こんばんは。
今日は「三宅健★愛なんだ2018★カットされた★井ノ原快彦の恐ろしいところ」の事をお伝えしたいと思います。

「V6」の「三宅健」が「パーソナリティ」を務める「三宅健のラヂオ」「bayfm」です。「10月1日」深夜の放送回は、「三宅健」が「9月24日」に放送された「愛なんだ2018」「TBS系」の裏話を披露しました。




今日から「三宅健のラヂオ」が「リニューアル」するということで、番組冒頭から流れていたのは「ジャズ」でした。いつもとは違う大人な雰囲気で始まると、舞台「二十日鼠と人間」「10月3日~」の稽古中という「三宅健」は、「いやーこの舞台、結構ハードです。連日の稽古でおじさんはくたびれています」と言いながら、舞台「第17捕虜収容所」「2008」以来、「10年」ぶりとなる「タッグ」を組む「演出家・鈴木裕美氏」について「新たな鈴木裕美さんがつくる「二十日鼠と人間」をお送りすることになるといった形です」と紹介しました。
そして、話題は「愛なんだ2018」の裏話へ。番組では「人気コーナー」「未成年の主張」の全国大会ということで、全国の学校を回っていた「V6」でしたが「オンエアー」されなかった「シーン」も数々あったといいます。

「TikTok「ティックトック」って、僕もよくわかってないんですけども、今はやっているやつ、あれ何て言うの?ああいうのは」と隣にいる「マネジャー」に聞き、「動画アプリ」だと知ると、「アプリなの?あれ?へー」と驚いた様子です。

「TikTok」とは、音楽に合わせて「15秒間」の「オリジナル動画」を作成することができ、それを投稿もできる「音楽動画コミュニティ」で、「10代」を中心に流行中です。続けて「三宅健」は、「女の子たちが制服でその動画を撮りたいと。でも学校に携帯持ち込みがダメだから、その夢を叶えてほしいということで撮影したんですよ。じゃあ、ぼくらもやりましょうということで「“アゴ乗せ動画”」をやったんですけど、本編ではカットされてまして」と、「V6全員」でつくった「“アゴ乗せ動画”」は、後に「V6」の冠番組「アメージパング!」「TBS系」で放送されたことを明らかにしました。




また、「結構ね、井ノ原「快彦」君が車中で歌を歌ってて、それはオンエアーされなかったのかなー、それが名曲でね。去年の「愛なんだ2017」でも登場したんですけど、なかやまさくら先生という井ノ原君の学校の先生が、よく自作の歌を生徒さんたちに歌わせてて。それをすべて覚えてるというのが井ノ原君の恐ろしいところなんですけど。記憶力がすごすぎて、過去のどうでもいいような、ほんとにそれ覚えている必要あるんですか?っていうようなことを忘れられない人なんですよ。全部覚えてるんですよ、鮮明に」と、昔のことも忘れない「井ノ原快彦」の記憶力を絶賛しました。「もっとほんとはオンエアーで披露してほしかったなというような、井ノ原劇場シーンがたくさんあったんですけどね」と残念そうに語りました。

「SNS」上では「TikTok知らない三宅おじさん、きゃわいい」「三宅健様のお口からTikTok」などの声が見られ、番組冒頭で自ら「おじさん」と自称していた「三宅健」ですが、「ファン」からも「おじさん」と呼ばれてしまった今回の放送なのでした。

確かに「V6メンバー」が車中で曲を歌っている「シーン」が放送されていた記憶があったようにも思えますよね。