自動車盗難の最新手口でスマートキーが狙われる★自動車盗難でバッテリーを抜き取る★自動車盗難はスマートキーでも解錠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「自動車盗難の最新手口でスマートキーが狙われる★自動車盗難でバッテリーを抜き取る★自動車盗難はスマートキーでも解錠」の事をお伝えしたいと思います。

2016年、全国で発生した自動車盗難は11,655件」です。そのうちの半数近くが「プリウス、ハイエース、ランドクルーザー」など海外で人気のある車種となっています。そうした「クルマ」はどのように消えていくのか、自動車盗難の最新手口を見ていきましょう。「コンピュータ制御」の「スマートキー」も「ターゲット」なのでした。

★「自動車盗難の最新手口でスマートキーが狙われる

★「自動車盗難でバッテリーを抜き取る




自動車盗難が時々「テレビ」で報道されますが、近年で最も盗まれているのは「トヨタ・ハイエース」です。この車種は国内でも海外でも不動の人気を誇っており、「2013年」まで「7年連続」で最も盗まれる「クルマ」でした。

また、「トヨタ・ランドクルーザー」も海外で重宝され、上位を占めてた車種として有名です。最近の傾向としては、海外の富裕層に圧倒的な人気がある「プリウス」が「1位」を独占しています。

すなわち、「クルマ」の盗難は世界中で乗用車や社用車として人気がある「プリウス」が最も「キケン」です。海外は長距離運転は普通なので替えの「バッテリー」の需要が高く、盗まれた「プリウス」は「バッテリー」だけを抜き取られ売られる「ケース」もあるほどです。

★「自動車盗難はスマートキーでも解錠




2004年」頃から盗難防止で広く導入された、「キー」と「ID」を照合させる「システム」が「イモビライザー」です。その「イモビライザー」付き車両も盗難に遭っているのはご存知の通りです。「イモビカッター」により多くの自動車が盗難されました。

その後も「メーカー」は対策を行いましたが、それでも新しい車種が被害に遭っている現状です。どうやら、「2014年」頃から新たな手口が広まっています。それが「キープログラマー」です。「スマートキー」を制御する「コンピューター」を解除して「エンジン」を「スタート」させる装置です。

また、「スマートキー」は「クルマ」から発せられる微弱な電波を受信して送り返す「システム」です。「キー」を持って近づくだけで「ロック」が解錠されます。その電波を増幅して、離れた場所の「キー」と「クルマ」を照合させて解錠してしまう「電波ジャック」という手口も報告されています。

安全とされてきた「スマートキー」が自動車盗難の解錠に使用されていたとは驚きますよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。