こんばんは。
今日は「7MEN侍★前田航気・退所★事務所とケンカ別れの声」の事をお伝えしたいと思います。

今年春頃に誕生した「ジャニーズJr.」の「新ユニット」「7MEN侍」に所属する「前田航気」が、事務所を退所したのではないかと「ウワサ」になっています。単独で舞台に出演するなど今後の活躍が期待されていた「メンバー」でしたが、突如「メディア露出」が減ってしまい、不穏な状況となっているようです。

「7MEN侍」は今年「2月26日」「ジャニーズ銀座2018」「4月~6月開催」へ向けて結成された「7人組グループ」です。読者投票で決まる「Myojo」「集英社」「2018年4月号」の「恋人にしたいJr.」「ランキング」で、「8位」に「ランクイン」した「中村嶺亜」を中心に、多くの場数を踏んできた「前田航気、五十嵐玲央、今野大輝、佐々木大光、菅田琳寧、本高克樹」が集結しました。「スケボー、バンド」と多才な「パフォーマンス」が武器で、最近は「テレビ番組」「ザ少年倶楽部」「BSプレミアム」でも見せ場が増えています。




「前田航気」は「ラップ」や「ダンス」を得意とする「メンバー」です。「グループ結成前」には「ジャニーズ」の「大先輩・屋良朝幸」が「総合プロデュース」を手掛ける「エンターテインメント舞台」「THE YOUNG LOVE DISCOTHEQUE」「今年2~3月開催」にも抜てきされています。同公演の初日時点で自分が「7MEN侍」入りしたことを知らなかった「前田航気」は、会見で「僕はグループに所属していないので、フリーランスの意地を発揮できたら」と、意気込んでいました。さらに、「前田航気」は「8~9月」に再演された「THE YOUNG LOVE DISCOTHEQUE Re FEVER」にも参加し、同時期に「東京・帝国劇場」で行われた「Kis-My-Ft2・玉森裕太」主演舞台「DREAM BOYS」は、「前田航気」を除く「7MEN侍」の「6人」で出演していたました。

そんな中、「前田航気」は「10月15日」の「ザ少年倶楽部」の収録を欠席しました。「ファン」は「前田くん不在だったのか ほかの仕事かな?」「前田くんが不在?別仕事であってほしい」と、個人的な仕事の「スケジュール」と重なってしまった可能性を予測していました。ですが、「同22日」発売の「Myojo」「18年12月号」も、「7MEN侍」は「前田航気」以外の「6人」で登場しています。一方で、「12月7日」が投票締め切りの「第25回 あなたが選ぶJr.大賞」の「ひとこと選挙演説」「ページ」には「前田航気」が載っているため、「ファン」の間では脱退説が浮上しました。

「ファン」にとっては不安の日々が続いていましたが、「11月」に入って新たな動きがありました。「Jr.」の「ファンクラブサイト」「ジャニーズジュニア情報局」から、「7MEN侍」を取り上げた「ジャニーズジュニア情報局会員動画 #29」が削除されてしまったようです。また、数日後に同じく「7MEN侍」が「メイン」だった動画の「#24」も消えてしまい、「7日」発売の「アイドル誌」「WiNK UP」「ワニブックス」「duet」「ホーム社」「POTATO」「学研プラス」にも「前田航気」の姿はなかったようです。そして、「POTATO」に掲載された来年「3月」発売の「ジャニーズJr.カレンダー BLUE」の「予告ページ」も、「7MEN侍」は「メンバー」が「3人」ずつ分かれた「カット」を継ぎ接ぎした「前田航気」抜きの「“6人組”」として登場しています。




相次ぐ異変に対し、「ファン」からは「完全に6MEN侍だ 誰か入れるのか、6人のままなのか」「7MEN侍が6人になってる」と「メンバー減少」に戸惑う声、「航気くん、事務所とケンカ別れ?どう考えても普通の退所じゃない」「航気くんマジで辞めたの?やめたならちゃんと情報出してよ。新しく作られたばかりなのに」と困惑する「コメント」が上がっています。

中には「前田がいないところでユニット結成が決まったみたいだし、舞台の再演もあったから、そこまではいるって決めてたのかな」と予想する声や、彼が現役大学生だったこともあり、「大学もあるし仕事との両立も追いつかないよね」と、学業優先が理由で事務所を辞めるのではないか、という指摘も出ている状況です。

「ネット」上では早くも「増員メンバー」の名前が取り沙汰されていますが、果たして、「前田航気」は単なる休業なのか、それとも「脱退・退所」は事実なのでしょうか。今後、「メンバー6人」の「コメント」にも注目が集まります。

突然、姿を消してしまった「前田航気」の消息をしりたい気持ちを知りながら事務所発表がされないのは地獄に突き落とされたようなものですよね。