こんばんは。
今日は「森田剛さん★結婚封書報告★ファン疑問の声ネットに出たら意味ない」の事をお伝えしたいと思います。

3月16日」、「V6森田剛さん」が女優の「宮沢りえさん」との結婚を発表しました。「2人」は「2016年8月」に上演された舞台「ビニールの城」で共演しており、同年「10月」に「週刊新潮」「新潮社」が「2人」の熱愛を報じました。その後、「17年11月」に「森田剛さん」主演で上演された舞台「すべての四月のために」では、自身の子どもと観劇に訪れる「宮沢りえさん」の姿が目撃され、「ファン」の間で大きな話題になりました。さらに「18年1月」発売の「女性自身」「1月16日23日」合併号「光文社」では、「森田剛さん」と「宮沢りえさん」の「“キス写真”」が掲載されました。熱愛発覚から順調に交際を続け、晴れて結婚となったようです。

森田剛さん」の結婚について、「ネット上」では「剛くん結婚おめでとうお幸せに!」「剛くんもついに結婚かこれでV6は半分以上が既婚者のグループに!」「剛くんとりえさん思ったよりも結婚するの早かったなあお付き合い順調だったみたいだし幸せになってほしいな」と、祝福の声が多数上がっています。




V6」といえば、昨年末に「岡田准一さん」が女優の「宮崎あおいさん」と結婚を発表したばかりです。「2人」の結婚は、「V6」の「ファンクラブ」会員宛てに送られた封書でいち早く「ファン」に知らされるはずだったのですが、「“12月24日”」に配達指定されていたはずが、誤配送だったのか、「一部ファン」の元にはこの封書が「22日」に到着しました。さらに、いち早く封書を受け取った「ファン」が、その内容を「ネット上」に写真つきで投稿するなどし、たちまち情報は拡散しました。結果的に、多くの人が「岡田准一さん」と「宮崎あおいさん」の結婚を「24日」より前に知ることとなってしまいました。

この「“ドタバタ劇”」は多くの「ファン」から批判を集め、「FCから届いたものをネットに載せるのはあまりよくない」「せっかく岡田くんと事務所の人が考えて12月24日に送ろうとしてくれたのに 先に知ってしまったのは残念な気持ち」などの声が上がっていました。確かに、本来「V6」の「ファンクラブ会員」が「1番」に報告を受けるために送られているものが、誰でも閲覧できる「ネット」に上がってしまえば、そもそも封書を送っている意味がなくなってしまいます。ですが、「SNS」を利用したり、「ネットニュース」で情報を取り入れるのが当たり前になっている今の時代、このような事態が避けられないのも事実でしょう。

現に、「森田剛さん」の結婚報告も、封書よりも「ネット」で先に知ったという「ファン」の声の方が多いようです。「16日」の「午前10時」台に更新された「ニュースサイト」「スポニチアネックス」は、「森田剛さん」と「宮沢りえさん」の結婚について「結婚報告の封書がファンクラブの会員向けに送られており届いた会員がツイッター上に投稿したことで話題になっている」と伝えており、やはり今回も、何らかの形で「ファンクラブ」会員宛ての封書が「ネット上」に「アップ」されてしまったようです。




木村拓哉さんV6井ノ原快彦さん」ら、「ファン」には「コンサート会場」で結婚報告する「ジャニーズアイドル」もいましたが、近年は封書で結婚を発表する「ジャニーズアイドル」の方が圧倒的に多いようです。ですが、芸能界に視野を広げてみると、「公式サイト」や「オフィシャルブログ」など、「ネット上」で結婚報告をする人の方が多いようです。「ジャニーズ」の場合、「ファンに1番に報告したい」という思いからこのような手段をとっているようですが、それが逆に大きな「“時差”」を作ってしまっていると見る人もいます。「ファン」の間では「もう手紙で報告するのやめない結局ネットに出ちゃうんだから意味ないよ」「ファンにいち早く知らせるため封書で報告してるんだろうけど 正直時代にあってないような気がする」と、疑問の声も見受けられます。

また、中には「これからポスト見るのが怖くなるわ いきなり自担の結婚報告受けるとか私はムリ」「いや封書報告制度怖すぎる私のところには送らないでください!」「いつか自分のところにもあの手紙が来ると思うと ファンクラブ会員辞めたくなるぐらい恐ろしい」と、「“封書恐怖症”」になっている「ファン」もいるようです。

「“ジャニーズらしい”」といえばそれまでですが、「ファン」のことを「1番」に思うならば、「“封書での報告”」という方法を考え直す必要があるのかもしれないですね。

ファン」だけが特別に知る大切な事が漏れてしまうのは改めて「セキュリティー」の甘さを感じずには居られませんよね。





ジャニーズランキング