こんばんは。
今日は「KinKi Kids堂本剛さん★M-1王者★とろサーモン辛口評価」の事をお伝えしたいと思います。

KinKi Kids」が交互に「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KinKi Kidsのどんなもんヤ!」「文化放送」の「1月15日」深夜放送回には、「堂本剛さん」が登場しました。「リスナー」から、「昨年末に行われたM-1グランプリ2017」「テレビ朝日系」で優勝したお笑い芸人の「とろサーモン」を、「堂本剛さん」は「10年」以上前に、お気に入りの芸人として挙げていましたが、今回「「M-1グランプリをご覧になりましたか?」というメッセージ」が届きました。

M-1グランプリ2017」で「とろサーモン」は、おかしなおかみさんと客の「コント」「旅館のおかみさん」を「1回戦」で、決勝戦では石焼き芋を売る店員の「セリフ」を面白おかしく茶化した「石焼き芋」という「コント」の「ネタ」を披露しました。「“新生M-1のキーパーソン”」として注目されているお笑い芸人の「和牛」に競り勝ち、優勝を手にしました。「堂本剛さん」は「拝見させていただきました。「オンタイム」では見てませんけど。「ボク」の印象ですけど、ああいう「タイプ」の種類の「ネタ」で、「M-1」って感じが、なんかないんですよね。もちろんおもしろかったですけど」と、意外にも厳しい評価を下しました。続けて、同じく決勝に進出した、お笑い芸人の「ジャルジャル・かまいたち」の名前を挙げ、彼らの「ネタ」の方が「M-1」らしくて好きだとも明かしました。




特に「ジャルジャル」がお気に入りという「堂本剛さん」は、間違った言葉の発音を注意し合う「イントネーション」という彼らの漫才を絶賛しました。「いい意味で、その頭おかしい感じが好きなんでしょうね」と分析し、「おもろいねんけどなあうんこれでも西の人は結構同じ意見な気するけどなあ」と関西圏の人々へ同意を求めました。さらに「「2人ともなんか清潔感もあるしさあ突拍子もないこと延々言ってる2人」っていうのは、「バランス」がおもしろいんですけどね」と「ビジュアル」と「ネタ」の「ギャップ」を褒めちぎっていました。

また、ピン芸人の日本一を決める「R-1グランプリ」「フジテレビ系」に向けて、「ウソ」か本当か「堂本光一さん」が仕上げてきていると語る「堂本剛さん」でした。「いつかね優勝してもらいたいなとはね思ってますけども」と口にし、「「光一が」「漫談やるって言うてました」と明かしました。




練習風景を少し覗いたという「堂本剛さん」によると、「堂本光一さん」の漫談はまだ完成していないようで、「「光一が」「するってーとーみたいなこと言ってたから、ちょっと古めの感じでいこうとしてるのかな」と推測しました。続けて、「落語でいこうとしてるのかでもね落語じゃないんですなんかね口回しが江戸の人でもないのに江戸弁みたいな感じでいってたんでねちょっと心配してるんです」とそう。しかし最後には、「まあみなさん期待していてください」謎の自信を見せた。

関西出身ということもあり、お笑い芸人の「海原やすよ・ともこ」をはじめ、仲の良い芸人も多い「KinKi Kids」です。「堂本光一さん」の「ネタ」のみならず、「堂本剛さん」と「2人」での漫才も見たい「ファン」は少なくないでしょうね。

堂本剛さん」も関西の奈良県出身ですからお笑いには厳しい目があるのかも知れませんね。





人気ブログランキングへ