こんばんは。
今日は「キンキ★ごろねこサミットと戯れる姿★かわいい2人で幸せ★ファン幸福のため息」の事をお伝えしたいと思います。

6月2日」に放送された「Kinki Kids」の「バラエティー番組」「KinKi Kidsのブンブブーン」「フジテレビ系」に、女優の「松岡茉優さん」が「ゲスト出演」しました。「KinKi Kids」が「猫型クッション」にまみれる姿が話題となりました。

カンヌ国際映画祭」で「パルムドール」を受賞し、「6月8日」に公開される映画「万引き家族」にも出演する「松岡茉優さん」の「やりたいこと」は、「ごろねこサミットの魅力を知ってほしい」というものでした。




ごろねこサミット」とは、「ゲームセンター」などでの「クレーンゲーム」で手に入り、「ハラダフクダフジサワ」など人の名前がついている猫型の「クッション」です。「松岡茉優さん」はこの「クッション」に「1年前」くらいから「ハマ」りだし、抱いた感触が「むっむぐっ!」となる感じを「KinKi Kids」の「2人」にも体験してほしいと言うのです。

それに対し、「堂本剛さん」は、「30後半の男がギュって抱いてるのちょっとどうかと思うんですけど」とあまり気が乗らない様子です。また、「堂本光一さん」も、「松岡茉優さん」が自宅の「L字型」の「ソファー」に、「ごろねこサミット」が「7個」あるという話を聞いて「話聞いてるだけでわかった気がするけど寂しいんやな!」と「松岡茉優さん」の心理を推測しました。「この晩婚化の時代に23歳なんてまだ寂しいみたいな年でもない」と「松岡茉優さん」が強く否定すると、「堂本剛さん」も「堂本光一さん」も「いや」と声を合わせ、「そのまま行くねんって」と「堂本光一さん」が力説しました。「堂本剛さん」も「そこやねんまだ23くらいやしと思っているとドンドンいくからごろねことドンドンいく!」と商品名にかけた「トーク」を展開しました。

クレーンゲーム」に挑戦するのは「2回目」という「KinKi Kids」です。まずは「堂本剛さん」が挑戦しました。「堂本光一さん」は後ろから「20年以上前線でやってきたというスター性をここでね」と煽ると、「クレーン」の「アーム」にうまくごろねこが挟まり、「ゲット」できるか と思った途端、ごろねこが落ちて獲得ならずでした。「堂本光一さん」が挑戦すると、ごろねこに引っかかりもせず、「堂本剛さん」から「おじいちゃんやんおじいちゃん何やってるの?」と「ツッコミ」をうけていました。

数回の挑戦の後、ごろねこを無事に「ゲット」した「3人」でした。「堂本剛さん」が目をつむりながらごろねこを抱きますが、感想は「気持ちいいけど」と浮かない表情でした。「堂本光一さん」も「うんまぁ」と言葉がでないようでした。「松岡茉優さん」は「ちょっと普通のクッションと違いますよね人肌みたいな感じがする」と「アピール」しますが、「堂本剛さん」は「これは布です! 全然人肌ではないです」と「バッサリ」でした。「堂本光一さん」は何度か抱いた後「車で寝る時これあるといいかもしれんね」と言いました。




その後、「3人」は「ごろねこサミット」の「ショールーム」に移動しますが、「KinKi Kids」 の「2人」は「39歳」の男が「猫型クッション」を持っていたら「“痛い”」という理由で、やはり浮かない表情でした。ですが、「堂本剛さん」はごろねこが「100個」くらい詰まっている「ごろねこプール」に飛び込むと、「気持ちいいめっちゃ気持ちいい!」と「テンションアップ」しました。「堂本光一さん」も飛び込むと「気持ちいい~。こりゃいいわ」と恍惚の表情を浮かべていました。

これに「SNS」上の「ファン」は、「ほんとかわいい」「かわいい2人で幸せ」「いろんなごろねこギューする光ちゃんかわいい」と、かわいい「コール」で反応しました。「クッション」を抱く「レア」な「KinKi Kids」に大満足の様子でした。

最後に、「KinKi Kids」を「イメージ」した「オリジナル」ごろねこ「ハチワレツヨシ」「コウイチブチ」を「プレゼント」された「2人」でした。「堂本剛さん」は「車に積まなアカンやん」と言いつつも満足げで、「堂本光一さん」は「やべー。喜んでいる俺がいる」と突然の「サプライズ」に大いに喜んでいました。

ファン心理」としては「39歳」の男「2人」が「猫型クッション」を抱いて寝ている姿を見ても可愛いと思うんですね。





ジャニーズランキング