こんばんは。
今日は「村上信五さん★デジタルに疎すぎてキャッシュレスに苦戦★後輩に笑われる」の事をお伝えしたいと思います。

関ジャニ∞」の「村上信五さん」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「村上信五くんと経済クン」「文化放送6月9日放送」にて、「村上信五さん」が「“キャッシュレス”」に苦戦していることを明かしていました。

この番組は、「パーソナリティ」の「村上信五さん」が「リスナー」と視点を合わせてわかりやすくお金の話を伝える、「キャッチーな経済番組」として今年「4月」から「スタート」しました。今回の放送は冒頭の「フリートーク」にて、日本経済新聞が発表した「2018年上期ヒット商品番付」を取り上げました。




ゾゾスーツ」「フリマ経済圏」「eスポーツ」など、最近世間の注目を集めている単語が紹介されると、「村上信五さん」は「じわじわ経済効果を生んでるってことやもんね」と納得しました。そして、文化放送の「長麻未アナウンサー」から「村上さんの個人的な上半期のヒット番付はなんですか?」と質問されると、「オレはあれやなホンマにこないだここで勉強した「“キャッシュレス”」。あれのチャレンジはめっちゃした」と返答しました。「キャッシュレス」とは、現金ではなく「小切手口座振替クレジットカード」などを利用して支払いや受け取りを行うことを指し、最近では携帯電話だけで決済ができる「システム」も浸透し始めています。

ですが「村上信五さん」は、「「キャッシュレスのシステムにガラケーでは1個も入れへんかったわ」と力なくつぶやき、共演陣の笑いを誘います。携帯電話で決済できる「システム」を使おうと試みたものの、「やれなんかのパスワードやIDや言われて どれを入れていいかわからへんからもう断念」と大混乱だったようで、「アナログ」な一面を見せていました。ちなみに、「村上信五さん」は「スマートフォン」も持っているそうですが、「スマホの方はやってみてんクレジットカードで入ったか入ってへんのかようわからへんのな!」と、結局「ガラケー」でも「スマホ」でも「キャッシュレス」を実践できていない様子でした。最終的には「長麻未アナウンサー」に「楽しみですねこれから」と励まされていたのでした。

このように、かなり「デジタル」に疎い「村上信五さん」ですが、「2017年4月6日」放送の「ラジオ」「関ジャニ村上信五とジャニーズWEST桐山照史中間淳太のレコメン!」「文化放送」でも、後輩から大笑いされる携帯電話の「エピソード」が飛び出していました。




食事をしている時、長年愛用していた「ガラケー」を失くしてしまったという「村上信五さん」は、どこを探してもなかったために「もうええわ」と捜索を諦めてしまったことがあったようです。ですが、どうしても「ガラケー」が必要だということで、「携帯ショップ」へ行き、失くした「ガラケー」と同じ商品を再度購入しようとしたそうです。ですが、「村上信五さん」が使っていた型はすでに生産が終了しており、「いやもうガラケーないですよ」と店員にあしらわれてしまったと、悲しい思い出を明かしました。

また、「村上信五さん」の口から「オレずっと「“FOMA”」いうので」「「“パケ放題”」やったんよ!」という単語が飛び出すと、「桐山照史さん中間淳太さん」が「なっつかし~!」「久々聞いた!」と大笑いしました。「ショップ」の店員からは、「ガラホ」と呼ばれる「ガラケー」と「スマホ」を足して「2」で割った商品を勧められたそうですが、「村上信五さん」は「ガラホ」という単語自体初めて聞いたらしく、「ガ ガラホ!?」という反応をしてしまったようです。「料金プラン」の説明も受けてはみたものの、結局「オススメのでいいです」と注文し、なんとか購入に至ったようです。

とにかく「アナログ」な「村上信五さん」ですが、いつか「“キャッシュレス”」な生活が送れるようになるのでしょうか。まずは携帯電話の使い方から学ぶ必要がありそうですが。

自分では世の中の流れについていっている「イメージ」を持っていますが現実的にはかなり「ズレ」ていることを認識しないと駄目かも知れませんね。





ジャニーズランキング