こんばんは。
今日は「伊野尾慧★障害者雇用・現場取材★考えさせられるの声」の事をお伝えしたいと思います。

「Hey!Say!JUMP・伊野尾慧」が「木曜レギュラー」を務める情報番組「めざましテレビ」「フジテレビ系」が「11月8日」に放送されました。

番組で「伊野尾ピクチャー」と「イノ調」などの「コーナー」を担当している「伊野尾慧」です。この日の「伊野尾ピクチャー」で紹介されたのは、同番組の「男性キャスター」らと焼肉店で食事している写真でした。




「「めざましテレビ」終わりに、めざまし男子会をやってきました!」と「伊野尾慧」は紹介し、写真には「三宅正治アナウンサー、生田竜聖アナウンサー、酒主義久アナウンサー」の姿がありました。ですが、「軽部真一アナウンサー」から「呼ばれてないよ!」と「ツッコ」まれた「伊野尾慧」は、慌てて「席がたまたま4席しかなくて すいません、次回は是非ご一緒させてください」と言い訳しました。「三宅正治アナウンサー」から「あと2席あったよ」と声が飛ぶと、「伊野尾くんあとでゆっくり話そう」と「軽部真一アナウンサー」に「ピシャリ」と返され、「スタジオ」の笑いを誘うという展開になりました。

その後に放送された「イノ調」では、「障害者の雇用」について企業の取り組みと課題を調査しました。障害者雇用数については、中央省庁で「3700人」を水増しされていたことが問題になり、今もなお波紋を呼んでいますが、「伊野尾慧」が今回訪れたのは、実際に障害者を雇用している民間企業でした。まず訪れた「KDDI株式会社」では、携帯電話を分解し「18」の「パーツ」に仕分ける「樅山さん」の姿に、「速いですね、作業が」「これは機械じゃできないですね」と驚嘆しました。「めざましテレビ」を見ているという彼に、「一番おもしろいのはエンタメの軽部さん」と言われると、「あ~やっぱり軽部さんなんだ」と漏らしたのでした。

続いては、「段ボール」の製造などを行う「ニッパ株式会社」を訪問しました。実際に「バリ取り」という作業を体験すると、「ダメだ、俺全然できない!」「これ取れないよ、俺~」と作業を担当する障害者の方に助けを求めながら苦笑いします。「簡単そうに見えるけれど大変なんですね」と心から漏らしたのでした。




障害者の方は、頭が痛い、指を「ケガ」したなど「自分のことを訴えない」という側面があるため、「障害者職業生活相談員」の資格を持つ社員も置いているなど、雇用する側の「コメント」も引き出した一方、最後には障害者雇用の「メリット」についても呼びかけたのでした。

放送後、視聴者からは「あの柔らかい雰囲気で障害者と接するところが素敵。人間性が見えた気がした!」「伊野尾くんが取り上げることで、理解が広がるね」「社会問題や社会福祉分野を特集されると、考えさせられるな」といった声が聞こえてきました。また、「インタビュー力確実に上がってるな」「レポート本当にうまくなったよね」との声も見受けられました。「イノ調」での経験は着実に「伊野尾慧」の「スキルアップ」に繋がっているようです。

「伊野尾慧」の取材により「障碍者雇用」への理解が進んでくれたら幸いですよね。