こんばんは。
今日は「ジャニーズ初大阪支社J Storm★嵐&Hey!Say!JUMP絶好調」の事をお伝えしたいと思います。

」をはじめ、「TOKIO関ジャニ∞、KAT-TUNHey!Say!JUMP」らが所属する「レコード会社J Storm」「ジェイ・ストーム」です。「2001年」に「」の「プライベートレーベル」として発足した会社で、「音楽映像ソフト」の発売から、映画製作なども行っています。「ジャニーズファン」にとってもお馴染みの同社が、この春に「大阪オフィス」を新設するといいます。

J Storm」は、「藤島ジュリー景子氏」が代表取締役社長を務めています。稼ぎ頭はもちろん、「ジャニーズ内」で「トップのセールス」を誇る「」のようです。「2015年」に「オリコン」が発表した同年上半期の「映像ソフト」「DVDBlu-ray」を「セールス順」に並べた「レポート」では、「」や「関ジャニ∞」の「ライブ映像作品」や邦画作品での売り上げが伸びたことにより、「前年同期比1997%」の「995億」を売り上げ、「映像ソフトメーカーランキング」で「ソニーミュージックエンタテインメントエイベックス」に次ぐ「3位」に「ランクアップ」していました。この頃から「Hey!Say!JUMP」の売り上げも上昇し始め、同社の業績に貢献できるような「グループ」に成長しているようです。




昨年上半期「16年12月26日17年6月19日」の「音楽映像ソフト」の「オリコンランキング」を見ると、「」は「62.1億円」を売り上げ、「1位」の「SMAP」に次ぐ「2位」に入っていました。「関ジャニ∞」は「J Storm」の「内部レーベル」とされる「INFINITY RECORDS」に所属していますが、こちらも「20.8億円」で「8位Hey!Say!JUMP」は「19.5億円」で「9位」という結果になりました。「10位以内」に同社の「アーティスト」が「3組」も「ランクイン」していたようです。

そんな、所属するのは「ジャニーズ」のみという異色の「レコード会社」ながら、絶好調の業績を誇る同社が、「エンターテインメント」業界向けの「就職転職情報サイト」「Qsicman」で求人を募集しています。今年の春に新設する「大阪オフィス」の「“スターティングスタッフ”」となる即戦力を急募しており、「関西エリア」においての「所属アーティスト」の「メディアプロモーション」や「サポート業務」などを任せる予定のようです。募集内容欄には「関西での番組出演やイベントコンサート」」の立会い、「アテンドフォロー」。「関西エリアマーケット状況リサーチ等」」とも記載されています。

ジャニーズ」の会社で関西支社があるのは、「ファンクラブ運営組織ファミリークラブ」の関西支部くらいです。実質的に音楽や映画作りに携わっている「J Storm」が大阪に「オフィス」を構えるとなれば、大阪での「ビジネス」や、何らかの具体的な計画が「ジャニーズ内」で持ち上がっているのかもしれません。

ジャニーズ」に関しては、昨年頃から「就職情報サイト」「リクナビ2018」や、無料の求人情報誌「タウンワーク」などを通じて「マネジャー」の募集を開始していたものの、「大阪の新設オフィス」」の採用は珍しいだけに、「ジャニーズファン」の間でも「大阪にオフィス新設するんだ!」「「CDプロモーション強化なのかな」と、話題になっていました。




★「そんなJ Stormについて音楽業界関係者が内情を語る

ほかの「レコード会社」で働いていた人が転職でやってくることも多いためか、どちらかといえば「“イケイケ系”」の「スタッフ」が多いですね。社員は女性が大多数で、金髪に「ハイヒール姿」など、派手めな雰囲気の人もいるようです。「自分たちはジャニーズの社員ではなくあくまでもレコード会社の人間」といった「スタンス」が感じられ、「ジャニーズエンタテインメント」など「他ジャニーズ関連会社」とは「ノリ」も違います。ですが、社員教育はかなり厳しいそうで、若い女性なんかは「すぐに辞めてしまう」と聞きました。その分、「スタッフ」の入れ替わりも激しく、採用募集も頻繁です。また、最近では新設の大阪支社に飛ばされそうになった「中堅スタッフ」が辞職し、他社に移った例もあるようです。

今回の「J Storm」の「“大阪進出”」によって、「所属アーティスト」の活動に変化は訪れるのでしょうか。新たな展開が楽しみですね。

ジャニーズ事務所」も関西方面にも進出をして利益拡大を狙っているんでしょうね。





人気ブログランキングへ