こんばんは。
今日は「加藤シゲアキ★魚ってご存じの通り★大興奮で釣りウンチク披露」の事をお伝えしたいと思います。

「NEWS・小山慶一郎」が「パーソナリティ」を務める「ラジオ」「KちゃんNEWS」「文化放送」です。「10月2日」深夜の放送回には「加藤シゲアキ」が登場しました。
番組冒頭、「9月17日」に放送された「ミュージックステーション ウルトラFES 2018」「テレビ朝日系」について振り返った「2人」です。どうやら楽屋では「1人」、釣り道具の手入れに没頭していた人物がいたようです。

もちろん、そんなことをしているのは釣り好きの「加藤シゲアキ」以外にいないわけで、「何してたんですか、あれ?針に糸をこう」と「小山慶一郎」が質問すると、「ノットね。ノットっていうのはですよ。ちょっと時間もらっていいですか?」と説明のための時間がほしいと言い出す「加藤シゲアキ」でした。




「小山慶一郎」が「いいですよ。手短だとありがたいですけど」と許可を出すと、そこから「加藤シゲアキ」は「魚ってご存じの通り、ヒレだウロコだってあるでしょ?それでピっと糸が切れないように、「釣り糸を」もっと丈夫なナイロンやカーボンで強化させる」「ただ、糸と糸を結ぶって、とても難しいんですね。わかりますか?想像してください」と大興奮で「釣りトーク」を展開しました。

そんな「加藤シゲアキ」に、「小山慶一郎」は「とにかく「ウルトラFES」の合間にノットやめてくれない?」と注意するも、「いや、一番いいのよ。あれだってさ、時間かかるのよ、それなりに。家でずっとやってるんだから!」と、「加藤シゲアキ」は釣りの準備をする最適な時間だと言い張ったのでした。
その後も、「加藤シゲアキ」の饒舌な「トーク」は続き、「タックル」「ベイト」「シン「キング」ペン「シル」」と専門用語が次から次へと飛び出したため、さすがの「小山慶一郎」も「もうしんどい。もう、もうおなかいっぱい」とお手上げ状態になりました。

どうやら「ウルトラ FES」の日に「加藤シゲアキ」がやっていたのは「マグロ釣り」の準備だったらしく、無事に「ラジオ収録」の「2日前」に釣りに行ってきたといいます。隣の船では「50キロ」の「マグロ」が釣れていましたが、「鈍ってたんですよ。久しぶりの釣りだから」とのことで、「加藤シゲアキ」は「1匹」も釣りあげることはできなかったと、悔しそうに報告していました。




それでも楽しそうに語る姿に、「SNS」上では「釣り話を早口で話して、楽しそうだったね」「釣りの話をウキウキでしてくるのが最高」「釣りの話、9割ポカーンとして聞いてるけど、シゲちゃんが楽しそうに話すから無問題!」という声が集まっていました。

一方、「9月16日」は「NEWS」としては初の「音楽フェス出演」となった「テレビ朝日ドリームフェスティバル2018」にも出演しました。その際、「スタッフ」から「NEWSのファンは温かいね」と声をかけてもらったらしく、「加藤シゲアキ」は「感謝ですよ」と「ファン」にお礼の言葉も送りました。「小山慶一郎」も、「NEWSのファンのみなさんが、ほかのファンの皆さんを参加しやすい雰囲気にしてくれてるんだよね」と話し、「NEWS」を初めて見た「他アーティスト」の「ファン」たちも温かく迎えてくれたのは、「NEWSファン」のおかげでもあると、感謝の言葉を口にしていました。

「同フェス」では、「NEWSファン」に対する「他アーティストファン」からの「マナーが悪い」「ドン引き」といった苦言が「ネット」上に続出していましたが、「スタッフ」からの評判は悪くなかったようです。

「釣りウンチク」を語らせたら「加藤シゲアキ」に太刀打ちできる「メンバー」は現時点ではいないでしょうね。