もやしダイエット★供給・品質・価格安定★1袋30円~50円程度★納豆もやし&ブラックマッぺ&大豆もやし★アスパラギン酸

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんは。
今日は「もやしダイエット★供給・品質・価格安定★1袋30円~50円程度★納豆もやし&ブラックマッぺ&大豆もやし★アスパラギン酸」の事をお伝えしたいと思います。

農産物の成育は、日照りや「大雨、気温」の上下など天候に左右されるものですが、「工場野菜」はそうしたものの影響を受けないため、「供給、品質、価格」が安定しています。

工場野菜とは、「植物工場・野菜工場」で栽培された野菜で、完全な管理下で栽培されるため、「1年十安定」した品質の維持と供給が可能です。

工場野菜で家庭でもなじみのある野菜といったら、何と言っても「もやし」です。どんなに悪天候が続こうとも、常に「1袋30円~50円程度」と非常に低価格ですので、並み居る野菜の中ではかなりの優等生と言って良いでしょう。

★「もやしの種類

もやしは主に穀類や豆類の種子を水に浸し、暗所で「発芽・成長」させた新芽のことで、 語源は新芽を出すという意味の「萌やす」から来ているようです。
市販されているもやしには、いくつか種類があります。




★「緑豆もやし
最も多く流通していて、食べる機会が多いのが緑豆もやしです。軸が太く「シャキシャキ」した食感で、他のもやしよりも甘味が感じられます。

★「ブラックマッペ
けつるあずき・ブラックマッペ」を発芽させたものです。戦後に「タイ」や「ミャンマー」から輸入され日本で普及しました。緑豆もやしよりも細長く、もやし特有の青臭さが少ないのが特徴です。

★「大豆もやし
韓国料理の「ナムル」でよくみかけるものが大豆もやしです。大豆を発芽させ、豆の部分のついたもの。豆には「タンパク質」や「大豆イソフラボン」などが含まれ栄養価が高く、歯ごたえがあります。

★「栄養がないと思われがちだけど、実はさまざまな栄養成分が

注目したい栄養素は、「アスパラギン酸」です。疲労回復や代謝の活性化などの効果があり、「スポーツドリンク」にも配合され、「スタミナ維持」にも活用されています。

クセ」のない風味と「シャキシャキ」とした歯ごたえがあり、色々な料理に活用されますが、もやしには大した栄養がないと思われがちです。

1袋」あたり「約35kcla」と「低カロリー」なので、もやし「ダイエット」を考えている方にとっては、安心して食べられる食材ではありますが、それ以外にどんな点に優れているのでしょうか?




もやしは豆を発芽させたものですので、それにより豆にはない新たな栄養素が生み出されます。他の野菜に比べて多くの「タンパク質」を含んでいるほか、「ビタミンB群、C、カルシウム、鉄分、カリウム、食物繊維」を含んでいるほか、「アミノ酸」の含有量も発芽により増加します。

中でも注目したい栄養素は、「アスパラギン酸」です。「アスパラガス」に含まれていることで有名な栄養素で、疲労回復や代謝の活性化などの効果があり、「スポーツドリンク」にも配合され、「スタミナ維持」にも活用されています。

この栄養素は「アミノ酸」の「1種」で、「アスパラガス」以外にも含まれています。大豆もやしには、なんと「アスパラガス」の「2倍」もの量が含まれており、様々な野菜の中でも「トップクラス」の含有量です。「ブラックマッペ」は「アスパラガス」と同程度含まれています。

また、発芽することで劇的に増加する「GABA・ギャバ」という成分も含まれています。含有量はそう多くはありませんが、精神の安定に働きかけ「リラックス効果」があり、「ストレス」を緩和させる作用があると言われています。

★「もやしをおいしく食べるには

もやしはあまり日持ちがしないので、購入後は早く食べるようにするのが鉄則です。そして短時間で加熱するようにしましょう。短時間でも火は通りますので、加熱は「サッ」とで「OK」です。茹でる場合は、加熱後に水にさらすのは「NG」です。「ビタミン」が水に流出してしまうだけでなく、せっかくの「シャキッ」とした食感が損なわれ水っぽくなってしまいます。

低価格で栄養素が豊富で「ダイエット」に最適な食材となれば食べない脇にはいかないですよね。





人気ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。