こんにちは。
今日は「松岡昌宏★俺もやりたい&駄々をこね★収録が大幅延長」の事をお伝えしたいと思います。

「TOKIO」の冠番組「TOKIOカケル」「フジテレビ系」が、「3月13日」に放送されました。この日の「ゲスト」は「女優・永野芽郁」で、今年「1月1日」に放送された「恒例!元日は、TOKIO×嵐」「日本テレビ系」でも共演したこともあり、「TOKIO」と和気あいあいとした雰囲気で番組が進行していました。




今回の放送では、街ゆく人に「ゲスト」の「イメージ」を調査する「妄想プロフィール企画」や、大好評の猫写真企画「俺の方が可愛く撮れるもん対決!」などが行われましたが、そんな中で視聴者からの反響を集めたのは、「永野芽郁」が以前から興味を持っていたという「絵しりとり」でした。

文字通り、絵でしりとりをしていくというこの企画です。「TOKIOメンバー」と「永野芽郁」が交互に絵を描き、「2分半以内」に全員で絵しりとりがつながれば「チャレンジ成功」です。まず「トップバッター」となった「長瀬智也」は、いきなり「うんち」を描き、「松岡昌宏」から「この番組大丈夫!?」と「ツッコ」まれていました。その後、順調に絵をつないでいきましたが、途中で「永野芽郁」が「げ」「で」で引っ掛かり、大幅な「タイムロス」となります。しりとりをつなぐことはできたものの、「イラスト」の「クオリティ」が低かったため、「松岡昌宏」が「もう1回やんない?」と提案し、全員で「再チャレンジ」をすることとなりました。

ですが、「2回目」は「トップバッター」の「長瀬智也」がつまずき、いきなり「45秒」ほど「タイムロス」します。絵だけでなく「ジェスチャー」を使ってなんとか「のり」という答えを引き出したものの、その後、「永野芽郁」が「からすみ」を描いて「タイムロス」し、今度は時間が足りず、「チャレンジ失敗」に終わってしまいました。「トリ」を務めるはずだった「松岡昌宏」まで順番が回ってこなかったため、「描きたい~!」「俺もやりたい!」と駄々をこね、「3回目」の「チャレンジ」となります。




今度は「城島茂」を先頭にしたものの、難解な「踏み切り」の絵を描き、誰も正解を出せないまま「タイムアップ」となります。このままでは終われないと、収録時間を大幅に延長して行われた「4回目」の「チャレンジ」では、「松岡昌宏」から「スタート」して順調にしりとりが進んでいったものの、惜しくも最後までしりとりをつなぐことができませんでした。

結局「ゲーム」としては成功しませんでしたが、視聴者からは「みんなでワーワー騒ぎながらしりとりしてて楽しそうだった!」「なんか小学生の集まりみたい「笑」」「いつまでも子どもみたいにわちゃわちゃしてるTOKIOが大好き!」という声が集まっていました。

「松岡昌宏」の番組を盛り上げようとする「サービス精神」が伝わってきましたよね。「ファン」にとっては納得のいく駄々こねになったでしょうね。