プロ野球★愛称制導入70周年★1946年 漢字+愛称 チーム名統一 スタート★1947年本格的施行★12球団のチーム名の由来

こんばんは。
今日は「プロ野球★愛称制導入70周年★1946年 漢字+愛称 チーム名統一 スタート★1947年本格的施行★12球団のチーム名の由来」の事をお伝えしたいと思います。

ジャイアンツ、タイガース、カープ」など、今では「ナチュラル」に使われている球団名です。しかし、そもそも戦前期に球団の愛称を持つのは「ジャイアンツ」や「タイガース」ぐらいで、他は「阪急軍、名古屋軍」など「ストレート」な球団名でした。

戦後、「1946年」に「漢字+愛称」の「チーム名統一」が「スタート」し、「1947年」に本格的に施行されました。今年は「愛称制導入70周年」の節目の年です。

そこで今回、「12球団」の球団名の由来をまとめてみました。

★「ジャイアンツ

創設当初は「大日本東京野球倶楽部」でした。「1934年」の「アメリカ遠征時」に「チームの愛称」があることを知り、遠征中に「東京ジャイアンツ」と名乗り出したのが起源のようです。「サンフランシスコ・ジャイアンツ・当時ニューヨーク・ジャイアンツ」を「モチーフ」にしました。遠征から帰国後、「金鵄・きんし・勲章」から名を取った「金鵄軍」の案も出ました。鵄とは「トンビ」のことです。もし採用されていれば、巨人ではなく「トンビ」と呼ばれていたかもしれませんね。

★「タイガース

1935年」に命名されました。阪神電鉄の社員の公募により決まったものですが、大工業地帯であった「デトロイト」と阪神工業地帯の「イメージ」を重ね合わせ、「デトロイト・タイガース」からのようです。また、阪神電鉄初代社長の「外山脩造氏」の幼名が「寅太」であったことも一因ではないかと言われています。

★「ドラゴンズ




1947年」の愛称導入を機に命名されました。名古屋だけに「シャチホコ」からの着想と思いきや、当時の「オーナー・杉山虎之助氏」の干支が辰年だったことからだどうです。本当は「タイガース」にしたかったらしいのですが、すでに「大阪タイガース・現阪神」が存在していたため、「ドラゴンズ」にしたと言われています。

★「カープ

1949年」に「チーム」の発足に尽力した「政治家・谷川昇氏」が命名しました。広島城の別名「鯉城」からのようです。その他には「ブラックベア、レインボー、ピジョン」などの候補がありました。

★「スワローズ

1950年」の国鉄球団発足に際し命名されました。「同年1月」に改名した特急「つばめ」からのようです。当時は「東京-大阪間」を「7時間半」で走る国鉄最速列車でした。

★「ベイスターズ

1993年」に「横浜大洋ホエールズ」から改名されました。「ホエールズ」は大洋漁業の主力であった捕鯨から取ったものですが、会社名を「マルハ」に変更するに際して、地域密着を推し進める姿勢を打ち出し、且つ、「中部慶次郎オーナー」が国内外の捕鯨の状況を鑑みて改名を決断したようです。「ベイ・湾岸」+「スターズ」の「ベイスターズ」に決まりました。「横浜ベイスターズ」時代は海外紙などで「横浜ベイ・湾・スターズ」と勘違いされる「ケース」も少なくありませんでした。

★「ホークス

1947年」に南海電鉄が「グレートリング・近畿日本軍」を買収時に命名しました。南海電鉄の社章が車輪に羽だったことから、速さや語感を加味して「ホークス」になったといわれていますが、詳細は不明です。当時、選手兼監督を務めていた「鶴岡一人氏」によると、はじめは「南海コンドルズ」の予定でしたが、球団社長の「松浦竹丸氏」の頭がはげており、「コンドル・ハゲタカ・はまずい」と「ホークス」に変更したらしいのですが、これも「ジョーク」という説もあります。

★「ライオンズ




1951年」の西鉄時代に「ファン」の公募で決定しました。「漫画家・手塚治虫氏」の「ジャングル大帝」の「レオ」が「球団マスコット」に採用されており、「ライオンズ=レオ=手塚治虫」の「イメージ」もありますが、「ジャングル大帝」の連載開始は「1950年11月」で人気を醸成しているところでした。どちらかといえば、「ジャングル大帝」との関係は、西武が球団を買収してからの後づけです。

★「バファローズ

併合前の「近鉄バファローズ」からになります。元は「近鉄沿線・伊勢志摩」の名産である「真珠」から取った「近鉄パールス」でしたが、「1959年」に「千葉茂氏・元巨人」が監督に就任しました。現役時代は「セカンド」ながら「猛牛」と呼ばれた「バイタリティー」あふれる熱血漢で、「ファン」からの新愛称募集の結果、「近鉄バッファロー」に決まりました。その後、「近鉄バファロー、近鉄バファローズ」に改称しました。

★「ファイターズ

1973年」の球団買収に伴い公募で決定しました。応募数の「1位」は「ジャガース・ズ」でしたが、「1952年」から「1954年」にかけて「阪神2軍」が「大阪ジャガース」を名乗っていたことにより断念しました。語感や「イメージ、日本語」への訳しやすさを考慮した結果、応募「10位」の「ファイターズ」に決定しました。

★「マリーンズ

1992年」に本拠地を千葉に移転することに伴い「オリオンズ」から改名されました。「本拠地・千葉マリンスタジアム・現ZOZOマリンスタジアム」や海の「イメージ」から「マリーンズ・海兵隊」に決まりました。公募もされており、「1位」は「ドルフィンズ」でしたが、頭文字が中日の「D」と被るという理由で選ばれませんでした。

★「ゴールデンイーグルス

2004年」の球界参入時に命名されました。東北地方に生息する「天然記念物・イヌワシ」からです。「チームカラー」の「クリムゾンレッド」は楽天の「企業カラー」からのようです。「三木谷浩史オーナー」の母校である「ハーバード大学、一橋大学」の「スクールカラー」が「クリムゾンレッド」だったからという説が有力です。

各球団の「イメージ」が色濃く出ているのが「チーム名」だと思いますよね。熱狂的な「ファン」の方たちには大切な体の一部になっているんでしょうね。





人気ブログランキングへ

SNSでもご購読できます。