こんばんは。
今日は「伊野尾慧★女子高の先生役やりたい★八乙女光が素でドン引き」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP」の「八乙女光」と「伊野尾慧」が「パーソナリティ」を務めている「らじらー!サタデー!」「NHKラジオ第1」です。「2月2日」の放送回では、俳優として挑戦してみたい役について語りました。

今年は、「4月」に「知念侑李主演」の「深夜ドラマ」「頭に来てもアホとは戦うな!」「日本テレビ系」、「薮宏太主演」の「関西テレビ開局60周年記念ミュージカル」「ハル」が控えており、「5月」からは舞台「クイーン・エリザベス―輝ける王冠と秘められし愛―」に「高木雄也」が出演します。さらには「山田涼介主演」の映画「記憶屋」「2020年公開予定」も発表されるなど、公開予定の作品が多数控えている「Hey!Say!JUMPメンバー」です。




そこで、「リスナー」から「お二人は今年挑戦してみたい役はありますか?」という「メッセージ」が寄せられると「役だったら、なんか明るい役とかやってみたいですね。結構、影のある役が多かったので」と回答した「八乙女光」です。「アドリブとかバンバンやっちゃう役だったりとかしてみたいですね。あと先生の役とかやってみても、いいんじゃないかなと思いますね」と、年齢的には「“先生役”」もしてみたいと語っていました。

一方、「伊野尾慧」は「僕はもうこのお芝居を始めてから、やりたい役はもう一つだけ。決まってるんですね、やりたい役が」と長年温めている役柄があると匂わせ、「女子高の先生ですよ!」と「キッパリ」。ですが、この宣言に「ドン引きしました」と「八乙女光」は絶句しました。「伊野尾慧」によると、「スタジオ」にいる「スタッフ」も「ドン引き」しているようです。

それでも、「伊野尾慧」は「でも、なんか憧れない?女子高の先生とか、保健室の先生とか」と同意を求め、「あぁ」と口ごもる「八乙女光」です。「先生役はね、どういう感じかやってみたいよね。いろんなこと勉強になりそうですもんね」と、先生という役に対する意欲は「2人」とも同じなようです。




「ファン」からも、「伊野尾慧」の野望に対して「なんか変態」「変態出ました「笑」。めっちゃ引かれてる」「やりたい役が女子高の先生とか前にも言ってたけど、保健室の先生とか、えっちすぎですよ!」「やばすぎでしょ〜、伊野尾ちゃん「笑」」と「ツッコミ」の声が続出していたのでした。

仮にも、「伊野尾慧」が女子高の先生や保健室の先生役をすることがあれば、そのときは「“変態教師”」にだけはならないよう注意してもらいたいものですね。

「伊野尾慧」が「変態教師役」をしたとしても「ファン」は何の違和感もなく受け入れてくれるでしょうね。