ事務所」に忖度している表れでしょう。「伊藤綾子さん」が「セントフォース」の「有料サイト」の「ブログ」で、「二宮和也さん」との交際をにおわせていたことが原因とも言われています。




伊藤綾子さん」の「“におわせ行為”」の数々は「既報関連記事 http://www.cyzo.com/2016/07/post_28735.html」通りですが、騒動以降は「ブログ」を閉鎖しています。ですが、今年に入り、「ラジオ番組」「YKK AP presents 伊藤綾子の窓辺でブランチ」「TOKYO FM」「サイト内」の日記連載で「におわせを再開させた」と騒ぎになっています。

伊藤綾子さん」は「真っ白なキャンバスにこれからどんな色でどんな線を描いていこう」と綴り、「二宮和也さん」の「イメージカラー」である黄色い和菓子の写真を掲載しました。「」の楽曲「Song for you」には、「真っ白なページ どんな希望を どんな自由を 僕らは書き記してゆくのだろう」との歌詞があり、案の定、「「“どんな”」を「2回」繰り返してるあたり、絶対わざとやってる」などと「嵐ファン」がざわついています。また、「伊藤綾子さん」が昨年「12月」に、かつて「二宮和也さん」が「ロケ」で巡った神社を訪れたのではないかとの疑惑も浮上し、反感を買っています。

こじつけともとれますが、いまだに「ジャニーズファン」から行動を「逐一チェック」されている「伊藤綾子さん」です。今後も「メディア出演」のたびに、冷ややかな声が飛び交いそうですね。

今もなお「嵐ファン」からの厳しい「チェック」には恐怖心さえも感じますよね。





人気ブログランキングへ

二宮和也さん★ブラックぺアン★ジャニーズ枠★新ターゲットTBS日曜劇場

こんばんは。
今日は「二宮和也さん★ブラックぺアン★ジャニーズ枠★新ターゲットTBS日曜劇場」の事をお伝えし居たいと思います。

」の「二宮和也さん」が「4月」から始まる「連続ドラマ」「ブラックペアン」「TBS系」で主演を務めます。この「ドラマ」の放送枠は日曜日の「午後9時」、いわゆる「日曜劇場」で、現在は同じ「」の「松本潤さん」が主演する「99.9刑事専門弁護士~」が放送されています。

ジャニーズ」は伝統ある「TBS日曜劇場」の枠を「メインターゲット」にするようです。これまでにも、いわゆる「“ジャニーズ枠”」としては、「日本テレビ」の「土曜日午後10時」の枠に「4クール連続」で「ジャニーズ所属」の「タレント」が主演で起用され続けてきました。「亀梨和也さん」と「山下智久さん」の「ボク運命の人です。」、「錦戸亮さん」の「「ウチの夫は仕事ができない」、「櫻井翔さん」の「先に生まれただけの僕」、そしていま放送中なのが「山田涼介さん」主演の「もみ消して冬わが家の問題なかったことに~」です。




この「日本テレビ」の「土曜午後10時」の放送枠は視聴率が不調であるため、「ジャニーズ事務所」は日曜劇場に新たに「“乗り換え”」たいのだといいます。

山田涼介さん」の「ドラマ」はは「2月3日」に放送された「第4話」までの平均視聴率が「11.7%」と健闘していますが、以前の「3作品」は全話平均の視聴率が軒並み「10%」以下と苦戦が続きました。「ジャニーズ」はもう少し視聴率が取れるだろうと見込んでいた枠ですが、あらためて日曜劇場が放送されている「日曜9時」に期待するということでしょう。

99.9」は「2月4日」放送の「第4話」までの平均視聴率は「16.5%」と、「今クール」の「連続ドラマ」では「ナンバーワン」の数字を誇っています。

★「視聴率15%以上がノルマ




二宮和也さん」は「ブラックペアン」で外科医の役に初めて挑戦します。「ドラマ化」もされた「チームバチスタの栄光」などで知られる「海堂尊氏」の「同名小説シリーズ」が原作です。「ドラマ」の舞台は大学病院で、「手術成功率100%」を誇る天才医師ですが傲慢な性格と言動で「“オペ室の悪魔”」という異名のある主人公の「渡海征司郎」が、新しい手術法を巡る不正や、病院内の権力抗争に立ち向かう姿を描きます。

日曜劇場の放送枠には「ジャニーズ」がかなり気合いを入れて営業をかけています。「二宮和也さん」の「ドラマ後」、「1クール」空けてからまた「ジャニーズ」の「タレント」が起用されるという情報もあり、「二宮和也さん」にかかる期待は相当大きいです。「松本潤さん」主演の「ドラマ」が好調なだけに、「15%」は取らないと「“期待外れ”」だと言われてしまうでしょう。

ブラックペアン」の原作小説は、「海堂尊氏」作品のなかでも「ファン」が「“最高傑作のひとつ”」としている作品だけに、失敗は許されないという論調が強いようです。早くも「二宮和也さん」が主人公にふさわしいかどうか、「インターネット上」で論争が起こっているような状態のようです。

日本テレビ」「土曜午後10時」枠で数字が良くなければ「TBS」「日曜劇場」枠で頑張るしかないですよね。





人気ブログランキングへ

桐山照史さん★機嫌が悪い★警察沙汰異常事態★ジャニーズWEST神戸公演大荒

こんばんは。
今日は「桐山照史さん★機嫌が悪い★警察沙汰異常事態★ジャニーズWEST神戸公演大荒」の事をお伝えしたいと思います。

1月3日」の「横浜アリーナ」から公演が「スタート」した、「ジャニーズWEST」の「コンサートツアー」「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2018 WESTival」です。「2月34日」には「神戸ワールド記念ホール」にて公演が行われたのですが、「場内場外」でさまざまな出来事があったようです。

まず「3日」の公演では、「「桐山照史さんの機嫌が悪い」という話題で持ちきりになりました。「コンサート」に参加した「ファン」の「レポート」によると、神戸公演に参加した「ファン」の「レスポンス」が悪かったようで、「メンバー」からの呼びかけに答える人がまばらだったようです。また、「着席してステージを見ているファンが多かった」という「レポート」もあり、「WEST」の「コンサート」にしては盛り上がりに欠けていたようです。そんなことが影響したのか、「桐山照史さん」は「ファン」からの「レスポンス」が鈍かった際に「れも聞いてない!」と発言し、これに「メンバー」が「「オレは聞いてる!」などと「フォロー」を入れていたようです。これだけでなく、「桐山照史さん」は度々「声が小さい」と「ファン」にむかって発言していたようで、会場の盛り上がらなさに気を揉んでいたようです。




桐山照史さん」のこの言動を受け、「機嫌が悪かった」と感じた「ファン」は多かったようです。「ネット上」には「「照史くんの機嫌が悪くて怖くて嫌だった」「「桐山くん機嫌悪すぎてイラッときたさすがにアレ」はない」「お金もらってコンサートやってるんだから最後までアイドルやり遂げてよ。「ファンも悪いかもしれないけど自分の煽り方にも問題あったんじゃない?」と「桐山照史さん」に不満を訴える声もあるようでる。ですが一方で、「ファン」の盛り上がりが足りなかったことを反省する声もあり、「そもそも原因作ったのは私たちだからなあ なんとも言えないけどこれからも照史を応援するよ」「「コンサートが盛り上がらなかったらそりゃあ機嫌も悪くなるよ。「アイドル」だって人間だもん」と「桐山照史さん」を擁護する声も少なくないようです。

メンバー」の言動に「ファン」が一喜一憂する中、「4日」には場外で「“警察沙汰”」の出来事が起こり、大きな話題になりました。今回、「ぬくぬく服フック」」という「コンサートグッズ」が爆発的な人気となっており、連日売り切れが続いている模様です。これはいわゆる「“顔写真付きハンガー”」で、「メンバー1人1人」の顔写真がついており、「直筆コメント」も書かれているため大変な人気になっているようです。

ファン」の「レポート」によると、「4日深夜」にはすでに「コンサートグッズ」売り場に人が詰め掛けていたようですが、係員から「「5時からでないと並べない」と言われ、一旦解散したようです。ですが、その後も売り場には「ファン」が続々と到着し、「「4時」ごろには「50人くらいいた」とのことでした。この時点で次第に列が形成され始めたようなのですが、販売開始が「アナウンス」された際には、「ルール」を守ったと判断されたのか、列の後ろの方から先に案内が始まったそうです。なお、「ニュースサイト」「神戸新聞NEXT」は、「徹夜組を含め早朝から約300人ファンが広場に集まった」と伝えています。




徹夜組を後回しにする形での誘導になったようですが、この案内に「ファン」は「大パニック」でした。列の先頭だと案内された場所に「ファン」が走って押し寄せたため、数名が転倒するなど「“阿鼻叫喚”」の状態だったようです。さらに、現場にいた「ファン」が警察を呼んだようで、ただの「アクシデント」では済まない事態にまで発展しました。兵庫県内で放送されている「ニュース番組」では「「ジャニーズグッズ販売」「3人けが」として今回の騒ぎが取り上げられており、世間一般にも広く知れ渡ってしまいました。

会場の盛り上がりや「ファン」の「マナー」など、考えさせられることが多かった神戸公演でした。来年以降、「WEST」は神戸で公演を行ってくれるのでしょうか。

ジャニーズアイドル」も「1人」の人間ですから気持ちの浮き沈みがあって当然ですよね。





人気ブログランキングへ

中間淳太さん★結婚&辞める★彼女インスタアカウント出回る★異変めぐり臆測流布

こんにちは。
今日は「中間淳太さん★結婚&辞める★コンサート異変めぐり臆測流布」の事をお伝えしたいと思います。

1月3日」から「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2018 WESTival」を開催中の「ジャニーズWEST」です。「2月34日」には「兵庫県神戸」の「ワールド記念ホール」で公演が行われましたが、「グッズ販売」をめぐって「ファン」の女性が転倒し、けがをする事故があったといいます。その一方で、「コンサート」における「メンバー」の態度や、「プライベート」に関する「“臆測”」が広まり、「ネット上」で騒ぎになっています。

毎日新聞」などの報道によりますと、事故が発生したのは「4日」早朝でした。「ポートアイランド」の市民広場に「コンサートグッズ」の販売を待つ「ファン」らが殺到し、「20~40代」の「女性3人」が腕や膝を打つ軽傷を負ったとのことでした。「グッズ」の販売は近くの広場で「午前9時」から開始される予定でしたが、「午前5時」頃に警備員が順番待ちの場所を案内した際、一斉に移動したため、転倒する人が出てしまったようです。




神戸新聞」の記事では「「原因等身大特製ハンガー」」として、「メンバー」の顔写真が印刷された「ハンガー」の列に「ファン」が集中していたと伝えているほか、販売会場にいた「22歳」の「女性ファン」が「最近は転売目的の買い手も増えているのですぐに売り切れてしまう。「ネットで転売されても高値になってしまうのでなんとかしてほしい」と、「コメント」していまいた。「ファン」の切迫感が悲劇を生んだ一件でしたが、最近では、熱心な「ファン」が「メンバー」の心情を勘ぐり、「ネット上」で「“暴走”」を見せているといいます。

神戸公演初日の「3日」は、「コールアンドレスポンス」などの呼び掛けに答える声が小さかったり、「コンサート」の途中で着席する人も見受けられたそうで、「桐山照史さん」が「誰も聞いてへん」と不機嫌な態度を示していたとの「レポート」が広まっています。会場に入った「ファン」からも「開演前のジャニストコールめっちゃ小さかったし、「照史くんが怒るのもわかる」「小さい会場なのに声が響かないし、「パフォーマンス中に座ってる人がいた」「声出さないわ、「ジャニストコールしないわ、「照史今幸せなやつ手上げろー!」に数人しか反応せず。「誰も聞いてへんなって悲しそうだったけど、「メンバー」が「聞こえてまーすってフォロー入れてくれた」と、不満の声が漏れていたようです。

また、「コンサート中」の「中間淳太さん」の言動も問題視されています。「ズボン」の「ポケット」に手を入れて歌う仕草が不評を買っているほか、公演が進むにつれて「“「ファンサービスが塩対応になった”」という指摘が相次いでいます。神戸公演をきっかけに、一部の「ファン」が「福岡でポケットに手を突っ込んで歌う態度悪い淳太に気づいた」「今までの淳太くんだったらコンサートポケットに手突っ込んだりしない」「「淳太くん」、とりあえずポケットに入れて歌うのやめないかっこいいと思ってやってるあんな表情じゃなおさら感じ悪く見える」「「淳太」、「ファンのことを全然見ないしどこ向いて歌ってるのかわからない」と主張しています。これに対し、「別にポケットに手突っ込むぐらいよくない?「淳太くん」、「グチグチ言われて可哀想」と反論する「ファン」も出現するなど、論争に発展しています。




さらに、「“中間がファンに冷たくなった”」との見解から「彼女ができたのではないか」という発想にまで飛躍しています。今回の「ツアー」に複数回行ったという「ファン」は「明らかに淳太の様子に違和感あった彼女が原因だとしてもほかのことだったとしても今までとは何かが違った」と断言しています。これに伴い、「Twitter」では「中間淳太さん」の彼女とされる人物の「インスタグラム」の「アカウント」が出回り、注目を集めることになりました。「4日時点」で「アップ」されていた「インスタ」の「ストーリー」には、公演の「銀テープ」が映っていたので、「コンサート」に行ったことは事実でしょう。「ストーリー」の中には「DM送ってこないで」と意味深な「テキストメッセージ」も含まれ、「プロフィール欄」には「大学院修士課程1年」と記述があることから一般人とみられます。その後、「2月4~5日」にかけて非公開設定に変わりましたが、現時点までに交際の証拠は見つかっていないようです。

ネット上」の混乱はさらに広がり、「「淳太くん結婚するの?」「「淳太が辞めるっていう情報が回ってきたんだけど辞めないよね?」「「淳太辞めるってどういうこと!?嘘だよね?」と、思わぬ方向に話が進んでしまっているようです。

タレント」の微妙な変化が気になってしまうのは仕方ないのですが、「「4日の昼の部に入ったけど、「淳太くんにこやかにお手振りしてた」「「淳太くんファンサ」、普通だった個人的にかまってもらわないと塩対応ってことになるの?「ジャニストファン怖い」との意見もあるように、受け取り方はさまざまなようです。本人に迷惑や不快な思いをさせないよう、事態を静観する術も身につけてほしいものですね。

ファン」とはちょっとした仕草や態度の変化には敏感に反応するもんですよね。





人気ブログランキングへ

相葉雅紀さん★帯電体質・静電気防止シート★ライブ困難になるほどの悩み

こんにちは。
今日は「相葉雅紀さん★帯電体質・静電気防止シート★ライブ困難になるほどの悩み」の事をお伝えしたいと思います。

1月14日」に史上初となる「6年連続」の「5大ドームツアー」を終えたばかりの「」です。本公演「ARASHI LIVE TOUR 20172018untitled」」は、高さ「12.6m×横51m」で、嵐史上最大となる「2083インチ」の「超巨大モニター」がお目見えしました。「5万5000人」「東京ドームの場合」全員に「」の映像をくまなく届けられる演出が初めて導入されました。




今年が年男である「相葉雅紀さん」は、「二宮和也さん」との「“にのあい”」「コンビ」を復活しました。「昨秋リリース」の「最新アルバム」「untitled」通常版に収録されている「UB」で、「コンテポラリーダンス」を披露しました。さらに、「櫻井翔さん」&「大野智さん」との「トリオソング」「バズリNIGHT」では、「コギャル」に扮して「パラパラダンス」で魅了しました。そしてこの「ライブ」には、「相葉雅紀さん」にだけ内緒にしていたある仕掛けが施されていたといいます。「エンタメ誌」の「カメラマン」が語っています。

仕掛けを説明する前に「相葉くん」の「“悩み”」を説明しないといけません。彼は静電気がひどいんです。本人は「もう慣れちゃった」と言いますが、「実はけっこう困ってるからさ」と「ラジオ」で漏らしたことがあるほど事態は深刻のようです。「ライブ」でも、「ステージ」に「ジャンプ」するようにして現れる演出の「ポップアップ」をすると、「相葉くん」の髪の毛だけ逆立ってしまうんです。派手な「オープニングロックソングメドレー」の際に多用されるので、本人はかなり困っていたようです。

帯電体質の「相葉雅紀さん」のために、「コンサートスタッフ」は静電気防止に必死のようです。そこで、「相葉雅紀さん」だけ特別の細工が施されたというわけです。




スタッフさん」の「アイデア」によって、「相葉くん」の「マイク」には「静電気防止シート」が巻かれています。さらに、靴には通電を遮る中敷きを敷いています。それほど防止策を講じても、誰かと何かと触れる度に「バチッ」となってしまうようです。冬場のこの季節は、毎年の悩みだそうです。

ドームツアー記録保持者」の「国民的アイドル」が抱えていた意外な悩みです。今年こそ、ぜひ解消してほしいものですね。

今の寒い季節には誰もが不快になる「静電気」は対処方法がなかなかないので困りますよね。





人気ブログランキングへ

ジャニーズ★ネット写真解禁★媒体締め出し異常事態★伝わってくる混乱

こんにちは。
今日は「ジャニーズ★ネット写真解禁★媒体締め出し異常事態★伝わってくる混乱」の事をお伝えしたいと思います。

ジャニーズ事務所」が長年禁止していた「WEB」での「所属タレント」の写真掲載が、「1月31日」の「関ジャ二∞・錦戸亮さん」が登壇した会見から突如解禁になりました。芸能記者たちがこぞって色めき立つなど、日本の芸能史が変わった「1日」となりました。

ですが、その舞台裏では写真が解禁になったことにより、取材から「“締め出し”」を食った媒体が続出していたのだといいます。




今回、「ネット写真解禁」となった現場は、「錦戸亮さん」の主演映画「羊の木」の会見でした。ですが、この会見に呼ばれたのは「大手マスコミ」ばかりでした。これまで同作の「イベント」に、「錦戸亮さん」の写真が使えなくても「コツコツ」と足を運んだりして告知してきた小さい媒体には、会見があることすら知らされなかったようです。その上、あとで映画の宣伝担当者に抗議したところ、詳しい事情説明もなく「媒体を絞った」の「一点張り」だったようです。この対応に肩を落とし「“泣き寝入り”」する媒体関係者が続出といった状況のようです。

とはいえ、今回の解禁にあたっては、「ジャニーズ側」がかなり敏感になっているといいます。

羊の木」に関しては、「ジャニーズ側」も慎重に対応しており、「2月3日」の初日舞台挨拶も同じような方針になったそうです。「“解禁”」といいながら、「錦戸亮さん」がいるために取材ができない媒体もあり、作品の宣伝よりも「“ジャニーズルール”」が先行した形になってしまったようです。




一方、「ジャニーズ事務所」を退社した「SMAP」の「香取慎吾さん」などは、退社後初となる「イベント」でそれまで「NG」だった媒体の取材も受けるなど、対照的な対応をみせています。とはいえ、これだけ厳しい体制になっているのは「羊の木」だけともいわれています。

羊の木」以外で、別の「ジャニタレ」が出演する「イベント」の取材案内などが「メディア向け」にまかれていますが、そちらは「WEB写真」が解禁される以前と特に変わらず、これまで通りの対応といったようです。

今後、とりあえずは「ジャニタレ」の写真を「WEB上」で見る機会も増えそうですが、「ジャニーズ」の舵取りが安定するまでは時間がかかでしょうね。

一部の「媒体関係者」には困った「ジャニーズルール」でしたけど未来の事を考えれば大きな「芸能史」の動きになったことは間違いないでしょうね。





人気ブログランキングへ

手越祐也さん★イッテQ!★週刊誌に撮られた方がいい発言★全然笑えない・ファン傷心

こんにちは。
今日は「手越祐也さん★イッテQ★週刊誌に撮られた方がいい発言★全然笑えないファン傷心」の事をお伝えしたいと思います。

2月4日」に放送された「バラエティ番組」「世界の果てまでイッテQ!」「日本テレビ系」にて、「レギュラー出演者」の「NEWS手越祐也さん」の発言が波紋を呼んでいます。

世界各地で「“おもしろ企画”」に挑戦するこの番組です。今回「手越祐也さん」は、異国の地で「“チャラさ”」とは無縁の生活を送る特別企画「手越祐也のノーチャラ生活」を行うべく、なんと「カンボジア」へ行きました。「東南アジア最大の湖トンレサップ湖」で水上生活を行う人々とともに生活し、「手越祐也さん」に人として大切なものを取り戻してもらうのがこの企画の狙いだそうです。番組では、「“手越=チャラいキャラクター”」というのがすっかり定着しており、それを「スタッフ」から「イジ」られるのもお約束でした。そのため、「ジャニーズアイドル」ながらこのような企画も度々行われるのです。




ノーチャラ生活」を送るにあたり、「手越祐也さん」の持ち物から「“チャラい物”」をすべて没収することになりました。「カバン」から出てきた「スマートフォン」や「タブレット香水」などはもちろん、「メンバー」の「加藤シゲアキさん」の著書や、「小山慶一郎さん」が「キャスター」を務める情報番組「ews every.」「日本テレビ系」の「キャラクターそらジロー」の「ポーチ」などもすべて「スタッフ」に没収されてしまいます。「「マジ」と肩を落とす「手越祐也さん」でしたが、「メンバー」にまつわる「グッズ」が出てきたことに「ファン」は歓喜しており、「「手越くんの私物の中に、「そらジローシゲの本が入っててニヤけてしまった」「「シゲの本とそらジローポーチ」、海外にまで持って行ってるんだ!「手越さんのそういうところ好き!」との声が「ネット上」に上がっていました。

ですが、ある場面での「手越祐也さん」の発言が「ファン」をざわつかせることになりました。食料を調達するため、現地の人に連れられて草むらを探索する「手越祐也さん」です。すると、地面に開いた穴から全身に毛が生えた「クモタランチュラ」が出てきました。「手越祐也さん」は「クモ」が苦手らしく、「スタッフ」から「近くで見てみましょうよ」と促されると、「無理無理」と即答しました。そして、「こんなこと言ったら怒られるかもしれないよ事務所に」と前置きした上で、「「クモ1回触るんだったら、「6回週刊誌に撮られた方がいい」と「キッパリ」言い切ったのでした。そんなことを言いつつも、なんとか「タランチュラ」の足を持って「「クモごし手越をお送りしています」と「ギャグ」を飛ばしていました。

イッテQ」流の「“手越イジり”」が炸裂した場面で、「スタジオ」は笑いに包まれていたようですが、「ファン」の反応は少し違ったようです。「冗談だってわかってるけど冗談でも撮られた方がいいとは言ってほしくなかったな」「例の発言個人的には結構ショック」。週刊誌に記事出ることによって悲しむファンもいるんだよ」「自分中心でファンのこと考えてないなあ全然笑えない」と厳しい声が見受けられ、「“バラエティ的”」な発言だったとわかっていても、「モヤモヤ」としてしまう「ファン」が少なくなかったようです。




以前同番組では、「手越祐也さん」が自ら気合を入れるために「罵ってくんない?」と「スタッフ」に頼み、「ちょいちょいちょいちょい写真撮られてんじゃね!」と罵倒される場面が放送され、反響を呼んでいました。この時は「スタッフ」の「イジり」に「“感謝”」する声が多く、「「モヤモヤしてても笑いのネタにしてくれればどうでもよくなる!」という反応が上がっていました。ですが、今回は「手越祐也さん」から出た発言だったために、「ファン」が「マイナス」な方向に反応してしまったようです。

イッテQ」で「ジャニーズ」らしからぬ言動が「フィーチャー」され、「唯一無二」の「キャラクター」が人気となった「手越祐也さん」です。ですが、「“アイドル手越祐也”」を求める「ファン」にとっては、見ていて楽しめない番組になりつつあるのかもしれませんね。

手越祐也さん」の言動や行動は今に始まったことでもないのでそんなに驚くことでもないですよね。





人気ブログランキングへ

井ノ原快彦さん&有働由美子アナウンサー★あさイチ降板ウラ事情

こんにちは。
今日は「井ノ原快彦さん&有働由美子アナウンサー★あさイチ降板ウラ事情」の事をお伝えしたいと思います。

降板が伝えられていた「有働由美子アナウンサー」に加え、「V6井ノ原快彦さん」も「3月」に「あさイチ」「NHK」を辞めることが、「週刊女性」「主婦と生活社」の「ニュースサイト」に続き、「5日付」の「スポーツニッポン」でも報じられました。同番組の「ファン」からは悲しみの声があふれ、また「“同時降板”」となった原因については、業界内でも諸説飛び交っていますが、「一部」では「「ジャニーズサイドの怒りを買ってしまったため」といわれているようです。

番組開始から「8年」、朝の情報番組では「“最強タッグ”」といわれた「井ノ原快彦さん」と「有働由美子アナウンサー」です。高視聴率を稼いでいるだけでなく、世間からの好感度も上々と、まさに「“向かうところ敵なし”」状態だったものの、年始早々、両者の関係に「“不協和音”」がささやかれるようになりました。

一部スポーツ紙」が、「有働由美子アナウンサー」の「3月降板」を報じたことで、「ジャニーズ事務所」が大激怒したようです。というのも、「井ノ原快彦さん」や「ジャニーズサイド」は、「有働由美子アナウンサー」の進退について一切報告を受けていなかったそうです。事前の相談もなければ連絡もなく、「“相方”」の降板を報道で知らされたことで、「ジャニーズサイド」が「「有働アナは仁義を切らなかった」、つまり「業界内のルールである「“挨拶”」を怠った」と怒っているようです。業界関係者の間では、「ジャニーズの怒りは当然」と受け止められているようです。




ジャニーズ」の「藤島ジュリー景子副社長」は、すぐさま「有働由美子アナウンサー」の「“身辺調査”」を行い、番組降板は自身の「フリー転身」が理由ということまで、即座に突き止めたといいます。

有働由美子アナウンサー」もそうですが、「NHK」にとっても「ジャニーズサイド」に筋を通さなかったことは大問題のようです。最初の降板報道後、「やはり有働アナの降板は見送るべきか」といった話も局内で浮上したようで、降板の正式発表にはだいぶ時間がかかったようです。

こうした背景により、「ジャニーズサイド」は「「井ノ原も同時降板」という結論を出したようです。

NHK」は勝手に「有働由美子アナウンサー」の降板を進めた挙げ句、それを「マスコミ」にすっぱ抜かれてしまいました。そのことで、「ジャニーズ」に「番組や局を信用できなくなった」「「井ノ原も降板させる」といわれれば、返す言葉もないでしょう。「一部」で、「井ノ原快彦さん」が降板を決めたのは「「“有働由美子アナウンサーが降りるなら僕もという思いから“」と報じられましたが、舞台裏ではこのような波瀾含みの事態になっていたようです。




井ノ原快彦さん」の進退を、「週女」に「キャッチ」されてたのも、「NHK」にとっては大きな痛手になったといいます。

スポニチ」が「井ノ原快彦さん」降板情報を「キャッチ」できたのは、「週女」が先駆けて「NHK」に問い合わせをしたためのようです。「8年間」続いた「有働由美子アナウンサー」×「井ノ原快彦さん」の「タッグ」も、最後は「マスコミ」にすっぱ抜かれ合うという散々な結末を迎えてしまいました。

こうして「“最強タッグ”」を失った「NHK」です。ここで「ジャニーズサイド」に作った「“貸し”」は、とてつもなく大きいようです。しばらくは同局の番組の「キャスティング」など、「ジャニーズ」の意向に配慮を求められることとなりそうです。「業界ルール」を破った結果がこれでは、「番組ファン」は悲しむしかないでしょうね。

挨拶」を怠るの「ルール違反」は他の世界や業界でも良くないのは誰が聞いても分かることですよね。





人気ブログランキングへ

滝沢秀明さん★もうひとつの顔★5大溶岩湖・極地探検家

こんにちは。
今日は「滝沢秀明さん★もうひとつの顔★5大溶岩湖極地探検家」の事をお伝えしたいと思います。

滝沢秀明さん」はこの「3月」に「36歳」を迎える年男です。「2018年」の上半期は役者業一色となりそうです。「1~2月」は、初の弁護士役を演じる「連ドラ」「家族の旅路 家族を殺された男と殺した男」「フジテレビ系」で「2月3日スタート」の撮影です。「3月」は、主演と演出を担う恒例の舞台「滝沢歌舞伎2018」の稽古に追われ、「4~5月」は「東京新橋演舞場6月は初の愛知御園座」で本番を迎えます。「プライベートタイム」は当分、お預けです。「仕事漬けになることで事務所関係者は胸をなでおろしている」といいます。




1月2日」の「クレイジージャーニーSP」「TBS系」で「タッキー」のもう一つの顔、火山探検家が明らかになりました。彼はこれまで「趣味は登山」と「ファン」や「スタッフ」に公言していましたが、実際に訪れていたのは、戦地さながらの危険地域でした。この春から夏にかけては、「プライベート返上」で「撮影稽古本番」に臨まなければならないため、関係者は「ホッ」とひと安心です。

滝沢秀明さん」が今まで「登山」といっていたのは、溶岩湖めぐりのことでした。これは、溶岩が長時間滞留して湖のようになった場所のことで、往復の道のりはもちろん、目的地も「5分」と踏みとどまっていられないほど危険だといいます。「高熱マグマ」のため「有毒ガス落石」など、どこから何が襲ってくるかわからないからです。そんな「デンジャラスゾーン」に足しげく通っていることが事務所に「バレ」たら、即刻禁止を言い渡されると思い、ひた隠しにしてきたのでした。

5年」ほど前、「TBS」の特番で「バヌアツ共和国」の「マルム火山」を訪れているんですが、これが大きなきっかけとなったようです。そこから、「5大溶岩湖」といわれる「コンゴ民主共和国」の「ニーラゴンゴ山エチオピアのエルタアレ火山バヌアツ共和国のマルム火山」と「ベンボウ火山」の「4つ」を制覇しています。「クレイジージャーニー」では、東京から飛行機で「13時間」もかけて、「4度目」の「バヌアツ共和国」で「2度目」の「ベンボウ火山」を訪れましたが、この国は火山密集地域なので探検家からすると聖地だそうです。




登山の際には、日本人のまとめ役、「カメラマンドクター」と、外国人の「テクニカルリーダーテクニカルアシスタント」を携え、自身は「アタックリーダー」という立場です。「ベースキャンプ」で張る「テント」は、「大人1人」が足を伸ばして寝られる「サイズ」です。「寝袋ベッド」も用意し、全身を覆う「火山用ヒートスーツ」は「ニュージーランド産」の「オーダーメイド」で「50万円」です。「火山ガス」や雨に強い「ラック」「崖を下る際の装置」も特注です。まさに「ガチ」の火山探検家なのです。

タッキー」は今や「年1ペース」以上で「“極地探検家”」に変身しています。今年の下半期にはどこへ向かうのでしょうか。

滝沢秀明さん」の向上心の高さがあれば「5大溶岩湖」制覇は実現可能かも知れませんね。





人気ブログランキングへ